入社2年目の転職は珍しくない!?入社3年以内の転職を成功させる方法

「入社2年目で転職をしたいが、転職先を見つけられるか不安…。」

一般的には入社後最低でも3年は働くべきとの考え方が浸透しているため、入社2年目での転職に後ろめたさを感じている方は多いかもしれません。 しかし、現在では転職に対する考え方も変わりつつあり、勤続年数が少ないうちでの転職は必ずしも悪いことではありません。

ここでは20代の方が入社2年目で転職を成功させる方法について解説します。

入社2年目の転職をするかどうかの判断方法

以下のようなケースでは、ひとまず転職を思いとどまったほうがよいでしょう。

  • 人事評価の査定がされる日が近い
  • 嫌な部署から異動になる日が近い

20代の転職事情に関しては以下のような傾向があります。

  • 第二新卒として若い人材を採用する企業は増えている
  • 20代の転職のうち3割は入社から3年以内の転職である

また、企業が入社3年以内の転職希望者の採用を行う理由としては以下のことが挙げられます。

  • ビジネスマナーなどの基本的なことが身についているため
  • 向上心を持っていると考えられるため

入社2年目での転職では、以下のポイントを押さえる必要があります。

  • 前向きな転職であることをアピールする
  • 社会人経験者ならではの自分の強みをアピールする
  • 転職エージェントを活用する
  • 「DYM」や「ジェイック」などの転職支援サイトを活用する

入社2年目の転職で転職をしない方がいいケース

入社2年目だと、身の回りではさまざまな変化が起こるため、短期間でも転職を思いとどまるような出来事が生じることも十分にありえます。

よって、以下のようなケースの場合、入社2年目での転職は、ひとまず思いとどまった方がよいでしょう。

人事評価の査定がされる日が近い

入社2年目だと給料面での待遇はよくないこともあるため、さまざま仕事をこなしているにもかかわらず一向に待遇が改善されないことに不満を感じている方は多いかもしれません。 そして、このことは転職を決意する理由となることも珍しくありません。

しかし、このような待遇の改善は随時行われているのではなく、年数回の人事査定の評価日にのみその改善は検討されます。 よって、人事評価の査定日が近いと、少し辛抱すれば待遇が改善される可能性は十分にありえます。

以上のことから、人事評価の査定日が近い場合、それまでは転職を思いとどまった方がよいでしょう。

嫌な部署から異動になる日が近い

職場の雰囲気に対する向き不向きは誰にでもあり、それが自身に合わないことでフラストレーションがたまり、転職を決意するというケースは多く存在します。

また、入社2年目だと年の離れた上司と仕事をしなければならないことが多いことから、どうしても世代の違いから生じる軋轢を解消することができず、そのことから転職を決意する方も多いことでしょう。

職場の雰囲気が変われば働きやすくなることも

しかし、職場の雰囲気は同じ会社内でも部署が異なるだけで大きく変わることがあり、他部署へ異動した途端に不満が解消されるということは十分にありえます。 また、上司との接し方で悩みを抱えている場合、自分だけでなく上司が異動を命じられるだけでも、その悩みは解消されることがあります。

このことから、現在の部署から異動になる可能性がある日が近い場合もまた、しばらくの間転職は思いとどまった方がよいでしょう。

「とりあえず3年」はもう古い!20代の転職事情を見てみる

冒頭でもご紹介したとおり、新入社員に対しては「とりあえず3年は働くべきである」との考え方が長年にわたって押し付けられていました。 しかし、現在ではその考え方も変わりつつあり、比較的早い段階から転職を志す20代の社会人も多くなりました。

続いては、現在の20代の転職事情について解説します。

転職活動を初めているのは入社何年目からがベスト?

