養育費が払えない!お金がないときに今すぐ解決できる4つの方法

養育費が払えないアイキャッチ

養育費を払わないといけないのはわかっていても、経済的な負担はかなり多いですよね。

「支払い能力がないから」と言って支払いをやめてしまうと、法的な問題へと発展し、大変なことになりかねません。

B男さん
自分の生活で手一杯なのに養育費までなんて払えない…

本記事はこのようにお困りの方のために、養育費を支払えないとき絶対に知っておくべき4つの解決法をご紹介していきます。

また養育費をとにかく今すぐ払わないといけない!という方には最短で今日借りられるカードローンが便利です。

アコム
  • 審査は最短30分
  • 利用明細が自宅や職場に郵送されないのでバレにくい
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能

安心感を重視する方は、三菱UFJフィナンシャルグループに属し業界最大手のアコムが向いています。

豊富な与信・審査ノウハウを持っているので審査も早く、無利息期間も30日間あるのでお得に借り入れできますよ。

養育費の相場ってどのくらいなの?

養育費の相場は各家庭の状況によって大きく異なります。

では、具体的にどのような基準で養育費は決まるのか、以下で詳しく見ていきましょう。

養育費を決めるときのポイント

  • 親権者の年収
  • 支払い義務者の年収
  • 子どもの人数と年齢

今後のことを考えてボーナス月払いの対応、進学に伴う学費など、細かな条件まできちんと話し合いをしておく必要がありますので覚えておきましょう。

養育費の相場の決め方

養育費の相場の決め方には決まりがあり、主に養育費算定表というものを使います。

養育費算定表

行政書士にお任せ.com

この表は縦軸に義務者(養育費を支払う側)の年収、横軸に親権者(養育費を支払う側)の年収をとり、二つの値を線と線で結んだ場所が義務者の支払い金額になります。

上の表でいうと、義務者が年収500万円、親権者が年収100万円の場合、義務者の支払う養育費は4~6万円が相場、ということになります。

養育費算定表は子供の年齢、人数によっても異なる表になるので、以下のサイトを参考にすると良いでしょう。

養育費の詳しい算定表はこちら

解決方法①示談交渉をして減額してもらう

示談交渉で減額してもらう画像

まず養育費を支払えない場合は「示談交渉」をして減額の交渉をすることをお勧めします。

しかし、示談交渉には正当な理由が必要です。例えば病気になったり失業したりして、仕事ができなくなってしまい収入に大きな変動があった場合などは示談交渉の正当な理由になります。

また示談で減額を交渉するのはあくまで「今は、支払い能力がない」ということが理由なので、収入が元に戻って支払い能力が回復した際には増額するということを伝えれば、示談交渉がうまくいく可能性も上がるでしょう。

解決方法②親に様々な面で協力してもらう

親に協力を求める画像

現在の生活状態で出費が抑えられない場合に義務者の親に協力を頼むことで出費を減らしたり協力をしてもらうというやり方法です。協力してもらう方法は以下の3つがあげられます。

養育費が払えない時の親への頼り方

  • 親から養育費を借りる
  • 実家で暮らすことで出費を減らす
  • 余裕ができた時間で副業を始める

一緒に暮らしていないとはいえど、自分の孫には変わりありません。孫の生活のために協力してくれる親は少なくないと思います。

どうしても養育費に困ったら、一度両親に相談して頼ってみるのもいいかもしれません。

解決方法③養育費が支払えなくなったときに減額調停を試みる

もじ義務者の支払いが滞る理由が「支払い能力が乏しい」ことだと判断された場合に「減額調停」で減額される場合があります。

無理して弁護士に頼らず、未払いが続いてしまった場合は差し押さえられることがありますのできちんと頭に入れておきましょう。

減額調停が認められる場合

どのようなときに減額の対象になるケースがあるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

(1)義務者の失業や収入の大きな減少

失業や病気により働けなくなった場合などで、収入に大きな変動があった場合に義務者は支払い額を減額されるケース。

(2)義務者が再婚をして扶養する家族が増えた場合

義務者が再婚をして扶養する家族が増えた場合にも減額されるケース。

当然、再婚をすると義務者の負担も増えますので、通常の支払い額を支払い続けることが困難になることがあります。

しかし義務者側が再婚したことで親権者への支払い義務がなくなることはありませんのでご注意下さい。

(3)親権者が再婚をして子どもが養子になった場合

親権者が再婚をして子どもと養子縁組を結んだ場合に、親権者の金銭的負担は軽減されるためこれも減額の対象となります。

場合により再婚者の収入で満足に補える場合は今後、請求されても養育費が不要になる場合もあります。

④親権者の収入が増えた場合

親権者の収入が増えた場合にも減額の対象になります。親権者の収入が増えればそれだけ経済力がありますのでこれまでの額の養育費を支払う必要がなくなります。

減額が認められない場合

逆に減額が認められない場合があるのでチェックしておきましょう。

①娯楽などにより借金が膨らんでしまった場合

あくまでやむを得ない事情で養育費が支払えないという理由なので、ギャンブルや遊びすぎにより借金が増えてしまったので「払いたくない、減額してほしい」は認められないので覚えておきましょう。

②子どもに会わせてもらえないという場合

実は子どもと養育費に関しては別で考える必要があります。子どもに会えないという理由で減額したり払わないというのは通用しないので覚えておきましょう。

養育費の支払いに関する3つの注意点

養育費に関する3つの注意点の画像

養育費の支払いに関することの注意点をまとめてみました。注意点を抑えていざというときに対処ができるように頭に入れておきましょう。

①勝手に減額をするのはNG

減額する正当な理由があるからと無理に減額しようとするのはやめましょう

支払い続けている金額に合意している以上、法律上は親権者の合意なしに減額することはできませんので覚えておきましょう。

②養育費はいつでも請求されるので口約束は信用しない

養育費はいつでも請求されることがあります。最初に親権者から「援助は受けない」と伝えられたとしても、のちに事情が変わって親権者に養育費を支払ってほしいと言われたら支払う義務が生じます。

法律上で決められていることなので「最初に援助は受けないと伝えられた」と言ってたとしても支払いから逃れるのは難しいと言えます。

③経済力に変動があったときのことを最初から話し合っておく

生活の中で支払い能力や互いの経済力は変動します。

しかし養育費の取り決めをするときに収入の変動や再婚などがあったときなどに、どのようにするか決めておかないと後々やっかいになります。

養育費の支払いに関して変動があった際などのことは最初の話し合いのときにきちんとしておきましょう。

お金がない!養育費を支払えないときの4つの解決方法のまとめ

いかがだったでしょうか。最後にこの記事でご紹介した養育費の支払いが困難なときの対応策をまとめておきます。

【養育費が払えないときの4つの解決策】

  1. 示談交渉をして減額してもらう
  2. 親に様々な面で協力してもらう
  3. 養育費が支払えなくなったときに減額調停を試みる
  4. 給料日までキャッシング・カードローンで借りる

養育費に関しては事前に話し合いをしておくことが、トラブルを防ぐ1番最適な方法です。もしよく話し合いをしていても問題が起きたときは今回ご紹介した解決策を参考にしてみてください。

話し合いのみで互いに納得できない場合には、強引に解決をしようとするのでなく専門の弁護士さんに相談して最善の方法を選択できるようにしましょう。

養育費が支払えない状況でも解決策はいくつかありますので落ち着いて判断できるといいですね。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能