入社3年目で転職したい人が、現職を辞める前にしておくべき3つのこと

「入社3年目での転職を考えているが、どのような準備をしたら…。」

入社3年目での転職は多くの人にとって初めての転職であるため、どのような準備をしたらよいか分からないという方は多いことでしょう。入社3年目での転職は、一般的な転職とは若干異なる部分もあるため、その特徴にあった準備を行う必要があります。

ここでは、その中でも現職を辞める前にしておくべき3つのことについて解説します。

入社3年目で転職するなら就職支援を賢く活用しよう

入社3年での転職では転職支援サービスを利用するのもおすすめです。 それによって得られるメリットには以下のものがあります。

  • 転職希望者を対象とした求人情報を紹介してもらえる
  • 幅広いサポートを受けられる

転職支援サービスをうまく活用するコツは以下のとおりです。

  • 転職を希望する業界に強いサービスを利用する
  • 第二新卒に対応したサービスを利用する

入社3年目での転職では若者向けの転職支援サービスとして定評のある「DYM」や「ジェイック」が手厚いサポートを受けられます。

就職支援を活用し入社3年目での転職のポイントを押さえよう

企業では3年目の転職希望者に対して以下のことを求めています。

  • 転職を決断した理由が前向きであること
  • 基本的なビジネススキル
  • ある程度の仕事での成功・失敗体験を積んでいること

入社3年で転職をするメリットには以下のものがあります。

  • 第二新卒としての転職が可能
  • 職種- 業種を変えられる

また、デメリットとしては以下のものがあります。

  • 実戦的な経験は評価されないこともある
  • 退職金をもらえない場合がある

企業が3年目の転職希望者を採用する理由としては以下のものが挙げられます。

  • まだ若く、伸びしろがあるため
  • 向上心があるため

現職を辞める前には以下のことを確認しておきましょう。

  • 現職の給与や昇給条件
  • 自分のビジョンや目指すキャリア
  • 前向きな退職理由

これらについての詳細や面接対策をしっかり進めるなら、就職支援サイトの活用は必須です。

3年目での転職は正解か?企業が3年目の転職希望者に求めていること

日本では仕事に対して「取りあえず3年は続けるべき」との考え方が浸透しているため、入社3年での転職に対してネガティブな感情を持っている方は多いかもしれません。 しかし、現在ではそのような考え方も変わりつつあり、入社3年程度での転職希望者の採用を積極的に行っている企業も増えてきています。

このような入社3年での転職希望者に対して企業では以下のことを求める傾向があります。

3年目で転職を決断した理由が前向きであること

転職を決める理由としては、会社や待遇への不満などのネガティブなものと、自身のキャリアアップなどを目的としたポジティブなものがあります。 このうち、ネガティブな理由による転職の場合、採用をしても再び不満を感じ、すぐに退職してしまう恐れがあります。

そのため、ネガティブな理由によって転職を決した人の採用に対しては消極的な企業が多いといえます。

それに対し、ポジティブな理由にもとづいた転職の場合、その人材は前向きに仕事に取り組んでいることが窺えるため、企業側も積極的に採用するという傾向があります。

このことから、企業では前向きな理由から転職を志した人材を求めているといえます。

基本的なビジネススキル

企業が転職希望者を積極的に採用する理由としては、転職希望者は社会人として必要な最低限のスキルを身につけているということが挙げられます。 特にビジネスマナーは身につくまでに教育の手間が多分にかかることから、転職希望者を採用すると、その手間を省けるというメリットがあります。

このことから、企業は転職希望者に対して基本的なビジネススキルが身についていることを求める傾向があります。

仕事の成功- 失敗体験

社会人として成長していくためには、仕事上でさまざまな成功- 失敗体験を積むことが重要となります。 しかし、このような経験が十分でない間は、上司が面倒を見ながら教育をしていかなければならず、そのことは企業側にとって大きな負担となることもあります。

既に社会人としての経験がある転職希望者は、仕事上の成功・失敗体験もある程度積んでいることから、一から教育をする必要がなく、ある程度仕事を任せることもできるため、企業側にとっては負担を軽減できるというメリットがあります。

よって、仕事上の成功- 失敗経験が豊富であることもまた、企業が転職希望者に求めることのひとつといえます。

3年目で転職をする、メリット・デメリット

3年目で転職をするメリット・デメリットについては以下のことが挙げられます。

入社3年目で転職するメリット

入社3年目での転職だからこそ得られるメリットがあります。

第二新卒としての転職が可能

新卒から3年以内の転職では第二新卒として求人に応募すること可能です。また、第二新卒に該当しない年齢になると求人数は大幅に減ることから、入社3年目までは比較的転職がしやすい時期ともいえます。

