入社2年目で転職は無謀?退職まで3年未満の人が必ずすべき唯一のこと

まだ入社2年目だけど、3年間は転職しない方がいいのかな…

入社2年目では職務経験が浅いので、退職と同時に良い転職先を探すのは難しいものです。ですが、新卒2年目でも転職活動に成功するケースは珍しくありません。

ここでは、入社2年目での転職について、以下の内容をご紹介します。

  • 本当に入社3年目まで働くべきかどうかの判断基準は?
  • 入社2年目で転職を決断する理由で多いものは?
  • 入社2年目の転職は無謀なのか?
  • 就職支援サイトはどれを選ぶといいの?

入社2年目の転職の成功のカギは、いかにして情報を集めて良い求人情報に出会うかです。

そこで、転職活動を始める前から役に立つ就職支援サイトをご紹介します。

転職の第一歩は転職支援サイトの登録から

不安だらけの入社2年目の転職の第一歩として、これらのようなサービスに登録してみてはいかがでしょうか?

いずれも無料で今すぐ登録できるので、登録しておくだけでも有益な情報が見つかるかもしれません。

特長
リクナビNEXT
  • 知名度が高いリクルートのサービス
  • 転職者の8割が使用している
  • 5分で登録完了
DYM就職
  • 既卒や第二新卒など20代の就職に強い
  • 書類選考なしで面接へ進める

では、次に本当に入社3年目まで働くべきかどうかどう判断すればいいか、その基準をご紹介します。

本当に入社3年目まで働くべきかどうかの判断基準

一般的に入社後は最低でも3年は働くべきといわれることもありますが、どうしても3年間待つべきなのでしょうか?

中でも入社2年目という時期は、自分の置かれた状況を考え転職をしたいと考え始めるケースが見られるようになります。

ここではまず、一般企業の会社員や公務員に関して入社2年目での転職に踏み切るかどうかの判断基準をご紹介します。

転職先でもスキルを発揮できそう

入社し2年弱で身についたスキルやビジネスマナーは、転職したあと活かされそうですか?

ほかの会社に行っても活かせる能力などがあれば、転職活動で自分のことを欲しいと思ってくれる会社にも出会いやすいでしょう。

特に入社2年目での転職に適した第二新卒枠では、すでにビジネスマナーや前職で得た専門知識が身についている人材に対する需要あります。

新卒1年目の時より心に余裕がある

新卒者にはない、仕事を行ううえで必要な精神的余裕が求められることもあります。

1・2年ほどでも職務経験があるというだけでも、働くことへの精神的な余裕や身構えも身について、余裕があれば転職しても変化により対応できるでしょう。

今の職場がブラック企業でつらいと感じている

今の職場がブラック企業で、不当に低い収入や時間外労働などで辛いと感じていませんか?

昨今では、労働問題がニュースで話題になることも珍しくなく、健全な企業であれば福利厚生や労働環境の改善に努めていることでしょう。

にもかかわらず、まだまだ労働環境が改善されない企業も多いようです。

今の会社で「残業代が払われない」「時間外労働がかなり多い」「生活がギリギリの給料だけ」などであれば転職を検討した方がよいかもしれません。

入社2年目で転職を決断する理由5選

入社2年目から転職を考える理由としてはさまざまなものが考えられます。ここではその中から特に多いと思われる5つをご紹介します。

  1. 実際の業務内容とのギャップ
  2. 人間関係のもつれ
  3. ブラック企業
  4. キャリアアップ(将来)の不安
  5. 疾病などの健康上の理由

実際の業務内容のギャップ

大学3年になり周りが就職活動を始めたから自分も同じように就職活動を始めたという方などの中には、やりたい仕事を明確にしないままの方もいるでしょう。

最初の会社では知名度などだけで就職を決めてしまったという方も多いかもしれません。そのような方の場合、実際に入社をしてから業務内容と自分の適性のギャップを感じることも多いでしょう。

また、やりたい仕事を明確にしたうえで就職活動に臨み、就職先が決まったとしても、必ずしも自分が希望した職種や部署に配属されるとは限りません。

そのため、実際の業務内容とのギャップを痛感し、転職を考え始めるという方は多く存在します。

人間関係のもつれ

上下関係が厳しい会社などに入社してしまうと、そこでの人間関係のもつれが転職を決断させる原因となることもあります。

特に、自分が入社した後に関わることになる上司の人間性は入社前の段階では分からず、社風がよいと感じて入社を決断しても、実際に一緒に働く上司とはそりが合わなかったというケースも少なくありません。

また、社内での人間関係には単純な性格面での相性だけでなく、出世争いやプライベートでの関わり合いなども関係することがあります。

それらをが原因で複雑な人間関係が嫌になり、転職を決断するというケースも多く存在します。

特に、入社間もないころはこのような人間関係の悩みについて相談できる人が社内にいないことも多く、その解決手段として転職という選択をする人が多いことは想像に難くありません。

ブラック企業

就職活動における会社説明会などでは、企業側もできるだけ多くの人材の中から能力のある人を採用したいと考えています。

社風などに関する悪い面が就職希望者に知られないよう、入社前までは良いように取りつくろっていることが少なくありません。

そのため、社風がよいと思って入社を決めた企業が、実はブラック企業だったというケースも多く存在します。

ブラック企業の特徴も様々

単にブラック企業といってもその特徴はさまざまであり、具体的にはサービス残業やパワハラが横行していることなどが挙げられます。

昨今では、全体としてこのような体質がある企業は、ネットなどを利用すればある程度就職活動においても避けることが可能となってきています。

しかし、社内の一部の部署などで「ブラック体質」が定着している場合、そのことは社外からは見えづらくなっており、就職活動でも避けることができません。

以上のことから入社後にその企業がブラック企業であることに気づくことで、転職を考え始める人が多いこともまた想像に難くありません。

キャリアアップ(将来)の不安

定年退職までの約40年にわたって働き続けるうえでは、キャリアアップや社内での出世などを目標とした向上心を持ち、モチベーションを維持し続けなければなりません。

そのため、同じ会社で働き続けるうえでは、社内に限定した場合でも目標とできるポストや、関わること自体が大きな目標となるプロジェクトなどが常に存在していることが重要となります。

