クレジットカードで一括請求されたら?|支払えない場合のデメリット

クレジットカードでショッピングをすると1~2ヵ月後に指定している口座からお金が引き落としになります。

計画的にクレジットカードを利用しているつもりでも、請求書を見て予想以上に高くなってしまって支払うことができないと慌てる人もいます。

支払いをすることができないからと放置していると、一括請求で支払いを求められたり、信用情報に傷がついてしまうといったことになりかねません。

今回はクレジットカードの一括請求が来たときに支払うことができないときのデメリットや、一括で支払うことのできないときの対処法についてお話していきます。

クレジットカードの支払いが停滞していると次のようなデメリットがあります。

  • クレジットカードが使えなくなる
  • ブラックリストに載ってしまう
  • 遅延損害金が発生し支払い金額が高くなる

支払いを延滞していると、最終的に一括請求されてしまい予想以上に大きな金額を支払うことになります。

一括請求されたときには、分割やリボで支払うことはできなくなるので注意しましょう。

一括請求がきてもどうしても支払うことができないのであれば、クレジットカード会社に連絡し、正直に支払いが困難なこと、支払うつもりはあるということを伝えましょう。

具体的にいつまでなら支払えるのか、毎月いくらなら支払えるのかといったことを話し合うことで返済が楽になることがあります。

どうしても返済が無理な状況であれば、弁護士に依頼して債務整理を行うことで毎月の支払いが楽になる、または借金を減額してもらうことができます。

弁護士費用は債務整理の種類や債務者の状況により変わりますが、弁護士費用は分割払いが可能なところが多いです。どうしても弁護士費用がないというのであれば、法テラスを利用し一時的に費用を立て替えてもらう方法もあります。

クレジットカードで一括請求で支払えなかった場合のデメリット

  • クレジットカードが利用停止になる
  • 信用情報に履歴が残る
  • 支払い金額が高くなる

クレジットカードの一括払い請求が来たときに支払うことができないと、「クレジットカードの利用停止」、「信用情報に履歴が残る」、「支払い金額が高くなってしまう」という3つのデメリットを負うことになります。それぞれどのような内容なのかについて説明します。

クレジットカードが利用停止になる

クレジットカードはお金の引き落とし日に指定口座にお金が入っていないと、大抵の場合3営業日以内にクレジットカードの利用ができなくなります。

クレジットカード会社にもよりますが、早ければ当日、遅ければ1週間以内には残高不足で引き落とせなかったという連絡があります。ただし、連絡を受けてすぐに入金すればカードが止まることはありません。

クレジットカードが止まってから入金した場合は、入金確認に時間がかかる場合もあるのでクレジットカードが使えるようになるまで2営業日程度かかることがあります。過去の遅延状況によってはさらに長時間利用停止になってしまう場合もあるようです。

信用情報に履歴が残る

クレジットカードの支払いが遅れてしまうと、個人信用情報機関という信用情報を扱っている機関のいわゆるブラックリストに、クレジットカード支払い延滞情報が掲載されてしまうのです。

基本的には個人信用情報機関に延滞情報が載るのは、延滞2ヵ月目からで、一度載ってしまうと5年はデータが消えないため掲載されてから最低でも5年間は携帯電話の分割払いやローン、クレジットカードの契約といったものができなくなってしまいます。

また過去の延滞状況や延滞額によっては1ヵ月の延滞でもクレジットカードの強制解約や個人信用情報に掲載の処置を取られることがあるので注意しましょう。

支払い金額が高くなる

指定された日までにクレジットカードの支払いができない場合は、「延滞損害金」を支払うことになります。これは返済が遅れたことに対するペナルティ的なもので、支払い額の15%前後の金額に設定しているカード会社が多いです。

きちんと期日までに支払いをしておけば、本来は支払う必要のないお金なので、完全に無駄な支払いになってしまうので注意しましょう。

すでに一括請求されている場合、リボ払いは使えない

ショッピングのときなど支払いを一括払いにしているときには、後から支払い方法をリボ払いにすることが可能です。しかしクレジットカードの支払いの延滞が一回でも生じてしまうと、多くのカードローン会社ではリボ払いに変更をすることはできません。

一括請求された金額が払えないことをカード会社に伝えよう

  • カード会社に一括請求分の支払期限の相談をする
  • カード会社に一括請求

分の支払い方法の変更相談をする

一括請求をされてしまっても、どうしても支払うことができないというケースは多いです。そんなとき、一体どのような方法を取れば支払いを楽にできるのかと悩む人も少なからずいます。

