低解約型の長期生命保険がおすすめ!大学費用は学資保険で積み立てできる

赤ちゃんが生まれたら、お父さん、お母さんの保険の見直しを考える方が多いと思います。

お父さん、お母さんにもしものことがあったとき、残されたお子さんやご家族には今と変わらない生活をしてほしいと思うのは、親として当然の心境ですよね。

また、大学の進学費用は非常に高額です。国公立の大学に入学し、自宅通学でも平均で500万円ほどかかると言われています。

ですので、今から大学費用を用意しておかなくてはと学資保険を検討されるお父さん、お母さん、ちょっと待ってください!

実は、学資保険という名称でなくても大学の入学費用を貯蓄できる保険があるんです。

それはずばり、生命保険です!聞いたことがある名前ですね。

名前の通り、お亡くなりになった時に保険金が支払われる保険です。もしかしたら、就職や結婚のタイミングで加入されている方もいらっしゃるかもしれません。

その生命保険ですが、保険を解約した時に支払った保険料のうちの何%かが戻ってくる機能があります。

しかも、保険を解約した時に戻ってくるお金が、今まで支払った保険料の総額よりも大きくなっている場合があるんです。

そんな生命保険を大学費用にする方法についてご案内します!

1.そもそも学資保険って?

では、生命保険のお話をする前に簡単に学資保険の仕組みについてご案内します。

学資保険とは学資保険の名前の通り、大学費用等のために保険料を積み立てるタイプの保険です。

保険料の支払いが終わった時、つまり学資保険なのでお子さんが18歳のときに指定することが多いですが、今まで払ってきた保険料を満期保険金としてまとめて受け取ることができます。

満期保険金が払ってきた保険料の総額よりも多くなればいいのですが、保険契約の内容やプラン、契約者のお父さんまたはお母さんの年齢によって少なくなることもあるんです。

一番の特徴は、契約者であるお父さん、またはお母さんにもしもの時に、保険料の支払いが免除されること。

もちろん、こういった場合でも一番最初に契約した通りの満期保険金を受け取ることができます。

ただし、いつでも受け取ることができる訳ではありません。本来の満期保険金を受け取ることができるタイミングまで、待っている必要があります。

保険料の支払いが免除されるのは家計的に助かりますが、まだお子さんが小さかった場合、生活費や習い事費用などは他の保険で準備する必要が出てきてしまいます。

 

2.生命保険の貯蓄性を利用して、大学費用を貯めましょう!

では、生命保険の特徴もご案内します。生命保険とは、その通りもしもの時に保険金を受け取ることができる保険です。

保険の保証期間は終身タイプは一生涯、定期タイプは一定の期間続きます。

お亡くなりになった時の保証を用意するための保険なのに、学資保険と同列に扱うことを不思議に思う方もいらっしゃると思います。

実は生命保険には2つの機能があります。

・亡くなった時の保証

・払い込んだ保険料を利用した貯蓄機能

この2つ目の機能に着目してみましょう。

生命保険は解約をした時に、保険料を払い込んできた期間に応じて払戻金が支払われます。

ちなみに保証期間と、保険料を支払う期間ですが、必ずしも同じにする必要はありません。

加入してから一定の期間に絞って払込タイプがあります。一般的には、こちらの方が解約時の払戻金が多いんです。

この機能を利用して、大学費用を貯蓄する方法も検討してみましょう!

 

3.生命保険でも、特に低解約型長期生命保険に注目!!

さて、お子さんの大学費用を生命保険にて検討される方は、特に低解約型長期生命保険がお勧めです。

低解約型とあるので、逆になんだか貯蓄機能が低そうに思われるかもしれません。

確かに、この低解約型長期生命保険、ある時までは低解約型とついていない生命保険に比べて解約時の払戻金が少ないのが特徴です。

しかし、あくまである時まで。

実は、この低解約型長期生命保険ですが、保険料の払込終了後、普通の生命保険の払戻金よりも多くの払戻金が戻ってくる仕組みになっているんです!

