減らない借金から抜け出す|確実に借金を減らすための3つの対処方法

借金の返済が長期化し、いつまでたっても借金を減らないという人は、どのようにしてこの状態を脱却すればいいのでしょうか。

返済できないのには理由があります。その理由を知ることで、早期での借金地獄からの脱出が可能になります。

自分にとっての適切な方法を選ぶことで、借金の減額や消滅などが見込めます。ここでは借金が減らない理由を取り上げ、その対策をご紹介します。さらに「債務整理」の種類や特徴を取り上げ詳細にご説明いたします。

借金が減らない理由は、「利息の払いすぎ」「借りすぎ」「安易なリボ払い」などが考えられます。

・毎月、利息分ばかり支払い、元金が減っていないのでは返済が長期化します。

・複数の金融機関から借り入れることで多重債務におちいるケースや、仕組みがわからずにリボ払いを使うなども、知らぬ間に借金地獄におちいる典型例です。

借金を減らすには以下の方法があります。

  • 金利の低い金融会社に借り換える
  • 過払い金のチェックをする
  • リボ払いをほかの支払い方法に変更する

それでも借金が返済できないのであれば「債務整理」を検討しましょう。

債務整理の実績の多い法律事務所に相談することで解決策が見出せます。無料相談が可能な法律事務所もあるので、一度相談して見るのもいいでしょう。

借金が減らない理由

  1. 利息の払いすぎ
  2. 借りすぎ
  3. 安易なリボ払い決済

1.利息の払いすぎ

消費者金融などからの借り入れが膨らんで、なかなか借金を返せない状態になっている人には傾向があります。最初は少額のみ借りていたのが、次第に複数の金融機関にまたがって借り入れするようになるパターンです。

さまざまな金融機関からお金を借り、毎月返済するたびに利息を払わなければならなくなることがあります。

1回ごとに返済する金額が小さいと、支払期間の長さにともなって、払うべき利息がその分増えてしまうため、利息を払い続けることで完済が遠のいてしまうことになるのです。

こういった返済では、結局利息の返済に追われて元金が減っていないので、支払いが長期間にわたって続く状態におちいります。

2.借りすぎ

借金に苦しんでいる人は、多くの場合「多重債務者」になっているようです。毎月の返済に困ると、別の消費者金融に駆け込み、気がついたら複数の会社から借り入れを行っている状態です。

だんだんと借入先が増えていくと、借金に対して無感覚におちいって、結局、雪だるま式に利息が増えていき、首が回らなくなるというのが典型的なパターンです。街にはたくさんの消費者金融があふれています。

また、最近はインターネットからも簡単に登録ができます。こうしたことから、複数の借り入れによってその場しのぎで返済する自転車操業状態に陥り、四六時中借金のことを考えなくてはならなくなってしまいます。

返済額には元金、利息のほかにも手数料などもあります。多数の借入先があるということは手数料もそれだけ多くかかっているということです。

3.安易なリボ払い決済

「リボ払い」は、毎月の支払いが一定額に抑えられるなどの特徴があり、便利な支払い方法として利用している方も多いかと思います。

ただし、リボ払いは毎月の支払額が一定で計画が立てやすい反面、デメリットもあります。無計画に利用すると、知らぬ間に毎月の支払額(元本支払額と手数料の合計)が増えます。

リボ払いは、買い物額が増えると返済が長期化し、その間の利息も増えていきます。気がついたら高い金利を払わされているケースが多いのです。

クレジット会社によって仕組みが違うのも、利用者を悩ませる問題になっています。

リボ払いに安易に手を出すと、支払い状況がわからずに結果的にたくさんの利息を長期間にわたって返済し続けなくてならないなど、借金苦におちいる典型的なパターンに陥るので注意が必要です。

減らない借金を返済できないときにとるべき対処法

  1. 金利の低い金融会社に借り換える
  2. 過払い金のチェックをする
  3. リボ払いをほかの支払い方法に変更する

1.金利の低い金融会社に借り換える

借金で首が回らなくなっている人の多くは、いくら返済額を増やしてもあまり効果がない場合が多いようです。それはそもそも借入先の金利が高過ぎるのが原因に考えられることもあります。

その場合、思い切って借入先を見直すことも重要です。より金利の低い金融会社に借り換えるということです。もちろん、借り換えをするときには、融資審査に通過できるよう信用してもらえるよう努めましょう。

また毎月複数の返済があると、常に借金に追われているため休まるときがないかもしれません。そのときは「おまとめローン」などを利用するのも手でしょう。

たくさんの借入先を1社にまとめることで、手数料なども抑えられます。おまとめローンにもメリットやデメリットがあるので、慎重に検討しましょう。

2.過払い金のチェックをする

債務整理の実績が多い弁護士事務所に過払い金がないかチェックしてもらうのも、なかなか減らない借金を減らすために有効です。消費者金融やクレジット企業は長年、利息制限法を超えた違法な高金利でお金を貸していました。

