生活費が足りない…毎月の生活を変える方法7つと急ぎのときの対処法

食費も光熱費も足りない…」「こんなとき、みんなどうしてるの?

生活費が足りないままではいられませんよね。生活費が足りずお困りの方にも様々ありますが、次のようなケースが多いようです。

  • 「旦那からもらう生活費が足りない!」と日々感じている
  • 「生活費やお小遣いがもっとほしい」と妻に言われて困っている
  • 大学生一の人暮らしで仕送りまでに生活費が尽きてしまった

ご家族や友人など、誰かに相談できないとつらいですよね。「生活が苦しいなんて言えない…」実際にそのような苦しい想いをされている方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

では、足りないお金はどうすればよいのでしょうか?この記事では、生活費が足りない問題がどうしても解決できそうにない場合にできることをご紹介します。

給料日までお金がなくても支払うための7つの方法

ここでは、次の7つの方法を詳しくご紹介します。

  1. 節約し日々の出費を減らす
  2. お金を借りる
  3. クレジットカードで決済する
  4. 日払いバイトや内職を含め条件の良い仕事を探す
  5. 物を売って生活費の足しにする
  6. 家族や友人に相談し工面してもらう
  7. 公的な福祉制度を頼る

家賃や光熱費などの生活費が払えないとき、将来的に何かローンを組む時などに滞納した履歴があると悪影響を及ぼしてしまいます。お金を借りる、日払いのバイトをするなどし支払いを急ぎましょう。

次に、生活費にお困りの方に向け7つの方法を詳しくご紹介します。

(1)節約し日々の出費を減らす

生活費が足りない場合にまず節約を検討しても、どう節約すればいいのかに迷いますよね。では、どういった節約がよいのでしょうか?ここでは節約について以下の3つについてご紹介します。

  1. 毎月の生活費を見直す
  2. 生活費以外の出費を減らす

次に、それぞれの節約について、詳しく見ていきましょう。

1.毎月の生活費を見直す

生活費(固定支出)というのは、たとえば次のようなものを指します。これらの中で、節約できそうなものはありませんか?

  • 家賃
  • ローン(マイカーローンや、ショッピングローンなど)
  • 保険料
    • 生命保険(終身保険や医療保険など)
    • 損害保険(自動車保険や火災保険など)
  • 通信料
    • 携帯代
    • インターネット代
  • 光熱費(電気代、ガス代、水道代など)

この中で、「家賃」「ローン」「保険料」は「固定費」と言われるもので、毎月同じ金額を請求されるのが一般的です。

また、「通信費」「光熱費」は「変動費」とも呼ばれ、使用頻度や使用料に応じて金額が変わる、従量制料金であるものがほとんどです。

それぞれどのように節約できるかを見ていきましょう。

固定費はプランの見直しを

固定費は、工夫次第で毎月の支払金額を安く済ませることができます。たとえば、家賃の低いところに引っ越す、保険の見直しでプランを変更するなどして節約をするのがよいでしょう。

変動費はとにかく使い過ぎないこと

一方の変動費の節約も、プランの変更で安くすることもできますが、使いすぎないことが大前提です。

たとえば、水道を出したままにしない、照明をまめに消灯する、なるべく家族でリビングに集まる、有料で電話を使いすぎるなど、些細な行動が節約につながります。

ムダな使い方をしていないか、見直してみると案外できることが残っているかもしれませんね。

2.生活費以外の出費を減らす

生活費のほかで、節約できそうなものはありませんか?例えば月々の出費には、生活費以外に次のようなものがあるはずです。

  • 交際費
  • 娯楽費
  • 美容にかける費用
  • 嗜好品にかける費用
  • おしゃれにかける費用
  • 趣味にかける費用

これらは、最悪、全く使わなくても生活に差支えの無い出費と言えます。特に「ご褒美」ともいえる出費は、上手く我慢ができればかなりの節約が期待できます。

趣味やおしゃれをやめるのはとてもつらいですが、毎月2着買っている洋服を、我慢して1着だけに抑えるだけでも、1か月に5,000円ほど浮くのではないでしょうか?

