転職エージェントって必要?サービスと利用するメリットを紹介!

「転職エージェントって具体的になにをしてくれるの?」という疑問も少なくありません。

転職を希望し、自分なりに調べているうちにリクルートエージェントなどのような「転職エージェント」の存在を知ったという方も多いことでしょう。

ここではこの転職エージェントのおおまかな特徴や、利用することで得られるメリット、利用が向いている人、参考にしたいサイトなどについて解説していきたいと思います。

転職希望者をサポートする「転職エージェント」とは主に以下のことをサービスとして行っています。

  • 転職先の紹介
  • 転職を成功させるためのサポート

そのため、転職エージェントは転職希望者にかかる負担を軽減できるという点で大きなメリットがあります。

また、転職サイトは担当者がサポートを行ってくれるという点で転職サイトとは異なり、転職を成功させることによって企業側から報酬を受け取る成果報酬型のビジネススタイルをとっています。

転職エージェントを利用すべき人の特徴としては以下のものが挙げられます。

  • 転職すべき職種がわからない人
  • 現職を続けながら、転職活動をしたい人
  • 複数の企業の面接を受ける人
  • 未経験の業種・職業の仕事内容の詳細がわからない人
  • 長期的にキャリアプランを立てている人

転職サイトを利用する際には、2~3サイトに登録をし、サービス内容を見極めながらひとつに絞るのがよいでしょう。また、転職ノウハウが少ない方には「JAIC」や「DYM就職」が適しています。

転職エージェントってなに?

まずは転職エージェントというサービスの基本的な特徴について解説します。

転職エージェントとは

転職を希望される方の多くは現在の仕事に従事しながら転職先を探さなければならないため、実際に転職を成功させるためには多くの労力を費やします。

転職エージェントとは、簡単にいってしまうとそのような転職を希望される方の負担を軽減するためのサポートをする有料職業紹介事業を行う人材紹介会社、もしくはそこで働く人のことを指します。

日本においてこの事業を行うためには厚生労働省の許可が必要であることからその数は決して多くはなく、場合によっては「人材紹介会社」などの名称で呼ばれることもあります。

転職エージェントがやってくれること

転職エージェントの大きな特徴のひとつが、ただ転職先を紹介してくれるだけではありません。

転職を成功させるための方法などについて担当者が面談で丁寧にヒアリングをしてくれて、親身になって相談にのってくれるというメリットもあります。

また、このような転職エージェントの担当者は、転職先との雇用条件や給与の交渉などを行ってくれる場合もあり、より幅広いサポートを受けることも可能となっています。

転職希望者が転職エージェントを利用するメリット

上述したとおり転職希望者は現在の仕事に従事しながら転職先を探さなければならないため、そのことには大きな労力を費やすこととなります。

転職エージェントは転職先企業の選定や雇用条件・給与の交渉などを行ってくれるため、転職希望者にとっては負担を軽減できるという点で大きなメリットがあります。

また、最近では無料で利用ができる転職エージェントも珍しくなくなってきており、余計な出費をすることなく、転職を成功させやすくなるという点もまた転職エージェントを利用するメリットといえます。

転職サイトとの違い

転職エージェントは基本的に転職先を紹介することを主なサービスとしていることから、中には転職希望者を対象とした求人情報を掲載している「転職サイト」との違いがわからないという方も多いかもしれません。

しかし、このような転職サイトはただ求人情報を掲載することだけを目的とし、応募や交渉は転職希望者自身が行わなければならなりません。

そのため、担当者がつき、相談や交渉などを行ってくれる転職エージェントとはサービスの充実ぶりという点で大きな違いがあります。

転職エージェントのビジネスモデルと報酬

転職希望者が無料で利用できる転職エージェントの多くは、求人企業と転職希望者をマッチングさせた時点で求人企業から報酬を得ています。

報酬の具体的な金額は企業によって異なりますが、転職者がオファーした年収の20%~35%程度が平均的な金額となっており、一人当たりの報酬が100万~200万円におよぶこともあります。

