楽に返済できるようになるの?クレジットカードを一本化する方法2選

クレジットカードの請求額が、思いのほかきつい…」「一本化したら楽になるのかな…?

複数のクレジットカードとなると引き落とし日が違う、引き落とし口座が違うなど、支払に困ってしまうことも…。

いよいよ返すめどが立たなくなり、返済の一本化を検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、クレジットカードの支払いを楽にする方法と、どうしても返済が難しい場合や困った場合は弁護士に相談する方法も紹介します。

クレジットカードの返済を諦めたくなったら法律の専門家に相談を

支払いがきつい…」と思ってたくさん調べても、自力では解決できそうにない場合は法律の専門家に相談するがよいでしょう。

ここではまず、クレジットカードを返済完了のめどが立たない方に向け、全国で多くの相談者の相談を受けている2つの事務所をご紹介します。

  特長
  • テレビCM放送中
  • 最短でその日に返済ストップ
  • 全国対応可能
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120664023
  • TVで法律の解説実績も多数
  • 法律相談料0円
  • 相談実績17,000件以上
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120584012

いずれも、複数のクレジットカードの支払いに困り、払えなくなった方の相談に応じてきた実績が多数あります。

TVでのCMや出演も数多く、法律の専門家としての信頼が厚いので安心できるのではないでしょうか。

クレジットカードの複数の返済を一本化する方法2選

今すでに複数枚のクレジットカードそれぞれ上手く返済できそうにない場合、どうしたらよいのでしょうか?

クレジットカードの返済が大変で、いくつかのクレジットカードの支払いをリボルビング支払いにしているといった人もいるでしょう。

クレジットカードの返済を一本化したいとき、以下の方法で一本化は可能です。

  • おまとめローンでクレジットカード返済を一本化する
  • 借り換えローンでクレジットカード返済を一本化する

おまとめローンや借り換えローンは、銀行や消費者金融などの金融機関を利用して返済する方法です。

では次に、それぞれ詳しく見ていきましょう。

おまとめローン・借り換えローンでクレジットカード返済を一本化する

おまとめローンで・借り換えローンを利用することで、クレジットカードの返済の負担を軽減できるかもしれません。

では、おまとめローンで・借り換えローンは何が違うのでしょうか?

おまとめローン・借り換えローンの違い

おまとめローン・借り換えローンに大きな違いはありません

強いて言えば、おまとめローンは複数社の返済をまとめ、借り換えローンは借りている金融機関を乗り換えるという目的のもとに存在しています。

いずれにしても、違う金融機関を利用してクレジットカードの返済をすることに変わりはありません。

それぞれの金融機関がどう呼んでいるかの違いとも言えます。

いずれも、それぞれのクレジットカードの残りの返済額をはじき出して、おまとめローンあるいは借り換えローンでお金を借りて、クレジットカードの返済を一括で行うということに変わりありません。

おまとめローン・借り換えローンの金融機関による違い

おまとめローン・借り換えローンを実施している金融機関は主に銀行か消費者金融があり、おまとめローン・借り換えローンの違いをまとめると以下のようになります。

  • 銀行のおまとめローン・借り換えローン
    • 消費者金融と比較すると利息は高くない
    • 消費者金融に比べ審査が厳しい
  • 消費者金融のおまとめローン・借り換えローン
    • 審査や手続きが銀行よりも速い
    • 銀行ほど利息が低くない

