借金は借り換えローンで賢く返済できる!借り換えによるメリット3選

ローンを組んでどこかの金融機関から借金をしている人は、金利が高いことに悩んでいるのではないでしょうか?

カードローンなどのローンは、利用しやすい反面、金利が高いことがネックになっています。

法定金利上限いっぱいまで設定されていることも多く、少ない借入額でも、利息を多く支払わないとなりません。

そんなローンでの金利が高いと感じているならば、借り換えローンを利用する方法があり、これは金利の低いローンに乗り換えることを目的としたローンです。

ローンの1つに借り換えローンという金融商品があります。

これは、現在利用のカードローンを、条件の良いローンに借り換える方法であり、それは金利を低くするために行います。

たとえばA社で借りたお金を、B社で借りて返済し、今後はB社に返済していくような使い方をします。

1社から借りているお金、または複数社から借りているお金を、他社のローンで借り換えていきます。

おまとめローン

同じような意味で扱われますが、おまとめローンは複数社への返済を一本化する方法であり、借り換えローンは金利を低くする方法です。

今の借金の金利が高いと感じているならば、借り換えローンを使うと、金利を低くできるかもしれません。

おまとめローンを使っても自力で解決できそうになければ、債務整理を検討しましょう。

借り換えローンの利用は、通常のローンと同じであり、審査をして通過後に利用となります。

借金の借り換えで毎月の返済をラクに

借金の借り換えとは?

・借金をすると、毎月の返済に加え借りた金額に加え利息も支払わないとなりません。

返済には元金と元金から発生した利息が含まれます。ゆえに、返済すべき金額が多い程、返済は長引く傾向にあります。

また、金利が高いほど完済までの期間も長くなります。そのような金利の高いカードローンを利用しているならば、借り換えローンを使うと良いでしょう。

これは金利の低いローンに借り換える方法であり、今よりも利息を少なくして、返済の負担を減らせます。

・借り換えローンは、金利の低いローンに乗り換えることです。

ただ、借り換えるには、金利の低いローンに借り換えられないと意味がありません。 そのために、利用するカードローンの金利がいくらなのか、見てみましょう。

・借り換えローンも、通常のローンと同じように審査があります。

ただし、信用情報に悪い部分がなければ、スムーズに審査は通り、借り換えを行えるでしょう。

借り換えでは、複数社から借りている時は、その中で一番金利の低いローンを増額して、他社の返済に充てて、一本化するという方法もあります。

しかし、増額は新規契約よりも審査が厳しいので、よほど利用状況の良い人でないと難しいでしょう。一般的には、金利の低いローンを契約し、借り換える形になります。

借金借り換えのメリット

借り換えローンの目的は主に3つありますが、一番メリットが大きいのは金利を低くすることです。

  • 金利を低くできる
  • 返済額を少なくできる
  • 返済先を1つにできる

複数社から借りている人ならば、一本化によって、借金の管理をしやすくできるというのもメリットでしょう。

・金利を低くできる

毎月複数回あり、そのたびに返済用のお金を用意しなければいけなかった人は、一本化によって、毎月1回の返済で済み、借金の管理がラクになります。

さらには複数社から借りた総額分を1社にすると、借入限度額が高くなるので、金利も低くしやすいです。

1社からの借り換えの時は、その借り換え先の金利が、利用希望額でいくらになると見てみましょう。

・返済額を少なくできる

借り換えによって金利を低くでき、発生する利息もその分少なくなれば、結果として総合的に返済しなければならない借り入れ総額が少なくなります。

金利を低くできるメリットは、利息も少なくなるので、このような返済額を減らすことにも繋がるのです。金利が高くて利息を何とかしたいというなら、借り換えローンの利用を検討するのも良いでしょう。

・返済先を一つにできる

複数社から借り入れを行っている場合、月々の返済負担が大きすぎて滞納につながったりすることもあるでしょう。しかし返済先を一つにすることで、月々の返済負担を下げることも可能です。