転職エージェントを利用すべき人

無料で利用できることが多いというメリットもある転職エージェントを利用したいと考える方は非常に多くなっています。

ですが、一方で転職エージェントを利用すればだれもが理想的な転職ができるというわけではなく、利用に際しては熟考する必要もあります。

ここでは、その参考にもなる転職エージェントを利用すべき人の特徴をいくつか挙げ、ご紹介します。

転職すべき職種がわからない人

新卒での入社後、比較的早い時期での転職を考える方の中には、今の会社を辞めたいという意思ははっきりしていても、次にやりたい職種ははっきりしていないという方も多いかもしれません。

転職エージェントでは、担当者が面談を行ってくれることから、相談をしながら次の職種を決めることが可能です。

現職を続けながら、転職活動をしたい人

上述のとおり、現在の仕事を続けながら転職先を探すことは大きな労力を必要とすることから、転職希望者にとって大きな負担となってしまうことも少なくありません。

転職エージェントでは、担当者が転職先の選定や雇用条件、給与などの交渉といった大きな手間がかかる作業や手続きを行ってくれることから、転職において生じがちな負担を軽減することが可能です。

複数の企業の面接を受ける人

転職希望者の採用において面接を重視する企業は多く、複数の候補の中から転職先を決めたいという方の中には、複数の企業の面接を受けなければならなくなってしまったということもあります。

このような状況では面接に対する対策も十分に練る必要があることから、面接の練習だけでなく、面接の成功・失敗例などを教えてくれる転職エージェントは大きな支えとなります。

未経験の業種・職業の仕事内容の詳細がわからない人

全く新しい業種・職種に挑戦してみたいという一心で転職を希望される方もいます。

しかし、全くの未経験の状態だと、その業種・職種における具体的な仕事内容がわからない状態で面接などに臨まなければならなくなる場合もあります。

転職エージェントではこのような全く新しい業種・職種への転職を希望する方にとっての有益な情報も提供していることから、面接などの対策ができるだけでなく、転職成功後の働き方などもイメージしやすくなります。

長期的にキャリアプランを立てている人

長期的なキャリアプランを立てたうえで転職をする場合、将来的なゴールにたどり着くためのルートとして有効な企業を選定しなければなりません。

ですが、そのような企業を独力だけで探し出すことは困難を極めます。

それに対して転職エージェントは、十分な実績に基づいた有益な情報をもとに将来的な目標までを見据えた転職先を紹介してくれるため、長期的なキャリアプランの実現にもつなげやすくなります。

とりあえず登録から!よい転職サイトを選ぶコツ

最後に転職エージェントとしての機能を有する転職サイトに登録するまでの流れと、転職ノウハウが少ない方に適しているサイトをご紹介します。

転職サイトを選んで登録するまでの流れとコツ

転職サイトに登録をする際には、最初にいくつかの候補を上げ、その中から2~3サイト程度を選んで登録をし、サービスのよし悪しを比較しながらひとつのサイトに絞るのがおすすめです。

また、登録においては職歴などをはじめとした自身の情報だけでなく、転職先として希望する業種・職種などを面談などによって決定することもあります。

すべての登録が済み、エントリーが完了すると順次転職先候補を紹介してもらう流れとなります。

転職ノウハウが少ない方に適しているサイト「JAIC」「DYM就職」

特に初めて転職をする方の場合、初期の段階で担当者と相談をしながら転職先などを決める必要があるだけではありません。

転職をする過程でさまざまな問題に直面することも考えられるため、できるだけサポート体制が充実した転職サイトを利用するのがよいでしょう。

「JAIC」と「DYM転職」は、そのような転職ノウハウが少ない方に対しても充実したサービスを提供してくれるため、初めての転職であるため不安を感じている方などにも適しています。

まとめ

ここでは転職エージェントに関して以下のことをご紹介しました。

  • 転職エージェントの特徴
  • 転職エージェントがやってくれること
  • 転職希望者が転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトとの違い
  • 転職エージェントのビジネスモデルと報酬
  • 転職エージェントを利用すべき人/li>
  • 転職サイトを選び、登録するまでの流れとコツ

また、特に初めて転職をされる方にはサポート体制が充実している「JAIC」や「DYM就職」を利用するのがよいでしょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。