クレジットカードの返済が遅れそう!|返済の放置がダメな4つの理由

今月のクレジットカードの返済が遅れそうという状況になると、解決するまでに不安な状況が続いてしまいます。

とくに、リボ払いの利用が多いと、いつの間にかカードの利用限度額まで使ってしまうことを繰り返す、いわゆるリボ地獄に陥ってしまうパターンもあります。

もしもすでに返済が困難な状態になっているのであれば、弁護士に相談するべきですが、これから遅れる可能性があるほうは、遅れることでどのようになるかを知っておきましょう。

クレジットカードの返済が遅れると下記のようなデメリットがあります。

  • 遅延損害金という金額が加算されて返済の金額が増える
  • 信用情報機関にその遅れている情報が記載されてしまい、ほかのキャッシングやローン、クレジットカードなどの審査に通れなくなる
  • 封書や電話連絡で家族に延滞が知られることがある

こうした状況にならないよう、クレジットカードの支払いができなくなる前に少し苦しいかも、という段階で節約して残高を増やさないようにしなければいけません。

しかし、すでに返済が遅れている状態が続いていたり、複数のカードの返済が毎月の家計を圧迫していたりする状態ということもあるでしょう。

返済自体が苦しい状態である場合には、弁護士事務所などに相談し債務整理をすることで、毎月の返済額を減らすことができ、返済連絡に悩む日々を解決することが可能です。

返済ができない!それでもクレジットカードの利用を継続したいときは?

  • まずはカード会社に連絡をする
  • 返せるものは早めに返す
  • 家族や兄弟、恋人に借りられないか相談

返済が厳しい状況でも、クレジットカードの利用を継続したいということもあるでしょう。

ここではそのためにどうするべきか、方法を説明します。

まずはカード会社に連絡をする

返済ができないときには、まずクレジットカード会社に遅れることを伝えましょう。

このとき、できれば事前に支払い日を決めておくことが望ましいです。

いつになるかはわからないというより、予定日を伝えておくことで遅延損害金を窓口でカード会社の計算方法にて支払額を算出し、具体的な支払い金額を教えてもらえるからです。

しかし「いつまでに払えばクレジットカードが止まらないか」ということを教えてくれるかどうかは会社によって異なります。

たとえ、教えてくれた場合でも「止まる可能性」までの話となり、それまでに払えば絶対に止まらないと断言されることは基本的にはありません。

なぜならいつ以降だと停止になるかというのを断言してしまうと、手続きミスがあった場合など、トラブルに発展するためです。

また、こうした支払い交渉の記録は基本的にカード会社にすべて記録されるので、目処のつかない返済期限を約束するなどの嘘はつかないようにしましょう。

返せるものは早めに返す

クレジットカードの支払いが遅れてしまうのは仕方ありませんが、できるだけ早めに返済できるように心がけましょう。

必要な金額の一括払いができなくても、少しずつ返済可能であれば返済するほうがよいです。

一度の支払い遅れでカードが解約とはならなくても、毎回支払いが遅れているのを積み重ねていることで解約になってしまうこともあります。

数日の遅延であれば信用情報機関に遅延の情報が載らなくても、カード会社には記録されるのが一般的です。

家族や兄弟、恋人に借りられないか相談

まずは親しい人、できれば家族などにお金を借りられないかを相談しましょう。

しかしこれを何度も続けてしまうといずれ貸してもらえないことにもなりかねませんので、まずはクレジットカードの使用をできるだけ控えて借り入れの金額を増やさないようにし、生活費も節約しましょう。

クレジットカードの請求金額を支払えない場合はどうすれば?