近年では「第二新卒」を対象とした求人情報が多くなりつつあります。 この第二新卒の定義は明確にされていませんが、一般的に新卒での入社後3年以内の人材のことを指します。

このことから、大学および大学院を卒業した20代での転職希望者の多くは、この第二新卒に該当します。

第二新卒の求人が多くなった理由としては、企業側が第二新卒の採用に積極的になったためでもあります。 よって、このことからは、上述した「とりあえず3年は働くべき」との考え方が沙汰され、企業側もまたその考え方を変えつつあるといえます。

入社3年以内の転職者が近年急増している

また、近年では入社3年以内の転職者が20代の全転職者の3割を超えているという調査結果も、厚生労働省の資料『新規学卒者の離職状況』によって発表されています。

そのため、「とりあえず3年は働くべき」との考え方は企業側だけでなく、転職希望者側でも沙汰され、考え方の大きな転換期に入っているといえます。

このことから、20代で転職活動を始める場合、第二新卒としての入社が可能な入社から3年以内に始めるのがベストといえます。

企業が入社3年目の転職希望者を採用しようと思う理由

第二新卒に該当する入社3年目の転職希望者を企業が採用しようと考える理由としては以下のものがあります。

基本的なことが身についているため

新卒として入社後3年が経過していると、社会人として求められる基本的なビジネスマナーは身についていることがほとんどです。

よって、そのような人材を採用すると初歩的な教育を省き、すぐに実践的な教育を始められるため、企業側は積極的に採用しようとする傾向があります。

向上心を持っていると考えられるため

現在では自身の成長を重視して転職を決意する人も多く存在します。とりわけキャリアアップを目的として入社3年以内で転職を決意するケースは多く、企業側はそのような向上心を買って、採用を決定することもあります。

入社2年目の転職を成功させる3つの方法。

一方、入社2年目の転職に対してはいまだにネガティブな印象を持っている企業も多く、転職活動においてはそれを払拭することも重要となります。そのため、転職活動では以下の3つのポイントを押さえるようにしましょう。

転職先へのアピールポイント

入社2年目の転職を成功させるには、 転職先へのアピールポイントをしっかり押さえておく必要があります。

前向きな転職であることをアピールする

転職活動では転職を決意した理由を聞かれることが多く、その答え方が結果には大きな影響をおよぼします。 特に職場や仕事内容に対する不満が転職理由である場合、企業側にはよい印象を与えられないため、キャリアアップを目的としていることなど、前向きな理由を伝えるようにするとよい結果が得られるでしょう。

社会人経験者ならではの自分の強みをアピールする

既に社会人としての経験があることは転職希望者にとって大きな強みとなります。 よって、転職活動では、前職でどのような仕事に携わり、それによって得た経験をどのような形で次の仕事に活かせるのかといったことをアピールするのが有効です。

転職エージェントを活用する

20代での転職は初めての転職であることがほとんどであるため、転職活動でどのようなことをしたらよいのか分からないという方も多いかもしれません。

「転職エージェント」では、転職希望者を対象とした求人情報の紹介や面接日の設定、面接対策、履歴書・職務経歴書の添削、入社後のフォローなどさまざまなサポートを行ってくれるため、初めての転職活動で大きな支えとなります。

入社2年目での転職が不安な方向けの転職支援サイト

入社2年目での転職活動に不安を感じている方には、担当者によるカウンセリングや求人情報の紹介などのさまざまなサポート受けられる転職支援サイトを利用するのもおすすめです。

とりわけ「DYM」や「ジェイック」などのサイトでは、20代の転職における支援実績が充実しており、入社2年目での転職を考えている方の利用にも適しています。

まとめ

ここでは、20代で入社2年目の転職を検討している方向けに以下のことをご紹介しました。

  • 入社2年目の転職をしない方がいいケース
  • 20代の転職事情
  • 入社2年目の転職を成功させる3つの方法

20代で入社2年目での転職に対してはネガティブな印象を受ける人も一定数存在します。 そのため、20代ならではの伸びしろや前職での経験をアピールしながら相手によい印象を与えることが転職活動では重要となります。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。