(2)足りない生活費の分だけお金を借りる

生活費などの支払いで困っている分のお金がほしい場合は、大手消費者金融キャッシングや銀行のカードローンを有効活用して支払いを済ませましょう。

ここでは、生活がピンチのときに便利な大手消費者金融や銀行が提供するキャッシング・カードローンをご紹介します。

  • いずれも職について安定収入があり、返済能力があることは絶対条件です。収入に見合わない高額な借入金額を申請しないようにしましょう。
  • また、借入希望額が高すぎると、審査が通りにくくなる可能性があるので自分の収入に見合った希望額を設定し、必要に応じ増額審査に申し込みましょう。

最短即日で借りられるキャッシングを利用する

次に、大手消費者金融の中でも初めてなら無利息で利用できるものをご紹介します。

キャッシング 特徴
アコムバナー
  • 「3秒診断」で借り入れ可能性を診断できる
  • 最短即日で借り入れ可能
  • 金利は4.5~17.8%
  • 融資までの時間は最短1時間
  • 初めての利用で30日間無利息期間あり

特にプロミスは、最短60分で借入も可能ですので、とにかく大至急お金が欲しい方に向いています。

ご紹介したのはどれも、そこで契約するのが初めての方であれば、契約翌日から一定の期間内に金利0円なので、給料日までの生活費をつなぎとして借りたい時に便利です。

安心の大手銀行カードローンを利用する

銀行のカードローンは、手持ちのキャッシュカードですぐに利用できるものもあれば、新規口座開設不要で借り入れできるものもあります。

銀行のカードローンは審査がやや厳しいと言われ、消費者金融のように即日融資できるものではありませんが、銀行だからこその安心感と利息は強みではないでしょうか。

銀行のカードローン 10万円を借りた場合の返済額
楽天バナー 毎月2,000円
みずほ銀行カードローン 毎月1万円

メガバンクのみずほ銀行カードローンは、信頼感が強みです。また、みずほ銀行のキャッシングカードがあればすぐに利用可能なのも特長です。

(3)現金を生活費に回しその他はクレジットカード決済する

クレジットカードを利用して支出を抑える方法です。クレジットカード決済には以下のようなメリットがあります。

  • 分割支払いができる
  • クレジットカード決済した分の支払いを翌月以降に伸ばせる

その月や翌月の支出を抑えたいという場合に分割払いにすれば、翌月以降に支払えばいいので一度に多額のお金を支払う必要がありません。

ですので、給料日までの現金支出を抑えることができます。もちろん、最終的な支払額が減るわけではないため、むやみにカード決済にせず計画的に使用しましょう。

クレジットカードを持っていなければ

生活費などの固定費以外でかかる食費や雑費は、クレジットカードさえあれば解決できませんか?

ここでは、最短で今日中に発行できるクレジットカードや、いざという時のピンチにキャッシング機能のついた強いカードをご紹介します。

カード 詳細
ACマスターカード券面ACマスターカード
  • 最短で今日中に手に入る
  • 積極的に新規発行中
  • 主婦でも申し込める※専業主婦不可
詳細

中でもACマスターカードは、他のクレジットカードと審査基準が違うともいわれるクレジットカードで、大至急お金が必要な方に重宝されているようです。

(4)条件の良い仕事を探す

今のお給料では生活が苦しいままでしたら、条件の仕事を見つけて生活に余裕を持たせることも検討しましょう。

ここでは、以下の3つに分けて詳しくご紹介します。

  • アルバイトで生活費を稼ぐ
  • 在宅ワーク・内職で生活費を稼ぐ
  • 転職して収入を上げる

フリーターの方や学生さんは、アルバイトをして稼ぐのがよいでしょう。

フリーターや学生に加え、主婦の方や会社員の方には、在宅ワークや内職で時間を有効活用して稼ぐのも検討できるでしょう。

会社員の方や、今正社員ではない方であれば、正社員としてより給料の良い仕事を探し転職できれば、将来の不安も和らぐのではないでしょうか。

アルバイトで生活費を稼ぐ

その日にお金がもらえる即日払いのバイトがあれば、休日などの時間を有効活用して足りない生活費をまかないましょう。

アルバイト先をより待遇の良いところに変える、もしくはWワークをすることで足しになるようでしたら、アルバイト探しを始めましょう。

転職する

もし、今の収入では生活費にいつも余裕がないのであれば、正社員としての転職も検討しましょう。

今回は、以下のような方の就職を支援している、登録無料の就活支援サイトをご紹介します。

  特長
リクナビリクナビNEXT
  • 今の給料にお悩みの方向け
  • 求人数が豊富
DYM就職
  • 就職率96%
  • 書類選考なしで面接へ進める
JAIC(ジェイック)
  • 慣れない就活準備も後押し
  • 企業選びから就職後までの個別サポート
キュージェント
  • 転職エージェントを自ら直接指名できる
  • キャリア志向の向け

