家賃が払えない!それでも生活費滞納を放置すべきでない理由と対処法

家賃が払えない…。」「大家さんから電話だ…どうしよう…。

賃貸で毎月かかる家賃は、金額も多いし毎月請求されるし、払えないと困ってしまいますね。やっぱり、生活のためにも重要なので、家賃は最優先で支払わなければならないものです。

しかし、どうしても支払いができないという場合にはどうすればいいのでしょうか?

家賃の滞納はマズイ!借りてでも滞納を解決しよう

家賃は放置してはいけません。いくつかある生活費の中でも特に家賃は、滞納続くと住めなくなるだけでなく次の物件に急には引っ越せなくなります。借りてでも家賃の未納を解決し、今後は滞納しないよう対策を考えましょう。

無利息期間があり今日の借り入れも可能なキャッシング

これらは、初めての利用で利息が30日間無料なので、給料日や仕送りまでの家賃の支払いで一時的に利用するのに便利です。

特長

アコムバナーアコム
  • 最短で今日中に借り入れ可能
  • 初めての利用だと30日間無利息
  • 口座振込でも借り入れできる

※借入希望額の設定が高すぎると、審査に通りにくくなる可能性があるので自分の収入に見合った希望額を設定しましょう。必要なら後で増額審査もできます。

いつも家賃が払えないで困っているようでしたら、いつまで続くかわかりませんよね。特にフリーターの方は不安ではないでしょうか?

もし、毎月の家賃に対し収入をが少ないようでしたら、今よりも給料の条件の良い会社に転職を検討するのも良いでしょう。

特長
リクナビリクナビNEXT
  • 85%がリクナビNEXT限定求人
  • 転職者の8割が使用している
  • 5分で登録完了
DYM就職
  • 就職率96%
  • フリーターや第二新卒の就職に強い
  • 書類選考なしで面接へ進める
JAIC(ジェイック)
  • 慣れない就活準備も後押し
  • 企業選びから就職後までの個別サポート
  • フリーターや第二新卒の就職に強い
キュージェント
  • 転職エージェントを自ら直接指名できる
  • キャリア志向の転職者向け

ここでは、その他にも、「家賃を滞納したらどうなるのか」「家賃が払えない時のどうすればいいか」などご紹介していきます。

生活費がぎりぎりなら今の給料を見直そう

今の仕事での給料で、毎月の家賃やそれ以外にも電気・ガスなど生活費に困っていませんか?もし、安月給で余裕が無かったりフリーターだったり、低収入でお困りであれば転職も検討しましょう。

ここでは、以下のような方の就職を支援している、登録無料の就活支援サイトを3つご紹介します。

  • 今いる会社の雇用条件にお悩みの方
  • 未経験・フリーターからの正社員を目指したい方
  • ニートや求職で離職中の方

20代の就職支援に強い就職エージェント3つ

今の給料を見直して、より良い条件の会社を探すならどの転職エージェントが合っているでしょうか?

次に、これらの就職支援サービスの特徴をご紹介します。

  • DYM就職
  • JAIC(ジェイック)
  • キュージェント

就職支援の「DYM就職」は就職率は驚異の96%

DYM就職は、特に未経験からの正社員就職に強みを持った就職支援を行っています。

就職率96%を誇るDYM就職は、求人募集をしている企業と強いパイプを持っているので、書類選考なしで面接へ進むこともできます。

⇒ DYM就職のホームページ

就職支援の「JAIC(ジェイック)」は正社員になって変わりたい方向け

JAIC(ジェイック)は、就職活動に不安な方に対し、ビジネスマナーや履歴書の書き方など慣れない就活準備も後押ししていて、その就職成功率もDYM就職に劣りません。

企業選びから就職後のフォローまで、JAIC(ジェイック)は個別に丁寧なサポートを行っています。

⇒ JAIC(ジェイック)のホームページ

就職支援の「キュージェント」は転職エージェントを自分で選べる

キュージェントはが他と大きく違う点は、相談したい!と思った転職エージェントを指名できることです。

エージェントの顔や、その人柄などの情報を見て自分の意思で選び、その人に面談を申し込むことができるのが大きな特長です。

⇒ キュージェントのホームページ

家賃を滞納したらどうなるのか

まず最初に家賃を滞納すると、どういった状況に陥るかというのを確認しておきましょう。

電話で家賃の支払いの催促をされる

本来の支払日から数日が過ぎても家賃の支払いが行われていない場合、だいたいのケースではまず管理会社から「支払日が過ぎていますので支払ってくださいね」という旨の電話がかかってきます。

