生活費が足りない!給料日までお金がないときに今すぐお金が入る7つの方法

食費がない!交通費もない!!財布に一銭もない!!!

給料日までに何日もあって生活費が間に合わないなんてよくあることですよね。

実家が近くにあればいいですが、頼るところがないともやしだけの食事なんて当たり前です。

お金が入るまで後3日ならどうにしのげますが、1週間もあったらどうでしょうか??

そんな大ピンチの時に役に立つ方法がいくつかありますのでご紹介していきます。

①すぐに稼げる日払いバイトや内職でお金を稼ぐ

即日払いのバイトル

その日にお金がもらえる即日払いのバイトで生活費をまかないましょう。

仕事内容もイベントスタッフやティッシュ配りなど、研修が必要でない仕事なのですぐに働くことができます。

時給も1,000円~2,000円など幅広く、勤務時間も2時間からでも大丈夫なので、今働いている仕事とかけもちもできます。

バイトルの公式ホームページ

クラウドワークスで在宅でお金を稼ぐ

在宅副業としてインターネットを通して仕事の発注を受け稼ぐ方法です。特におすすめなのはクラウドワークスです。

クラウドワークスは在宅でできる仕事がたくさんあるので、子供が小さくて外へ出て働くことができない方におすすめです。

契約先によっては一つの仕事ごとに収入を得ることができるので、すぐにお金が欲しいという方に向いています。

クラウドワークスのホームページ

②1時間で30万円カードローンでお金を借りる

今日中にでもまとまったお金を手に入れたい方は、即日融資が可能なカードローンがおすすめです。

問題の利子ですが、一番高いキャッシング会社が年利18.0%なので5万円借りたとしても一日当たり24円です。24円なら少しの節約で利子代を浮かせることができます。

それと最近のキャッシング会社は30日間無利息サービスを行っています。給料日までのつなぎ(30日以内に返す)で借りれば無利息で借りることができます。

利子一覧表

何を節約すれば利子代を浮かせることができるか借入額別に表にしてみました。

 借入額  1日当たり(年利18.0%) 何を節約すれば元が取れるか
 2万円  9円 お風呂の水を半分にして節約
5万円   24円 無駄な電気を節約
 10万円 49円  歩くなどして電車代を節約
30万円   147円 ペットボトル1本を節約
50万円  246円  自炊して節約

これくらいの利子で済むならお金がなくて悩み続けるよりましではないでしょうか?

30日間無利息で即日融資のプロミス

PROMISE

プロミスは三井住友銀行グループなので初めて借りる人も安心です。

それにプロミスを初めて利用する方はメールアドレス登録とWeb明細利用で、初回利用日から30日間無利息になります。

30日間も金利0円なので給料日までのつなぎに借りる方にはおすすめです。もちろん追加融資分も無利息の対象になります。

Webからの申込だと最短30分で審査結果がわかり、最短1時間融資も可能ですので急いでる方にもおすすめです。

プロミスのおすすめポイント

  • Webからの申込で即日融資可能
  • Web完結サービスなら郵送物なし、カードレスで誰にもばれない
  • 初めてなら30日間金利0円

※借入希望額の上限を高く設定しすぎてしまうと、審査が通りにくくなる可能性があるので自分の収入に見合った希望額を設定しましょう。必要なら後で増額審査もできます。

⇒ プロミスの詳細ページはこちら

③お金になるブランド物を売る

おすすめのブランド買取「買取プレミアム」

この方法は売れるブランド物がないとできないですが、売れるものがあれば手っ取り早く現金を手にすることができます。

おすすめは「買取プレミアム」で電話から最短30分で自宅まで査定に来てくれ、成約すればその場で現金を受け取れます。

相談・出張訪問・買取手数料・キャンセル料金がすべて無料なので気軽にお試ししてみてはいかがですか。

⇒ ブランドの買取なら「買取プレミアム」

④クレジットカードでその場をしのぐ

クレジットカードを利用して支出を抑える方法です。メリットは分割支払いができるということです。

その月や翌月の支出を抑えたいという場合に分割払いにすれば、月々にコツコツ支払っていけばいいので一度に多額のお金を支払う必要がありません。

クレジットカードでは現金ではない魅力があります。買った分だけポイントになることです。

給料日まで支出を抑えることができますし節約にもなります。

⑤家族や友人に相談する

家族や友人に相談してお金を工面してもらえたら、利子もないので気持ち的に余裕になりますよね。

家族からお金を借りる

 