「グレーゾーン金利」といわれる金利です。この金利は本来払う必要のなかった金利なので、請求することで取り戻せます。

過去の過払金を請求することで、特に長期間借金に悩んでいる人にとっては、一度に借金を完済でき、支払額の減額なども可能になります。一度、過払金の発生についてはチェックしておいた方がよいでしょう。

3.リボ払いをほかの支払い方法に変更する

リボ払いは、わかりづらい分だけ、トータルの支払額が見えない仕組みといえます。返済が毎月一定金額でよいリボ払いは、残金に対して利子がかかる続けるため、実際の金利は15%程度になることもあります。

その場合、より低い金利の金融機関に借り入れを行った方が返済の負担が減ることがあります。リボ払いは支払い期間が長期化するケースもあるので、一度他の支払い方法への変更を検討した方がいいでしょう。

それでも借金の返済が困難なときは債務整理を検討

  • 債務整理のメリット
  • 債務整理の種類
  • 債務整理に適したケース

債務整理のメリット

上述のように、借金が減らないのには理由があります。また借金を減らす方法もいくつかあります。しかし、それでも借金が返済できないということもあるでしょう。そのようなときには「債務整理」を検討するのも手です。

債務整理によって、借金を大きく減額することが可能です。方法によっては借金額が5分の1程度にまで圧縮できます。

また、自身の収入状況によって無理のない返済額とスケジュールで借金を返すことができます。

債務整理の種類

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」「特定調停」などがあります。

任意整理は、債権者(借り入れしている金融機関)と債務者(債権者からお金を借りている者)が借金の減額などを話し合う手続きです。多くの場合将来利息のカットなどで調整します。

調整後に3年程度の期間、返済が続きます。どの程度返済額の負担を減らせるかは弁護士などによる交渉力がものをいいます。

個人再生は、裁判所を介して、債権者と交渉する手続きです。今のままでは借金の返済が無理だと判断された場合、5分の1程度まで借金の減額が可能です。

個人再生では、自身が保有している住宅や自家用車なども、継続して所有することができるのが特徴です。

自己破産は借金の全額免除が可能です。その代わり住宅や車などは没収されます。個人再生同様にブラックリストに掲載されるので10年程度、新規の借り入れなどができなくなります。

特定調停も交渉で借金の減額を図る手続きです。多くの場合債務者と債権者が直接交渉します。債権者が債務のカットに応じないケースもあるので注意が必要です。

債務整理に適したケース

債務整理は、現在の収入状況や借金状況を考えたうえで利用するかどうか検討すべきでしょう。現状では借金の返済が難しい場合、上

記のようないくつかの債務整理の方法を比較検討して利用することになります。

特に、長年借金に悩まされている人は、債務整理によって借金返済の道筋が見えることがあるので、一度検討してみてもいいでしょう。

まずは法律事務所に相談しよう

  • 専門家なら適切なアドバイスをもらえる
  • 費用の支払い不安な人でも大丈夫!無料相談できる事務所の利用がおすすめ

専門家なら適切なアドバイスをもらえる

借金問題はとても個人的なことで周りの人たちや家族に相談するのは難しい問題です。また金利や借り入れなど複雑な仕組みであるのも、債務者を苦しめる原因の一つになっています。

今ある借金をどのように返済するのか、減額は可能なのか、自分は債務整理をした方がいいのか、その場合どの債務整理が適しているのか。わかりづらいこともあるかと思います。

そのような場合は、法の専門家である法律事務所に相談するのがベストです。数々の実績と、専門的な知識を有している弁護士が、借金問題について最適なアドバイスをしてくれます。

専門家に相談することで、債権者からの取り立てをストップさせたりすることもできます。毎月の支払いで頭を痛めている人は一度、弁護士事務所に相談することで悩みが解決するかもしれません。

費用の支払い不安な人でも大丈夫!無料相談できる事務所の利用がおすすめ

専門家に相談するのに費用の心配をする人がいますが、無料相談が可能な弁護士相談事務所もあります。

この記事で見てきたように、借金がなかなか減らない人や、金融機関からの取り立てをストップしたい、債務整理を検討している、過払金が発生しているか知りたい、などいろいろな悩みに対して、弁護士が親身になってサポートしてくれます。

相談は無料なので、借金苦に陥っている人は、一度話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか。きっと光明が見えてくるはずです。

まとめ

借金が減らないのには理由があります。まずは、自分はどういった理由で借金がかさんでいるのかを見定めましょう。

また、多重債務の解消や、リボ払いの変更、高い利息の会社から低い利息の会社への借り換えなど、さまざまな方策があります。そして、このほかにも「債務整理」という手段があります。

任意整理、個人再生、自己破産、特定調停など、その人にあった方法がいくつかあります。これらを含めて、借金など専門的なことについては弁護士法人に相談するのがいいでしょう。

長年借金に悩んでいる人にとって最適なアドバイスをしてくれるはずです。早めに相談するのがベストです。

コメントを残す