借金一本化したいけどおまとめローンの審査は甘い? 利用上の注意点

一度つくった借金をすべて返済するまでに、次の借金を生んでしまうことがあります。ひとつの借金よりも、複数の借金があれば返済が滞りがちになり苦境に陥ってしまうことが往々にしてあります。

今まで借金のたびに審査を受けてきて、借金一本化のためのおまとめローンの審査が甘いかどうかも気になりますよね。

ここでは、借金が増えてきた際にどうしたらよいのか、複数の債務を持ってしまった場合にどうしたらよいのかを説明します。

借金の一本化の審査は甘いって本当?

複数の債務のある人は、できるだけ早い時点でおまとめローンを利用して借金の一本化をしたほうがよいです。ただし、おまとめローンの審査は甘くありません

おまとめローンの問題は以下になります。

  • 一時的に現在借り入れしている総額の倍の債務となる
  • 他の申込情報もチェックされる

以上の2点です。一時的とはいえ、現在の借り入れ額と、おまとめローンでの借り入れ額を足すと、借入額が倍に膨れあがることになります。

それについての審査になるので、審査基準は当然高くなります。また、審査の際には他社への申込状況などもチェックされます。

他社への申込審査に落ちているときは、おまとめローンの審査に通ることはないと思ったほうがよいでしょう。

おまとめローンの審査に落ちた場合の対策

借金を一本化する際に利用されるおまとめローンの、審査に落ちてしまった場合に取るべき行動は以下の3つです。

  • 支払いを続ける
  • いくつかの債務を完済し、再度おまとめローンに申し込む
  • 債務整理を検討する

支払いを続けるのがもっとも一般的な手段であり、そのうちひとつずつ債務が完済するので、支払いもどんどん楽になっていきます。

返済自体が難しいと思ったときは、債務整理を検討しましょう。複数の債務があるときは、支払いや債務整理を含めて、弁護士に相談したほうがいよいでしょう。

審査の甘いおまとめローンはない

複数の借金があるときは、借金一本化をすることが望ましいです。そのためのローンがおまとめローン、あるいは借り換えローンと呼ばれています。複数の借金を一本化する目的は、返済のしやすさに他なりません。

2社からの借金がある場合は、毎月2度返済しなくてはいけません。場合によっては返済口座や支払方法が違う場合もあるでしょう。

返済日も違うことが多く、返済がかなり手間になってしまうのです。借りたときはお金に困っているので、返済のことよりもまずはお金を用立てすることを考えてしまいます。

一本化したい借金の元金が高額である限り審査は厳しい

おまとめローンの目的は借金一本化です。それによって返済が楽になりますが、今複数借りている借金の合計の元金が変わることにはならないのです。

また、返済額を以前と変わらない額にしても返済口座はひとつなので気が楽になるのは間違いないでしょう。

まずはおまとめローンを借りて借金一本化を目指さなくてはいけないのですが、審査の甘いおまとめローンはないようです。

ここでは、おまとめローンの審査が厳しい理由を具体的に説明します。

おまとめローンの審査が厳しい理由

おまとめローンは、複数の借金をひとつにまとめることです。つまり、現在の借金の総額をおまとめローンの1社から借りなくてはいけないということです。

A社からの残債が30万円、B社からの残債が20万円の場合を例に考えてみましょう。

新たに50万円の借金をしてA社とB社の借金を完済して、残りは50万円のおまとめローンが残債として残り、それについて返済することになります。

こうしてみると、同じことに見えますし、借金一本化ができるので債務者にとってはとても有利です。しかし、おまとめローンを貸す側としてはどうでしょうか。

借金一本化では一社からの借り入れ金額が多額に

一時的ではあるにしても、債務者は100万円の債務を抱えることになります。審査自体はシステマチックに行われるので、100万円の借金があるものとして総合的に審査を行います。

基準に満たない条件の人はこの時点で、おまとめローンの審査にも通ることはありません。

複数の借金のある人のためのおまとめローンですから、審査は甘いのではないかという印象がありますが、そういった情状酌量などはなく、あくまでもひとつのローンとして審査が行われるのです。

既にどこかで審査に落ちている場合の利用は難しい

既に融資の申し込みをして期間を空けずに他の消費者金融会社におまとめローンの申し込みをした場合は、これも審査に落ちてしまうでしょう。

これは、審査に落ちたという情報が信用情報機関を通じて共有されているからです。

他で審査に落ちたのだから何か問題があるのではないかと考え、審査に通すわけにはいかない、と判断されるということになるのです。これは俗に、「申し込みブラック」と呼ばれています。