業界屈指の求人数!「リクナビNEXT」

リクナビNEXTは求人数が非常に多いため、さまざまな職種・業種の求人が数多く揃っています。

また、高収入の求人も多数あるため、収入の高い会社へ転職し生活費に余裕を持った生活に近づけるかもしれません。

⇒ リクナビNEXTのホームページ

就職率は驚異の96%!就職支援の「DYM就職」

DYM就職は、主に既卒・第二新卒・未経験からの正社員就職に強みを持った就職支援を行っています。

就職率96%を誇るDYM就職は企業と強いパイプを持っていて、登録完了後は書類選考なしで面接へ進むことができます。

⇒ DYM就職のホームページ

正社員になって変わりたい方向け!就職支援の「JAIC(ジェイック)」

JAIC(ジェイック)は、ビジネスマナーや履歴書の書き方など慣れない就活準備も後押ししていて、フリーター・未経験・既卒からの就職成功率80.3%です。

志望する業界や職種がわからない方の企業選びから就職後まで、JAIC(ジェイック)は個別に丁寧なサポートを行っています。

⇒ JAIC(ジェイック)のホームページ

在宅ワーク・内職で在宅でお金を稼ぐ

在宅副業としてインターネットを通して仕事の発注を受け稼ぐ方法です。ここでは、クラウドワークスをご紹介します。

クラウドワークスは在宅でできる仕事がたくさんあるので、子供が小さくて外へ出て働くことができない方でも、無理なくできるかもしれませんね

契約先によっては一つの仕事ごとに収入を得ることができるので、すぐにお金が欲しいという方に向いています。

クラウドワークスの公式ホームページ

(5)お金になるブランド物を売って生活費の足しにする

この方法は売れるブランド物がないとできないですが、売れるものがあれば手っ取り早く現金を手にすることができます。

人気のブランド買取サービス「買取プレミアム」

たとえば「買取プレミアム」であれば、電話をかけてから最短30分で自宅まで査定に来てくれ、成約すればその場で現金を受け取れます。

相談・出張訪問・買取手数料・キャンセル料金がすべて無料なので気軽にお試ししてみてはいかがですか。

ブランドの買取なら「買取プレミアム」

(6)家族や友人に相談し生活費を工面してもらう

家族や友人に相談してお金を工面してもらえたら、利子もないので気持ち的に余裕になりますよね。

家族からお金を借りる

家族からお金を借りるのも方法の一つです。家族からお金を借りれば金利などを気にする必要もありませんし、期日を厳しく迫れることもありません。

ただ借りるだけでは家族にも迷惑がかかってしまいますので、具体的にお金を借りる理由や返済する時期などは伝えておきましょう。

友人からお金を借りる

友人からお金を借りることも考えてみましょう。しかし友人間の金銭のやり取りは人間関係を壊すきっかけにもなりかねません。

そういうときには借用書を用意します。借用書があればそれがお金を借りた証明になりますし法的に効力がありますので相手も安心すると思います。

しかし金融機関じゃないからといって借金に関してルーズだと相手にも迷惑がかかるし法的に処置をとられかねませんので注意しましょう。

関連記事|友達にお金を借りたい!相談時の注意点とトラブル回避の4つの方法

(7)慢性的な生活苦なら公的な福祉制度を頼る

働くのが困難な方などで生活が困窮している方は、特定の条件に該当する場合に国から公的資金を借りる制度を利用できるので、金利は低いですが借りるまでに時間がかかります。

ここでは、公的な福祉制度を2種類ご紹介します。

生活福祉資金貸付制度を利用して国から借りる

生活福祉資金貸付制度は、収入の低い人向けに国がお金を貸す制度です。

生活福祉資金貸付制度を受け取れる方

  • 所得が低い方(住民税非課税世帯、家族3人で年収が480万円以下、生活保護基準の2倍以下のいずれか)
  • 高齢者(65歳以上)
  • 障害者(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人)

生活福祉資金貸付制度について|厚生労働省

生活保護制度を受ける

やむを得ない事情で生活費を得ることができない、一人暮らしなので援助してくれる人がいない、そういう方に向けて「生活保護」という制度があります。

地域ごとに多少異なりますがあくまでも生活がぎりぎりで困窮している方が金銭を受け取ることができます。

生活保護を受け取れる人のおおまかな条件

  • 援助してくれる身内がいない方
  • 貯金がない方
  • 怪我や病気があり働くことができない方
  • 上記の3つを当てはまり、なおかつ月の収入が最低生活費に達していない

その他にも条件は細かくあり、各市町村役場によって異なる場合があります。

あくまで生活できない方が生活をするためだけにお金をもらうことになりますのでお金がもらえても贅沢な暮らしはできませんので心得ておきましょう。

給料日までお金が払えないときに今すぐお金が入る7つの方法のまとめ

お金に困窮しても生活費をしのぐ方法や収入を得る方法はたくさんあります。

もし、給料日など収入を見込んでいて一時的に困っている場合は、大手金融期間のキャッシング・カードローンを検討してみませんか?

それより、低収入で毎月生活費に困っているようでしたら、転職サイトを活用し再就職も考えましょう。

こうした機関やサイトを活用してぜひ自分にあったお金の使い方や利用の仕方など検討してみてはいかがですか?

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

プロミスは最短60分でお金を借りられます。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。