今の自分は自転車操業?借金返済で困っている人に向けた5つの解決策

「自転車操業だ…借金返済が終わらない…

最初は1社からお金を借りていて、借りたお金を返すために新たに借金をすることを「自転車操業」といいます。

複数の金融機関からお金を借りる、いわゆる多重債務になり状況が悪化してしまうケースは多く自転車操業を繰り返し、借金の総額も大きくなって返済するのが難しくなってきます。

今回はこの「自転車操業」に焦点をあて、自転車商業に陥る人のパターンや、自転車操業から抜け出す方法についてお話していきます。

自転車操業で借金返済がつらいときは法律の専門家に相談を

自転車操業はいつまで続くんだろう…」と思っても、このままでいいのかと心配になっても、どうすればいいかわからないまま事態が悪化することもあります。

今ある借金の悩みがよほど深刻であれば、司法書士や弁護士など専門家に相談してみましょう。自転車操業の状況を聞いてもらえば、借金の減額や免除の手続きつまり債務整理を提案してもらえます。

ここではまず、借金で自転車操業になりお困りの方に向け、全国で多くの相談者の相談を受けている2つの事務所をご紹介します。

  特長
  • 最短でその日に返済ストップ
  • 全国対応可能
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120664023
  • TVで法律の解説実績も多数
  • 法律相談料0円
  • 相談実績17,000件以上。
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120584012

多重債務状態になり、自転車操業の状態にハマってしまうと抜け出すのはとても大変です。自分ひとりの力では自転車操業の状態から抜け出すのはかなり困難な状況で、家族や親せきなどを頼る人もいるのではないでしょうか?

ですが、ご紹介したのはいずれも借金でお困りの相談者の悩みに応え多くの信頼を得てきた事務所で、周囲に借金が知られたり家族へ影響をかけたりする心配についても相談に応じてくれます。

また、TVでのCMや出演も数多く、法律の専門家としての信頼が厚いので安心できるのでしょう。

借金の自転車操業から抜け出す5つの方法

現在抱えている借金の悩みを解決するには、次のような自転車操業から抜け出す5つの方法があります。

  1. 任意整理:弁護士に依頼して借金の返済額を減額してもらう
  2. 特定調停:簡易裁判所を通して債務者と話し合い減額や支払い方法について相談する
  3. 個人再生:専門家の協力を得て裁判所を通して借金の減額をしてもらう
  4. 自己破産:裁判所を通して借金の支払いを免除してもらう
  5. おまとめローン:複数のローンを1本化して支払いを楽にする

1~4は、いわゆる債務整理と呼ばれる手続きです。借金の返済を行う「債務整理」や多重債務をひとつにまとめる「おまとめローン」という方法で借金を減らすもしくは無かったことにできます。

債務整理の場合の費用は借金の総額や借り入れ先件数、債務者の収入などによって変わってきます。債務整理後に分割払いや後払いをすることが可能なので、依頼時にお金がなくても債務整理を依頼することはできます。

借金の自転車操業をそのままにしてはいけない理由

なんとか自転車操業でやりくりできていても、借りた人がお金を返済できなくなければ保証人になった方へ取り立てが行くなど、周囲に影響が出ることにもなってしまいます。

また、滞納の履歴はこの先に残っていくため、クレジットカード発行や新たなローン申込の際の審査に通らない原因になります。

このような状況になる前に、多重債務でお困りの場合には手を打ちましょう。

任意整理

任意整理は債務整理の中で一番手続きが簡単で費用も少なくて済みます。

弁護士や司法書士に依頼してお金を貸している債権者との話し合いをし、借金の返済金額の見直しや、利息の引き直しで支払い金額を減らしたり、過払い請求で余分に支払っていたお金を取り戻したりすることができます。

特定調停

特定調停は弁護士を立てず簡易裁判所がお金を借りている債務者と、お金を貸している債権者との仲介を行い、返済条件についての話し合いをすることで返済をしやすくする制度です。

ただし債権者との話し合いがうまくいかないことも多く、簡易裁判所によって調停基準がバラバラなので、遅延損害金や調停後の利息などを支払うこともあります。

個人再生

個人再生とは民事再生ともいわれています。返済が困難であることを裁判所に認められたうえで、債権者と借金の減額や支払い方法について相談、減額した分を3年から5年で返済する方法です。

個人の財産を保持したまま借金の返済をすることができます。

自己破産

自己破産も個人再生と同じように裁判所に支払いが不可能であるということを認めてもらいますが、借金の返済は全額免除されるという特徴があります。

家や車、宝石類などの高額な財産は手放すことになります。しかし税金のような特別なもの以外は借金の支払いが免除されるため、自己破産後は給与などの収入を生活費に回すことができるようになるのです。

おまとめローン

おまとめローンは、銀行や銀行系の消費者金融などで取り扱っているローンのひとつで、多重債務になっている場合の借り入れ先をまとめ、ローンの支払いをひとつにする方法です。

多重債務の場合、支払い日や支払い金額がバラバラで管理するのが大変ですが、支払いをひとつにまとめることで毎月の支払い管理が楽になり、知足が安くなる可能性があります。

