毎月の返済がきつい!返済に追われてる人が借金を早く返す8つの方法

毎月の返済がきつい…!

借金の返済に苦しんではいませんか?借金の金額が増えてくると、給料日でも喜べなくなり仕事の時間もプライベートの時間も借金ことを考えてしまいます。

そんな借金を早く解決するためにいったいどうすればよいのでしょうか?

今回は、「毎月の返済がきつい人が借金を早く返す8つの方法」ということで、借金をより早く返すために効果的な8つの方法をご紹介いたします。

借金で困ったら心強い法律の専門家に相談を

借金がきつい…」と思ってたくさん調べても、債務整理や法律のことになると難しくて心配になってしまいますね。

ここではまず、借金でお困りの方に向け、全国で多くの相談者の相談を受けている2つの事務所をご紹介します。

  特長
  • テレビCM放送中
  • 最短でその日に返済ストップ
  • 全国対応可能
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120603017
  • TVで法律の解説実績も多数
  • 法律相談料0円
  • 相談実績17,000件以上。
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120574012

いずれも、借金に困っている相談者の借金の負担を解決してきた実績が多数あります。

相談者の悩みに親身に応え、多くの信頼を得てこたこの2つの事務所は、TVでのCMや出演も数多く、法律の専門家としての信頼が厚いので安心できるのではないでしょうか。

1.計画を立てて返済票を作り計画的に借金返済する

何も考えず、ただ闇雲に借金を返すことはあまり良いとは言えません。

自分の借金がいくらあるか理解して、その金利はいくらになっているのかなどを正確に計算することで、より早く借金を返すことが出来るのです。

その手段として効果的なのが、返済票を作ることです。返済票に必要なデータは、「借金残高」「金利」「給料」「毎月の返済額」「返済終了予定日」などです。

そのデータを使い、借金を数字として明確に記しておきましょう。

返済計画表を作り借金返済計画を立てよう

返済計画表を作り、その予定通りに借金を返済することで、より早く借金を返せるようにしましょう。

パソコンを使えるという人はエクセルなど計算ソフトを使えば、電卓を使う必要がなく楽に返済票を作ることが出来ます。

2.親や友達にお金を借りて借金返済に充てる

おすすめは出来ませんが、親や友達に借りるという選択肢もあるでしょう。

親ならば、本当に子どもが苦しんでいる場合にきっと助けてくれます。親に頼って工面してくれる場合には、借金がなくなるかもしれません。

しかし、それによって親に迷惑をかけてしまうことは間違いありません。また、金の切れ目が縁の切れ目というように、お金の貸し借りをすることで気まずくなってしまうというケースもあります。

友達の場合は、なおさら、不穏な雰囲気になるかもしれません。

まずは、自分でできることをすべてしてみましょう。それでも借金返済に困ったら、そこで考えてみましょう。

人間関係の破綻に注意!

親や友達など、親しい人から借りる場合であっても、お金の貸し借りでトラブルに発展すると関係を修復するのは難しいものです。

借りる相談をすると決めた場合は誠意を見せ、個人間であっても借用書を準備するなどし、借りたお金は必ず返すという姿勢を見せましょう。

3.固定費を削減して極限まで節約し浮いたお金を借金返済に充てる

固定費とは、毎月一定に支払う費用のことです。具体的には、家の家賃や住民税や所得税、生活費などのことを言います。

固定費は、毎月の支払のうちのかなりの割合を占めるので削減することが出来ると、その費用で借金の返済をすることが出来ます。

日々の食費や光熱費など生活費も、意識して安くすることもまだできるかもしれません。

 保険料なども高すぎる場合は見直しを

他には、保険の見直しも大切になります。保険は月当たりにまとまった金額を払っているので、うまくいくと大きく削減することが出来ます。

特に生命保険は、お金をかければよいというわけでもないですし、安ければ良いというわけでもありません。

病気やケガをしたときにどの程度のお金がおりるのか、人それぞれあったプランを選ぶことが大切です。

また、他の固定費でも削減できるところがあるか一度見直してみると良いでしょう。

これらの固定費の削減に成功すれば、その分を借金返済に当てることが出来るので、よりはやく借金を返済できるでしょう。

4.日払いバイトをしバイト代を借金返済に充てる

1日でも早く借金を早く返すために日払いバイトを探すのもありでしょう。また、日払いバイトは名前の通り、日払いでお金をもらえるので、すぐに返済資金にできるというメリットがあります。

