借金の減額は可能です!借金に押し潰される前にすべき4つの債務整理

借金が怖い、誰か助けて!」「債務整理ってなに?

消費者金融やキャッシュローンなどへの借金の返済に悩んでいる人の中には、「債務整理」について聞いたことがあるか、または実際に調べて見たことがある人もいるのではないでしょうか。

過払金請求、任意整理、個人再生など、「債務整理」によって今ある借金を減額できます

ここでは、債務整理に関する4つの方法を取り上げ、具体的にどのようにして借金を減額するのか、その方法やメリット、さらには解決策をご紹介いたします。

「債務整理」の手続きによって、今ある借金を減額することができます。具体的には、これらを活用します。

  • 現状の収入などにそって無理のない借金返済を実現する「任意整理」
  • 大幅に借金を減額できる「自己再生」

過払金の請求などで減額を図ることも可能です。

  • 借金の元本を0にする
  • 将来の利息をなくす
  • 返済期限を延長する

いくつかある債務整理の中で、自分の借金状況や返済履歴など、個人個人にあった方法で減額を図り、それでも借金の返済が難しい場合、法律事務所への相談が有効です。

消費者金融など債権者との交渉ごとも、豊富な実績と専門知識のあるプロフェッショナル集団が行ってくれます。

専門家に相談することで、自分にあった解決策を提示してもらうことも可能です。

借金の減額はできるって本当?債務整理や民事再生ってなに?

「債務整理」とは、借金問題で困っている人が弁護士や司法書士に相談し、消費者金融など債権者と交渉することで、借金の減額や過払金の請求、将来利息のカットなどを行うための手段です。

今苦しんでいる借金返済が、債務整理をすることでどのようなことができるのかご紹介します。

借金で困ったときの4種類の債務整理

借金で困っているとき、債権整理を行うことで、借金の返済金額を減額することや取り立てのストップなどが可能になります。

債権整理には次の4つがあります。

借金で困っている債務者の方は、それぞれにあった債務整理の仕方で、借金問題を解決することができます。

  1. 過払金請求
  2. 任意整理
  3. 個人再生(民事再生)
  4. 自己破産

1. 過払金請求

過払金請求とは、消費者金融などに払い過ぎた利息を取り戻すことです。

日本では長年、貸金業法と利息制限法という2つの異なった法律によって、グレーゾーン金利という曖昧な金利が設けられていました。

このグレーゾーン金利での利率に基づいて借り入れをし、本来払う必要がなかった金利を長年払い続けていた人は、過払金の返還請求が可能になります。

2. 任意整理

任意整理とは、裁判所などを通さずに消費者金融などの債権者と借金に困っている債務者の相談によって、毎月の支払額や利息を減額してもらうことです。

支払い能力に応じて、返済額を調整できます。

任意整理を進める中で過払金が判明した場合、返還請求もできます。

3. 個人再生(民事再生)

借金の全額返済が困難と裁判所に認められた場合、減額された借金を原則3年で返済する仕組みです。

現在の収入状況などに応じて、借金の圧縮と返済スケジュールを調整します。自己破産と違い、住居などの財産を維持しながら借金の返済が行えます。

4. 自己破産

財産がないために借金の返済が不可能と裁判所に認められた場合に返済が免除され、引き換えに家や車などの資産が没収されます。

上述した任意整理や個人再生が、借金の減額などにより手続き後も返済が継続するのに対して、自己破産では以後の返済はなくなります。

任意整理で借金減額をする方法とメリット

借金減額は貸金業者との交渉次第

上記の1〜4のうち、1はもともと払い過ぎていた利息を取り戻すための手続きで、4は完全に借金を免除してもらう手続きです(その代わり家や車などの資産も失う)。

借金を返すつもりがあるけれど、現状の収入では今のままのペースで利息を返すのは難しいと悩んでいる人は、借金を減額して返済する手段である2「任意整理」と3「個人再生」のどちらかの手続きを踏む必要があります。

