友達にお金を借りるには?相手への頼み方とトラブル回避法を紹介

友達にお金を借りたい!金銭トラブルを回避する方法

お金が足りない…友達に貸してもらえないかな…

お金が足りない時、親しい友達であれば貸してもらえるかもしれません。

しかし、軽い調子でただ「お金貸してよ!」と頼んだだけでは、相手は良い印象を持たないでしょう。

借りようとしている金額が高いほど、頼み方には気を配る必要があります。

この記事では、友達にお金を借りる場合の注意点や、貸し借りで発生し得るトラブルと回避法について紹介します。

友達との関係を壊したくないなら、カードローンを利用して借入するのがいいでしょう。

アコム
  • 消費者金融最大手の安心感
  • WebやATMから24時間借入可能
  • 最短30分で審査回答

レイクALSAは、Webでの申込であれば最短15秒で審査結果を表示、最短60分での融資も可能です。

レイクALSA
  • Webで最短60分融資も可能※1
  • 借入額5万円まで初回契約翌日から180日間の特典あり※2
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し

※1
21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

※2
契約額が1~200万円の人が対象。

友達にお金を借りる人に対する印象

友達にお金を借りる人は、周囲からどのような印象を持たれているのでしょうか。

友達にお金を借りる人に対する7つの印象

友達にお金を借りる人は、周囲から次の7つのような印象を思われている可能性があります。

  1. だらしがない
  2. 計画性がない
  3. 反省せず同じ失敗を繰り返す
  4. 危機管理ができていない
  5. 感謝の気持ちが足りない
  6. 簡単に人に頼ろうとする
  7. 他人に頼れば何とかなると思っている

特に、これまで何度もお金を借りてきた人は要注意です。

友達にお金を借りる行為は、悪いこととは言い切れないものの、決して良いことではありませんよね。

貸した相手の印象も、借りた回数に比例して悪くなると考えていいでしょう。

お金を借りたい人の心理とは

友達にお金を借りる側の心理についてはどうでしょう。

あなたは、友達にお金を借りる際、次のような思いを抱いているのではないでしょうか。

  • 上手くいけばその場でお金を貸してもらえそう
  • 親しい友達なら相談に乗ってくれそう
  • 無利子で気軽に借りられそう

親しい間柄であれば、すぐに現金を渡してもらえるかもしれません。

しかし、上記のような気軽な気持ちが全面に出ていると、やがて信頼を失うことになります。

周囲が抱いている印象について深く考えないと、思わぬトラブルに発展する場合があるので注意が必要です。

友達にお金を借りると起こり得るトラブル

仲の良い友達であっても、金銭のやり取りであれば、トラブルと無縁というわけにはいきません。

トラブルが起こる原因と、それにともなうリスクについて紹介します。

お金を借りたい理由は友達に説明しよう

借りたお金の使い道はちゃんと友達に説明しましょう

説明しなかった場合「どうして使い道を教えられないの?」と、心理的な不安を相手に覚えさせてしまいます。

使い道がわからないまま詳しい理由の説明もなくお金を貸してくれる人は滅多にいないので、いくら親しい友達であっても説明をしっかりしましょう。

友達がお金を貸してくれない理由ワースト1

一番ダメなのは借りたお金の使い道がギャンブルや賭け事のときです。

パチンコや競馬など公的ギャンブルは、頼まれた友人にとっては印象は良くありません。また、株やFX、仮想通貨などで一攫千金を狙いたいという理由も、友達の納得を得るのは難しいでしょう。

