【転職活動の面接のマナー】不安なときに最低限押さえるべきポイント

転職活動ではほぼすべての会社で面接を受けることとなるため、そこでどれだけ相手によい印象を与えられるかは転職を成功させるうえで非常に重要な要素となります。

転職活動の面接で大事なマナー・質問・逆質問

  • マナー
    • 挨拶は基本的なビジネスマナーを意識
    • 話し方は相手の目を見てはっきりと
    • 服装は普段の仕事で着用しているスーツがベスト
    • メイクは薄めが無難
  • 質問
    • 転職理由はできるだけポジティブに
    • 仕事内容は要所をおさえ簡潔に
  • 逆質問
    • 熱意のアピールでは、必要な能力や準備しておくべきことに関する逆質問がベスト
    • 自分の強みのアピールでは経験や知識・技術を活かせる機会の有無を聞く
    • 社長や社員に対しては観念的な逆質問をするのも有効

ただし、面接における「正解」とは企業によって大きく異なるため、臨機応変に対応する力も必要です。

とはいえ、転職活動の面接にはコツがあります。不安な方は、転職エージェントにアドバイスを求めた方がいいかもしれません。

特長
DYM就職
  • 就職率96%
  • 書類選考なしで面接へ進める
詳細
JAIC(ジェイック)
  • 慣れない就活準備も後押し
  • 企業選びから就職後までの個別サポート
詳細
キュージェント
  • 転職エージェントを自ら直接指名できる
  • キャリア志向の向け
詳細

ここでは、転職活動において面接を受ける際に心得ておくべきポイントを「マナー」「よく聞かれる質問」「逆質問」の3種類に分け解説します。

面接のポイント「マナー編」

面接におけるマナーからは、その人に備わった品格を見極められるだけでなく、面接に向けた対策をどれだけ行ったか、すなわちその会社へ転職したいという意思がどれだけあるのかということも判断することができます。

そのため、面接に臨むうえでは最低限のマナーだけでなく、面接ならではのマナーに関しても心得ておかなければなりません。

挨拶のマナー

すでに社会人としての経験がある転職希望者に対してはビジネスマナーがしっかりと備わっていることを求める企業も多く存在します。

挨拶のマナーはビジネスマナーの基本中の基本であることから、面接においても挨拶のマナーは順守しなければなりません。

面接時の挨拶で特に気をつけたいのが、面接官と最初に顔を合わせたときの挨拶です。ここでの挨拶は必ず立って行い、自身の名前と面接に時間を割いてもらったことに対するお礼を端的に述べましょう。

また、面接が終了するとつい気を抜いてしまいがちですが、「本日はありがとうございました。失礼いたします。」といった基本的かつ端的な挨拶をし、退室をするようにしましょう。

話し方のマナー

面接においては話し方も重視されるポイントとなります。特に、相手の目をしっかりと見て話すことができないと、面接に限らずよい印象を相手に与えることはできないため、注意しなければなりません。

また、特に現在の職場でタメ口での会話などが横行している場合、面接においてはそのような話し方が出てしまわないよう注意する必要もあります。

そのため、転職を考えている場合は、現在の職場においても他の社員との一定の距離感を保ちながら話し方に気をつけるのがよいでしょう。

一方で面接において相手によい印象を与えるためには、しっかりとした意志を感じさせることも重要です。

そのためには、「~というか…」や「~ですかね…」などのようなフェイドアウト型の話し方ではなく、「~です。」や「~と思います。」などのようないい切り型の話し方を心掛けるようにしてください。

服装やメイク

大学生の就活ではリクルートスーツを着るのが一般的です。

しかし、すでに社会に出ている人が転職の面接を受けるときはリクルートスーツやオフィスカジュアルなど、面接先の会社の雰囲気に合わせることも考えましょう。

そのことから、転職の面接では普段から仕事で使用しているスーツを着用したほうが無難かもしれませんね。

ただし、大前提として面接には清潔感を感じさせる服装で臨むべきであることから、普段から着用しているスーツにほころびなどが見られる場合は、転職活動用のスーツを新たに購入するのもおすすめです。

