第二新卒の転職に成功した人の共通点とは?さらに条件の良い就職先の探し方まとめ

第二新卒の転職って難しいかな…」「第二新卒が退職する時期を間違えると失敗しそう…」

転職を考えている人のなかには社会人経験が浅いことで不安をもっている方もいるでしょう。しかし第二新卒だからといって不安になることはありません。転職市場での第二新卒の状況を解説します。

第二新卒が転職で成功するための

第二新卒とは、一般的に卒業後3年以内で社会人経験のある転職希望者をいいます。

採用する側の企業からは、既に社会人経験があることから以下の点で、第二新卒の採用に力を入れている企業も多いです。

  • 基礎研修の必要がない
  • 現状を把握して積極的に行動できている

また、第二新卒の募集、入社時期は4月と10月が特に多いですが、この時期にとらわれる必要はありません。

転職エージェントを活用して転職先の企業をはやめに検討しましょう。

第二新卒の転職活動の状況は?

第二新卒の転職活動は、具体的にどのようなものが多いのでしょうか?

「第二新卒」の定義

第二新卒という言葉にはっきりとした定義はありませんが、一般的に卒業後3年以内で社会人経験のある転職希望者を指すことが一般的です。

新卒などとの違いは一般的に以下のとおりです。

  • 新卒:最終学齢卒業時の求職者
  • 既卒:最終学歴後、一度も就職していない求職者
  • 第二新卒:最終学歴後3年以内で、就職経験のある求職者

そのため年齢としては20代中盤までを想定していることが多いですが、企業によっては30歳未満も対象としていることもあります。

第二新卒にあたる方で実績がないことを不安に思っている方もいるかもしれません。しかし、企業側も3年未満で実績を上げることは難しいと認識しているので、前職での実績はあまり重視しないのが現実です。

企業が第二新卒に求める部分としては「既に社会経験があること」です。

新卒であれば、ビジネスマナーや基本的なスキルなどを含めて教えなければいけませんが、第二新卒であれば基礎は前職で学んでいると考えられています。

実は第二新卒の採用枠は、企業から歓迎されている!

第二新卒者自身は3年以内で退職していることをネガティブに捉えてしまうこともあります。

しかし実は企業側は第二新卒を新卒よりもメリットがあると考え採用に力を入れているケースも多いのです。

新卒よりもメリットがあるとする点として職務経験があればビジネス研修の必要もなく、経費をおさえることもできます。

またはやめに前職を退職していることから、次のような強みがあるという期待をもっているのです。

  • 自己分析ができている
  • 行動がはやい、積極的
  • 熱意がある

実際に2016年のマイナビ転職中途採用状況調査では、入社3年目未満の転職者の採用を2015年と2016年と2年続けて積極的におこなっている企業は44%にものぼりました。

※参考:https://mynavi-job20s.jp/guide/guide02.html

第二新卒が転職活動をしやすい時期

第二新卒が歓迎されているとはいっても、できれば第二新卒にとってより良い時期に転職したいですよね。ではいつ頃がよいのでしょうか?

第二新卒の求人情報が多くなる時期が狙い目

第二新卒の入社タイミングとしては、次の2ケースがあります。

  • 新卒と合わせて入社
  • 個別のタイミングに合わせて入社

第二新卒での求人が増える時期というのがあり、1年をとおすと春の4月と秋の10月に求人や採用をおこなったり入社とする企業が多いです。

この時期に多くなる理由としてはそれぞれに理由があります。 4月:新卒と同様で年度の変わりである 10月:半期での事業計画での新規事業や人事異動がある

第二新卒の求人の多い時期を狙うメリットデメリット

この時期に合わせて入社ができれば、自分と同じように入社した新卒や第二新卒の同期ができることが多い点がメリットです。

新しい仕事を始めるにあたり、ときにはつらくなることもあります。そんなときにお互い相談し合うこともできますし、わからない点などを確認し合うことも可能になります。

一方、第二新卒の求人の多い時期は、ライバルも多いという点がデメリットにもなります。

第二新卒の多い時期である4月と10月を狙う設定はもちろんよいのですが、あえてその時期をはずすことで合格率をあげるという作戦をとることも可能です。

第二新卒が今の会社を辞めるべき時期

現在の仕事の退職の時期は、いつごろに入社を目標とするかによって異なります。

  • あえて求職者が少ない時期を狙う
  • 求人が多い時期を狙う

どちらにするかは個人個人の考え方によりますが、共通しているのは事前準備の期間も必要ということです。

あまり準備をせずに退職してしまうとその後転職できるまでに期間が長くなり、無職の状態が続いてしまいます。

まず現在の仕事を退職するにあたり、事前に退職希望を申し出る期間や引き継ぎのことも考えなければいけません。一般的には退職希望の申し出は1〜3ヶ月前となっています。

4月の入社を狙うのであれば2〜3月に転職活動をするので前年12月ごろから、10月入社を狙うのであれば7〜9月の転職活動で、4〜5月ごろに準備を始めるのがよいでしょう。

