20代の転職のメリットと、転職活動前に知っておくべきこと

20代での転職は、その後の人生を大きく左右することから大きな不安を感じており、転職すること自体を決断するまでには至っていないという方も多いかもしれません。

ここでは20代で転職を決断することのメリットや、20代での転職に成功した人が行っていたこと、さらには20代の転職に適した転職サイトについて解説します。

現在転職を考えているという20代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

早ければ早いほどよい?20代で転職を決断する3つのメリット

20代で転職を決断することには以下のようなメリットが伴います。

  1. 実績だけでなく若さと勢いが重要視される
  2. 未経験の業種、職種への転職もしやすい
  3. 「第二新卒」枠の需要が高まっている

一般的に物事が長続きしないことに対しては否定的な意見が多いことから、20代での転職に対して後ろめたさを感じている方も多いかもしれません。

しかしながら、20代の転職には20代であるからこそ得られるメリットも伴います。ここでは最初にそのメリットを3つ挙げてご紹介します。

20代で転職するメリット1.実績だけでなく若さと勢いが重要視される

20代の転職では十分な実績がないことがマイナス要素になると考える方も多いかもしれません。

しかし、多くの企業では20代の転職希望者に対して実績よりも若さや勢いを重要視していることから、実績がないということは必ずしもマイナス要素とはなりません。

また、特に20代前半の転職希望者は、実績を積めるほどの年齢ではありません。

若さや勢いが採用条件として重要な要素となっているのに対し、20代後半に差しかかるとある程度の実績も重要視されるようになります。

この点において20代の転職ではできるだけ早い時期に決断をするほど、より大きなメリットを得られるといえます。

20代で転職するメリット2.未経験の業種、職種への転職もしやすい

ある程度長い期間にわたって特定の業種、職種の仕事に従事していると、実績を積むことができる反面、その仕事ならではの「クセ」のようなものがついてしまいます。

特に、十分な実績を積んでいない20代の転職希望者の場合、「クセ」がついていない分、新しい業種、職種の仕事への対応力は高い状態にあることが考えられます。

その点もまた、20代の間に転職すべきメリットとなります。

20代で転職するメリット3.「第二新卒」枠の需要が高まっている

「第二新卒」という用語には明確な定義はないものの、多くの企業では新卒から3年以内であることを指します。

この第二新卒に該当する社会人は、すでに基本的なビジネスマナーなどが身についていることから、採用後すぐに業務に関する教育に入れるという特徴があります。

そのため、昨今ではこの第二新卒枠の需要も非常に高まりを見せており、転職がしやすい状態にあるという点もまた20代で転職を決断することのメリットとなります。

20代で転職に成功した人がよくやっている3つのこと

転職活動ではただやみくもに転職先を探すのではなく、いくつかのポイントを抑えなくてはなりません。続いては20代での転職に成功した人が行っていたことを3つご紹介します。

自分の将来のキャリアプランを明確にする

転職を考え始める理由は人によってさまざまです。

ですが、特に現在働いている会社への不満がその理由である場合、現状を変えることだけに重点を置いてしまい、将来のことまでには考えが及んでいないことも考えられます。

20代で転職を成功させた人の多くは、現状を変えることだけでなく、自分の将来のことも考え、キャリアプランをはっきりとさせてから転職活動に臨んだという傾向が強いようです。

ですので、転職を決断した理由がどのようなものであっても、自分の将来をしっかりと見据え、転職先を探す必要があります。

仕事を続けながら、転職活動をする

転職活動は、それだけに専念した方がよりよい結果を得られると考える方も多いかもしれません。

そのため、中には「とりあえず」現在の仕事を辞めてから転職活動をはじめようと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、転職活動において職歴に空白期間があることは大きなマイナスになるだけでなく、転職先がなかなか決まらなかった場合、経済的にゆとりがなくなることは大きな精神的負担にもなりかねません。

実際、20代での転職を成功させた人の多くは、現在の仕事と並行して転職活動を行っていたというデータもあり、それに倣った方が成功を掴みやすくなるといえます。

転職したい業種、職種への調査を入念にする

20代での転職を成功させた人の多くは、自分が転職したい業種、職種の調査を入念に行っていたというデータもあります。

特に、現在の仕事とは異なる業種、職種への転職を検討する場合、新たな業種、職種に関する基本的な知識の有無が採用時に大きなポイントとなることも考えられます。

そのため、それらを習得するという意味でも、転職先として希望する業種、職種に関する調査はしっかりと行う必要があります。

仕事を続けながら転職活動をするには、転職サイトを利用するのがベスト

以上のように、20代での転職を成功させるためには「キャリアプランの明確化」「現在の仕事と並行して行う転職活動」「転職を希望する業種、職種の調査」が重要となります。

しかし、この中でも現在の仕事と並行して転職活動を行うのは決して容易なことではありません。

そのため、転職活動においては、求人情報の紹介だけでなく、面接対策や履歴書の添削などのさまざまなサポートを行ってくれる転職サイトを利用するのがおすすめです。

20代の転職に便利な転職サイト「JAIC」と「DYM就職」

転職サイトにはさまざまなものがありますが、ここでは「JAIC」と「DYM転職」をご紹介します。

「JAIC」が20代の転職に適している理由

JAICは第二新卒をはじめとした20代の就職・転職希望者を対象としたサービスを提供しているため、20代の転職においても参考になります。

特に第二新卒、既卒などの対象者全体の就職成功率は80.3%にも及び、転職においてもよい結果が望めます。

具体的なサービス内容としては転職先の紹介や、選任のアドバイザーによる個別での面談をはじめとしたサポートなどが挙げられ、ビジネスマナーや履歴書の書き方などを教えてもらうことも可能です。

20代の転職に「DYM就職」が適している理由

DYM就職もまた、第二新卒をはじめとした20代の転職・就職に強いという特徴があります。

特に、エージェントによるサポート体制の充実ぶりはDYM就職の大きなメリットのひとつであり、面接対策などだけでなく、面接日の設定や内定後のフォローなども行ってもらうことが可能です。

まとめ

ここでは20代の転職に関して以下のことをご紹介しました。

  • 20代で転職を決断するメリット
  • 20代で転職に成功した人がやっていたこと
  • 20代の転職に適した転職サイト

20代の転職では、さまざまなポイントを抑えなければならないため、少しでも不安を感じているのであれば「JAIC」もしくは「DYM転職」の利用が参考になります。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。