アコムの借金を滞納したらどうなる? 起こることと対策

「アコムへの滞納が続いているけれど、裁判になる?」 「滞納しすぎるとアコムから差し押さえをされるって本当?

アコムから借り入れしたものの、返済するのが厳しいという方はこうした不安をもっているでしょう。

特に生活に影響が出るなど、周囲に知られてしまうと大きな問題になってしまいます。実際にアコムへの返済を滞納を放置してしまうとどうなるのかをご紹介します。

アコムの借金を滞納すると最悪の場合は差し押さえに

アコムへの返済を滞納を放置してしまうと以下のように事態が悪化してしまいます。

  1. 自宅や職場に連絡がいく
  2. 遅延損害金が発生する
  3. 最終的には訴訟をおこされる
  4. それでも支払わないと給料など差し押さえされる

こうなる前に毎月支払う金額を減らすことができるかもしれないので、弁護士に相談をしましょう。

アコムへの返済を滞納すると起こること

アコムへの返済を滞納することで、さまざまな問題が発生します。

遅延損害金が発生する

アコムなどの消費者金融は返済が遅れてしまうことにより損害遅延金が発生します。

アコムはカードローンであれば2018年時点では年率で20%となっており、これは1年間で借りたお金の2割の金額が損害遅延金としてかかるということです。

遅延損害金がどの程度になるのか計算してみましょう。 2割(0.2)を年間日数365日で割り、遅れた日数と残高金額をかけることで計算できます。

20万円の残高で10日遅れたのであれば、次の計算で1,095円を余分に支払わなければいけません。 借りている残高20万円×遅延損害金0.2(20%)÷1年間365日×遅れた10日=約1,095円

もしも1年間支払いができなかったのであれば、次の計算のように借りている金額以外に、4万円が加算されてしまうのです。 借りている残高20万円×遅延損害金0.2(20%)÷1年間365日×遅れた365日=40,000円

このように損害遅延金は遅れる日数が増えていくほど、金額がどんどん膨らんでいきます。そのため返済が厳しいからと放置していると、より払うべきお金が増えていってしまうのです。

現在の借金以上増やさないようにするためには、少しずつでも借金を返していく必要があります。

アコムから督促の連絡が来る

また何も連絡せずに返済が遅れるとアコムから督促、いわゆる借金の返済を求める連絡がきます。

基本的には、まず携帯電話宛てにかかることにはなりますが、長期的な支払いの遅れがあった場合は登録をしていれば自宅宛てに電話がいくこともあります。

また返済が遅れても何も連絡をしていなければ、場合によっては勤務先に電話がくるということも考えられます。

電話連絡をするときは社名ではなく個人名で名乗るようにはなるので、勤務先に借金のことを知らせるということではありません。

しかし普段電話がくるような業務ではないという方であれば、いきなり個人名での電話が来ることには違和感があり、取り次いだ人に怪しまれてしまう可能性もでてきます。

アコムへの滞納が原因で他の金融機関で借り入れしにくくなる

アコムは消費者金融ですので、返済が遅れることにより信用情報機関にその記録が残ってしまいます。

この信用情報機関に返済の遅れの情報が残ると、他の会社でのクレジットカードの発行や、キャッシングやカードローンなどの借り入れができなくなってしまいます。

どのような貸金会社やクレジットカード会社でも法律に基づいて、新規契約のときには信用情報機関に情報を確認し、契約できるかどうかを判断しているからです。

また消費者金融やカード会社だけでなく、分割払いの契約に関する全般に影響がある状態となり、車のローンや住宅ローンなども同様に契約の審査に通りにくくなってしまいます。

家族や結婚を考えている恋人がいる場合でも、将来の結婚式や家を購入するためのローンが組めなくなるということです。

アコムへの滞納が原因で裁判や差し押さえになる可能性がある

返済が遅れて難しい状態が長期間続いてしまうと、裁判の手続きを取られてしまうことがあります。

異議申し立てというものをおこなって裁判で争うこともできますが、そもそも借入した覚えがないなどのよほどの理由がないと、借金の返済ができていない裁判は勝つことができません。

