カードローンをまとめるメリット・デメリット|おまとめローン選び方

カードローンは、お金のない人にとっては、すぐにお金を作れる便利な方法と言えるでしょう。

借りるときも担保や連帯保証人も必要なく、手軽に利用できます。

ただ、便利な反面、何度も借りてしまうような方もおり、カードローンの返済で苦しむこともあります。

借金が多くなれば、どうにかして返済の負担を減らしたいと思うことでしょう。

そんな負担に苦しんでいるときに、使える方法として、おまとめローンがあり、借金の負担を減らすことが可能です。

借金を複数社から借りており、多重債務で苦しんでいるときに使える方法として、おまとめローンがあります。

おまとめという名前はついていますが、カードローンやキャッシングのように、明確な定義はなく、このような商品がおまとめであると決まりはないです。

ただ、大まかな内容としては、複数社の借入を1つにする一本化の商品と言えます。

商品タイプとしては、おまとめローン専用と、カードローンやフリーローンの商品の1つである場合の2種類あります。

複数社への返済を1つにまとめることができ、毎月の返済額が下がる、利率が下がるなどのメリットが生まれます。

ただし、必ずしも全員がそのようになるとは限らず、デメリットもあるので、商品内容をよく調べて、利用しないと後悔することになるでしょう。

カードローンをまとめる為のおまとめローンとは?

おまとめローンは借り換えの一種

カードローンのおまとめとは、複数社から借入を行っており、返済先が毎月何社もあるような人が、利用できる金融機関の商品です。

おまとめローン、借り換えローンなどとも呼ばれており、いくつかの呼び名があります。

どのような場合も、複数のローンの返済1つにまとめます。

多重債務者にとっての手助けになるような金融商品であり、1社のみからの借入の人は利用できず、複数社から借入のある人が利用します。

2社以上からお金を借りている人、毎月の返済日がいくつもある人などの利用に向いています。

また、返済をするのが苦しい、毎月に返済額や利息に苦しんでいるような人が利用すると、借金の負担を減らせます。

実際におまとめを利用すると、複数社の借入それぞれを合わせた総額を、1社で借り換えして、複数社に返済し、ローンの借入先を1本にまとめる方法です。

ただし、おまとめローンでは、申し込みして審査を通過しても、直接債務者にはお金は貸してくれません。

金融機関が複数の借入先に、代行で返済し、債務者は何もする必要はありません。

さらには、一度おまとめを利用すると、その金融機関からは、追加融資は受けられないので、気をつけないとなりません。

カードローンをまとめるメリット

  • 金利を下げられる可能性がある
  • 毎月の返済額を減らせる
  • 毎月の返済が1回で済む

金利を下げられる可能性がある

複数の借金を1つにまとめるので、借入額が多くなり、その分金利は下がります。

毎月の返済額を減らせる

カードローンをまとめると、毎月の負担を減らせるので、今借金で苦しんでいる人には、適した方法と言えるでしょう。

複数社から借りているローンを、1つにまとめるので、毎月の返済総額を減らすことが可能です。

さらには、毎月複数回あった返済日も、1つにできるので、返済が大きく楽になるでしょう。

ローンは、借入金額が多いほど金利が下がる傾向にあるので、場合によっては金利も下がることがあります。

毎月の返済が1回で済む

金利が少なくなれば、最終的には返済総額も減らすことが可能であり、さらには、一本化するので、毎月の返済も1回で済みます。

おまとめを利用すると、毎月の返済額を少なくでき、債務者の負担を減らせるので、精神的にも楽になるでしょう。

返済の負担が減るばかりか、精神面でも負担を減らせるのです。

返済日も毎月何回かあったものが、1回で済むので、返済するのも楽になります。

多くのおまとめローンは、追加融資が受けられないので、利用すると完済を目指すだけとなり、計画的に返済を行い、完済できます。

おまとめローンの利用は、通常のカードローンを変わりなく、利用したい金融機関に申し込めば、審査となり、審査通過で利用できます。

カードローンをまとめるデメリット

  • 返済総額が増える場合がある
  • 金融事故情報があると利用できない
  • 無職やフリーターだと利用できない

返済総額が増える場合がある

おまとめローンは、必ずしもメリットを生むとは限らず、場合によってはデメリットになることもあり、自分の借入状況と商品内容をよく考え、利用するかどうか決めないとなりません。