借金で自転車操業している人の2つの特徴

  • 手当たり次第にキャッシングを繰り返している
  • 支払い期日を守らない

借金を返済するために借金をする「自転車操業」をする人には2つの特徴があるといわれています。自転車操業をする人の特徴とは、一体どんなものなのかみてみましょう。

手当たり次第にキャッシングを繰り返している

お金を借りるときに事前に計画も立てずキャッシングなどを行ってしまうと、返済が困難になってしまうことがあります。

返済期日までに支払いを行わないと、お金を貸している銀行や消費者金融などから支払いを催促されたり、督促状が届くようになったり、そんな状況から逃げようと新しい金融業者からお金を借りて返済ということを繰り返し、気が付けば自転車操業にハマってしまうのです。

このように、自転車操業に陥る人はお金を借りるときにきちんと返済計画を立てず、手当たり次第に借りてしまう人が多い傾向にあります。

支払い期日を守らない

借金を支払い期日までに返済することができないでいると、延滞した日数分、延滞料金が発生します。当然延滞料金も支払いしなければならないため、支払い期日を守れないと、どんどん借金の金額が大きくなってしまうのです。

そのため、借金を早く返済しようと他の貸金業者からお金を借りた結果、多重債務や自転車操業になってしまう人もいます。

借金で自転車操業から抜け出せないなら弁護士事務所へ相談

  • どうしても解決が難しいなら弁護士に相談する
  • 弁護士費用の相場
  • 費用が高くても依頼できる
  • 弁護士費用が支払えない場合

多重債務で自転車操業に陥ってしまうと、周囲にも影響を及ぼすことになります。借金はひとりで悩んでしまいがちですが、支払いができなくなる前に弁護士事務所へ相談にいくのが賢明でしょう。

どうしても弁護士費用を払えないというのであれば、法テラスを利用して費用を立て替えてもらい、毎月5,000円から分割で費用を返済することが可能です。

弁護士や司法書士に相談した場合の依頼費用

個人で債権者と話し合いをしてもなかなかうまくいかない場合や、おまとめローンに切りかえても毎月の借金の返済がきついということは多いです。

借金の額が大きければ大きいほど、個人で解決するのは困難な状況になってしまうので、そのようなときは弁護士に相談し、債務整理を行うのが一番よい方法といえます。

費用の相場

費用は債務整理の種類によって異なりますが、相談料に関しては無料のところもあり、有料の場合には1時間10,000円程度の弁護士事務所が多いようです。

正式に依頼を受けて手続きを開始する前に支払う着手金や、成功報酬、減額報酬などは債権者の数や借金の総額、依頼者の生活状況などによって変わってきます。

任意整理の場合は着手金が債権者1件につきが20,000円から40,000円、解決報酬金は1社ごと20,000円、減額報酬が減額した金額の10%が相場といわれています。個人再生の場合は400,000円から600,000円、自己破産の場合は200,000円から500,000円が相場です。

しかし、実際に債務整理を依頼すると弁護士費用以外にも裁判所などに支払う料金や、手続きに関する諸経費も請求されます。

費用が高くても依頼できる

「毎月の借金が払えないのに、弁護士費用なんて…」というように、弁護士費用がネックになって相談すら難しいと思っている人が多いかもしれません。

弁護士費用を工面するために、仕事を増やす、あるいは親兄弟や親せきからお金を借りるということは一切しなくても、弁護士に債務整理を依頼することは可能です。

弁護士報酬は一括払いが一般的です。しかし、債務整理に関しては依頼者が生活苦なこともあり、債務整理終了後に後払いで支払うことが可能な弁護士事務所もぽおくあります。

分割払いや借金を清算し終わってからの支払いに応じてくれるため、依頼時にお金がなくても債務整理を頼むことができます。

弁護士費用が支払えない場合

分割払いでも弁護士費用を支払うのが難しいという場合には、「法テラス」を利用しましょう。

法テラスでは低所得者など一定条件を満たしていれば無料で相談することができます。

また審査はありますが、債務整理にかかる費用を立て替えてくれます。そのうえ毎月の支払いは5,000円からと、直接弁護士事務所に支払うよりも安い金額で分割払いをすることが可能です。

少しでも弁護士費用を安くしたいのなら、相談料・着手金が無料で、報酬が分割払い可能な法テラスを検討してみましょう。

まとめ

借金返済で自転車操業を行っている人は返済計画を考えずにお金を借りてハマってしまっているケースが多く、返済期日を守れない人にも多いです。

個人でどれだけ頑張っても返済が難しいようなら、なるべく早く弁護士に相談して債務整理を行ったり、特定調停やおまとめローンなどを利用したりして借金の早期返済を目指すのがよいでしょう。

弁護士報酬の後払いや分割払いに対応している弁護士事務所が多いため、手元にお金がなくても債務整理を依頼することができます。

しかし分割でも毎月の支払い金額がきついようであれば、法テラスを利用して費用を立て替えてもらって、毎月の支払額を少ない金額にすることも可能です。

多重債務や自転車操業状態になってしまうと個人で対処するのはとても難しいので、なるべく早い段階で弁護士に相談して借金の悩みから解放され安定した生活を送れることを目指しましょう。