しかし転職の準備ははやいにこしたことはありません。退職をする前から求人を調べてみることで、退職後によりはやく転職することができます。

第二新卒の転職活動で成功するポイント

第二新卒が転職で成功するには、時期のの他にも事前の対策などが必要です。

自己分析をして、自分に合う求人を探す

転職活動を成功させるためには新卒時の就職活動とどうようで自己分析が必要です。 自己分析ができなければ採用の担当者に自分の説明をすることができません。

顧客相手に商品の説明をおこなっていた経験がある方であれば、そのために商品知識をつけるということを経験していると思います。 転職活動も自分という商品を売り込むと考えて、どのような点がアピールできるのかを知るために自分を理解しましょう。

自己分析ができたら転職先に求める部分を考えましょう。

  • 給料
  • 勤務時間
  • 自分に合っている仕事か
  • 将来的な目標のためのスキルアップ

など人によって仕事をする上で求めることはさまざまです。

求人情報を常に収集する

転職活動にはできるだけ時間をかけるようにしましょう。 これは退職してからの期間ではなく、転職を決めてから始まります。

転職を決めてからのステップとしては次のような段階を踏むことで、転職も失敗しにくいです。

  1. 自己分析
  2. 希望の業種、職種を検討
  3. 候補の企業を選定
  4. 企業について調査する

特に候補の企業を選定や調査はとても重要です。ここにできるだけ時間をかけておく必要がありますので、退職する前から事前に調べておくようにしましょう。

場合によっては転職先を調べているうちに、現在の状況も悪い方ではないと気が付いて転職をやめることもあるかもしれませんが、それもひとつの答えです。

第二新卒の転職の時期を相談すべき転職エージェント

入社3年未満の方が転職先の企業情報を入手するのは現在と同じ業種であっても難しいです。 第二新卒の方がさまざまな企業の情報を入手する方法としては転職エージェントなどの活用があります。

転職エージェントは企業と求職者の間に入っているので、それぞれの希望や傾向などの情報をたくさんもっています。 また求職者に対してはカウンセラーやアドバイザーと言った担当がつくので、直接企業に確認しづらい点も質問することができます。 ときには企業の風習の情報が入ることもあるのです。

DYM就職

未経験者募集の求人や大手企業などの求人を扱っており、アドバイザーが自分の経験などをもとに相談にのって就職までサポートしてくれます。 また企業の採用の担当者と直接交渉しているので、書類選考なしで面接をすることができます。 特に次のような休職者の就職に力を入れています。

  • 第二新卒
  • 既卒
  • フリーター

ジェイック

第二新卒はビジネススキルをつけていることを求められるケースも多いのですが、ジェイックではビジネスマナーの基礎も学ぶことができます。そのため就職率は80%以上の実績です。

また女性に向けて、産休の取得や子育てとの両立が可能な会社を集めた集団面接会も実施しています。

まとめ

第二新卒の転職時期の選択肢としては、次のの2種類があります。

  • 4月前、10月前の求人が多い時期を狙う
  • あえてライバルが少ない時期を狙う

また新卒と経験豊富な社会人の中間として第二新卒は企業に需要がありますが、自己分析や企業調査がしっかりできていないと採用されないことも多いです。

転職エージェントのDYM就職やジェイックなどでは、以下のような就職支援を受けることも可能ですので、上手く活用して自分にあった職場を見つけましょう。

  • 転職相談をする
  • 基礎スキルを身につける
  • 働きやすい職場探し
  • 書類なしで面接に行く

転職をするなら

リクナビNEXT
リクナビバナー
  • 85%がリクナビNEXT限定求人
  • 転職者の8割が使用している転職サービス
  • 5分で登録完了
DYM就職
  • 就職率96%
  • 書類選考なしで面接へ進める
JAIC(ジェイック)
ジェイックバナー
  • 慣れない就活準備も後押し
  • 企業選びから就職後までの個別サポートが充実