利用する商品によっては、返済総額が増えることもあります。

また金利もそれほど下がらず、思ったよりも負担が減らないということもあります。

これは、どうしても、おまとめローンだと借入金額が多くなるので、その分返済期間は長引きます。

長引くと利率が多少少なくなっても、総合的に返済総額が増えることがあります。

金融事故情報があると利用できない

おまとめローンは、近い間に、借金の返済で遅延した延滞したなど、事故を起こしていると利用できません。

そのために、信用情報に傷のない人のみ利用できる方法です。

返済期間は長くなるので、人によっては途中で返済できなくなる人もいるかもしれません。

そのために、おまとめローンで借り換えにしたけど、返済できなくなり、前借りていた他の金融機関から、再度お金を借りるような人もいます。

無職やフリーターだと利用できない

おまとめローンは、通常のカードローンと違い、おまとめローンを目的とした申込での審査は厳しいです。

いくつか申し込み条件もあり、毎月一定の収入のある方が条件となっており、無職やフリーターの方は利用できません。

安定して収入のある会社員などの方は比較的審査に通過する可能性が高いようです。

カードローンをまとめる借り換え先の選び方

  • 今より金利が下がるところを選ぶ
  • 返済期間が短くなるところを選ぶ
  • 毎月の返済額が返済可能な範囲内のところを選ぶ

今より金利が下がるところを選ぶ

おまとめローンを利用するならば、金利が下がるところで借り換えを行わないとなりません。

低金利の金融機関から借りたいとなれば、銀行系を利用することになるでしょう。

ただし、銀行系は消費者金融系よりも、審査は厳しいです。

返済期間が短くなるところを選ぶ

おまとめローンで完済を目指す方は、追加融資ができず、返済のみという商品を探すと良いです。

利用後は、他の借入先は完済でき、1本にまとめたところに、返済を続けることになります。

または、まとめると前よりも返済期間が短くなるようなところも良く、返済期間が短いと、それだけ債務者の負担も減らせます。

毎月の返済額が返済可能な範囲内のところを選ぶ

おまとめローンでは複数の借金を一本化しても、毎月の返済額が多く、負担になるのでは、完済が難しくなります。

そのために、おまとめで一本化しても、毎月の返済額は、自分の収入の範囲で返済できるような金額のところを選びましょう。

このような選び方があり、やはりおまとめローンを利用するには、借りても負担を少なくできるかどうか、という点を考えて、どこで借り換えを行うかを決めていきます。

複数のカードローンをまとめるおまとめローンで解決できないとき

  • 債務整理を検討してみる
  • 自力で借金を解決できないときは、まず弁護士事務所に相談

債務整理を検討してみる

おまとめローンは、審査が厳しく、もしかしたら申し込んでも審査通過せず、利用できないかもしれません。

そのような人は、他にも借金の負担を減らす方法があり、それが債務整理です。

・任意整理

・個人再生

・自己破産

・特定調停

債務整理の方法としては、この4つが主にあり、どれも借金を減らすことや、利息を減らすことが可能です。

任意整理と個人再生は、借金の残高を減らし数年かけて返済していく方法であり、自己破産は借金も利息もすべてゼロにする方法です。

ただどのような方法でも、債務整理後は数年間ローンを組めないというデメリットはあります。

自力で借金を解決できないときは、まず弁護士事務所に相談

債務整理は、自分で必要な書類を作成し行うこともできますが、確実に進めるならば、弁護士の専門家の力を借りることになるでしょう。

債務整理を行うとなれば、まずはこのような専門家に相談し、弁護士事務所を探しましょう。

あなたの借入状況によっても、債務整理の中でどれを行えば良いのか違ってくるので、まずは専門家の方とよく相談して決めていきます。

借金で苦しんで悩んでいるならば、一刻も早く、おまとめか債務整理を行うべきです。

問題を後に伸ばすほど、返済は滞り借金は増えるので、良いことは1つもありません。

まとめ

カードローンを複数社利用していて、月々の返済が負担に思い、毎月に返済額を減らしたいと考えるならば、おまとめローンを検討してみましょう。

おまとめローンを利用して複数のカードローンの返済を一本化すれば、月々の返済を減らせる可能性があります。

ただおまとめは審査が厳しい傾向にあり、もしかすると利用できないかもしれません。

そんなとき、やはり借金が苦しいとなれば、債務整理も1つの選択肢となるでしょう。

おまとめローンや債務整理を上手に利用して、あなたの借金の負担を減らしてください。

コメントを残す