クレジットカードの返済ができない場合に起こる4つの問題点と解決策

買い物に便利なクレジットカードですが、毎月の支払いに苦労している人も多くいます。

自分の利用額や口座残高を把握できなかったり、多数のカードを使っていて管理しきれずにいると、遅延損害金が発生してしまったりして負担が増加します。

ここではクレジットカードの返済で長期的に苦しんでいるユーザーに向けて、クレジットカードの支払いを延滞するとどうなるか、支払いができない場合にどのような解決策があるのかなどをご説明します。

毎月のクレジットカードの支払いを延滞してしまったらどうなるのでしょうか。
・カード会社から未決済のお知らせが届く ・遅延損害金が発生する ・クレジットカードが利用停止になる ・ブラックリストに掲載される

そうならないためにも、自分のカード利用の明細をしっかりと把握し、もし返済できない場合は「分割払い」「ボーナス一括払い」「後からリボ払い」など、返済可能な方法があるかカード会社に相談してみましょう。

家族などにも相談して、それでも返済の見通しが立たなければ、法の専門家である弁護士に相談し債務整理を行うなどの方法で、しっかりと借金を返していきましょう。

クレジットカードの返済ができないとどうなる?

  • 【1】カード会社から返済が完了していないというお知らせが届く
  • 【2】遅延損害金が発生する
  • 【3】クレジットカードが利用停止になる
  • 【4】ブラックリストに掲載される

【1】カード会社から返済が完了していないというお知らせが届く

支払いに便利なクレジットカードは、支払額をあまり把握せずつい使いすぎてしまうという側面があります。自分がどれだけの買い物をしたか把握していないと、請求月に予想外に多額の支払額があり驚いてしまうこともあります。

また、自分が使った額や支払い月の引き落とし額、銀行残高などを気にせずにクレジットカードを使っていると「残高不足などで支払いができていないという通知」がカード会社から届くことになります。

直接電話がかかってくることもあります。その時になって初めて残高不足に陥っていたことに気がついて慌ててしまうという事態に陥らないとも限りません。

【2】遅延損害金が発生する

明細を事前に確認していなかった、残高不足を気にしていなかった、入金額を間違っていた、などにより支払い不足に陥った場合は、通知がきた段階ですぐにカード会社と相談して支払い手段を確認し、返済すれば済みます。

一方で、返済期日を過ぎた場合は「遅延損害金」が日割りで発生します。これはクレジットカードを作った時に、約款に記載されているので、当然払わなくてはならないペナルティです。

クレジットカード利用の支払いが遅れると、このように追加で多くの支払いが発生するので注意が必要です。延滞が長期化しないうちに、支払うことが重要です。

【3】クレジットカードが利用停止になる

通知のハガキや電話連絡を無視し続け、さらにカードを作った時に記載されていた勤務先への電話でも連絡がとれない場合は、クレジットカードの利用ができなくなります。

そうなると、いままでの利用額を一括で返済しなくてはなりません。カードの利用停止はとても不便なだけでなく、遅延損害金などを含め、返済額が増加し、負担が増大することになるので、カード会社からの連絡は絶対に無視し続けてはいけません。

【4】ブラックリストに掲載される

再三にわたる連絡を無視し続けると、本人の生存確認なども行われた後、金融機関の個人信用情報、いわゆるブラックリストに載ります。信用情報機関に名前が載ることで、以後のカードの更新や新規発行などに支障が出ることになるので、非常に不便になります。

クレジットカードの返済ができない場合はカード会社に連絡

  • 利用明細を確認する
  • 分割払いかボーナス一括払いに変更できないか確認する
  • 後からリボ払いに変更できないか確認する

支払いができない場合はすみやかに利用中のクレジットカード会社への連絡が必要です。ただし、連絡前に確認しておくべきことがいくつかあります。

利用明細を確認する

クレジットカードの利用分の支払いができない場合は、まず確認するべきなのは自分がカードでどれだけの買い物をしたかということです。クレジットカード利用の全体像を把握することが重要です。

利用金額と、いつまでにどれくらいの支払いが必要なのか、また口座の残高もしっかりと調べておくべきです。クレジットカードを頻繁に使用している人の多くは自分の支払額や支払い能力を管理できていないケースがほとんどです。

一度、利用明細を含め全体を確認することが大事です。

分割払いかボーナス一括払いに変更できないか確認する

明細を確認したうえで、今の手持ちでは支払うことができないとわかった時は、「分割払い」や「ボーナス一括払い」が可能かどうかカード会社に確認をとります。

年二回のボーナス払いにすることで、金利や手数料がかからない場合もあります。カード会社によって対応している場合としていない場合があるので、確認が必要です。

また分割払いによって現状では持ち合わせがなくても、月々の支払額を減らすことで、返済していくこともできます。どちらにせよ、支払いが滞ってしまったらカード会社に返済方法について相談してみるのがいいでしょう。

後からリボ払いに変更できないか確認する

「分割払い」「ボーナス一括払い」のほかにも、後からリボ払いに変更することも一つの手段です。

最近は多くのカード会社で、後からリボ払いに対応しています。ボーナスが支給されない会社に勤めている人などには適しています。

リボ払いは手数料が上乗せされてきますが、現状では請求額を支払えない場合などの一時的な解決策にはなります。カード会社の会員サイトで、後からリボの設定が可能です。

滞納分を支払えるまとまったお金が用意できない時は?

