借金返済の相談先は専門家へ!借金の日々から抜け出すチャンスを掴む

借金で苦しんでいる方は、誰かに借金の相談をしたいと思うこともあるでしょう。

しかし、実際に相談するとなると、誰に相談すればいいのかわからないことも多いです。

借金問題の悩みを一人で抱えている方も多く、問題解決が遅くなりがちです。

もしも相談相手に困っているなら、専門家に相談するべきです。

専門家としては、弁護士や司法書士がおり、あなたが今抱えている借金の問題を解決してくれるので、すぐにでも相談した方が良いでしょう。

借金で苦しんでいる方の悩みとしては、借金返済で生活が苦しくなっている、毎日の返済で精神的に苦しいなどがあります。

やはり借金問題を抱えている方は、少しでも借金を少なくできないかと、相談先を探すこともあるでしょう。

そんな悩みを抱えている方が相談すべきなのが、弁護士や司法書士です。

彼らは法律の専門家であり、借金問題を、法律に照らし合わせて、効果的に解決に導いてくれます。

  • 消費者金融などからの督促をストップできる
  • 借金を減額または整理するための方法を示してくれる
  • 手続きで必要な書類作成や手続きを代行してくれる
  • 過払い金があるかどうか調査してくれる

このような対応をしてもらえます。

そのために、借金の負担を減らすことが可能となっており、必要な手続きなどもすべて代行してくれるので、スムーズに相談が進みます。

借金返済の悩みは早めに専門家に相談しよう

  • 借金苦を知られたくないときでも大丈夫!専門家に相談するメリット
  • 借金問題に強い専門家の選び方

借金苦を知られたくないときでも大丈夫!専門家に相談するメリット

借金で悩んでいる方であれば、今すぐにでも専門家に相談すべきです。

その大きな理由としては、借金の返済が滞っている方であれば、日に日に利息が増すばかりでなく、延滞遅延金も発生するからです。

相談を先延ばしするほど、あなたの借金はどんどん増えていきます。

相談するとなると、弁護士や司法書士の専門家になります。

相談先の法律事務所によっては、初回無料などにしているところもあるので、費用がかかると思っている人でも、相談しやすくなるのではないでしょうか。

相談して、弁護士や司法書士の方から、債権者に受任通知を送ると、その時点で取り立てをストップできます。

一度ストップして、それからどのような方法で借金を減らすか考えていくのです。

こうして相談し、借金問題の解決方法を決定した後は、その手続きや必要な書類は、専門家の方が、あなたに代わって行ってくれます。

代行してくれる点も、専門家に任せるメリットと言えるでしょう。

あなたは、必要な手続きが終了するまで、ほぼ何もする必要はありません。

自分で行うと、書類が不足するなどの問題が出る可能性はありますが、過不足なく専門家の方なら行ってくれます。

場合によっては、借金問題の解決方法として、債権者と交渉することになります。

これも、あなた自身が行うと、相手にすらされないことがありますが、専門家を通せば、確実に交渉を進めてくれます。

有利の交渉を進めるためにも、専門家の方の力は借りるべきでしょう。

借金問題に強い専門家の選び方

借金を抱えているときには、返済方法をどうするか、借金をどのようにして整理していくのか、相談することになります。

しかし、素人ではどうすればいいかわからないことが多いので、専門家の意見に委ねることになるでしょう。

借金問題の解決にしも、その人の抱えている状況に応じて、適切な方法が違ってきます。

そのために、まずは専門家に相談し、専門的な知識をもって、どうすればいいかアドバイスをもらいましょう。

なお借金問題に強い個人の弁護士を探すのも難しいので、借金問題の解決実績が多い弁護士事務所を選ぶのもいいでしょう。

弁護士と司法書士、どちらに相談すべき?