主に次のような流れとなります。

  1. 訴状が届く
  2. 裁判所での手続き(もしくは放置)
  3. 返済がなければ差し押さえ 

差し押さえをされるものとしては、給料の口座や財産など。

給料の差し押さえであればその職場の担当者に差し押さえをされるということが伝わるため、借金をしていることが知られてしまいます。財産とは車や自分名義でもっている自宅などがあたります。

アコムへの返済を滞納してしまった場合の対策

アコムへの返済が滞納しなければいけない状態の場合、どのような対策をとるべきでしょうか。

アコムに支払い延期の相談をしてみる

まず支払いが難しいということが分かった時点で、すぐにアコムに連絡をしましょう。別の消費者金融からお金を借りて返すというのは、余計に状況が悪くなってしまいます。

そのときにいつごろであれば払えるのか、全額が払えない場合には何円までなら支払うことができるのかなどもしっかり伝えておくようにします。

通常は数日支払いが遅れることで、いきなり裁判をおこされるということはありません。

しかし事前に連絡をしていないと自宅や職場などに、アコムから滞納についての電話が来てしまう可能性がでてきます。携帯以外に連絡がくると、何の電話だろうと不思議がられてしまい、借金をしていることが知られてしまうかもしれません。

支払いが遅れるというのは言いづらいことかもしれませんが、遅れてでも返済ができるのであれば、周囲に知られるのを防ぐためにもしっかり連絡をしましょう。

アコムに支払いの減額を相談する

どうしてもアコムへの毎月の支払い額が厳しいという方は、支払いの減額を相談してみる方法もあります。 自分でアコムに連絡して減額を依頼する場合の注意点としてとこれらがあります

  • あくまで借金が減るのではない
  • しっかりした知識をもっていないと不利な条件を提案される

あくまで現在残っている借金の支払い方法を変更し、毎月の返済額を少なくするというものですので、利息や遅延損害金などは免除されることもありますが、基本的に借金の残高は変わりません。

また個人でおこなうと交渉に失敗してしまうケースもありますので、毎月の返済が厳しい場合には弁護士に依頼することも検討しましょう。

アコムへの支払いの滞納で困ったときは弁護士に相談してみる

アコムへの支払いの滞納で困ったしまったときには、弁護士に相談してみることで解決につながるケースがあります。

弁護士費用の相場

弁護士に依頼する場合は、費用が発生します。

そのアコムからの借金の内容によっては、借金を払う必要がなくなる自己破産や借金や返済額を減らす任意整理など、債務整理によって負担を減らすことができるかもしれません。

その場合に発生する弁護士費用の種類としてこれらがあります。

  • 着手金
  • 成功報酬
  • 相談の費用

それぞれの費用相場は以下の通りです。

  • 相談費用:30分から1時間で5,000円前後
  • 着手金:借りている会社1社あたり4万円前後
  • 成功報酬(任意整理):減額できた金額の1割
  • 成功報酬(自己破産):30万円前後

しかしあくまで相場であって、いずれかの費用を無料としている弁護士も多くいます。

特に相談費用に関しては借金関連では無料というケースも多いですし、法テラスといった無料で相談できる場も用意されています。

着手金はかからないけれども成功報酬が高いという場合もあれば、反対に着手金がかかるけれども成功報酬は別途かからないということもあります。

費用が高くても依頼できる

弁護士への依頼費用や報酬金が高いと感じる場合でも、依頼を断念する必要はありません。弁護士によっては、分割払いや後払いに対応しているケースもあります。

また法テラスを利用すると無料で弁護士へ借金問題の相談をすることができ、条件はあるものの弁護士費用をいったん立て替えてくれる制度もあります。

現在の金銭状況が既に厳しい場合には、相談で料金が発生する弁護士事務所は難しいかもしれませんが、相談無料の弁護士事務所にまずは相談をしてみましょう。

現状のアコムへの支払いが厳しいことを伝えれば、対応している支払い方法があればその解決策を提示してくれます。

まとめ

そのままアコムの借金返済の滞納を放置してしまうことで以下のようなことになりかねません。

  • 周囲に知られる
  • どんどん状況が悪化する

アコムの借金滞納を自分ではどうにかできない場合は弁護士に相談しましょう。

相談だけならばお金がかからない弁護士もあり、報酬に関しても柔軟に対応してくれことがあるので、借金に苦しんでいるのであれば早めに弁護士に相談しましょう。