家賃が払えない!お金がないときに今すぐ解決できる4つの方法

賃貸物件に住んでいる場合は、毎月家賃を払わなければなりませんが、生活に関する出費の中で家賃ってかなり大きな割合を占めますよね。

「ちょっと今月は金銭的に苦しいな・・・」という時もあると思いますが、家賃は最優先で支払わなければならないものです。

しかし、どうしても支払いができないという場合にはどうすればいいのでしょうか?

今回は家賃を滞納したらどうなるのかということや、家賃が払えない時の解決方法をご紹介していきますので、家賃の支払いで困っている方の参考になれば幸いです

家賃を滞納したらどうなるのか

まず最初に家賃を滞納すると、どういった状況に陥るかというのを確認しておきましょう。

本来の支払日から数日が過ぎても家賃の支払いが行われていない場合、だいたいのケースではまず管理会社から「支払日が過ぎていますので支払ってくださいね」という旨の電話がかかってきます。

この電話がかかってきた後も振り込めるメドが立たなかったり、電話では支払いますと言っていたのに一向に振り込まれない、

もしくはそもそもその電話に出ないなどといった状態だと、管理会社の人が実際に家まで訪ねてきて支払いをするように促されます。

それでもなお支払いがされないと連帯保証人に連絡が行くことになり、目安として3か月間家賃の滞納を行うと強制退去になる可能性もあります。

 

家賃保証会社と契約している場合はどうなるのか

最近では、賃貸物件の契約をする際に「家賃保証会社」という会社の審査を受けなければならない場合があります。

この家賃保証会社とはどんな会社なのでしょうか?

簡単に言うと、「大家さんに変わって、家賃に関するもろもろの手続きを行ってくれる会社」です。

もろもろの手続きと言っても、物件の借主が滞りなく家賃を払い続けている間は、家賃保証会社の出番と言うのはほとんどありません。

家賃の支払いが遅れがちになったり、滞ってきたりすると家賃保証会社の出番ということになります。

本来であれば、「支払日が過ぎていますよ」といった督促などは、大家さんがやるべき仕事なのですが、それを家賃保証会社が代行してくれます。

家賃保証会社とは「借主の支払いに問題があった際に、そのお金を肩代わりして大家さんに支払った上で、そのお金の取り立てを行う」というのを主な仕事にしています。

「取り立て」と聞くと一昔前のサラ金の取り立てのようなものをイメージするかもしれませんが、決してそんな荒々しいものではありません。

書面や電話などで、「支払いが遅れています」ということを伝えてくるだけです。

要するに、家賃保証会社と契約している場合は、支払いの督促を行ってくるのが大家さんではなく、家賃保証会社に変わるだけです。

もちろんこの場合も、3か月間ほど家賃の滞納を行うと、強制退去になる可能性があるので注意しておきましょう。

ではここからは、実際に家賃を滞納せざるを得ないような状態に陥ってしまった場合に、解決策になりうる方法をご紹介していきます。

解決方法①大家さんや管理会社に相談する(分割払い・期日の延長) 

まず1つ目は大家さんや管理会社に相談する、という方法です。 

大家さんや管理会社は、もちろん期日通りに支払ってほしいと思ってはいますが、少し遅れようともきちんと支払ってくれるのであれば、多少の相談には乗ってくれます。

たまたま予期せぬ出費があって、手元に自由にできるお金がほとんど無くなってしまうことがあるかもしれません。もしくは、突然仕事をクビになって給料が無くなってしまうこともあるでしょう。

そういった事情を素直に、大家さんなり管理会社なりに伝えてみましょう。相手も鬼ではありませんから、こちらの身を案じて何かしらの解決方法を示してくれるはずです。

家賃の滞納の交渉例

  • 1か月遅れた分の家賃は、今後3か月の家賃に少しずつ上乗せする形で払います。
  • 給料日がくれば支払えらえるので、給料日が来てからの支払いまで待ってください

