第二新卒の転職で失敗しないための5つの方法

「第二新卒での転職を考えているが、失敗だけはしたくない!

第二新卒での転職の理由としては、現在の職場が合わないことやキャリアアップなどさまざまなことが挙げられますが、年齢的に考えて転職での失敗はできないと考える方は多いことでしょう。

ここでは第二新卒の転職で失敗しないための4つの方法について解説したいと思います。

第二新卒の転職で失敗しないために5つのポイントを押さえよう

第二新卒での転職で失敗しないためには、以下の5つの方法を実践すると効果的です。

  • 転職の動機や退職理由をポジティブに伝える
  • キャリアアップに前向きなことをアピールする
  • 転職したら上手くいきそうと感じる企業選びをする
  • 貯金とスケジュール管理を徹底する
  • 転職支援サービスをフル活用する

企業が第二新卒者を求める理由としては以下のことが挙げられます。

  • 退職する第二新卒が多く若い世代が人材不足であるため
  • 第二新卒は新卒よりも教育がしやすいため
  • 仕事に対して情熱を持っている人材が多いため

この記事では、第二新卒の転職に強みのある転職支援サービスとして以下の2つをご紹介します。

  • DYM
  • ジェイック

実は需要が高い!第二新卒者が企業に求められている理由

第二新卒での転職は、最初に就いた仕事が長続きしなかったことを意味することから、それ自体に後ろめたさやネガティブな感情を持っている人は多いかもしれません。 しかし、実際には第二新卒者に対する企業からの需要は高いという事実があります。

退職する第二新卒が多く若い世代が人材不足である

第二新卒者に対する企業からの需要が高い理由としては、企業にとって若い人材は常に必要であるにもかかわらず、退職してしまう第二新卒が多く、若い世代の人材不足が慢性化している企業が多いことが挙げられます。

この理由としては、第二新卒者の中に常にキャリアアップを目指し、ひとつの企業に固執しない人材が多いことが挙げられ、その補填として企業では同世代の第二新卒者を求めているといえます。

第二新卒は新卒よりも教育がしやすい

第二新卒者は既に1年以上の社会人としての経験を積んでいることがほとんどです。 そのため、基本的なビジネスマナーや業務で使用するパソコンソフトなどの操作方法を心得ていることが多く、それらを一から教育する必要がありません

よって、第二新卒者は採用後すぐに実践的な教育を行うことができ、人材の育成にかかる手間が大幅に省けるというメリットがあります。 このこともまた、企業が第二新卒者を求める大きな理由のひとつといえます。

仕事に対する情熱に期待している

働くことへの慣れが生じてしまうと、人はどうしても仕事に対する情熱を失ってしまいがちです。そして、情熱を失った人材を採用したいと考える企業は少ないでしょう。

第二新卒者は総じて若く、仕事に対する情熱を失っていないことが多いため、企業ではその情熱に期待し、第二新卒者を積極的に採用しているという実態もあります。

また、第二新卒者は転職において失敗をしたくないという危機感を持っていることから、それが仕事への情熱に変わることもあり、そのこともまた企業が第二新卒者を求める理由のひとつといえます。

第二新卒の転職に失敗しない5つの必勝法!

第二新卒者に対する企業からの需要は高いとはいえ、同様に転職を希望する第二新卒者は多いことから、ただ転職活動を行うだけでは思ったような結果は得られないでしょう。

続いては第二新卒で転職に失敗しないための4つの方法をご紹介します。

転職の動機や退職理由をポジティブに伝える

前職を辞めた理由や転職を決意した理由が、職場に合わなかったことや待遇への不満だと、どうしてもネガティブな気持ちで転職活動に臨んでしまいがちです。

しかし、そのようなネガティブな感情を持った第二新卒者を積極的に採用したいと考える企業はないでしょう。

このことから、転職や退職の理由がたとえネガティブなものであったとしても、それをポジティブなものにいい換え、企業側に伝えることは非常に重要となります。

キャリアアップに前向きなことをアピールする

転職の理由として企業側に好意的に受け入れてもらえることが多いのが、キャリアアップに関するものです。

そのため、履歴書や面接では、企業側へキャリアアップを目的とした転職であることをアピールするとよい印象を持ってもらえるでしょう。

例えば、待遇面での不満が前職を辞めた理由である場合、キャリアアップを実現することで企業に好待遇をしてもらえるような人材になりたいといった意欲をアピールすれば、ネガティブな感情を打ち消し、よい印象を与えることが可能です。

転職したら上手くいきそうと感じる企業選びをする

企業にはさまざまな特色があり、転職においては自身の能力を活かせると感じる企業を選ぶことも重要です。そのためには、まず自身の能力や長所について正しく理解する必要があります。

また、前職を辞めた理由が職場環境への不満である場合、企業が公表している情報だけでなく、かつてその企業で働いていた人の声なども参考にし、可能であれば職場の見学もさせてもらうのがおすすめです。

貯金とスケジュール管理を徹底する

前職を辞めてから転職先を探す場合、新たな就職先が見つかるまでは収入がなくなるか激減してしまうことがほとんどです。 よって、転職を決意したら貯金を意識し、転職活動中に金銭的な悩みが生じてしまわないよう注意するようにしましょう。

また、転職活動では複数の企業へ面接を受けに行くなどするため、スケジュール管理も徹底しなければなりません。特に現在の仕事を続けながら転職活動を行う場合は、綿密なスケジュール管理が非常に重要となります。

転職支援サービスをフル活用する

第二新卒での転職は、多くの人にとって初めての転職であるため、どのように転職活動を行えばよいのか分からないという方も多いことでしょう。

また、現在の仕事を続けながらの転職活動には大きな負担がかかり、すべてを一人で行うことは難しくなってしまう場合もあります。

転職支援サービスでは、このような第二新卒の転職活動で生じる問題を手厚いサポートによって解消してくれるため、転職を成功させるためにはフル活用するのがおすすめです。

第二新卒の転職を失敗しないために活用できる転職支援サービス

20代の転職に強く、第二新卒の転職サポートも行っている転職支援サービスとして、「DYM」と「ジェイック」について、これら2つの転職支援サービスの特徴を解説します。

DYMの転職支援サイト

第二新卒に限らず幅広い転職サポート実績のあるDYMは、エージェントによるフォロー体制の充実ぶりに定評があります。

具体的なフォロー内容としては、「カウンセリング」「求人情報の紹介」といった基本的なものだけでなく、「面接日の設定」「面接対策」「内定確定後の手続き」などもあり、現在の仕事を続けながらの転職活動にもおすすめです。

ジェイックの転職支援サイト

ジェイックは転職活動のサポートだけでなく、それに先駆けた無料の講座を実施していることでも知られています。

この講座では、主に基本的なビジネスマナーの講習や実際の仕事で行われる営業のシミュレーションが受けられ、第二新卒ではあるものの、それらの自信がないという方におすすめです。

また、同社では講座に参加した転職希望者に対して最大で20社もの転職先候補を紹介してくれるため、選択肢が多いということも大きなメリットといえます。

まとめ

ここでは第二新卒での転職に関して以下のことを解説しました。

  • 企業が第二新卒者を求める理由
  • 第二新卒での転職で失敗しないための4つの方法
  • 第二新卒での転職におすすめの転職支援サービス

第二新卒での転職では、20代の転職に強い「DYM」や「ジェイック」を活用し、疑問や不安を解消してもらいながら面接対策などを行うのが有効です。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。