クレジットカード会社に電話をすることで、怒鳴られたり取り立てが厳しくなったりすると思っている人もいるかもしれません。

しかし、きちんと返済する気持ちがあること、支払えないことを伝えることで「誠意がある人」と判断してくれることが多く、支払いの相談に応じてくれる場合が多いです。

また、一括請求されてしまうと支払いができていない借入金にプラスして遅延損害金を支払うことになるため、予想以上に大きな金額になってしまうケースが多いことを知っておきましょう。

一括請求は借りているお金をすべて一括で返済することを要求しているので、今までリボや分割で支払っていた分まとめての支払いすべてが対象となります。

カード会社に一括請求分の支払期限の相談をする

近日中に給料やボーナスなどお金が入る予定があり一括で支払うことが可能であれば、具体的にいつまでに支払いができるかということを伝えましょう。

あまり遠い日付だと難しいですが、一括で返済する期日の相談に応じてくれるクレジットカード会社は多いです。

カード会社に一括請求分の支払い方法の変更相談をする

一括請求されたから相談しても無理と思っている人は多いようですが、実際はそうでないケースもあります。

一括請求があってから自分からクレジットカード会社に連絡を取ったとき、意外に支払い方法について相談に乗ってくれるクレジットカード会社は多いのです。

ただし、クレジットカード会社に連絡する前に、今いくら払うことができるのか、毎月いくらまでなら支払えるか、毎月の支払い日はいつなら大丈夫かといったこともきちんと考えて伝える必要があります。

相談中は予定や予想ではなく、「確実に支払える金額」を伝えることがポイントです。

クレジットカードの一括請求で支払うのが難しければ弁護士に相談しよう

  • 弁護士費用の相場は?
  • 費用が高くても依頼することができる
  • 弁護士費用が支払えないときはどうする?

カード会社との話し合いがうまくいかず、借金を支払うためにいろいろ手を尽くしたけれど解決できないという場合には、「債務整理」という最終手段が残っています。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼して、法的な手続きを踏んだうえでクレジットカード会社と交渉を行ってもらうので、個人での話し合いよりもスムーズに相談が進みます。

弁護士費用の相場は?

債務整理を弁護士に依頼するとき、報酬額が気になる人が多いですが、実は弁護士の報酬額は上限はあるものの標準価格などはないため、弁護士によって異なる可能性があります。

債務整理には「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」など債務状況によっていくつかの種類があます。債務整理の種類や手続きの難易度、債務者の生活状況や収入といったものをトータルで考えて弁護士費用が決まります。

任意整理は債務先1件ごとに着手金と報酬金が発生し平均で20,000~40,000円、借金の総額を減額できた場合は、減額報酬として減額して金額の10~20%となります。

また過払いがあった場合は、取り戻した過払い金の20~25%、その他費用として5,000円~30,000円がかかります。

個人再生や自己破産は債務者の状況により金額は変動しますが、平均すると個人再生で400,000~600,000円、自己破産で300,000~500,000円くらいの弁護士費用がかかります。

ただし、債権者とトラブルになり裁判などになった場合には別で訴訟費用などを支払うことになり、高額になってしまうケースもあります。

費用が高くても依頼することができる

弁護士費用は前金で支払うのは着手金のみなので、トータルで費用が高くても、債務整理を依頼することが可能です。また手続き終了後、まとまったお金がなくて一括で報酬を支払うことができない場合には、分割や借金返済終了まで支払いを待ってくれるところもあります。

報酬の支払いが気になる人は事前に報酬の支払い方法についても相談しましょう。

弁護士費用が支払えないときはどうする?

弁護士に支払うお金の工面が難しいという人は、「法テラス」をうまく利用しましょう。法テラスは収入が低い人でも、法律相談ができる機関です。

収入が低い人の場合、無料で相談することができますし、一定条件で手続きも必要になりますが弁護士費用を立て替えてもらうこともできます。

建て替えた費用は毎月5,000円からと低い金額で返済が可能となっているので弁護士費用で悩んでいる人は一度法テラスに相談してみるとよいでしょう。

まとめ

クレジットカードの支払いを遅延しているとカードの利用を止められたり、ブラックリスト入りになったりしてその後の生活にも影響が出てきます。

クレジットカード会社から一括請求が来てしまえば、分割やリボといった支払い方法でお金を払うことができなくなるうえに、遅延損害金も上乗せになり、大きな金額を払うことになりかねません。

支払いができない場合はクレジットカード会社に連絡し、現在の状況やいつまでなら支払えるなど正直に伝えましょう。そのような誠意を示すことで、支払い期間を延ばす、あるいは支払い方法を変更してもらえる場合もあります。

借金の額が大きく、クレジットカード会社が話し合いに応じてくれないというようなときには、なるべく早めに弁護士に相談し債務整理を行うことも考えましょう。