この電話がかかってきた後も振り込めるメドが立たなかったり、電話では支払いますと言っていたのに一向に振り込まれない、

家賃が払えないまま放っておくと訪問で催促

家賃の支払いができないまま電話に出ず連絡できない状態だと、管理会社の人が実際に家まで訪ねてきて支払いを催促されます。

それでもなお支払いがされないと連帯保証人に連絡が行くことになり、長期間家賃の滞納を行うと強制退去になる可能性もあります。

家賃保証会社と契約している場合

最近では、賃貸物件の契約をする際に「家賃保証会社」という会社の審査を受けなければならない場合があります。

この家賃保証会社とはどんな会社なのでしょうか?家賃の保証会社とは、簡単に言うと「家賃に関するもろもろの手続きを代行する会社」です。

家賃が払えないと家賃保証会社に催促される

家賃保証会社は、物件の借主が滞りなく家賃を払い続けている間は、家賃保証会社の出番と言うのはほとんどありませんが、家賃の支払いが滞ってくると家賃保証会社の出番ということになります。

本来であれば督促などは大家さんがしているイメージを持たれやすい仕事ですが、家賃保証会社が代行して行っていることも多いです。

また、家賃保証会社とは「支払いに問題があった際に借主の代わりに家賃を立て替えて、そのお金の取り立てを行う」というのを主な仕事にしています。

家賃保証会社の催促の内容

「取り立て」と聞くと一昔前のサラ金の取り立てのようなものをイメージするかもしれませんが、決してそんな荒々しいものではありません。

家賃が払われていない場合に、まず最初は書面や電話などで支払いの遅れを伝えられ、長く家賃の滞納を行うと次第に厳しく催促されるようになり、最終的には強制退去になる可能性があるので注意しておきましょう。

家賃保証会社に言い訳は通用しない

家賃保証会社は、家賃を払えない人の対処に長けたプロです。

口座の残高不足などで1度くらい家賃の支払いが遅れた場合は許してもらえ、相談にも応じてもらえますが、常習的に家賃が払えない場合は毅然とした態度で応じられます。

家賃が払えなかった場合は、「次はどうすれば忘れないか」「家賃を払えるだけのお金をどうすれば残せるか」だけを考え再発防止に努めましょう。

ではここからは、実際に家賃を滞納せざるを得ないような状態に陥ってしまった場合に、解決策になりうる方法をご紹介していきます。

解決方法(1)大家さんや管理会社に相談する(分割払い・期日の延長) 

まず1つ目は大家さんや管理会社に相談する、という方法です。家賃が払えない場合に、少し遅れようともきちんと支払ってくれるのであれば、多少の相談には乗ってくれます。

大家さんや管理会社は遅くなってでも払ってもらいたい

大家さんや管理会社はもちろん期日通りに支払ってほしいと思ってはいますが、払われないよりは遅くなっても払ってもらえる方法を検討してもらえます。

予期せぬ出費や突然仕事をクビになって給料が無くなってしまうようなやむを得ない事情は、、大家さんなり管理会社なりに素直に伝えてみましょう。

家賃の滞納に関する相談で交渉すべきこと

「家賃が支払えないかもしれない、どうしよう・・・」と1人で頭を抱えて悩むぐらいであれば、まずは相談してみましょう。たとえばこのような相談はいかがでしょうか?