借金借り換えのデメリット

  • 利息が増える可能性がある
  • 追加の融資を受けられない場合がある
  • 審査が一般的なローンより比較的厳しい

借り換えローンには、金利を低くできるメリットもありますが、その反面デメリットも存在します。

・利息が増える可能性がある

金利が低くなり毎月の返済額が減ることになりますが、その分返済期間が長引き、毎月の返済ごとに利息を支払うことで、総合的に利息が増えて返済額が増えることがあります。

今利用しているカードローンの返済期間よりも、借り換えで2年や3年返済期間が長引くとなれば、金利が低くなっても、返済総額が増える可能性が高いです。

返済期間が長くなると、それだけ債務者への負担も増えるでしょう。長期間の返済となると、途中で返済が難しくなるかもしれません。

このために、借り換えでは金利を低くするのと同時に、返済期間も長引かせない工夫が必要です。

お金に余裕があれば、時には追加で返済するなどして、完済までの期間を短くしましょう。出来るだけ返済期間を長くしない方が、急に収入が減って返済が難しくなるなど、不慮の事態も招きにくいです。

・追加の融資を受けられない場合がある

借り換えローンは、おまとめローンと同じく、追加での融資を受けられないケースも多いです。そのために、追加でお金が必要となると、他から借りる方もいます。

・審査が一般的なローンより比較的厳しい

借り換えで借入希望額を多くすればするほど、審査は厳しくなり、通過しにくくなります。

借金の借り換えはどこでできる?

  • 消費者金融と銀行の違い
  • 借り換え先を選ぶポイント

借金の借り換えは、銀行や消費者金融などの借り換えローンの金融商品のある金融機関で申し込みできます。以下にそれぞれの特徴をみていきましょう。

消費者金融と銀行の違い

借金の借り換えを行う時は、他のカードローンを契約し、借り換えます。どのカードローンを契約するかは、あなたの目的によって違ってきます。

借り換え先を選ぶポイント

少しでも早く借り換えを行いたいとなれば、消費者金融系のカードローンを利用するのが良いです。利用しやすさを優先する場合であり銀行系と比較して審査時間が短い傾向にあります。

ただ消費者金融系のカードローンは、年収の3分の1までしか借りられない総量規制があるので、この範囲で利用できる人向けです。

より金利が低いカードローンを利用したいというならば、銀行系カードローンになります。

消費者金融系カードローンよりも金利が低く、もともと消費者金融系のカードローンを利用しているなら、ほぼ間違いなく借り換えで金利は低くなります。

その反面、審査が厳しいということがあり、条件の良い人でないと審査通貨は厳しいかもしれません。また、積極的に借り換えを募集している銀行もあります。

どのようなカードローンを利用するにしても、借り換え可能をうたっている金融商品を探して、そこに利用を申し込みます。

借金を借り換えても完済の見込みが薄い場合

  • 法律事務所に相談してみる
  • 債務整理を検討してみる
  • 借り換えより債務整理が向いているケース

法律事務所に相談してみる

借り換えローンは、金利を低くできる反面、返済期間が長引いてしまうことが多いです。そのために、途中で返済が厳しくなることもあり、そのような時は違う対処が必要となってきます。

借り換えを行っても、どうしても返済ができないとなると、債務整理を検討することになるでしょう。

債務整理は、借金や利息を減らす、またはゼロにする方法であり、借金の負担を減らせるので、まずは、法律事務所に相談しましょう。

債務整理を検討してみる

債務整理としては、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停があります。

債務整理の方法としては、主にこの4つがありますが、しかし必要な書類作成や、債権者や裁判所を相手にすることになるので、弁護士や司法書士の専門家に相談して、進めていった方が確実に行えます。

債務整理を行うと、その後数年はローンを組めないというデメリットはありますが、その反面借金を減らして負担を少なくできます。

借り換えより債務整理が向いているケース

借金の返済が難しいとなった場合、返済のための対応を先延ばしにするほど、どんどん借金は増えていき、債務者への負担は増えるばかりです。

そのために、借り換えしても、どうしても返済が難しいとなれば、早めに専門家に相談した方が良いでしょう。今の借金の返済が難しいとなると、借り換えするより、債務整理をした方が良いです。

まとめ

借り換えローンの内容についてご紹介しました。金利を借り換えによって低くする方法であり、今の借金の金利が高いと感じているならば、利用次第で金利を低くできます。

利用時は本当に金利が低くなるのか、借り換え先の金利をよく調べましょう。

カードローンで定められた金利でも、審査結果によっては、金利がそれよりも高くなることもあります。また、金利を出来るだけ低くして借り換えを行いたいとなれば、銀行系のカードローンを利用することになるでしょう。

コメントを残す