友達にお金を借りると信頼を失くすどころか嫌われる!?最低減のマナーとリスク

 遊び過ぎて財布にお金がない!週末合コンなのに払うお金がない!

そうだ・・・友達にお金を借りよう!

そんな浅はかな考えをしているあなたちょっと待ってください!

友達にお金を貸してというのは簡単ですが、それによって失うものはありませんか?

今回は友達にお金を借りるときのメリット・デメリットについてまとめてみました。

1.金額によっては友達に借りることは大丈夫なのか

私が実際に貸してと言われて許せる範囲は100円くらいです。100円だとたまたま足りなかったとか、財布を近くに置いてきたからすぐに返せるというくらいの範囲なので疑うまではいきません。むしろおごってあげるくらいの心構えで貸します。

1,000円は微妙なところです。親友だったら許せます。

1万円までいくとそんな金額友達に借りてまで何に使うの?って疑心暗鬼になります。とんずらされるんじゃないか疑惑まで出てきます。

金額によってお金を借りてもいいということではありませんが、実際に金額によって貸した側の心境が変わることは間違いないと思います。

 

2.場合によっては友達に借りることは大丈夫なのか?

例えば、不慮の出来事とか同情ができる出来事であれば、貸せる範囲で貸してあげることもできます。

交通事故にあったとか、急病にあったとか。両親に何かあって実家に帰る帰省代とかです。

一番ダメなのはギャンブルで使うことです。当たり前ですがもってのほかです。

他にも娯楽代とかでもだめです。そんなの我慢すればいいでしょと思います。

場合によってお金を借りてもいいということではありませんが、場合によっては情状酌量の余地はあるかなと思います。

借りるのを許せる範囲

・交通事故に遭ったとき
・急病で入院したとき
・両親に何かあったときの帰省代

 

3.仲間外れにされた!実際に友達に借りた人の体験談

僕は大学1年の男です。田舎から上京してきて一人暮らしを始めました。生活に慣れないのもあって、食事は外食ばかりで食費がかさみます。

もちろん生活用品も自分で買わなければいけません。実家にいるときはそんなことやったこともありません。

仕送りは家賃別で5万円です。その5万円で食費・生活費・娯楽費をまかないなければなりません。

大学に入ったばかりだとサークルの飲み代やクラス会などで飲み代が毎回3,000円ほど飛びます。2次会までいけばその倍の6,000円はします。

計算すればわかると思いますが、食費を月2万にどうにかおさえたとしたら、予備に1万残したとして飲み代は2万円以内におさえないといけないですよね。

でも、バカな僕は毎日のように2次会まで全参加しました。もちろん月の半ばには財布の底をつきました。大学に入りたてで付き合いもあります。今日遊ぼうぜとなってもお金がなくて行けません。

でも友達に置いてかれたくないハブにされたくないという思いから、ついに友達になりたての友達にお金を貸してくださいと頼んでしまいました

そうすると、その次の日からグループ内で無視が始まりました。置いてかれたくないという思いからお金を借りるという行動を起こしたのに、結局仲間外れという結果になり後悔しかありません。

 

4.気を付けて!友達にお金を借りる人はこういう人

共通する性格・行動

  • だらしない
  • 計画性がない
  • 同じ失敗を反省せず繰り返す
  • 情とか薄い
  • 危機管理がなってない
  • 感謝の気持ちを持たない
  • すぐ人に甘える
  • 人生なんとかなってきた
  • これからもどうにかなると思っている

典型的なダメダメですね。ヒモ男の王道パターンに近いともいえます。

 

5.一体何を考えてるの!?友達にお金を借りる人の心理

借りる相手に対して迷惑かけてもいいと思っていますね。そこまでは言い過ぎだとしても、少なからずともその友達には甘えてもいいと思ってます。

その友達に対してどう考えてますか?その場限りの友達でいいと思ってませんか?

普通の感覚でしたらずっと仲良くしていきたい友達には借りたいなんて言いずらいですよね。

 

6.友達にお金を借りるのはいいこと?悪いこと?

