出産費用が足りない…お金がない時に絶対知っておくべき3つの解決法

出産費用足りない アイキャッチ画像
A子さん
こどもが生まれてくるのは嬉しいけど…出産費用が足りない!

出産費用の平均は40万円~50万円と言われています。

しかし、出産一時金として子供1人につき国から42万円がもらえるので、実際に必要なのはその差額です。

この記事ではみなさんの出産費用に関する不安や悩みを解消する3つの解決法をご紹介します。

もしどうしても出産費用が足りなさそう…という方は、差額分をクレジットカードで支払うという方法があります。

最近ではクレジットで支払える病院も増えてきているので一度検討してみてはいかがでしょうか。
セディナカードなら年会費無料で申し込めます。

セディナカードJiyu!da!
  • 審査が甘いクレジットカード
  • 主婦・学生も申し込みOK
  • カードのキャッシング枠でお金を借りられる

出産費用の解決法①カードローンを利用する

出産費用を足りない分だけ借りる画像

出産費用が足りないとき、カードローンを使ってみるのも一つの手です。

病院はクレジットカードが使えない場合もまだまだ多いです。そんなときはカードローンを頼ってみるのはいかがですか?

クレジットカードはカードの郵送を待たなければならず時間がかかりますが、アコムなら審査も最短30分で簡単に借りれるうえ、即日融資も可能です。

また「お金を借りるのは不安だなぁ…」という方も、アコムなら三菱UFJフィナンシャルグループに属し業界最大手なので安心です。

無利息期間も30日間あるのでお得に借り入れできますよ。

アコム
アコムバナー
  • 業界最大手の安心感
  • WebやATMから24時間借入可能
  • 最短30分で審査回答
【出産費用をカードローンで借りるメリット】

  1. 審査に通れば即日に借り入れできる
  2. 一定期間の無利息サービスを実施している金融機関が多い
  3. 近くのコンビニATMでも気軽に利用できる
日本人の3人に1人(月間約500万件)はお金を借りるために消費者金融に相談しているデータもあるようです。日本人の多くがお金の悩みを抱えています、一人で悩まずに気軽に相談してみましょう。※参照:金融庁 業態別貸付件数、1件当たり平均貸付残高

楽天銀行のカードローンの場合、楽天の会員登録が既に済んでいる方は個人情報の入力など手続きがスムーズです。そのため、楽天のサービスを利用する方に人気の高いカードローンになっています。

楽天銀行のカードローン
  • スマホでカードローン申込が完了!
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • 入会で楽天スーパーポイント1000ポイントプレゼント

出産費用の解決法②クレジット払いを利用する

出産費用をクレカで支払う

思いの外出産費用がかかり、今月は払えない…という方は、クレジットカードを利用して支払いの時期をずらす方法があります。

カード会社には翌々月振替のところもあり、1回払いにしても出産一時金を受け取った後に請求がくるのでお金の工面に困ることがありません。

ただし、クレジットカードを使えない病院もたくさんあります。その場合は、クレジットカードのキャッシングを利用するのも1つの手です。

セディナカードJiyu!da!
  • 審査が甘いクレジットカード
  • 主婦・学生も申し込みOK
  • カードのキャッシング枠でお金を借りられる
ACマスターカード
ACマスターカード画像
  • 最短で今日中に手に入る
  • 積極的に新規発行中

出産費用の解決法③出産のための5つの公的制度を活用する

公的制度を上手に活用

出産を控えている方は、公的な制度を上手く活用し負担を軽減しましょう。

出産のための公的制度①出産一時金制度を利用する

出産一時金は、健康保険に加入している人なら出産の際に子ども1人あたり42万円の給付金を受けとることができる制度です。

【出産一時金の例外】

  • 産科医療補償制度がない病院や医療機関で出産した場合
  • 妊娠期間が22週に達していない場合
  • 海外で出産した場合
  • これらの条件に当てはまると、出産一時金で給付される金額が42万円から39万円になります。

出産一時金制度の申請方法

出産一時金の申請方法には、①直接支払制度②受取代理制度③産後申請方式の3つがあります。

①直接支払い制度と②受取代理制度は、保険の給付金42万円が各保険会社から病院に直接支払われるので、大きな額を用意する必要がないことが大きなメリットです。

直接支払制度を導入していない小さい医院の場合、受取代理制度なら利用できるというケースもあります。

【直接支払制度と受取代理制度の違い】

直接支払い制度 受取代理制度
一時金の申請 病院が行う 自身が行う
申請の時期 出産予定日前の2か月以内 出産予定日前の2か月以内
申請先 病院 保険事務所、市町村役場
出産前の準備 病院に直接支払制度を利用する意思を伝え、代理契約の文書を作成 受取代理申請書を作成し、医師証明をもらい、申請先に申請書提出
産後の準備 なし なし
出産費が42万円未満の場合の差額請求申請 医師の証明、代理契約の文書などが必要 申請なしで口座に振り込まれる