  • 1か月遅れた分の家賃は、今後3か月の家賃に少しずつ上乗せする形で払います。
  • 給料日がくれば支払えらえるので、給料日が来てからの支払いまで待ってください

この場合、重要なことは「譲歩してくれた条件は必ず守る」ということです。

大家さんや管理会社はあくまで「温情・特別措置」で支払い期限を猶予してくれたり、分割払いを認めてくれているということを忘れないようにしておきましょう。

「来月には2か月分まとめて支払います」と約束したのであれば、その条件は必ず守らねばなりません。この時の約束を守れないようでは、いつ強制退去になってもおかしくありません

解決方法(2)市役所など役場や国の制度を活用する

家賃を払えない事情があるとき、住んでいる自治体ごとの援助制度も検討しましょう。

主に、どこの自治体も退職を理由にやむをえず家賃が払えなくなった場合に限られますが、そのような状態にあれば活用しない手はありません。

このときの政府による援助制度は「総合支援資金」とも呼ばれ、低所得者であることやハローワークに通って求職活動をすることなど受給するには厳しい条件がありますので、相談前に一度調べておきましょう。

総合支援資金を受給した場合に貸してもらえるもの

家賃が払えず失業しているような場合に総合支援資金をした場合、次のような支援を受けられます。

  • 原則3か月間月20万円まで借りて生活費に充てられる(単身世帯の場合は月15万円以内)
  • 敷金・礼金など住宅の賃貸契約を結ぶための必要な資金として住宅入居費を40万円まで借りられる

いずれも、受給する条件は厳しいですが、休職中で生活費に困っているなど多数の条件を満たすようでしたらお住まいの自治体の役場で相談しましょう。

解決方法(3)キャッシング・カードローンでお金を借りる

家賃が払えない、家賃を滞納しているという問題の根源はとどのつまり「お金がない」ということです。

しばらく待てばまたすぐに給料や仕送りでお金が入ってくるということが確定している場合には、一時しのぎとしてカードローンを利用するという選択肢も考えましょう。

初めての利用で30日間無利息のキャッシング

消費者金融が提供しているキャッシングやカードローンであれば、「初回利用時に限り30日間利息無料」といったようなサービスを行っているところも多いです。

キャッシングやカードローンを利用する際の最も大きなネックは高い金利ですが、30日間限定とは言え利息0円で借りれるのはかなり便利ですね。

収入の目途もないのに利用するのではなく、返せる目処が立っている場合に活用するようにしましょう。

特長

アコムバナーアコム
  • 最短で今日中に借り入れ可能
  • 初めての利用だと30日間無利息
  • 口座振込でも借り入れできる
詳細
プロミス
  • 金利は4.5~17.8%
  • 融資までの時間は最短1時間
  • 初めての利用で30日間無利息期間あり
詳細
アイフル
  • 金利は3.0~18.0%
  • 融資までの時間は最短即日
  • 初めての利用で30日間無利息期間あり
詳細

※借入希望額の設定が高すぎると、審査に通りにくくなる可能性があるので自分の収入に見合った希望額を設定しましょう。必要なら後で増額審査もできます。

家賃が払えない!お金がないときに今すぐ解決できる3つの方法まとめ

住宅支援給付制度などに関しては、誰しもが利用できる方法というわけではありませんでしたが、そういう制度もあるということはぜひ知っておいてほしいと思います。

家賃が払えなくなるということは、家賃の支払い日に突然分かるようなことではありません。

収入の状況や会社の状況などから、「このままいったらしばらくすると家賃が払えなくなるかもな・・・」ということには薄々気づけるはずです。

そういう時には早め早めに大家さんや管理会社に相談しておくのが賢明だと言えます。

「家賃が払えません」という事後報告をする借主と、「家賃が払えなさそうなんですが」という相談を事前に行ってくれる借主では、どちらのほうが心証がいいかは一目瞭然ですよね。

もちろん家賃は滞納しないに越したことはないですが、万が一滞納するような事態になってしまったとしても、最悪のケースにだけは陥らないようにすることが最も重要です。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは楽天会員の申込だとスムーズです。