審査に落ちたという情報は向こう6ヵ月間消えないということですから、審査に1度落ちてしまうと6ヵ月は新たな融資の申し込みはしないほうがよいということになります。

おまとめローンの審査に落ちた場合の対策

借金の一本化をしたいのにおまとめローンの審査に落ちた場合はどうしたらよいのでしょうか。さまざまな対策があるので、順番に説明します。

今返済している複数の金融機関にそのまま払い続ける

一つの選択として現在返済している複数の債務を金融機関にそのまま払い続けるということです。これは現状維持ということです。

おまとめローンの申し込みをし審査に通らないということは、現在の借金の件数や金額が、既に審査に通る許容を超えた内容となっているのは間違いありません。

複数の債務であればおまとめローンの審査に通ることもありますが、それを超えた多重債務者となると審査に通ることはないのです。そうなると、現状のまま返済を続けることになります。

おそらくどこの金融機関に融資の申し込みをしても審査に通ることはないでしょうから、現在のまま頑張って返済を続けていくしかありません。

いくつか完済したら再度おまとめローンに申し込む

現状借り入れしている複数の債務のいくつかを完済してから、もう1度おまとめローンに申し込みます。

いたずらにどこか貸してくれるところはないかと、何度もおまとめローンに申し込んでも属にいう「申し込みブラック」となっていますから、審査に通ることはありません。

ですので、いくつかの債務を完済して、今ある状況を少しでもをよくすることで、再度おまとめローンに申し込むようにしましょう。

審査に落ちるのは多重債務状態だからです。債務の件数が減少すれば審査に通りやすくなるのは間違いありません。

債務整理を検討する

返済が苦しいからおまとめローンに融資の申し込みをするのですが、その審査に落ちてしまったら、他のおまとめローンの審査も落ちてしまうでしょう。

返済が苦しくてどうしようもなければ、債務整理を検討するといった方法もあります。

債務整理に踏み切る前でも、消費者金融会社やクレジットカード会社、さらには銀行などお金を借りている金融機関に、可能な限りの返済の相談をしましょう。

金融機関では最低返済額というのを設定しているのですが、その設定以下で返済してもよいといってくれる場合があります。あくまでも返済の意思があることを前面に押し出すのです。

金融機関も、貸したお金は返済してほしいですので、相談されれば悪いようにはしないでしょう。なんとか返済できる方法を考えてくれるはずです。

それでも返済が苦しければ、最後の手段として債務整理を検討したらよいのです。

借金一本化に困っているなら弁護士に相談

借金の返済に困っていて弁護士に相談するということは、これはほぼ債務整理をすることと同じと考えていいでしょう。弁護士はお金の動きを止める権限があります。

これは、一時的ですが、お金を借りた側は返済日に返済をしなくてもよいということです。

お金の動きを止めて、債権者と債務者(弁護士)の間で話し合いを行って、これからの返済をどうするかを決めていくのです。

この場合、債務者に返済能力がまったくない場合は自己破産ということになります。自己破産を認めるのは裁判所の指示によるものです。

弁護士費用の相場

審査に悩み借金一本化が難しくなって法律家に相談した場合の費用の内訳は、着手金、成功報酬、実費、相談料などです。

それぞれの相場があるのですが、着手金が20万円から50万円とされています。

成功報酬は債務者が得た利益のいくらかを成功報酬として弁護士に支払うものです。この場合、債務者の利益になることは何もないですから、ゼロと考えていいでしょう。

実費については、かかる経費です。収入印紙や交通費などがこれにあたります。相談料などは無料相談などを利用すれば実質ゼロと考えていいでしょう。

弁護士費用が支払えない場合

弁護士費用が無料になるということはありません。支払いが難しいのは弁護士のほうも理解していますから、分割で支払うなど柔軟な対応をとってくれるでしょう。

債務整理では、かなり返済金額が減少します。その分、弁護士費用を支払っていかなくてはいけないのです。

まとめ

ここまで、おまとめローンについて説明してきました。おまとめローンは複数の債務を一本化してくれる救世主的存在ですが、審査は甘くはありません。

審査に落ちるケースのほうが多いでしょう。複数の債務があること自体が、よい印象を与えないからです。

おまとめローンの審査に通らなかった場合の選択肢は以下です。

  • 支払いを続ける
  • いくつかの債務を完済し、再度おまとめローンに申し込む
  • 債務整理を検討する

支払いを続け、再度おまとめローンに申し込むか、債務整理をするかということになります。

債務整理の際は、複数の借り入れがあるので弁護士に相談したほうがよいでしょう。弁護士費用についても相談してください。