③産後申請方式は名前の通り、産後に申請書を作成し各保険加入先に申請をします。問題がない場合は、1か月~2か月程度で一時金が指定口座に振り込まれます。

出産育児一時金の支給額・支払方法について|厚生労働省のホームページ

出産一時金制度の申請先

出産一時金は、それぞれで申請先が変わるので注意が必要です。

出産する人 出産一時金の申し込み先
会社員・公務員 会社が加入している健康保険・共済組合
専業主婦・パート 夫の健康保険
自営業 本人の健康保険

出産のための公的制度②自治体の生活福祉資金貸付制度を利用する

生活福祉資金貸付制度を利用できる条件

  1. 住民税非課税世帯など、収入が低い世帯
  2. 65歳以上で、介護を必要とする高齢者がいる世帯
  3. 障害者が属している世帯

このような条件に当てはまり、返済能力があるならば生活福祉資金貸付制度を利用できます。

生活福祉資金貸付制度について|厚生労働省のホームページ

出産のための公的制度③出産費用資金貸付制度でお金を無利子で借りる

出産一時金の8割までのお金を無利子で借りられる制度です。一時金が42万円なら、33万円まで借りることができます。

出産費用資金貸付制度について|全国健康保険協会

出産のための公的制度④自治体の助成金を利用する

育児に力を入れている自治体などでは、出産に独自の助成金がおりる場合があります。

 中には第四子以降に、100万円ずつの祝い金がもらえるような町もあります。

自治体ごとに制度が異なりますので役所で確認してみましょう。

出産のための公的制度⑤高額医療費制度を利用する

高額医療費制度の仕組み

高額医療費制度とは、1ヶ月にかかった医療費が一定額を超えていた場合、いくらかお金が戻ってくる制度があります。戻ってくる金額は、各家庭の収入によって変わります。

所得区分 自己負担限度額
月額83万円以上の方 252,600円+(総医療費※1-842,000円)×1%
月額53万~79万円の方 167,400円+(総医療費※1-558,000円)×1%
月額28万~50万円の方 80,100円+(総医療費※1-267,000円)×1%
月額26万円以下の方 57,600円
被保険者が市区町村民税の非課税者等 35,400円

※1総医療費とは保険適用される診療費用の総額(10割)です。

この制度を利用するには、高額医療費申請が必要になりますが、原則として役所などからこの制度の連絡は来ないので、忘れずに申請をおこないましょう。

高額医療制度について|全国健康保険協会

高額医療費制度でお金が戻ってくるとはいえ、病院の窓口で先に医療費を支払っておかなければならず、大きな負担になる場合もあります。

しかし帝王切開の場合は、事前に実施がわかるケースが多くなっているので「限度額適用認定証」を申請しておきましょう。これを医療機関に提示すれば、高額医療費にあたる金額は健康保険が支払ってくれます

限度額適用認定証について|全国健康保険協会

出産費用を工面する方法は他にもありますので自分に合ったものを検討してみてくださいね。

関連記事:今すぐお金が欲しい!誰でもできる最短で金欠を乗り越える3つの方法

知っておきたい!出産までにどんなことにお金がかかるの?

出産のほとんどのケースで必要になる費用と、発生するかもしれない費用をご紹介します。

出産までにかかる3つの費用

(1)妊婦健診費

妊娠しているとわかったら、出産までに妊婦健診を14回ほど受診することになります。

費用は1回5千円~2万円ほどで、妊娠初期の検査費は高額になります。

ただ、各自治体が助成金を出してくれますので、出産までにかかる妊婦検診費は平均で10万円ほどになるようです。

(2)マタニティ用品費

初めての出産だとマタニティウェアが必要になります。

出産時の季節によっても変わりますし、おさがりをもらうこともあると思いますが、なるべく多めに準備しておきましょう。

(3)入院・分娩費

出産は病気ではないため入院・分娩費には保険が適用されませんので、病院により差があるものの数十万円かかります。また設備の整った病院では、100万円を越えることもあります。

予期せぬ出費?出産でさらにお金が必要になる2つのケース

出産では、次のようなケースでもお金が必要になることがあります。

前払いで分娩予約金が必要な病院がある

病院によっては分娩予約金として、出産費用の何割かを前払いさせるシステムをとっています。病院によって金額が変わりますが、5~20万ほどかかります。

分娩予約金は後で出産費用から引かれますので戻ってくるお金です。しかし前払いである程度の金額を用意しなければいけないため、負担になるかもしれません。

お金に余裕がなければ、分娩予約金が不要な病院を探すということも考えてみましょう。

帝王切開などの処置費用が必要な場合がある

逆子や自然分娩が危険だと判断された場合は帝王切開になります。

帝王切開にかかる料金の額によっては出産一時金では足りなくなることもあるようです。

日本の出産の場合も帝王切開を選ぶ方も多いので、他人事ではありません。

それではこれからお金がないときに利用できる制度をご紹介していきます。

出産費用が足りない!お金がないときに便利な解決方法3つのまとめ

この記事では出産費用が足りない時に知っておくべき解決法を3つご紹介しました。

【出産費用が払えないときの解決法3つ】

  1. キャッシングやカードローンでお金を借りる
  2. 出産費用をクレジットカードにして支払いを翌月にまわす
  3. 公的制度を利用して給付金を受け取る

3つ目の解決法である公的制度は今回以下の5つをご紹介しました。

【出産費用が足りない時に利用できる公的制度5つ】

  • 出産一時金制度
  • 自治体の生活福祉資金貸付制度
  • 出産費用資金貸付制度
  • 自治体の助成金
  • 高額医療費制度

このように、出産費用が足りない時の解決法はたくさんありますので、クレジットカード・カードローン・生活福祉資金貸付制度など、自分の状況に合った方法を試してみたり、焦らずに役所や健康保険組合に相談したりしてみましょう。

アコム
アコムバナー
  • 業界最大手の安心感
  • WebやATMから24時間借入可能
  • 最短30分で審査回答

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • お申し込み時間最短15秒
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能