入社からしばらくして会社における自分の周りの状況が把握できるようになると、このような目標とすることができるポストや関わりたいと思えるプロジェクトが存在するかといったことが見えてきます。

しかし、それらが存在しないことは、すなわちその会社にいても将来が見込めないことであり、入社から2年程度しか経過していなくても転職を決意する理由になりえます。

疾病などの健康上の理由

疾病やけがなどの健康上の問題が原因となり、現在の会社で働き続けることが困難となるケースも多く存在します。

また、それらは重度のものでなくても職種や勤務形態などによっては勤務が困難となることがあり、転職を決意する理由にもなりえます。

入社2年目の転職は無謀なのか?

では、実際に入社2年目で退職し良い条件の会社に転職するのは無謀なのでしょうか?

ここでは、現実問題として入社2年目の転職は無謀であるのかどうか以下の2つの観点でご紹介します。

  • 第二新卒という枠の需要
  • 企業が入社2年目の転職希望者に求めている能力

第二新卒という枠の需要

入社2年目での転職においては第二新卒枠での採用を目指す方が多いことでしょう。一般的に第二新卒という単語の定義は明確なものがなく、その解釈は企業によって異なります。

しかし、多くの企業では新卒で入社後3年未満の求職者を第二新卒の対象者としており、その上限は25~26歳程度となります。

第二新卒者が新卒者より優れている点としては、一般的なビジネスマナーなどが身についていることが多いという点が挙げられます。

そのため、逆にいえば一般的なビジネスマナーが身についていなければ第二新卒者としての需要は極めて低いといわざるを得ません。

また、第二新卒者は前職で得た専門知識を活かすことで即戦力とすることが可能な場合もあるため、業界によっては特定の職種での就業経験がある第二新卒者の需要が突出して高くなっている場合もあります。

企業が入社2年目の転職希望者に求めている能力

上述したとおり第二新卒者に対して企業はビジネスマナーや前職で得た専門知識などを求めますが、より視野を広げるとそれら以外にも転職において重視される能力があります。

例えば大学を卒業したばかりの新卒者は、入社直後は与えられた仕事をこなすことだけで精一杯となってしまい、周りの状況を把握する余裕はないことがほとんどです。

それに対して第二新卒者はある程度余裕を持って仕事に臨めるようになっていることが多いため、与えられた仕事をこなすだけでなく、周りの状況を判断し、臨機応変な対応をする能力なども求められます。

入社2年目でも問題なく転職する方法

実際に転職を行う際には、辞める会社での仕事の引き継ぎや次の就職先で従事する仕事内容などについて、理解を深めておく必要もあります。

最後に入社2年目での転職活動において実際に行うべきことや注意点をご紹介します。

後任者への業務の引継ぎはしっかり計画的に

転職を決め、今の会社を辞める際には現在行っている仕事の引き継ぎなどをしっかりと行う必要があります。そのため、退職日はできるだけ余裕を持って引き継ぎが行えるよう設定するようにしましょう。

次のキャリアに向けた準備はしっかりと

また、会社を辞めるまでの期間には、次の職場で働くことに向けた準備もしておかなければなりません。

あらかじめ転職先企業の事業内容や自身が配属される部署と、その仕事内容などについての十分な理解を深めておくことも重要です。

可能な限り、その会社のサービスに触れたり、自分で事業内容を調べたりしておくのが良いでしょう。

入社2年目の転職活動の就職支援サイトの選び方

転職サイトはさまざまにありますが、入社2年目で転職する若い方にはどのようなものが合っているのでしょうか?

ここでは、知名度の高い「リクナビNEXT」や既卒・第二新卒の就職に強い「DYM就職」などそれぞれの特徴を比較してみましょう。

特長
リクナビNEXT
  • 知名度が高いリクルートのサービス
  • 転職者の8割が使用している
  • 5分で登録完了
DYM就職
  • 既卒や第二新卒など20代の就職に強い
  • 書類選考なしで面接へ進める
JAIC(ジェイック)
  • 慣れない転職準備も後押し
  • 入社2年目でも挑戦できる企業選びからサポート
キュージェント
  • 転職エージェントを自ら直接指名できる
  • 今いる会社より更に高見を目指したい方向け

ご自身にあった就職支援サイトやエージェントはありましたか?

もちろん、どれかひとつだけ登録するのではなく、複数利用してより良い条件の会社を探すのも手です。

転職の第一歩として、試しに登録してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ここでは一般企業の社員や公務員などの中で、入社2年目で転職したいと考えている方向けに以下の点をご紹介しました。

  • 転職を決断した理由
  • 入社2年目での転職の需要と求められる能力
  • 入社2年目で転職活動をするための方法・注意点

一般的に入社後、3年は働くべきといわれますが、入社2年目でも転職は可能なうえに、入社2年目だからこそ得られるメリットも存在します。

そのため、最終的には自身の感じていることを基準に決断を下すのがおすすめです。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは楽天会員の申込だとスムーズです。