  • 法律事務所に相談
  • クレジットカードの返済で困っているなら債務整理を検討
  • クレジットカードの返済で弁護士事務所に相談するメリット

クレジットカードの請求金額を支払えないとき、どのような対策をとればいいのでしょうか。

まずはあせらずに、ベストな行動をできるよう知識を得ておきましょう。

法律事務所に相談

返済を続けてきたものの、借り入れたときと比較して収入が減ってしまい、返済すること自体が難しくなってしまうこともあるでしょう。

ある程度遅延を続けてしまうと、カード自体も解約となり利用残高を一括請求されてしまうこともあり、これが支払えない状況につながってしまうケースもあります。

どうしてもクレジットカードの返済ができなくなった場合には、法律事務所に相談しましょう。

任意整理や自己破産、または2010年以前から使用している方であれば過払い請求ができるなど、状況に応じたアドバイスをくれます。

クレジットカードの返済で困っているなら債務整理を検討

クレジットカードの返済問題を解決するにはいろいろな方法がありますが、

これらを総合して債務整理とよび、無理に支払いを無視するよりも、債務整理で解決しておくほうが今後のためになります。

無理に支払いを無視するよりも、債務整理で解決しておくほうが今後のためになります。

毎月支払いをどうすればよいかと悩むことで余計に仕事がうまくいかず、さらに収入の悪化につながることもあります。

また、なにより返済できない状態が続くと、信用情報機関にも記録され続けてしまうのです。

クレジットカードの返済で弁護士事務所に相談するメリット

借入残高を払う必要がなくなったり毎月の請求額を減らしてもらったりなど、どの債務整理の方法となるかは状況に応じて異なりますが、

基本的には弁護士が債務整理を受けるとカード会社から自分宛に返済請求されるのが止まります。

返済の請求がこないだけでも気持ちは楽になりますし、経験豊富な弁護士がどの債務整理の方法がベストであるかを考えてくれるというのは、自分だけではできません。

法律事務所とひとくちにいっても司法書士事務所や弁護士事務所など種類はありますが、司法書士事務所は可能な手続きに制限があり、弁護士事務所は法律事務所のなかで一番可能な手続きが多いです。

クレジットカードの返済を放置するのは絶対ダメ

  1. 利息が増える
  2. ブラックリストに登録される
  3. 家族・会社に気づかれる可能性がある
  4. 裁判や差し押さえの可能性がある

クレジットカードの返済ができずに、ちょっと余裕ができるまで放置しておくのは絶対にいけません。

利息が増えてしまう、ブラックリストに登録されるなど、デメリットがとても多いのです。

1.利息が増える

クレジットカードの支払いが遅れると、その分利用残高が減らないことになり、金利負担が増えてしまいます。

さらに利息のほかに遅延損害金も加算されることになり、遅れれば遅れるほど支払い金額が増えてしまうのです。

2.ブラックリストに登録される

厳密にはカード会社で共有しているブラックリストはありません。

しかし割賦販売法が適用となるローン会社、カード会社には、情報を確認したり、残高について伝えたりしなければいけない信用情報機関があります。

この信用情報機関には残高のほかに支払いの遅れ、また一般的に金融事故といわれる自己破産など債務整理の情報も記載されるようになっており、

一般的にはこうした記録があるのをブラックリストに近いものといってよいでしょう。

支払いの遅延を延滞といい、どの程度の延滞から信用情報機関に記録されるのかは金融機関によって異なりますが、延滞情報があるとほかのローン審査などに影響がでてしまいます。

3.家族・会社に気づかれる可能性がある

通常の月々の返済金額や明細の確認方法がネットのみの場合でも、支払いが遅れることで電話連絡や郵送などの方法になってしまうことがあります。

こうした郵送のハガキや封書で家族に知られてしまうケースもでてくるのです。

会社への連絡は貸金業法や割賦販売法で法律上禁止されている第三者へ情報を伝えることになりますので、一般的には気づかれません。

ですがお酒の付き合いが少なくなって怪しいと思われたり、返済の電話連絡をしているところを見られたりすることで気付かれるという可能性も考えられます。

4.裁判や差し押さえの可能性がある

支払いが滞った状態が長期間続くと、カード会社から裁判所をつうじて支払いをするようにいわれることにもなります。

裁判所からの支払い命令を放置している場合、強制執行となり、もっている住宅や給料の支払いなどを差し押さえられてしまうのです。

まとめ

クレジットカードの返済が遅れてしまうと信用情報機関にその延滞情報が残ってしまったり、差し押さえなどの事態に発展してしまったりすることになってしまいます。

支払いが遅れるのであればいつに支払うことができるのかをカード会社に連絡しておきましょう。

ときには家族や親しい人からお金を借りるなどの方法でお金を用意してしのぐしかありませんが、まずはクレジットカードの利用残高をそれ以上増やさないようにしっかりと節約することが大切です。

コメントを残す