家族からお金を借りるのも方法の一つです。家族からお金を借りれば金利などを気にする必要もありませんし、期日を厳しく迫れることもありません。

ただ借りるだけでは家族にも迷惑がかかってしまいますので、具体的にお金を借りる理由や返済する時期などは伝えておきましょう。

友人からお金を借りる

友人からお金を借りることも考えてみましょう。しかし友人間の金銭のやり取りは人間関係を壊すきっかけにもなりかねません。

そういうときには借用書を用意します。借用書があればそれがお金を借りた証明になりますし法的に効力がありますので相手も安心すると思います。

しかし金融機関じゃないからといって借金に関してルーズだと相手にも迷惑がかかるし法的に処置をとられかねませんので注意しましょう。

⑥生活福祉資金貸付制度を利用して国から借りる

生活が困窮している方に国から公的資金を借りる制度が存在します。金利が金利は低いですが借りるまでに時間がかかります。

その中でも生活福祉資金貸付制度は収入の低い人向けに国がお金を貸す制度です。

生活福祉資金貸付制度を受け取れる方

  • 所得が低い方(住民税非課税世帯、家族3人で年収が480万円以下、生活保護基準の2倍以下のいずれか)
  • 高齢者(65歳以上)
  • 障害者(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人)

生活福祉資金貸付制度について|厚生労働省

⑦生活保護制度を受ける

やむを得ない事情で生活費を得ることができない、一人暮らしなので援助してくれる人がいない、そういう方に向けて「生活保護」という制度があります。

地域ごとに多少異なりますがあくまでも生活がぎりぎりで困窮している方が金銭を受け取ることができます。

 

一番使いたくない方法なので最後の手段にしときましょう。

生活保護を受け取れる人のおおまかな条件

  • 援助してくれる身内がいない方
  • 貯金がない方
  • 怪我や病気があり働くことができない方
  • 上記の3つを当てはまり、なおかつ月の収入が最低生活費に達していない

その他にも条件は細かくあり、各市町村役場によって異なる場合があります。

あくまで生活できない方が生活をするためだけにお金をもらうことになりますのでお金がもらえても贅沢な暮らしはできませんので心得ておきましょう。

番外編!毎月かかる生活費の平均を知っておこう

毎月かかる生活費の平均はだいたいどのくらいでしょうか?各家庭にさまざまな金銭事情や家庭事情があると思いますが平均の生活費はどのくらいでしょうか。

生活費足りない

https://yokota-kenichi.net/marriage-study5/

住んでる地域などによって職業や雇用形態はさまざまですが、多くの方は支出金額は収入金額より3万円前後で抑えている人が多いようです。

交通が不便な地域に住んでいる方は車の維持費、主にガソリンの費用などが比較的に多い傾向にあります。

一般的な家庭の生活費

夫婦が2人で生活した場合の一般的な生活費は21万円です。上記のグラフから分かるように多くの家庭は15万~25万円で抑えている家庭が多いようです。

都市部では車を所有していない家庭も多くあります。都市部では交通が便利なので必要がないのかもしれません。

子どもがいる家庭の生活費

子どもは一人増えるごとに3万円増えると言われています。子どもがいる家庭も低いと20万円以内に抑える人がいますが、大体が20万円台で5人以上いると20万円台後半くらいになるのが一般的のようです。

離婚した母子家庭の生活費

では離婚した母子家庭の生活費はどのくらいでしょうか?離婚した母子家庭では扶養者の月額収入が20万円を下回ることが多いので多くの方は10万~15万円が一般的なようです。

生活費が足りない!給料日までお金がないときにお金を作る7つの方法のまとめ

お金に困窮しても生活費をしのぐ方法や収入を得る方法はたくさんあります。

世の中にはそういう人に合わせた援助や、インターネットを活用した収入を得る方法がたくさんあります。

こうした機関やサイトを活用してぜひ自分にあったお金の使い方や利用の仕方など検討してみてはいかがですか?

お金つくーるが選ぶキャッシング・カードローンランキング

ca29c25565df7963dcb60a9814de3892_s

キャッシング・カードローンは今は利用するのが当たり前になっており、種類も昔とは違い何十種類とあります。 そこでお金つくーるでは
  • ・最短1時間で借りることができる
  • ・他社で借りていても借りることができる
  • ・スマートフォンだけで借りることができる
  • ・信用できる会社

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。