借金の借り換えは難しい?相談すべき機関と借り換えせず完済する方法

借り換えというのは、現在の借金を別の金融機関からの借金に借り換えることです。

基本的には、より金利の低いローンに借り換える、例えば、金利18%のA社から借りている50万円を金利15%のB社からに借り換えるということです。

その場合、B社から借りた50万円でA社の借金の50万円を返済しB社の借金を分割で返済するといった流れになるのが借り換えローンでは一般的です。1社ではなく、複数の借金を完済する場合も借り換えローン(おまとめローン)と呼んでいます。

借金の借り換えをせずに完済を目指すには?

借金の借り換えることで完済しやすくなると言われます。借り換えローンについてのポイントは以下の通りです。

  • 複数の借金を一本化する
  • 金利の低いところに借り換える

以上の2点です。 各銀行や各消費者金融会社が借り換えローンを取り扱っています。借り換えローンの相談を売る上で基本となるのが、少しでも金利の低いところで借りることです。

そのためにも金利の低い銀行の借り換えローンが有利です。複数の債務がある場合に利用するおまとめローンは、現在の債務総額の一時的に2倍近い債務を抱えることになります。

審査は厳正に行われるので、返済能力の低い人では借り換えローンの審査に通ることはできないでしょう。

また、借り換えローンのデメリットもあります。

  • 金融機関へ追加融資の申し込みはできない
  • 金融機関へ新規申し込みはできない

借り換えローンを1度使うと、他からの借り入れが一切できません。 そのため、借り換えローンの返済に没頭するしかないのです。

返済に困ったときは弁護士に相談し債務整理を依頼することも検討しましょう。 弁護士に依頼した場合は、弁護士費用の支払いは分割などで支払うこともできます。

借金の借り換えとは?

借金の借り換えとは、具体的にどのようなものでしょうか?

借金の借り換えの目的

借金の借り換えの目的は返済を楽にすることです。 簡単にいうと、金利の低いローンに借り換えるということです。

原則として覚えておかなければいけないのは、借金の借り換えの目的は現在の返済よりも楽になるということです。ですから、現在返済している借金の金利よりも借り換えローンの金利が低くないと意味がありません。低金利というと、銀行カードローンなどが一般的ですが、そういったところから借り換えローンを利用するようにしたいものです。

多くの銀行が借り換えローンを金融商品として取り扱っています。また、消費者金融会社にも借り換えローンを取り扱っているところがたくさんあります。どちらでもかまわないのですが、総じて消費者金融会社のローンの金利は銀行金利よりも高めとなるので、借り換えローンも不利になることもあるので注意しましょう。

借り換えローンの審査内容

借り換えローンの審査は一般的に厳しくなるでしょう。例えば2つの借金がある場合を考えます。A社からは60万円の借金があり、B社からは40万円の借金があるとします。これを借り換えローンで利用することで、A社とB社の借金を完済するには、新たに100万円の借金をしなくてはいけないのです。

この100万円の借金が借り換えローンとなるのですが、C社に借り換えローンとして100万円の融資の申し込みをするとします。そのとき、既に他社借り入れが100万円あるということになるので、返済能力の低い人でしたら審査に通ることはできないでしょう。

特にパートアルバイトの人でしたら、安定した収入の点で新たな借り入れは難しいといえます。正社員の場合でも場合によっては厳しい審査となります。

審査に通れば、一般的に40万円の金利と100万円の金利でしたら、100万円の金利のほうが一般的に低くなるので、借り換え後の返済利息は少なくなるので、借り換えローンの目的は果たせるということになります。

借り換えをするデメリット

一般的なカードローンと違って、借り換えローンというのは、現在の借金の返済に困っている人のためのローンです。そのため、借り換えローンを1度使ってしまうと、そのあとの追加融資は一切受けることができません。

つまり、新しい融資の申し込みをしても審査に通らないということです。借り換え後は、借り換えローンの完済に全力をあげて臨むしかないのです。

借金を返せない状態になったら起こること

借金の返済ができなくなったらどうしたらいいのでしょうか。いろいろなケースで考えてみます。

督促状から裁判所からの出頭依頼まで

1番いけないのが、借金を返済もしないで放置することです。しかし、こういったケースは多いようですから、借金を放置した場合について説明します。

返済不能となった場合、数日のうちに金融機関から電話連絡があります。内容の多くは、返済の意思があるかどうかを確認することと、督促状を送付したという内容です。

これは、金融機関によって手順が違う場合があり、最初は電話だけで、支払い方法の説明や遅延損害金などの説明をするケースが多いようです。

督促状がきても返済しなかったら起こること

それでも、返済しない場合は、再度督促状が届きます。債務者が何もせず、さらに督促状が来ても放置した場合は、3ヵ月前後を目処に、債権回収会社から連絡があります。それも放置していると、裁判所への出廷の通知が届くのです。