他にも娯楽代などの目的も好ましくありません。いずれも、友達には「こんなやつにお金を貸してもムダ…」と呆れられるかもしれませんね。

友達がお金を貸してくれない理由ワースト2

借金返済のことで困っている友達に頼まれた場合も、お金を貸すべきではないでしょう。

なぜなら、借金返済で困っている友達は、借りたお金をすでに返せなくなっている状況にあるためです。

友達にお金を借りると起こり得るトラブル

友達にお金を借りる トラブル画像

友達にお金を借りるときは、非常に金銭トラブルが起こる可能性が高いです。

たった数万円のためにめんどくさいトラブルになることは避けたいところです。

テレビでも友達同士のお金の貸し借りでトラブルになり殺人事件に発展するということもよくみかけます。精神的にもよくありません。

友達との金銭トラブルは弁護士でも解決が難しい

借りたお金を返せなくなったという相談で弁護士が引き受けやすいのは、「金融機関」と「個人」の借金相談です。

仮に債務整理など法律の手続きを検討したとき、個人と個人のお金の貸し借りでは弁護士事務所に断られるケースも珍しくありません。

友達にお金を借りる前に!相談前に確認しておきたい3つの注意点

友達にお金を借りる前に、金銭トラブルを避ける借り方ができるかどうか、しっかり確認しておくことが大事です。

ここでは、友達に相談する前に必要な、3つの確認事項について説明します。

  1. 互いに「無理のない」金額か
  2. 借りたい理由を説明できるか
  3. 返済計画を伝えられるか

(1)互いに「無理のない」金額か

友達にお金を借りるなら、無理のない金額を頼むようにしましょう。

例えば、「10万円を明日貸して!」と言われても、友達も簡単には用意できないですよね。

また、あなた自身も、借りた10万円を全額すぐに返せないのではないでしょうか。

お金を借りる前に、友達がすぐに貸せる金額か、あなたがすぐに返せる金額かを検討する必要があります。

すぐに」も人によって感覚が違うので注意しましょう。

例えば、「来週の金曜日に返すから1,000円貸してほしい」というように、返済期限もあわせて借入を申し込むようにしたいですね。

遅くても1ヶ月後には返せる金額を頼むのがいいでしょう。

(2)借りたい理由を説明できるか

友達にお金を借りる時、金額返済期日と共に、借りたい理由を説明することも大切です。

例えば、急なケガ病気の治療費など、やむを得ない出費に協力してほしいという理由なら、友達も進んで貸してくれるかもしれません。

相談する前に、相手に納得してもらえる理由かどうか考えてみましょう。

ただし、ギャンブルや借金返済のための資金が理由の場合、友達がお金を貸してくれる可能性は低くなります。

遊びや賭け事に使うお金なら、自分で稼いでほしいと思われるはずです。

また、借金返済が目的であれば、貸したお金が戻ってこないと警戒されてしまうでしょう。

(3)返済計画を伝えられるか

友達にお金を借りる際、返済計画もしっかりと伝える必要があります。

何日までに返すのか、返済方法はどうするか、互いに納得できる内容を設定しましょう。

一括で返済するのが難しければ、分割できるかどうかも相談してみるといいですね。

せっかく返済計画を取り決めても、記録に残しておかなければトラブルの原因となってしまいます。

そこでおすすめしたいのが「借用書」を用意する方法です。

次に、借用書の書き方について説明します。

友達にお金を借りるなら「借用書」を用意する

友達からお金を借りるなら、しっかりと取り決めを交わし、金銭トラブルへの発展を避けるためにも「借用書」を用意することをおすすめします。

親しい間柄だからこそ、信頼を得て良好な関係を継続するためにも、借用書の準備は必要です。

ここでは、借用書について説明していきます。

借用書には何を書けばいい?

借用書は手作りで構いません。インターネットで検索すればテンプレートも出てくるので、それを利用してもいいでしょう。

借用書には、例えば以下のことを記入します。

  1. 借用書作成の日付
  2. 借主・貸主の氏名と押印
  3. 借用の金額(漢数字)
  4. 借用日と返済期日
  5. 金利
  6. 返済方法(一括・分割)

