債務整理とは?|債務整理の種類や仕組みを詳しく解説!悩んだら相談

金融機関からお金を借りたけど、返済できなくなって困っているという人もいるでしょう。

何とか工面して完済を目指したいものですが、どうしても返済できなくなった時に利用できるのが債務整理です。

借金の返済に苦しんでいるなら、1つの方法として使えます。

債務整理とはどのような手続きで、誰が利用できるのか解説します。

借金に苦しんでいる人ならば、返済に困っている時には、債務整理が利用できます。

それは、借金の返済が出来なくなったので、借金の金額を少なくしてもらうか、または全額を免除してもらう方法です。

  • 債務整理とはなにか
  • 債務整理の種類
  • 債務整理をした方がいい場合
  • 借金で悩んでいる時は弁護士に相談するのがベスト

ここでは以上の内容について、詳しく説明します。

債務整理とは?

  • 国によって作られた債務に困った人を救済する手段
  • 債務整理の手続きの流れ
  • 債務整理のデメリット

債務整理とはどのようなものかについて、わかりやすく解説していきます。

まずは債務整理について理解をしましょう。

国によって作られた債務に困った人を救済する手段

債務整理は国によって作られた法的な債務を整理する方法です。

借金を抱えている人が、その債務を整理することによって、負担を減らし、生活を楽にして新しい一歩を踏み出すための制度です。

借金を滞納したり返済が遅延したりしている、返済するだけのお金がないというような方であれば、利用を検討すると良いでしょう。

債務整理の手続きの流れ

裁判所やお金を借りている金融機関に対し、借金の減額や全額免責の手続きを行います。

一切返済できないと裁判所で手続きするか、返済額を減らしてもらうように、金融機関に対し交渉することの、どちらかを行います。

書類の作成や、専門的な交渉の知識、裁判所への申請など、債務整理は自分で調べてもそれらを行うことが出来ますが、より詳しい知識とノウハウを持っている弁護士に相談した方が、成功しやすいです。

弁護士への依頼を行うと、成功報酬などのみを分割で支払い、債務整理の手続きを行ってもらいます。

実際に借金の減額や全額免責が出来れば、債務者にとってはとても負担が減るでしょう。

債務整理のデメリット

ただし、債務整理は良いことばかりではありません。

種類としては、任意整理・民事再生・自己破産の3つありますが、どれを行った場合でも、一定の期間は、一切の借金が出来なくなります。

それは金融機関からお金を借りることはもちろんなので、カードローンやキャッシングは不可となり、住宅ローンやオートローン、ショッピングローンも利用できませんさらには、クレジットカードを作ることも出来なくなるので、なにかを買うにしても、すべて自分のお金でまかなわないとなりません。

とはいえ債務整理しないと遅延損害金などは増えるばかりで、いっこうに借金はなくなりませんので、債務整理のデメリットを把握した上で、積極的に債務整理することを検討してみましょう。

いろいろある債務整理の種類

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 特定調停

債務整理には、主に4つの種類があり、それぞれで内容が違います。

任意整理

裁判所を通さず、金融機関に対し借金や利子の減額を交渉する方法です。

裁判所を通さないので、借金を減額できるかどうかは、金融機関の返事次第です。

債務整理の中では制限が少なく、自己破産することなく借金を減らすことが可能です。

手続きが完了すると、任意整理した記録は、信用情報に5年掲載され、その期間は借金が出来なくなります。

個人再生

民事再生とも呼ばれるこの方法は、任意整理と違い、裁判所に申し立て、借金や利子の減額を行う方法です。

住宅ローン以外の借金の減額を行うことが可能で、原則として3年で完済するよう計画しますが、場合によっては延期も可能です。

しかし、信用情報には5年記録が残るので、5年間は借金が行えません。

自己破産

自己破産は、裁判所を通じて、借金と利子の全額を免責してゼロにする方法です。

債務整理の中でも特に借金返済が困難な場合になされる手続きであり、自己破産するにはいくつかの制限があります。

裁判所で免責が認められれば借金はゼロとなりますが、そのためには、20万円以上の価値のある自分の財産はすべて手放さないとなりません。

土地や家などの不動産、車などはすべて手放します。

自己破産後は、信用情報に記録が10年記載されるので、10年間は一切借金が出来ないことも留意しておくべきです。

一番借金の負担を減らせる方法ですが、その反面多くの制限が付いてきます。

特定調停

特定調停とは、簡易裁判所が債務者と債権者の仲裁をおこなう調停です。

簡易裁判所によって調停基準も異なるため、留意が必要です。

債務整理をした方がいいのは、こんな場合!

