借金を一つにまとめるには…|借金を一本化する前に理解すべきリスク

「返済が終わらない…」「楽になりたいし、借金をまとめたいんだけどできないのかな?」

複数社から借金をしていると、月々の返済額が重なり増えるばかりでなく利息も多額になります。いわゆる多重債務者と呼ばれる人であり、毎月の返済に苦しんでいることも少なくありません。

そんな多重債務者が借金の負担を軽くできる方法におまとめローンなどがあり、借金の毎月の返済額や利息を少なくできる可能性があります。

借金をまとめるときに理解すべきこと

  • 複数社の借金の返済で苦しいなら、おまとめローンで一本化し毎月の返済の負担を減らすこともできる
  • ただ、借金をまとめると、それだけ返済期間は長引くことがある
  • おまとめローンはメリットやデメリット、リスクを踏まえて利用すべき

では、借金の一本化にはどのようなメリットがあり、また一本化するにはどうすれば良いのでしょうか?

借金をまとめるにはどういう方法があるの?

多重債務を抱えている人が利用できる方法として、借金の一本化があります。

借金の一本化は、複数の金融機関から借りた借金を、ひとつのローン会社にまとめることを指し、一本化を目的としたローンはおまとめローンとも呼ばれます。

借金をすれば、どのような方でも、毎月返済していくようになり、返済は大変です。中には複数社から借入を行い、多重債務に陥る方もいます。

借金を一本化すると、複数社からのそれぞれの借入金額と利息を、1つにまとめることができます。そのために、毎月の返済額が少なくなり、利率を下げて利息を少なくできる、というメリットが生まれます。

おまとめローン

複数の金融機関から借りた借金を、ひとつのローン会社にまとめることを指し、一本化を目的としたローンはおまとめローンとも呼ばれます。

不動産担保ローン

複数の借金を、不動産担保ローンで借り換えます。不動産を担保にしており、借入限度額が高い、返済期間が長いなどの特徴があります。

この2つとなっており、多くの場合は、借入額は多いほど金利は安くなるので、一本化で金利を安くできるかもしれません。さらには、毎月の返済額も少なくできるかもしれず、人によってはメリットのある方法です。