ですので、この低解約型長期生命保険の貯蓄性を使い、大学費用を貯める場合は、必ず保険料の支払期間を加入時から一定の期間に絞るタイプに設定する必要があります。

保険料の払込が終了した後は、ほうっておいてもどんどん返戻金が増えていきます。資金に余裕がある方は、払込期間をできるだけ短く設定するのがオススメです。

 

4.学資保険・低解約型長期生命保険の比較~それぞれのメリット・デメリット~

大学費用の貯蓄のために、2種類の保険を大まかにご説明しました。では、それぞれのメリット、デメリットを考えてみましょう。

学資保険のメリット

・契約者であるお父さんまたはお母さんがもしもの時に、それ以降の保険料は払わなくていい。
・お子さんにもしものことがあった時に払込んだ保険料とほぼ同額が戻ってくる。
・同じ支払い保険料で設定した場合、低解約型長期生命保険と比べて、解約時の払戻金が多い(低解約型長期生命保険の払込が終了していない場合)

学資保険のデメリット

・満期保険金がもらえるタイミングはあくまで最初に設定したタイミングのみ。ある意味強制的に振り込まれてしまうので、お子さんが大学にいかない等の選択をしても振り込まれる。
・契約者であるお父さん、お母さんにもしもの時があっても、その時点では何も支払われない。
・同じ支払い保険料、保険料の払込期間で設定した場合、低解約型長期生命保険と比べて、満期保険金が少ない場合が多い。

低解約型長期生命保険のメリット

・お父さんまたはお母さんにもしもの時は死亡保険金がすぐに支払われるので、大学費用だけでなく、家族の生活費にも充てられる。
・学資保険と比較しても、貯蓄率が高いことが多い
・もしもお子さんが大学にいかずに就職した場合、そのまま解約せずにもしものための保険や貯蓄として契約を継続できる。
 つまり、払込が終了しても解約するまでの期間が長ければ長いほど返戻金が増える性質を利用し、
 必要な時が来たら、解約しお子様のための結婚資金、住宅資金などに充てることが出来る。
・一部のみ解約することが出来るので、必要額のみ返戻金として支払いをしてもらい、
残りは保証として持っておくことが可能なので、老後の夫婦のお金としても運用可能。

低解約型長期生命保険のデメリット

・お子さんに何かあった時の保証はない
・同じ支払い保険料で設定した場合、保険料の払込終了期間前に解約した場合、学資保険と比べて払戻金が少ない

簡単にそれぞれのメリットデメリットを表にまとめてみました!

 

低解約型長期生命保険

学資保険

お父さんまたはお母さん

(契約者)の万が一の保証

お子さんの万が一の保証

×

貯蓄性

保険料払込終了前に解約した場合の返戻金

大学費用以外の運用自由度

 

5.保険をどれにしようか迷ったら「保険のビュッフェ」に相談しよう

学資保険の見直しなら”保険のビュッフェ”

6.まとめ

一言で学資保険といってもお金の用意の仕方は色々あります。他の金融商品で用意する場合もあるかとは思いますが、

「保険」と名のある商品の一番のメリットは「もしもの時の保証」が付属していることだと思います。

特に、今回ご紹介した低解約型長期生命保険は貯蓄機能もあり、万が一の保証も手厚い商品です。

お父さんお母さんにもしもの時、大事なお子さんの生活や進路に影響が出来る限り少なくなるよう、しっかりご両親で話し合い、ご検討いただければと思います。

お金つくーるが選ぶキャッシング・カードローンランキング

ca29c25565df7963dcb60a9814de3892_s

キャッシング・カードローンは今は利用するのが当たり前になっており、種類も昔とは違い何十種類とあります。 そこでお金つくーるでは
  • ・最短1時間で借りることができる
  • ・他社で借りていても借りることができる
  • ・スマートフォンだけで借りることができる
  • ・信用できる会社

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。