日払いバイトと言っても、一日で一万円稼げる仕事や継続して引き続き続けられる仕事などたくさんありますので、効率的にお金を貯めることが出来ると言えるでしょう。

5.クラウドソーシングで稼ぎ借金返済に充てる

お金を貯めるのに、クラウドソーシングを利用するという手段もあります。

クラウドソーシングとは、インターネットを通じて仕事を受注することをいいます。在宅で仕事が出来るのが一番のメリットです。子育てに忙しい主婦の方でも進められるかもしれません。

その収入は、人によって変わってきますが、慣れてくれば普通のバイトと同じぐらいの金額は稼げるようです。

多くのクラウドソーシングの会社で登録も手軽にできるので、まずは一度試してみると良いでしょう。

6.フリマアプリや質屋で売れるものを売って借金返済に充てる

フリマアプリや質屋を利用するというのも、一つの手立てになります。

スマートフォン利用者の増加によって、多くの人にとってインターネットが身近な存在になったために、ネットオークションやネットフリマを利用する人も増加してきました。

若者の間で人気のメルカリのように、とても人気とインターネットフリーマーケットアプリも登場し、よりネットでの物品の売り買いは身近になりました。

インターネットを利用し、使わないものを売ることで、買い取り業者に売るよりも高額で物を売ることが出来る可能性が高まります。

売っても構わないものがある人は、フリマアプリなどを利用してそのお金を借金返済に使いましょう。

7.車を売って借金返済に充てる

固定費のことは触れましたが、売れる車があれば売って維持費を削減することも視野に入れましょう。

車を持っていると二年に一度の車検やガソリン代など、一年に換算すると多くの維持費が使われていることがわかります。

しかし、車を売ってしまえば、そのような費用はかからなくなります。むしろ車を売ったお金をそのまま借金費用に当てることが出来ます。

自動車の維持費も結構な出費

一家に一台車があるだけでも、その維持費用はとても高いものになります。軽自動車を1台無くすだけで、ガソリン代などかなり節約できるようになるのではないでしょうか。

もし売ってしまっても生活に支障がないようでしたら検討してみてください。

「車下取り」より「車買取」の方が高く買い取ってもらえる

車を売る場合に、「車買取」と「車下取り」の二種類がありますが、「車買取」をしたほうが良いでしょう。

車買取は、時間がかかるというデメリットがありますが、その分金額も下取りよりも多めに買い取ってくれることが多いで多いと言われています。

車を売ることによって、その維持費を無くすことができますので、少しでも借金を早く返すことにつながるでしょう。

 8.債務整理をする

返済をしているけど、借金を払えずにその金利が高く膨れ上がってしまい、払えないほどの金額になってしまって、いつまでたっても借金が減らないという人も大勢います。

また、中には借金を過払いしているケースや、借金返済のために別の借金をし多重債務で余計に苦しくなったと言ったケースもあります。

いずれにしても、借金の金額が高額になっていると感じた時に、なんとか支払おうとするのではなく「債務整理」も検討しましょう。

債務整理は難しいので専門家に相談を!

「借金がきつい」とは思っていても、債務整理は難しく感じてしまうかもしれません。

ですが、前進できずにいると借金の負担は一向に減りませんので、法律の専門家にしっかり相談することをおすすめします。

借金がきつい…そういうときに頼れる2つの法律事務所

ここでは、借金の相談実績も多く全国で借金のお悩みに親身に対応している司法書士法人と弁護士事務所をご紹介します。

いずれも24時間体制で無料相談を受け付けているので、今からでも問い合わせをすることができます。

  特長
  • テレビCM放送中
  • 最短でその日に返済ストップ
  • 全国対応可能
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120603017
  • TVで法律の解説実績も多数
  • 法律相談料0円
  • 相談実績17,000件以上。
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120574012

おひとりで悩んでいると、解決を後ろ倒しにしてしまうこともあります。

抱え込んでしまい事態が悪化する前に、頼れる法律の専門家に今の状況を聞いてもらい、解決を急ぎましょう。

では債務整理とはいったいどのようなことなのか、説明いたします。

債務整理とは?