ただし、借金の一本化は通常の借入と手続きはほぼ同じですが、返済の部分で若干の違いがあります。

おまとめローンとは? 仕組みと手続きの流れを徹底解説

おまとめローンの仕組み

おまとめローンは、複数社から借りている借金を、1つにまとめます。たとえば3社から総額200万円を借りており、月々の返済額が4万円とします。

それを1社から200万円借りて、3社に返済して、借入先を1本にするような方法です。

おまとめローンの手続きの流れ

おまとめローンは次のような手順で手続きを進めます。

1、おまとめローンを行っている金融機関に申し込む

おまとめローンはいくつかの金融機関で行っているので、条件の良いところを探します。必ず複数社からの借入総額分を借りられる金融機関を探し、これは借入限度額を見ます。

また申し込み条件として、年収などもあるので、確認しましょう。複数社の借入先から、1社でもいくらかの返済をすでに行っていると、申し込めない場合もあります。

2、審査を受ける

申し込み後は、審査を受けます。通常のローンよりも審査は厳しく、個人信用情報、借入総額、勤続年数や年収などが見られます。

借入件数が多すぎる、返済で延滞を繰り返している、借入額が多すぎるなどの場合は、審査に通らないことがあります。また在籍確認も、もちろん行われます。

3、おまとめローンで代わりに返済してもらう

審査通過すると、いよいよおまとめローンでの融資を受けます。ですが、ここが他のローンと違うところであり、債務者には直接融資は行われません。

複数社から借りているところに、おまとめローンの金融機関が、代行で借入先に返済してくれます。

これを代行返済といいます。代行返済完了後におまとめ完了となり、債務者は毎月返済を行っていきます。ちなみにおまとめローンでは、追加融資は受けられません。

「不動産担保ローン」の仕組みと手続きの流れ

不動産を担保にして、ローンを組みます。そのために、申込時は、不動産の価値を調べられることとなり、およそ価値の70%のお金を借りられます。

申込時には、謄本など自分の所有する土地がわかる書類を提出し、審査を受けます。審査後は融資を受けて、複数社から借りているお金を返済し、一本化します。

借金をまとめるのに向いている人の特徴

安定した収入がある人

おまとめローンの審査では、さまざまな金融機関から融資を集めていても、その債務分を返済できるだけの収入があるかどうかも見られます。

十分な収入のある人はおまとめローンに向いていますが、アルバイトや契約社員、個人事業で収入が安定しないような人は、申し込んでも審査が通らないかもしれません。

金利を下げたい人

複数社からの借入を1本にすると、借入金額が大きくなるので、金利を下げられます。金利が下がると、利息も減るので、返済総額も減らせられます。

支払いを一度に済ませたい人

複数社から借金すると、返済日はそれぞれで違い、返済方法も違うので、大変でしょう。

しかも1ヶ月に何度か返済しないといけないので、お財布の中身もいつも空になってしまいます。そのような方こそ、早めにおまとめローンに申し込むと良いでしょう。

また、借金をまとめることは完済を目指すことであり、一度借金の一本化を行った後は、他社から借金をしてはいけません。

そのような強い意志がないとならず、どこかから借りては返済することを繰り返しているような人は、おまとめは止めた方が良いかもしれません。

ブラックリストに登録されたくない

借金が負担となると、債務整理もありますが、その場合は金融機関の個人信用情報に載ります。この、いわゆるブラックリストに載せられることなく、借金の完済を目指したいという人にもおすすめです。

借金をまとめるリスク

おまとめローンは、毎月の返済額を少なくでき、利息も少なくなるかもしれません。しかし、これは誰でも借金を一本化すれば必ずしも返済が楽になるとは限らず、リスクを生む場合もあります。

借金総額が増える場合がある

おまとめローンで一本化にすると、借入金額は多くなり、さらに月々の返済金額が小さいと返済期間は長引きます。返済期間が長引くと、将来的に収入が安定せず、返済が困難になる可能性が出てきます。

中には前借りていた複数社の1社から、再度借入る人もいます。また、返済期間が長引くので、総合的に返済総額は増えることもあります。

複数社から借りる方が、やはり1社からの借り入れ総額は増えるので、返済は余計に苦しくなります。

金利がそこまで下がらない

利息に関しては、それほど下がらないかもしれません。

今は法定金利が定められているので、どこでも最高金利は18%ほどとなっており、おまとめローンにしても、借入額が多くなるので、数%しか下がらないこともあります。

審査が厳しい

一本化するのは、新規に借りるのと違い、多額のお金を融資するので、審査は厳しいです。条件によっては、審査に通過しないかもしれません。

借金を一本化するべきか、他の方法を模索するかは、その人の状況によって違ってくるでしょう。もしもどうすべきか悩んだときは、一人で素人判断はせず、弁護士など専門家に相談した方が良いです。

借金をまとめるより債務整理をした方がいいケース

借金返済が家計を圧迫している

おまとめローンによって借金を一本化すると信用情報に記録は残りませんが、債務整理では記録に残ります。

つまり債務整理をすると、その後5年から10年は、ローンを組むことができなくなるので、このようになっても大丈夫かどうかまずは考えます。

借金は家計にも響くので、一人暮らしだと債務整理しても信用情報に記載後もダメージは少ないですが、家庭のある人はおまとめローンの方が良いかもしれません。

複数の金融会社からの借金がある

おまとめローンにしても、借入総額は変化せず、複数社分の借金を1社にまとめるだけであり、同じ残高分だけ返済をしていかないとなりません。

場合によっては、おまとめローンにすると、毎月の返済額は減らせる可能性はありますが、その分完済までの時間が延びてしまいます。

おまとめローンにしても、完済までの期間が長いような人であれば、債務整理をした方が良いかもしれません。

債務整理をすると、金融機関の個人信用情報報いわゆるブラックリストに載りますが、借金を減らすことができます。

返済が困難なほど借金の額が大きい

返済が困難なほど借金の多い人は、おまとめにしても、返済が難しいかもしれません。完済が無理そうだというなら、債務整理をした方が良いです。

借金で悩んでいるときはまとめる前にまず弁護士に相談しよう

弁護士に相談するメリット

おまとめローンで借金を一本化すると、やっぱり複数社からの借入に戻したいと思っても、戻すこともできません。

またおまとめローンが上手くいかない債務者も多く、「借金を一本化する前に弁護士に相談しておけば良かった…」というケースは少なくありません。

もしも、今の借金をどうしようか迷ったときは、弁護士などの専門家に相談しましょう。相談料は通常発生しますが、初回無料、何回かまでは無料などの弁護士もいます。

相談する中で、おまとめローンを使って借金を一本化するべきか、債務整理をすべきか、あなたの状況に合わせて、最適な方法を提案してくれるでしょう。

弁護士を選ぶポイント

とはいえ、個人の弁護士で債務整理が得意な人を見つけるのは難しいため、債務整理の実績の多い弁護士事務所を選ぶといいでしょう。

まとめ

この記事の要点は以下です。

  • 複数社の借金の返済で苦しいなら、おまとめローンで一本化し毎月の返済の負担を減らすこともできる
  • ただ、借金をまとめると、それだけ返済期間は長引くことがある
  • おまとめローンはメリットやデメリット、リスクを踏まえて利用すべき

借金を一本化するかどうか迷ったならば、弁護士などに相談して、どうすべきは決めていくと良いでしょう。

コメントを残す