友達にお金を借りるということは、お金を借りると同時に信用を失う可能性があることもちゃんと考えておかないといけないです。

幼なじみの友達だったら信用を失うところまではいかないと思いますが、どっちにしろだらしないやつだと思われます。

ましてや、最近友達になった友達なんてもう金輪際付き合いたくないと思われるのがオチです。

金の切れ目は縁の切れ目というように借りた時点で友達終了のパターンが多いというのが実情です。

 

7.友達に借りるということはトラブルも起きやすい

契約書もなしに口約束で借りるわけですから、トラブルが起こりやすいです。

こっちが返さないという貸した側のデメリットもありますが、借りた側も後で利子払えといわれることもありえます。

それが多額だったらどうしますか。たった何万かのためにめんどくさいトラブルになることは避けたいですよね。

テレビでも友達同士のお金の貸し借りでトラブルになり殺人事件に発展するということもよくみかけます。精神的にもよくありません。

 

8.それでもどうしても借りたいなら最低限のマナーを身につけよう

借りる前に借りる理由をきちんと説明する

当たり前のことですがちゃんとできていない人も多いと思います。何に使うか言いずらいとは思いますが、ここをキチンと説明することで貸す側の不安を取り除くことができます。

それくらい義務です。相手の立場になって考えてちゃんと細かく説明しましょう。

いつまでに返済できるか明確にする

これはかなり大事なポイントです。時間が経ってもなかなか返してくれないと、いつ返してくれるのかと貸した側も言いずらくなり不安になります。

口約束ではなく紙に「いつまでに〇〇万円返します。」と誓約書を書きましょう。

しつこいくらいにオーバーにお礼をする

とにかくしつこくお礼をしましょう。できたらうまい棒でもいいのでお菓子持ってってください。

感謝することによって相手も貸したことに対するモヤモヤも解消されるはずです。

 

9.借りるのはやめよう!友達に借りず自分で解決する2つの方法

日雇いのバイトをする

働いたその日にお金が入る即日払いOKのアルバイトで真面目に働きましょう。

普通のアルバイトだと給料日まで1ヵ月かかってしまいますが、日払いだとその日にお金が入ります。

生活費が足りないという場合でもこれなら解決できますね。


バイトル[即日払いOK]の求人情報一覧

 

即日融資のカードローン

今日中にでもまとまったお金を手に入れたい方は、即日融資が可能なカードローンがおすすめです。

問題の利子ですが、一番高いキャッシング会社が18.0%なので5万円借りたとしても一日当たり24円です。24円なら少しの節約で利子代を浮かせることができます。

それと最近のキャッシング会社は30日間無利息サービスを行っています。給料日までのつなぎ(30日以内に返す)で借りれば無利息で借りることができます。

利子一覧表

何を節約すれば利子代を浮かせることができるか借入額別に表にしてみました。

 借入額  1日当たり(年利18.0%) 何を節約すれば元が取れるか
 2万円  9円 お風呂の水を半分にして節約
5万円   24円 無駄な電気を節約
 10万円 49円  歩くなどして電車代を節約
30万円   147円 ペットボトル1本を節約
50万円  246円  自炊して節約

これくらいの利子で済むならお金がなくて悩み続けるよりましではないでしょうか?

30日間無利息で即日融資のプロミス

PROMISE

プロミスは三井住友銀行グループなので初めて借りる人も安心です。

それにプロミスを初めて利用する方はメールアドレス登録とWeb明細利用で、初回利用日から30日間無利息になります。

30日間も金利0円なので給料日までのつなぎに借りる方にはおすすめです。もちろん追加融資分も無利息の対象になります。

Webからの申込だと最短30分で審査結果がわかり、最短1時間融資も可能ですので急いでる方にもおすすめです。

プロミスのおすすめポイント

  • Webからの申込で即日融資可能
  • Web完結サービスなら郵送物なし、カードレスで誰にもばれない
  • 初めてなら30日間金利0円

※借入希望額の上限を高く設定しすぎてしまうと、審査が通りにくくなる可能性があるので自分の収入に見合った希望額を設定しましょう。必要なら後で増額審査もできます。

プロミスの詳細ページはこちら

 

10.友達にお金を借りると信頼を失くすどころか嫌われる!?最低減のマナーとリスクのまとめ

友達にお金を借りることは信頼関係を失います。古い付き合いの友達や身内だとしても、金銭のやり取りは悪いことしかうみません。

金の切れ目は縁の切れ目というように、少しでもそういう節が見えると距離を置くのが人間です。

せっかく築いた人間関係を一瞬で壊すことのないように、どうしても借りたいときは最低限のマナーを守りましょう。

 

⇒  本当にお金がない!大ピンチに今すぐお金を手に入れる15の方法

⇒ 副業で目指せ10万円!お金がない主婦が在宅副業でお金を稼ぐ7つの方法

お金つくーるが選ぶキャッシング・カードローンランキング

ca29c25565df7963dcb60a9814de3892_s

キャッシング・カードローンは今は利用するのが当たり前になっており、種類も昔とは違い何十種類とあります。 そこでお金つくーるでは
  • ・最短1時間で借りることができる
  • ・他社で借りていても借りることができる
  • ・スマートフォンだけで借りることができる
  • ・信用できる会社

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。