利息が気になる方は、銀行系のまとめローンの審査に通らなかった場合に、消費者金融系のまとめローンを検討するのもよいでしょう。

また、次の支払日に合わせてとにかく急ぎたい場合は、スピード重視で消費者金融を利用することも検討できるかもしれませんね。

おまとめローン・借り換えローンは金融機関がカード会社に返済をしてくれる

クレジットカードの複数の支払いは、おまとめローン・借り換えローンで一本化した金融機関が代わりに返済してくれます。

クレジットカードの返済を代わりに払ってもらった分は、その金融機関にだけ返済するようになります。

たとえば、クレジットカードの会社A・B・Cに毎月返済している分を金融機関Dのおまとめローン・借り換えローンで一本化したとしましょう。

その場合は金融機関Dがクレジットカードの会社A・B・Cに返済をしてくれるので、あなたはクレジットカードの会社A・B・Cに返済する必要がありません。

一本化が済んだあと、あなたは金融機関Dにのみ、決められた金額を毎月払っていくということです。

クレジットカードの返済を一本化できない典型的なパターン

クレジットカードの返済を一本化できない人には、典型的なパターンがあります。

まず、おまとめローン・借り換えローンに関しては、審査に通ることができず一本化できないということもあります。

おまとめローン・借り換えローンは審査が難しい

具体的にはおまとめローン・借り換えローンを利用するにも、銀行あるいは消費者金融会社に申し込みを行い、厳しい審査にパスしなければいけません。

これまでに滞納の記録の多い方や、クレジットカードやカードローンでかなり多額の債務を抱えている方では、審査に通過するのが難しくなります。

さらに、年収と比較して、おまとめローン・借り換えローンで一本化した際の返済金額の合計金額が高ければ高いほど審査通過は難しいでしょう。

おまとめローン・借り換えローンの審査が厳しい理由

おまとめローン・借り換えローンの審査が厳しい理由をご説明します。ここでは、例えとして、クレジットカード3枚の返済残高の合計が150万円だとしましょう。

その返済をおまとめローンや借り換えローンで一本化するには、クレジットカードの請求金額の全額、つまり150万円の借入れをしなくてはいけません。

ということは150万円借りるための審査を受け、「150万円という巨額の金額でも返済できる」という大きな信用を得なければならないということです。

おまとめローン・借り換えローンなどですでに借金をまとめていると審査は通りづらい

借り換えローンで借り入れたお金は、借金の返済に充てるわけですから、150万円の借金が残るということになるのですが、150万円借りた時点では、合計300万円の借金を抱えていることになります。

そうした他社借入れの残債を含めた審査を受けなければいけないので、信用力の評価が低い人にとっては審査に通るのも高いハードルとなるのです。

特に、すでに借り換えローンなどで借金をまとめている場合は、返済能力を疑われ審査に通らない可能性が高いです。

クレジットカードの返済を一本化できず困ったときは

クレジットカードの返済を一本化しようにも上手くいかず、どうしても解決が難しければ司法書士や弁護士に相談するのが一番です。

どうしても解決が難しければ司法書士や弁護士に相談する

クレジットカードの支払いのことで司法書士や弁護士に相談するといっても、いきなり債務整理とかさらには自己破産といった話にならずに、まずは話を聞き現状を分析してより良い方法を提案してくれる場合もあります。

相談の結果、司法書士や弁護士がその専門性をもって依頼を引き受ける場合は、どうしても返済ができないと判断したときです。

基本的にはそういった状況になって、自ら債務整理を希望する方も少なくなく、弁護士に相談することも多い傾向にあります。そうすると、司法書士や弁護士の権限である「受任通知」で督促を止めてもらうことができるでしょう。

クレジットカードの返済の一本化で困ったら相談できる2つの事務所

クレジットカードを返済完了のめどが立たない方に向け、全国で多くの相談者の相談を受けている2つの事務所をご紹介します。

  特長
  • テレビCM放送中
  • 最短でその日に返済ストップ
  • 全国対応可能
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120664023
  • TVで法律の解説実績も多数
  • 法律相談料0円
  • 相談実績17,000件以上
  • 初期費用0円
  • 電話でのご相談はこちら⇒0120584012

いずれも、複数のクレジットカードの支払いに困り、払えなくなった方の相談に応じてきた実績が多数あります。

債務整理の費用の相場

債務整理の中でももっとも多い任意整理の場合の、最初の着手金は5万円が相場となります。弁護士は受任通知を発するなどの業務を行います。

そして、報酬は債権者数×3万円程度となります。債務整理が成功した場合は、基本で2万円と元金からの減額報酬となります。債務整理でも自己破産に至ると、着手金で20万円、成功報酬で20万円が相場になります。

次に、費用について、以下の疑問にお答えします。

  • お金がなくても相談できるの?
  • 費用が支払えない場合どうしたらいいの?