  • 弁護士に依頼するメリット
  • 司法書士に依頼するメリット・デメリット

この両者の違いを簡単に説明すると、弁護士は法律全般の業務を行うことができ、司法書士は限られた分野のみの業務を行えます。

弁護士の業務範囲は広く、司法書士にできない業務を弁護士は取り扱えます。

弁護士に依頼するメリット

司法試験に合格し、司法修士を終えた人のことを弁護士と言います。

業務範囲は広く、生活でのトラブル全般のサポートをして、依頼人の代理で交渉することもあります。

法律以外に、訴訟も取り扱えます。

借金の法律が関わる問題の解決をするなら、弁護士なら全般を扱えます。

もしも債務整理を行うとなれば、弁護士はどのような案件に対しても相談をできます。

代理としての債権者との交渉や訴訟も可能です。

司法書士は、個別の債権額が140万円以下の場合にのみ相談でき、法律相談から、交渉や訴訟が行えます。

確実に借金問題解決を行いたいなら弁護士に相談しましょう。

案件によっては、司法書士に相談したときに、弁護士に相談した方がいいと言われるかもしれません。

司法書士に依頼するメリット・デメリット

司法書士試験に合格した人のことであり、代表的な業務は、不動産登記、裁判所や検察庁などの提出の書類作成、提出代行を行えます。

弁護士と違い、訴訟代理人になることはできませんが、認定司法書士なら任意整理の交渉代理を「行うことができます。

司法書士なら一部の相談を行えます。

基本として、1案件140万円以下であれば、司法書士にも相談可能です。

複数社から借金があっても、140万円以下の借入をしている金融機関があれば、司法書士にも相談できます。

司法書士の方が支払う報酬は安くなることもありますが、司法書士は書類作成がメインとなります。

費用を安くしたいなら、司法書士にまずは相談しましょう。

また司法書士は、最高で簡易裁判所までしか対応できず、その後の地方裁判所にまで訴訟や交渉が移行すれば、弁護士に相談することになります。

法律事務所に借金の相談するお金がないとき

  • 無料相談できる法律事務所を探そう
  • 法テラスを利用する
  • 役所に相談する
  • 消費生活センターに相談する

無料相談できる法律事務所を探そう

借金の相談をしたいけど、相談するお金がないというならば、相談無料の弁護士や司法書士の事務所を探してみましょう。

相談をすべて無料とすることは難しいですが、初回や数回無料としている事務所もあります。

また、借金問題解決の着手金や成功報酬に関しては、借金のある方は支払い能力がないことがわかっているので、分割での支払いに対応してくれることが多いです。

さらには、無料で借金問題を相談できる機関もあります。

法テラスを利用する

借金の悩みを解決するための、法律や制度の相談を行える場所です。

相談は電話のみとはなっていますが無料であり、必要であれば、近くの弁護士も紹介してくれます。

またメールでも相談は可能です。

弁護士に依頼する費用は立て替えることも可能ですので、予算が心許ない方は事前に申し出ましょう。

役所に相談する

お住まいの役所でも、定期的に借金問題の相談を受け付けています。

ただ法律の専門家ではない方が対応することが多く、一般的なアドバイスにとどまります。

相談時間は短く、同じ相談はできないので、予め何を相談するか決めておくと良いでしょう。

利用したい方は、混雑具合にもよりますが、事前に予約しておいたほうが無難かもしれません。

消費生活センターに相談する

電話での相談を受け付けています。

取り立て方法、返済の方法、弁護士情報について相談可能です。

借金の知識のことを教えてくれるので、そのような情報を知りたい方向けであり、問題解決の相談ではありません。

このほかにも、以外ですが、借入先の金融機関でも、お客様サポートや相談窓口で、相談を行うことが可能です。

ただどうしても無料で相談できるような機関では、借金の一般的なアドバイスや、知識についてのアドバイスになることが多く、根本的に借金減額や整理を行いたいとなると、弁護士や司法書士に相談することになります。

それは、弁護士や司法書士にしか、アドバイスできないことがあるからです。

弁護士や司法書士への相談ならば、無料で相談を受け付けているところを探すと良いでしょう。

まとめ

借金を抱えて悩んでいるならば、出来るだけ負担を早く軽くするために、早めに専門家に相談するのが良いです。

ただ専門家としては、弁護士や司法書士がいますが、どちらに相談すべきかは、状況によって違ってきます。

まずは無料相談を行っているところを探し、相談してみると良いでしょう。

自分の抱えている問題を確実に解決してくれるかどうかで依頼するか決めますが、弁護士はプロですので、どのような借金の悩みにも応じてくれます。安心して相談しましょう。

コメントを残す