債権回収会社からの連絡のときは、既に事故情報として信用情報機関に記録されます。いわゆるブラック状態となったということです。クレジットカードも更新を待たずに利用停止に遭うか、次の更新が行われないこととなり、いずれはクレジットカードも利用できなくなります。

督促状を無視し続けたら強制執行に発展

それでも、放置していると、裁判所のほうから差し押さえの強制執行の通知がくることになるのです。 そうなる前に、誰かに相談する、借り換えやおまとめローンの利用を検討するようにしましょう。

借金問題で金融機関に相談できること

複数の借金を作ってしまって、返済が厳しくなった場合は、できるだけ早く金融機関に相談しましょう。内容は様々ですが、はっきりと返済の意思があることを伝えることが大切です。

これは金融機関も気にしていることですから、はっきりと返済する意思を伝えます。それを受けて、金融機関の方もより良い返済方法を提案してくれるのです。場合によっては、返済を1カ月後ろにずらしてくれる場合もあります。そういったことも含めて、金融機関に相談するとよいでしょう。

借金返済でつらい…相談するなら法律家に

借金返済でつらいときは、法律家に相談するのがよいでしょう。

借り換えなどについて相談した場合、どうすれば負担を軽くできるかなど債務整理についてアドバイスをもらえ、手続きをお願いすることも可能です。

債務整理を選択する

借金の借り換えや周囲に相談しても返済がどうしてもできないようでしたら、いたずらに新しく借金を作って返済に充てるよりも債務整理を選択したほうがいいでしょう。新しく借金を作ってその場を逃れたとしても、次の月も同じように苦しくなるからです。借金の返済に借金をするようでしたら、どこかで破綻するのははっきりしています。

破綻する前に、自己判断をして債務整理を選択するようにしましょう。債務整理でもいろいろあり、1番いいのは任意整理です。自動車事故などの示談に似た、債権者と債務者といった当事者どうしの話し合いで解決するものです。

借金の借り換えで困ったとき弁護士に相談するメリット

弁護士にも間に入ってもらうことで、話し合いはスムーズにいくことが多く、さらには元金の減額や返済利息の減額に応じてもらうことで、返済の負担が軽くなることが多いのです。

借り換えで解決できない借金は債務整理を弁護士に相談しよう

自分で債務整理を解決することもできますが、任意整理などでは、当事者どうしの話し合いになるので、債権者側は、交渉に長けた弁護士が担当するようになります。交渉ごとは、その交渉に長けたほうが有利になります。少しでも返済を楽にするためにも、弁護士に債務者側も依頼して交渉にあたってもらうようにしましょう。

債務整理にかかる弁護士費用

弁護士費用の債務整理にかかる内訳相場ですが、相談料、着手金、成功報酬、実費などが弁護士費用になります。相談費用は無料としている弁護士事務所が多いです。また着手金は必ずかかります。この着手金の相場が20万円から50万円となります。債務金額によってはもっと高くなることが多いようです。

また、成功報酬ですが弁護士が関わることで、債務者に金銭的に利益があった場合にその何%かが成功報酬として弁護士の取り分になります。債務整理の場合、債務者が被る利益はあるにはあるのですが、成功報酬がかかることは少ないとされています。

実費については、収入印紙や弁護士の交通費など、かかる経費となります。

弁護士費用が支払えない場合

お金がないので数十万円といった弁護士費用が支払えないケースが多いです。そのケースも弁護士のほうでは想定内ですから、分割払いなどに対応している弁護士事務所がほとんどです。債務整理によって何らかの特典が債務者にはあるはずですから、有利になったお金が弁護士費用に回ると考えたらいいでしょう。

まとめ

ここでは借り換えローンについて説明しました。 借り換えローンについてのポイントは以下の通りです。

  • 借り換えローンを利用する
  • 金利の低いところで借りる
  • 返済能力が低いと審査に通らない

以上の3つがあげられます。 借り換えローンに申し込んでも社会的信用の低い人は審査に通らないでしょう。

借り換えローンの審査に通らず、返済に困るようなことがあったら、最終的には以下の状況になります。

  • 債務整理を検討する
  • 弁護士に依頼する

借り換えローンの場合は複数の債務のあることがほとんどです。 交渉が難しくなるので弁護士に依頼して債務整理することを検討しましょう。 かかる弁護士費用については債務整理終了後、分割での返済もできます。