  • 任意整理の場合
  • 個人再生の場合
  • 自己破産の場合

債務整理を行った方が良い人は、借金の返済が出来なくなっている時です。

カードローンやオートローンの返済が出来ない、仕事をなくして生活のための借金をして苦しくなった、保証人になって返済できなくなった、奨学金などで返済が困難な人です。

ただ債務整理の方法には3つあり、それぞれどのような人が利用するのが良いか違ってきます。

任意整理の場合

任意整理は、債務整理の中でも、一番債務者にとって負担軽減が少ない方法です。

そのために、借金を返済する意思はあるけど、もう少し減額できれば、十分に返済は可能だという人が利用すると良いでしょう。

また金融機関に長期間返済を続けている人も、信用があるので、任意整理はしやすいです。

個人再生の場合

個人再生も内容は任意整理と似ていますが、裁判所を通すので、より借金の減額が確実になります。

自己破産するほどでないけど、完済は厳しいので、借金を確実に減額できれば負担が減るというような人が利用すると良いです。

また自己破産申請したけど、免責決定がなされなかったような人も利用します。

自己破産の場合

自己破産は、借金の返済がもうどうにも出来なくなっており、減額しても完済が出来ないという人が利用します。

借金の金額が多い方、多重債務に陥っている方などが利用することが多いです。

債務整理の中でも制限は多いですが、どう頑張っても返済は難しいという人が、最終的に使う方法になります。

借金で悩んでいる時はまず弁護士に相談しよう

  • 弁護士に相談するメリット
  • 弁護士費用を抑える方法もある

借金で悩んでいるならば、まずは弁護士に相談してみましょう。

それは何よりも、債務整理をスムーズに行ってくれるという他にも、メリットはあります。

弁護士に相談するメリット

弁護士に借金のことを相談すると、すぐに弁護士は債権者に対し、受任通知を行います。

これは、債権者からの債務者に対する督促を一切ストップし、受任後の督促は法律で違反となっているので、債務者は返済を一時的にストップできます。

また金融機関と借金減額の交渉を行うにしても、債務者が行っては、一切相手にしてくれないことも多いですが、弁護士に依頼すれば、交渉をしやすいです。

債務整理に必要な書類の作成や、裁判所への提出なども、すべて代理で行ってくれます。

このようなメリットがあるので、まずは弁護士に相談すると良いでしょう。

弁護士費用を抑える方法もある

弁護士への相談は、通常相談料が発生しますが、弁護士によっては、初回無料、債務整理に関しての相談は無料などのところがあります。

成功報酬の金額についても、債務整理を行う方は、支払い能力がないことがわかっているので、分割で支払えるように計画してくれます。

債務整理を弁護士に依頼すると、いくらになるかはケースバイケースですが、報酬を支払わないとなりません。

しかし、その報酬を支払っても、得られるメリットは大きいので、弁護士に相談すべきでしょう。

まとめ

債務整理について、以下の内容を掘り下げてご紹介しました。

  • 債務整理とはなにか
  • 債務整理の種類
  • 債務整理をした方がいい場合
  • 借金で悩んでいる時は弁護士に相談するのがベスト

もしも今、借金で苦しんでおり、返済が難しいという状況であれば、迷わず債務整理を検討すべきです。

債務整理をすると決心したならば、まずは良心的に対応してくれる弁護士を探すこととなり、どのような方法で債務整理できるか相談すると良いでしょう。

債務整理を行うには若干時間を要しますが、条件を満たしている人であれば、誰でも行うことは可能です。

コメントを残す