お金がなくても相談できるの?

クレジットカードの返済の一本化など、支払いや借金での悩みの相談を無料で行っている事務所も多くなっています。

いよいよ苦しくなり相談したいと思ったら、相談料を取っていない司法書士や弁護士の事務所に相談するようにしましょう。

費用が支払えない場合どうしたらいいの?

司法書士や弁護士に相談の上で債務整理をしようと思った際には、費用が高く支払えない場合でも依頼できるケースも珍しくありません。

費用には相場がありますが、基本的には話し合いで決まります。最初にお金が払えない場合もあるでしょう。それも話し合いになるので、お金がなくても弁護士に依頼はできます。

費用は分割で支払うことが可能な事務所も最近増えてきています。弁護士や司法書士も、クレジットカードの返済で困っている方にお金がなくお困りなのはわかっているので、それを配慮してくれていることが多いということです。

公的機関で費用の相談もできる

また、法テラスという公的支援機関を利用し、費用の建て替えを相談するのも可能です。長くクレジットカードの返済で困ってしまうよりも、そのような制度など利用して、早く解決できると負担は軽くなるでしょう。

クレジットカードの複数利用で支払いが難しくなる理由

クレジットカードを複数枚利用していると、もちろん使い分けるメリットはあるでしょう。ですが、デメリットもあります。

デメリットをよく理解しないままでは、支払いが困難になってしまいます。クレジットカードの複数利用で支払いが難しくなる理由には、以下の2つがあります。

  • 複数のクレジットカードそれぞれ返済日が異なる
  • 複数のクレジットカードそれぞれ支払い方法が異なる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

返済日が異なることで困ること

返済日がクレジットカードによって異なると、それぞれの前日にお金を用意しておかなくてはいけませんので、支払日をしっかり管理しなければなりません。

ですが、クレジットカードを複数枚普段から利用していると、引き落とし日を忘れ口座の残高不足になることも珍しくはありません。

ですので、可能な限り、クレジットカードのそれぞれの返済日は同じで、給料日の直後など収入があるタイミングであることが好ましいでしょう、

支払い方法が異なることで困ること

普段使うクレジットカードがそれぞれ支払い方法が異なることで、滞納をしてしまうケースは珍しくありません。

クレジットカードによって、口座引き落としと振込で方法が異なるケースや、引き落とし口座が違うケースが挙げられます。

それぞれの方法に合わせて、利用料金の支払いの準備をしなければなりませんので、可能であればすべて同じ銀行口座からの引き落としにするのがよいでしょう。

また、その銀行口座が給与の振込先であれば、ひとつの通帳で履歴を見れるため、さらに管理がしやすくなります。

クレジットカードは便利なものですが、使いこなすほどに返済が面倒になってしまっては本末転倒といえるでしょう。

複数のクレジットカードはできれば一枚に絞ろう

日々使う複数枚のクレジットカードを、最終的には一枚に絞り一本化するだけでも、複雑な支払日や口座の違いで返済が遅れるリスクを減らせます。

クレジットカードによって特典も異なると思いますので、一枚だけを選ぶのは難しいかもしれません。ですが、支払いに困ってしまう状況を変えることの方が大事です。

あまりメリットを感じないクレジットカードがあれば解約し、固定支出の支払いがあれば特によく使うクレジットカードへ支払い方法を変更しましょう。

まとめ

クレジットカードの返済の一本化というのは、結果的にすべての債務を返済できるだけの金額をおまとめローンで借りて返済する方法です。

そこで、この記事GAでは以下の項目についてご紹介してきました。

  • 複数枚のクレジットカードでは返済日や口座の違いで複雑になり、滞納などを引き起こしやすい。
  • 審査に通らなければ、おまとめローンや借り換えローンでクレジットカードの返済を一本化することができない。
  • 司法書士や弁護士に相談して解決を急ぐこともできる。

まずは、クレジットカードの使いすぎには注意しなくてはいけません。なお債務整理の場合は、弁護士事務所に相談するとよいでしょう。