  • 低金利のカードローンを利用してみる
  • 家族に相談する

低金利のカードローンを利用してみる

「分割払い」「ボーナス一括払い」「後からリボ払い」など、支払い方法を変えたり、支払い期限を延ばしてもらったりしても、自分ではどうしても支払いができない場合もあります。

そんな時は「低金利のカードローン」の利用を検討してみてもいいでしょう。カードローンの中にはリボ払いの金利よりも低利のものもあります。

まずは後からリボ払いの金利をしっかりと計算し、それよりも安い金利でお金を借りられるところがないか探します。

その際にはカードローンの利用が癖にならないように、一時的な利用にとどめるようにしましょう。あくまでも今回のカードローンの返済のみでの利用にしましょう。

家族に相談する

さまざまな方策を試してみても、返済額を準備できない時は家族に相談するのも解決策の一つです。一時的に返済金を立て替えてもらえるかもしれません。

借金について家族に相談するのは、勇気がいることかもしれませんが、家族ならば金利などを考えずにお金を無金利で借りられる可能性もあるでしょう。

クレジットカードやそのほかの借金問題については長引かせると、将来的にどんどん負担が重くなります。

いずれの解決策をとるにせよ、なるべく早めに手を打ったほうがいいでしょう。頼れる家族がいるのならば相談しない手はありません。

お金を借りる時にはしっかりと現状を説明したうえで、いつまでに返せるかの目処も伝えておいたほうがいいでしょう。今後の信頼関係にも関わる問題なので、しっかりと話し合うことが重要です。

クレジットカードの返済が難しければ弁護士に相談

  • 弁護士に相談するメリット
  • 弁護士に依頼する場合の費用
  • 弁護士費用が用意できない場合

弁護士に相談するメリット

最終的にどうしても問題の解決が難しいようでしたら、弁護士に相談するのも手です。特に債務問題などに詳しい弁護士ならば、債務者の状況に合わせた最適な解決策を見出してくれます。

また債権者などとの交渉ごとなども任せられるので安心です。最後の手段として法のプロに任せることも視野に入れてみましょう。

弁護士に依頼する場合の費用

弁護士に依頼する場合、債務整理という手続きを利用します。債務整理には、「任意整理」「自己再生」「自己破産」などいくつかの種類があります。

債務者の状況によって、とるべき方法が異なりますので、弁護士に相談したうえで最適な方法を決めたほうがいいでしょう。

任意整理は、裁判所を介さずに債権者と交渉で返済額を減らしたり、返済日を延ばしてもらったりする制度です。将来利息のカットや過払金の請求などで借金の減額が可能になります。

費用の相場は、借入先企業の数などにもよりますが、30万円程度です。

自己再生は、借金の一部免除が可能になる制度です。借金を5分の1程度に圧縮することも可能なので、大幅な減額もできます。自己再生の場合には住宅などの資産を手元に残すことも可能です。費用の相場は40万円から60万円程度です。

自己破産は、借金の全額免除が可能です。ただし資産などはすべて没収されます。費用の相場は20万円から50万円程度です。債務者の状況により多少の幅があります。

弁護士費用が用意できない場合

弁護士にいずれの方法かで債務整理を依頼する場合、上記のように数十万円の費用がかかります。現在借金に悩んでいる人にとっては多額で、とてもではないけれど捻出できないと考える人も多いでしょう。

しかし、債務整理は分割払いや後払いが可能なので、一括で支払う必要がありません。また、債務整理を弁護士に依頼することで、債権者からの取り立てや現状の支払いをストップすることができます。

手続きが終わるまでは返済する必要がなくなります。例えば自己再生では手続きの開始から債権者への支払いまで半年程度かかります。その半年間は債権者へ支払う必要がないので、弁護士費用に回すことができます。

その後、各種手続きで債権者と取り決めた返済額や返済スケジュールにそって、無理のない借金返済を行うことになります。

いずれにせよ、無料相談を行っている弁護士事務所もあるので、自力で借金を返済できない場合は一度相談してみるもいいかと思います。

まとめ

クレジットカードの使いすぎや、利用明細を把握せずにカードを使っていると時として思わぬ債務を負ってしまうことがあります。

・カード会社からの通知のハガキや電話が来て初めて、請求金額を知り、高くて支払うことができない状況になる。

・カード会社からの連絡を無視していると、遅延損害金などが発生したり、カードが利用できなくなったり、ブラックリストに載ることがある。

そうならないためにも、本稿で説明したような解決策でしっかりと返済できるようにしましょう。

またもし自分では借金の返済が難しい状況に陥ってしまったら、弁護士など債務整理の専門家に相談することで、解決を図るのも一つの手です。

借金問題は長引くと将来的にさらに苦しい状況に陥るので早期に解決できるように手を尽くしましょう。

コメントを残す