借金の返済義務と家族が亡くなった場合のキャッシングによる債務の相続について

いきなり家族が亡くなって悲しいのにさらに借金の催促がくるなんて不幸なことはありませんよね。

そこで亡くなった方の借金は誰かが払わなくてはならないのか今回はそのお話をしていきます。

1.借金の返済義務

夫婦の場合は理由によっては借金の返済義務が発生しますが、借金の理由が個人に原因がある場合は返済義務がありません。個人的な趣味の買い物・ギャンブル・投資での借金は夫婦であっても返さなくていいのです。

借りた理由が生活費や子供の養育費など 「家族にとって必要である経費」として借りた場合、残された配偶者は借金を返済しなくてはいけません。

また、 亡くなった方の連帯保証人になっている場合にも返済義務があります。これは家族という枠組みではなくあくまで借金の連帯保証人になっている方が対象です。今では連帯保証人という言葉が有名になり、その怖さも知れ渡っているのでこのパターンの方は少ないでしょう。

ただ、これはお互いの同意が得られていた場合にのみ適用されます。詐欺や恐喝経由で判子を押した連帯保証人には効力が無いので、この場合は支払い義務はありません。

また、支払い義務が発生するのは正規の貸金業者なので闇金の借金は返済の必要はありません。違和感を感じたら、お近くの弁護士事務所に相談することをお勧めします。

 

2.家族がなくなった場合の借金は帳消しになるのか?

元々は自分の借金ではないので、相続しなければ破棄という形で借金は帳消しになります。

ただ、亡くなった方が持っていた財産も同時に破棄になるので、どうしても受け継ぎたい物や土地がある場合は悩みどころです。 財産>借金ならば借金をあえて肩代わりする 選択肢もあります。

 

3.借金を相続するのは誰?

財産を受け継ぐために借金を相続した場合は、基本的には配偶者と子供で半分ずつになります。子供は半分をさらに子供の数で分配するので、額は家族の人数次第です。

ちなみにこれは財産も同じ割合になるので、その点を考慮して相続を考えましょう。事前に遺言状や取り決めがあった場合はそれに従うことになります。

生命保険に関しては受取人が家族になっていれば相続を破棄していても受け取れます。

基本的には資産と借金の差額だけで判断する事をお勧めします。遺言状が無い場合は法律の専門家に相談して機械的に処理するのがベストです。

 

4.借金を相続しないようにするにはどうすればいいの?

絶対に知っておかなければいけないのが、自分が相続人になっているかどうかです。

相続人になってから3か月以内に家庭裁判所に相続破棄の手続きをしなければ、自動的に相続という形 になってしまいます。

財産の相続ならまだしも、知らない間に3か月が経って借金が相続されていたなんて事になってはたまりません。

特に 借金は家族に隠しているというパターンも珍しくない ので、全く身に覚えのない借金を相続する可能性があります。お葬式や各種手続きで忙しくなる時期ですが、必ず相続人になったら3か月以内に相続破棄の手続きをしましょう。

もし知らないまま3か月が経ってしまった場合、法務事務所等の専門家を訪ねましょう。

知らない借金の場合は大体、金融業者から返済の催促や負債額の通知が来ます。

相続破棄の手続きは、亡くなった方の住所の近くにある家庭裁判所に相続人本人が申請します。亡くなった方との関係(配偶者・子供・孫・兄弟・親)によって必要書類が違いますが、費用は基本収入印紙+切手代なのでそれ程掛かりません。

この相続放棄は家族から順番に流れていきます。配偶者・子供→両親・祖父母→兄弟姉妹と相続権が渡っていくので、借金を抱えていた場合はできるだけ早めに相続放棄をしてください。

身内と呼ばれる人達全てが相続放棄してやっと、亡くなった方の借金は帳消しになります。

コメントを残す