一方でメイクについては、派手すぎるのは問題外ですが、まったくのノーメイクでも相手は違和感を持たれる要因ともなってしまいます。

メイクに関しては入社後だと注意をしにくいと感じる人も多く、そのようなリスクを避けるために面接の段階では希望する職種や業界に合わせましょう。

業界や職種に不相応な派手なメイクをしている人は弾くようにしているという企業も少なくありません。面接ではメイクは薄めにして臨むのが最も無難です。

面接のポイント「よく聞かれる質問編」

面接ではさまざまな質問をされますが、そのパターンはある程度限られており、想定される質問とその回答を考えておけば余裕を持って面接に臨むことが可能です。

続いては転職での面接時に特に聞かれることが多い「転職をする理由」と「現在の仕事の内容」について解説します。

転職理由の上手な回答例

転職を前提とした面接ではほぼ間違いなく転職をする理由を聞かれると考えて差し支えありません。

そして、大前提してこのような質問に答える際に心得ておかなければならないのが、できるだけポジティブな回答をするということです。

例えば、現在働いている会社での仕事内容や待遇に対する不満が理由であると答えると、どういう印象を持たれるでしょうか?

相手はこの人を採用するとうちの会社でも同じように不満を漏らし、結局はまた転職してしまうのではと考えるかもしれません。

そのため、転職の理由としては、「今の会社ではできない新しい仕事に取り組みたい」などといったポジティブな回答をすると相手に好印象を持ってもらうことが可能となります。

現在の仕事内容について

現在の仕事内容は採用する側にとっても重要な情報となるため、できるだけ詳しく説明をしてほしいと考える採用担当者は多く存在します。

しかし、ここで気をつけなければならないのが、とにかく詳しく、事細かに仕事内容を説明すればよいというわけではないという点です。

例えば、会社によっては仕事内容に「社外秘」に指定した機密情報を含む場合があり、社員にはその外部漏洩防止を言明していることもあります。

そのような会社にとって、自身が従事する仕事内容について軽々しく口外してしまう社員の存在は大きなリスクのもととなることから、そのような人材の採用に対しては消極的になる場合があります。

そのため、面接で現在の仕事内容について聞かれた際には、要点のみを抑えた簡潔な回答ができるよう、事前に準備をしておくのが有効です。

面接のポイント「逆質問編」

面接では最後に転職希望者側から質問ができる「逆質問」の時間が設けられていることがほとんどです。

この逆質問では、ただ単に不明な点を明確にできるだけでなく、自己アピールもできることから、有効に利用する必要があります。

仕事への熱意をアピール

逆質問では転職希望者自身が持つ仕事への熱意をアピールすることができます。実際、企業の多くは転職希望者の熱意を見極めることも目的のひとつとしてこの逆質問の時間を設けているようです。

仕事への熱意をアピールするための逆質問としては、次のようなものが相手にもよい印象を与えられます。

  • 昇進をしていくためにはどのような能力が求められるか
  • 入社までに準備しておくべきことや、習得しておくべき能力はあるか

自分の強みをアピール

自分の強みをアピールするための逆質問としては、仕事における実践的な事柄に関するものが有効です。

たとえば「私が所持している○○という資格は、御社の仕事で活かすことができるか」や、「前職で得た○○に関する知識・技術は御社の仕事でも活かすことができるか」といった質問があります。

ただし、自身の能力や知識・技術などを過剰にアピールすることはマイナス評価にもつながる可能性があるため、ある程度節度を持ち、聞き方にも気をつけるようにしましょう。

社長、社員への質問

社長や社員などの個人に対する逆質問では、より観念的な内容も聞きやすくなります。

そのため「新入社員にはどのような姿勢で仕事に取り組んでほしいか」「この会社で働くことで感じているやりがいにはどのようなものがあるか」など、思ったこと・知りたいことを率直に聞いてみるのもおすすめです。

まとめ

ここでは転職での面接に臨む際に心得ておくべき以下の点について解説しました。

  • マナーや身だしなみ
  • よく聞かれる質問と逆質問

しかし、転職における面接のスタイルは企業によって異なるため、明確な正解というものは存在しないというのが実際のところです。

また、転職時の面接に対して不安を感じる方は転職エージェントを利用するのもおすすめです。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。