この他、万が一トラブルが大きくなって裁判沙汰になった時のため、1万円以上の借入には収入印紙を貼っておくことも必要です。

金利は低くてもいいので、設定すること自体が友達の信頼につながるでしょう。

借用書は貸主(友達)に提出しますが、借主側(あなた)も記録用にコピーを保管しておくことが大事です。

記録に残る返済方法を選択する

返済は記録に残る方法を選びましょう。お金を借りた友達の口座に振り込むことをおすすめします。

口座に振り込めば、振り込んだ日時と金額が記録されるので、忘れずに記帳しておきたいですね。

手渡しでは「返した」「返してもらってない」の言い合いになる可能性もあります。

無用のトラブルを避けるためにも返済方法に気を配ることが必要です。

友達にお金を借りるのはやめて自分で解決する3つの方法

友達にお金を借りない 画像

友達にお金を借りることでトラブルになるのを避けたいなら、別の方法を検討しましょう。

ここでは、友達にお金を借りずに自分で解決する方法を3つ紹介します。

(1)カードローンでお金を借りる

金融機関のカードローンに申し込み、一時的に借入するのも手です。

カードローンには、Webで申込が完結できるもの、ローンカードがなくても口座振込で完結できるものなどがあります。

周囲に知られずに借り入れたい人にもカードローンは便利ですね。

最短即日融資に対応している大手消費者金融のカードローンなら、急いでお金を借りたい人向けです。

また、初めての契約であれば無利息期間も利用できます。

ただし、いくら最短即日融資に対応しているといっても、審査に通らなければ借入できません。

過去にクレジットカードの延滞・滞納をしていたり、返済能力を超える借入希望額で申し込んだりすれば、審査に落ちる可能性があることも覚えておきましょう。

下に、最短即日融資に対応している消費者金融のカードローンを紹介しています。

アコム
  • 消費者金融最大手の安心感
  • WebやATMから24時間借入可能
  • 最短30分で審査回答
レイクALSA
  • Webで最短60分融資も可能※1
  • 借入額5万円まで初回契約翌日から180日間の特典あり※2
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し

※1
21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。
一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。

※2
契約額が1~200万円の人が対象。

(2)クレジットカードで乗り切る

クレジットカードで買い物をして解決できるなら、友達にお金を借りるまでもありませんよね。

どうしても欲しい物がある場合など、クレジットカード支払いで済ませられるならトラブルも回避できるでしょう。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠がついているなら、提携ATMから現金を借り入れることもできますよ。

クレジットカードを持っていない人は、最短即日で発行できるACマスターカードへの申込を検討してみましょう。

また、セブンイレブンやイオン、ダイエーといった全国展開の店舗でポイントがたまるセディナカードJiyu!da!も便利ですよ。

ACマスターカード
acマスターカードバナー
  • 最短即日で発行される
  • 年会費無料
  • 利用限度額最高300万円まで
セディナカードJiyu!da!
  • JCB・Mastercard・Visaから選んで申し込める
  • 全国のセブンイレブン、ダイエー、イオンの各店舗で毎日ポイント3倍

(3)日雇いバイトで今すぐお金を作る

日払いのアルバイトなら、その日のうちにお金を作ることができるかもしれません。

日給8,000円~10,000円程度であれば、求人数も少なくないはずです。

倉庫整理やイベントスタッフ、試験監督、シール貼りなど、自分に合った仕事を求人サイトで見つけて応募しましょう。

アルバイトについては下の記事も参考にしてくださいね。

お金が欲しいからバイトしたい!自分に合ったアルバイトの探し方

まとめ

友達にお金を借りると、金銭トラブルに発展する可能性もあります。

親しい間柄だからこそ生まれる油断に注意して、相手の信用を失わない方法で相談しましょう。

友達との関係を崩したくなければ、金融機関のカードローンに申し込む、クレジットカードで支払う、日雇いバイトでお金を作るなどの方法を検討したいですね。

今すぐお金を借りたい人は、最短即日融資に対応している大手消費者金融カードローンに申し込むといいでしょう。

初めての借入であれば無利息期間を利用することもできるので、返済金額も抑えられるはずですよ。

クレジットカード・カードローン


アコム
  • 初めての利用で30日間無利息
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能
プロミス
  • 初めての契約なら30日間無利息
  • 土日含めて24時間振込してくれる
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し