職種- 業種を変えられる

新卒として就職してみたものの、職種や業種の選択を間違えたと感じている方は多いかもしれません。 入社3年目ごろまでであれば、異職種- 異業種への転職も比較的容易であることから、この時期は職種・業種を変える最後のチャンスと考えることもできます。

入社3年目で転職するデメリット

入社3年目で転職する場合もデメリットがあります。実戦的な経験は評価されないこともある 入社3年程度だと、仕事によって積んだ経験は十分でないことがあります。

特に新卒入社の場合、入社から数カ月は実務に就かず、教育期間となることが多いため、3年間で積み上げた実践的な経験は限られており、転職活動においても評価されないことがあります。

退職金をもらえない場合がある

企業ごとに異なりますが、入社から3年で退職する場合、退職金が支払われないことがあります。 そのため、場合によっては対処基金が支払われる年齢まで働いてから転職をしたほうがよいこともあります。

企業が3年目の転職希望者を採用する理由

企業が3年目の転職希望者を採用する理由としては以下のことが挙げられます。

まだ若く、伸びしろがあるため

入社3年目での転職希望者は20代中盤であることから、まだ伸びしろは十分にあるといえます。 企業側ではこの伸びしろに期待をして3年目での転職希望者を積極的に採用していることがあります。

向上心があるため

入社3年で転職を決意する人の中には、現状に満足せず、さらなるキャリアアップを目指して転職を選択した人も多く存在します。 企業側では、このような向上心を評価し、入社3年目での転職希望者を採用するというケースもあります。

3年目の現職を退職する前に、確認しておきたいこと

転職に先駆けて現職を辞める前には以下のことを確認しておく必要があります。

現職の給与や昇給条件

現職での待遇に満足していなくても、少し辛抱すれば転職先として検討している企業よりもよい待遇が受けられる可能性があります。 そのため、特に給与や昇給条件などに関しては退職前に今一度確認しておくとよいでしょう。

自分のビジョンや目指すキャリア

無計画な転職は自分の将来のためにならないことがほとんどです。 よって、転職をするにあたっては現在の会社と転職先候補の会社を将来的なビジョンと自分が目指せるキャリアから比較し、どちらが自分に合っているのかを再度確認してみる必要があります。

前向きな退職理由

転職活動ではポジティブな転職理由がないと採用してもらうことは難しくなってしまいます。 そのため、現職を辞める前に前向きな退職理由も考えておくようにしましょう。

3年目の転職は、転職支援サービスを有効活用しよう

入社3年目での転職では転職支援サービスを利用するのが得策です。

転職支援サービスを利用するメリット

転職支援サービスを利用するメリットには次のようなものがあります。

転職希望者を対象とした求人情報を紹介してもらえる

求人情報の中には新卒者を対象としたものが多く、転職希望者も対象とするものは若干その数が少なくなります。 転職支援サービスには、数が限られることから自力では見つけにくい転職希望者向けの求人情報を多数紹介してくれるというメリットがあります。

幅広いサポートを受けられる

転職支援サービスでは、面接日の設定や面接対策、履歴書の添削、入社後のフォローなどの幅広いサポートを行ってくれます。 そのため、現在の仕事をしながらの転職活動でも負担を大幅に減らすことができます。

転職支援サービスをより有効的に活用するコツ

転職支援サービスをより有効的に活用するために抑えるべきコツがあります。

転職を希望する業界に強いサービスを利用する

転職支援サービスの中には、特定の業界に強いサービスも多く存在します。 よって、自分が転職を希望する業界に特化した転職支援サービスを選ぶとよい結果につなげることが可能となります。

第二新卒に対応したサービスを利用する

入社3年目での転職は第二新卒に該当することから、一般的な転職支援サイトでは十分なサポートを得られないこともあります。 そのため、第二新卒に特化したサービスを選択することも重要です。

3年目の転職で役に立つ若者向けの転職支援サービス

転職支援サービスにはさまざまなものがあるため、どのサービスを利用したらよいか分からないという方は多いことでしょう。 入社3年目の転職では、若者向けの転職支援サービスを利用するとよいため、例えば「DYM」や「ジェイック」のようなサービスであれば、充実したサポートを受けられます。

まとめ

ここでは、入社3年目の転職に関して以下のことをご紹介しました。

  • 企業が3年目の転職希望者に求めていること
  • 3年目で転職をする、メリット- デメリット
  • 現職を退職する前に、確認しておきたいこと
  • 3年目の転職で転職支援サービスを利用するメリットとコツ、おすすめのサービス

入社から3年目での転職では、転職支援サービスを利用しサポートを受けながら転職先を探すのがおすすめです。