「家賃が支払えないかもしれない、どうしよう・・・」と1人で頭を抱えて悩むぐらいであれば、まずは相談してみましょう。

この場合、重要なことは「譲歩してくれた条件は必ず守る」ということです。

大家さんや管理会社はあくまで「温情・特別措置」で支払い期限を猶予してくれたり、分割払いを認めてくれているということを忘れないようにしておきましょう。

「来月には2か月分まとめて支払います」と約束したのであれば、その条件は必ず守らねばなりません。

譲歩してくれた条件すら守れないようでは、いつ強制退去になってもおかしくありませんからね。

 

解決方法②住宅支援給付制度を利用する

公的な支援制度を利用して、家賃の支払いを行うという方法もあります。

今まで順調に支払えていた家賃が突然支払えなくなる理由で最も多いのは、やはり離職・失業関連でしょう。

失業者が家賃を支払えなくなった際に、地方自治体が支援してくれる制度に「住宅支援給付制度」というものがあります。

住宅支援給付では、住んでいる賃貸住宅の家賃額分の補助を受けることが可能ですが、自治体により上限額が決まっているほか、収入に応じて調整を受けます。

実際にいくらの支給を受けられるかは、各自治体のホームページ等で確認してみてください。

ただ、この住宅支援給付制度は、利用するためにいくつもの受給条件を満たさねばなりません。

住宅支援給付制度を受けるための8つの条件

  1. 離職後2年以内で65歳未満
  2. 離職前に生計維持者であったもしくは離婚等によって生計維持者になった
  3. 働く能力と就職の希望があり、ハローワークで求職申し込みを行う
  4. 住宅を喪失または喪失の恐れがある
  5. 収入が単身世帯なら8.4万円に家賃額を加算した額未満、2人世帯なら17.2万円以内、3人以上世帯なら17.2万円に家賃額を加算した額未満
  6. 預貯金が単身世帯なら50万円以下、複数世帯なら100万円以下
  7. 国の住居等困窮離職者等に対する雇用施策による給付等、及び自治体等が実施する類似の貸付又は給付等を申請者及び申請者と生活を一つにする同居の親族が受けていない
  8. 申請者及び生計を1つにしている同居の親族のいずれもが暴力団員でない

 

公的な支援制度だけあって、満たすべき条件は多少多くなっていますが、これらを全て満たせる人はぜひ利用すべき制度だと言えるでしょう。

支給期間は原則3か月となっていますが、条件を満たしたうえで延長申請を行えば、最長9か月まで支給を受けることが可能です。

また、家賃の支払いに困っているということは、そもそもの生活費にも困っているという場合が多いのではないでしょうか。

そういった人の場合は、社会福祉協議会が運用している「生活福祉資金貸付制度」という制度とも併用することが可能です。

お金に困った際に、公的な支援制度で利用できるものがあれば、何でも利用してしまいましょう。

 

解決方法③法テラスに相談する

賃貸借に関するトラブルも、法律に関するトラブルの一種なので、弁護士等に相談することが可能です。

しかし、いきなり弁護士に相談するというのは現実的ではありませんし、家賃の支払いも滞っているような状態で、弁護士への相談料が支払えるのかは甚だ疑問です。

そこでオススメしたいのが、法テラスに相談するという方法です。

法テラスであれば無料で相談に乗ってくれます。事前に予約が必要なので、早めに予約をして早めに相談に乗ってもらうのがいいでしょう。

しかし、利用に関してはいくつか注意しておきたい2つの点があります。

法テラスを利用するときの2つの注意点

  • 1回の相談時間は30分
  • 1つの問題につき3回までしか相談できない

まず、1回の相談時間は30分間です。限られた時間ですので、質問したいこと・疑問に思っていることなどはあらかじめ要点をしっかりまとめておくようにしましょう。

次に、1つの問題につき3回までしか相談を受けることができません。少なくとも3回の相談を終えた時には、具体的に取る行動などを明確にしておきましょう。

法テラスを利用できる条件

最後に、利用するには収入面などでの条件があります。法テラスは弁護士等に相談したいけれども、金銭的な面で相談できないような人を対象にした機関です。

法テラスを利用できないような人は逆に言えば、ある程度の収入があるということになりますので、その収入を交渉材料に、大家さん・管理会社と話し合いを行う方が賢明でしょう。