債務整理はあまり知られていませんが、借金問題に苦しんでいる人を開放してくれる一つの手段です。

借金を整理することで、支払いやすい金額まで借金を減額してくれることや、場合によっては借金を帳消しにしてくれることもあります。

それでは債務整理について詳しく見ていきましょう。

債務整理のメリット

債務整理のメリットは、支払うという意欲はあるけど、払えるような金額を超えてしまい払うことが出来ないというときに、その金利をカットすることや、借金を減額することができるということです。

また、金融業者に取り立てを受けている場合は、債務整理を申請した段階で、取り立てが止まるよう法律で義務付けられています。

債務整理には種類があり、軽いものから任意整理、個人再生、自己破産となっています。

  • 任意整理は、借金を減額することができます。特に金利分をカットすることできます。
  • 個人再生は、借金を大幅に減額することが出来ます。
  • 自己破産は、すべての借金を支払わなくてよくなります。

債務整理のデメリット

しかし、どの債務整理にもデメリットがあります。

債務整理で大切なのは、「借金が減額、もしくは少なくなるメリットとそのデメリットをよく考えなければならない」ということです。

デメリットには以下の3つが挙げられます。

  • 信用情報機関に債務整理の記録が登録されるとローンが組みにくくなる
  • 官報に載る
  • 自己破産では財産を没収されてしまう

わからない方は、弁護士事務所で無料相談を行っているところもあるので、一度債務整理について聞いてみると良いでしょう。

信用情報機関に債務整理の記録が登録されるとローンが組みにくくなる

債務整理をすると、信用情報機関に債務整理の記録が登録されてしまう、俗に言うブラックリストに載ってしまう状態になります。

信用情報機関に登録されてしまうと、ローンを組むことや、クレジットカードを作ることが出来なくなってしまいます。

官報に載る

さらに個人再生をした場合、官報に掲載されてしまいます。

官報に掲載されることで、第三者にその情報を知られてしまう恐れや、闇金業者からダイレクトメールが来ると言ったケースもあります。

自己破産では財産を没収されてしまう

自己破産の場合は、個人再生のデメリットに加えて、財産を破棄しなければなりませんので、持ち家がある方は持ち家がなくなる可能性があります。

また、個人再生、自己破産の共通のデメリットとしては、保証人がいる場合、保証人が借金を払わなければなりません。

債務整理の弁護士費用が払えない場合には

債務整理はその手続きや書類の作成、また裁判所への申し立てなどをしなければなりません。

もちろん、それを一人で成し遂げる方もいないわけではありませんが、一人で行うことは非常に難しいです。ほとんどの人は、弁護士事務所や司法書士事務所に依頼します。

そのような法律の専門家に依頼するとなった場合は、もちろん費用がかかります。借金返済でつらいほどお金に困っているのに、いくらほどの費用をどうやって支払えばよいのでしょうか?

債務整理の費用を分割払いできる事務所も多数

どの種類の債務整理をするのかによって異なりますが、債務整理するにはだいたい20万~70万ほどの費用がかかります。さすがに払えませんよね。

ですが、債務整理の費用を分割してくれる事務所も増えてきているので、まずは一度相談してみると良いでしょう。

法テラスに費用の立替をお願いできることも

その費用が払えないという方は、法テラスという国の支援機関を利用することが出来ます。

法テラスは、弁護士費用が払えない人のための相談をしてくれるだけでなく、費用の立替もできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。借金を早く返すための方法を紹介しました。

借金の金額が金利などで膨れ上がっている場合、いくら真面目に返そうとしても中々返すことはできません。そのような場合に効果的なのは債務整理です。

無理な借金から解放されて、負担が大きく減るかもしれません。また、次から借金をしないように「なぜ借金をすることになってしまったのか」考えてみることも大切です。

この機会になぜか考えて、次からの生活に活かせるようにしましょう。借金をいち早く返し、より幸せな生活が送れることを願っています。

コメントを残す