ここでは2の「任意整理」の方法とメリットを詳細に見ていきましょう。

任意整理では、利息の減額や毎月の支払額を債権者との話し合いによって決めます。

そこで重要となるのは、いかに消費者金融など貸金業者と交渉し、借金を圧縮するかです。

ここは、交渉する弁護士の力量によって変わってくるといっても過言ではありません。

過払金請求はもちろんですが、債務者の現状を鑑みて、適切な返済ラインを見極めて相手と交渉する能力が必要になります。

「任意整理」は素人の債務者はうまくいきません。やはり専門家の弁護士に頼る方が間違いないでしょう。

「任意整理」の方法とメリット

  1. 利息を払わなくていい
  2. 借金が0になることも
  3. 毎月の返済額を減額できる

1. 利息を払わなくていい

任意整理の対象者は、債務者は返済の意思があるけれども、現状の金額では支払いに無理が生じている、ということです。

せっかく返済を考えているのに、多額の利息を取り立てていては返済が滞ってしまいます。

最悪、自己破産を選ぶかもしれません。自己破産ともなれば周囲の目が気になりますし、社会的にも制限のある生活になります。出来れば避けたいところでしょう。

よって、弁護士は、現状の利息と将来利息をカットする方向で、債権者と交渉することになります。

もちろんここでも弁護士の専門性と交渉力が重要になります。

2. 借金が0になることも

通常、任意整理では、弁護士は債権者と債務者の間で行われた取引記録を入手します。

そこで、過去に支払った利息を計算し直し、そこに過払金がなかったかを調べます。

取引期間が長期化している場合、グレーゾーン金利によって、債務者が利息を払い過ぎていることがあります。

もし大幅な過払金があれば、元金さえも払う必要がなくなります。

長い間借金に困っている人は、任意整理によって、借金苦から抜け出せる可能性があります。

3. 毎月の返済額を減額できる

任意整理とは基本的に、現在の支払い能力を考えて、無理のない返済を実行するための手法です。

弁護士の交渉能力がいくら高くても、債権者が減額や利息カットに応じてくれるとは限りません。

その場合、月々の返済額を減額させることで解決を図るケースがあります。

個人再生で借金減額をする方法とメリット

個人再生で借金減額する仕組み

「任意整理」での借金の返済が難しい場合には、上記3で挙げた「個人再生(自己再生)」という手段も考えた方がいいでしょう。

ここでは、「個人再生」の方法やメリットについて、詳細に説明していきます。

個人再生は、自己破産とは違い借金の全額免除ではなく、「一部免除」になります。

個人再生を選ぶということは、借金の返済能力が一定程度あるということです。

個人再生もまた、任意整理同様に現在ある借金を減額することができる仕組みです。

任意整理よりも大幅な減額が可能です。

自己破産の場合資産が没収されますが、個人再生では住宅などの資産が維持できるというのもメリットとして挙げられます。

借金の大幅な減額に加えて、住居や車なども残せるという意味では、任意整理が難しい場合の次の策として有効といえます。

・個人再生で債務が5分の1に減額される

個人再生ではどのくらいの債務が減額されるのでしょうか。

一般的に、住宅ローンを除いた借金総額の5分の1の返済を3年から5年ですることになります。

住宅ローンを除いた借金が大幅に減額するのが、任意整理などとは違った、個人再生の大きなメリットです。

借金を減額しても返済が難しければ『法律事務所』に相談しよう

自分に合った債務整理の方法を教えてくれる

長年借金の返済に悩んでいる人は、上述した4つの債務整理を検討してみるといいでしょう。

「過払金請求」「任意整理」「個人再生(民事再生)」「自己破産」はそれぞれ特徴があり、債務者にとって向き不向きがあります。

まずは専門家に相談するのがベストです。相談のうえ4つの債務整理を検討してみましょう。

もちろん、過払金請求や任意整理ほかすべての手続きで、専門家の力は必須といえます。

過去の利息の支払い記録による過払金の有無やその金額、さらには任意整理における債権者との交渉、個人再生を選ぶか自己破産を選ぶかなど、債務者によって状況はそれぞれです。

そういった個人個人の特徴を的確に分析し、最適な手続き手法を教えてくれるのが法律事務所のような専門家です。

債権者との交渉を代行してくれる

法律事務所に所属する弁護士は、豊富な実績と知識があり、消費者金融や貸金業者との交渉ごとになれています。

あらゆるケースで、最適な解決策を考え出してくれるのが専門家です。

借金で悩んでいる人が、消費者金融などの債権者と話し合うのは難しい側面があります。

専門的なことが分からず、借金をしている負い目などから、適切な判断を下すのが難しいというのが普通のことでしょう。

そういった時に自分に代わって交渉の席についてくれるのが弁護士です。特に任意整理などは、借金の減額や利息のカットなど、弁護士の力量によっているところも大きいです。

個人で解決するには少々厄介な借金問題は、可能な限り専門家に相談しましょう。

まとめ

債務整理で借金を減額するため、これらについて詳しく解説してきました。

  • 民事再生
  • 任意整理
  • 個人再生

今抱えている借金の返済に無理を感じている方は、まずはここで取り上げた方法によって、借金の減額が可能か、専門家に相談するのがいいでしょう。

どうしても返済が難しいという場合は法律事務所がきっと力になってくれるはずです。

「民事再生」や「任意整理」を活用することで、借金を減らしたり、返済を延ばしたりすることが可能です。

弁護士の腕がものをいうケースも多々ありますので、まずは相談することからはじめてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す