法テラスはあくまで、法律のプロに「相談」できる場所であり、家賃の滞納という根本的な問題を解決するために「行動」するのは、利用者自身です。

法テラスでいただいた有意義な意見を基にして、解決に向けた行動をすぐに行うことが重要です。

 

解決方法④カードローンでお金を借りる

家賃が払えない、家賃を滞納しているという問題の根源はとどのつまり「お金がない」ということです。

たまたま何かのきっかけで自由にできるお金が手元にないだけで、しばらく待てばまたすぐに給料等でお金が入ってくるということが確定している場合には、一時しのぎとしてカードローンを利用するという選択肢もなくはないでしょう。

消費者金融が提供しているカードローンであれば、「初回利用時に限り30日間利息無料」といったようなサービスを行っているところも多いです。

カードローンを利用する際の最も大きなネックは高い金利ですから、30日間限定とは言え金利無しで借り入れができるということは、給料の前借りをしているのと同じような形だと言えます。

ただし、この方法を利用するのは「今後お金が入ることが確定している」場合に限るようにしましょう。

収入の目途もないのにカードローンを利用するのは、問題の先送りをしているだけでなく、問題をより悪化させてしまうことにもなりかねません。

 

利子は5万円借りても1日24円とそこまで高くない

問題の利子ですが、一番高いキャッシング会社が18.0%なので、5万円借りたとしても一日当たり25円になります。

計算式:50,000円×0.18(18%)÷ 365日 = 24.65円(約25円)

借入金額別の利子一覧表

何を節約すれば利子代を浮かせることができるか借入額別に表にしてみました。

借入額 1日当たり(年利18.0%) 何を節約すれば元が取れるか
2万円 9円 お風呂の水を半分にして節約
5万円 24円 無駄な電気を節約
10万円 49円 歩くなどして電車代を節約
30万円 147円 ペットボトル1本を節約
50万円 246円 自炊して節約

これくらいの利子で済むならお金がなくて悩み続けるよりましではないでしょうか?

 

※借入希望額の上限を高く設定しすぎてしまうと、審査が通りにくくなる可能性があるので自分の収入に見合った希望額を設定しましょう。必要なら後で増額審査もできます。

30日無利息のプロミスの詳細ページ

 

家賃が払えない!お金がないときに今すぐ解決できる4つの方法まとめ

住宅支援給付制度などに関しては、誰しもが利用できる方法というわけではありませんでしたが、そういう制度もあるということはぜひ知っておいてほしいと思います。

家賃が払えなくなるということは、家賃の支払い日に突然分かるようなことではありません。

収入の状況や会社の状況などから、「このままいったらしばらくすると家賃が払えなくなるかもな・・・」ということには薄々気づけるはずです。

そういう時には早め早めに大家さんや管理会社に相談しておくのが賢明だと言えます。

「家賃が払えません」という事後報告をする借主と、「家賃が払えなさそうなんですが」という相談を事前に行ってくれる借主では、どちらのほうが心証がいいかは一目瞭然ですよね。

もちろん家賃は滞納しないに越したことはないですが、万が一滞納するような事態になってしまったとしても、最悪のケースにだけは陥らないようにすることが最も重要です。

お金つくーるが選ぶキャッシング・カードローンランキング

ca29c25565df7963dcb60a9814de3892_s

キャッシング・カードローンは今は利用するのが当たり前になっており、種類も昔とは違い何十種類とあります。 そこでお金つくーるでは
  • ・最短1時間で借りることができる
  • ・他社で借りていても借りることができる
  • ・スマートフォンだけで借りることができる
  • ・信用できる会社

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。