第二新卒の就職活動で役に立つ、自己PRの書き方とは?

自己PRの内容どうしよう…」「第二新卒で、どんなアピールをしたらいいんだろう?」

このような悩みを持っている人は多いはずです。企業が求めている人材はどういった人か、必要なスキルは何かがよくわかっていないとアピールできるスキルがあってもうまくできません。

ここでは、第二新卒における自己PRについて以下の内容をご紹介します。

第二新卒の自己PRで気をつけたいポイント

  • 企業が求めている第二新卒は、長期的に働ける人材、ビジネスマナーを知っている
  • モチベーションが高い
  • 前向きな姿勢や、スキル・能力を見せられる

企業研究などを行うと、企業側が求めている人物像が明確になります。ただ、志望する企業の業界や職種によってさまざまなので、自分ひとりの力では思い通りにできないかもしれません。

第二新卒の就職活動が不安でもより条件の良い企業に転職したい方は、転職エージェントに相談してアドバイスをもらうと良いかもしれません。

特長
DYM就職
  • 就職率96%
  • 書類選考なしで面接へ進める
詳細
JAIC(ジェイック)
  • 慣れない就活準備も後押し
  • 企業選びから就職後までの個別サポート
詳細
キュージェント
  • 転職エージェントを自ら直接指名できる
  • キャリア志向の向け
詳細

企業が求めている転職希望している第二新卒の人柄やスキル

  • 長期的に働くという意思
  • 基本的なビジネスマナー
  • 高いポテンシャル・モチベーション
  • 仕事への情熱と、やる気、明白なキャリアプラン

自己PRを行う上で、自身が働きたい、転職先の企業が求めている人柄やスキルを知り、それに対するアピールをできるようにする必要があります。

基本的な内容もさることながら、企業研究などを行い企業の社風を絡めつつアピールできるとなおよいでしょう。ここでは、第二新卒が就職活動をするうえで重要なことをご紹介します。

長期的に働くという意思

第二新卒は、何年も仕事に従事している人とは違い、若年層が対象となっています。そのため、これからの成長を期待できますし、この先何年も企業で務めてくれる人を求めています。

企業側に行うアピールとしては、自分自身と社風があっているため、末長く転職先で仕事に従事したいとった内容などをアピールできるとよいです。

注意したいのが、長期的に働いてくれる人を求めているので、もし現在別の仕事に従事しているのであれば、なぜそこを退職するのかといった内容に言及してくる可能性も否定できません。

このとき、「不満がある」「人間関係がよくない」などといった内容を伝えてしまうと同じ理由でやめてしまう可能性があると判断されてしまいます。

できるだけ、ネガティブな印象を持たれやすいワードを伝えないように、「スキルアップしたい」、「腰を据えて働きたい」といった内容を伝えるようにしてください。

基本的なビジネスマナー

新卒と異なり、第二新卒では基本的なビジネスマナーをすでに所有していると判断されます。

新卒が入社した場合、ビジネスマナーの基本から教育する必要がありますが、第二新卒では、そのような教育を省けると考えられるのです。

そのため、書類選考や面接時にはビジネスマナーをしっかりと持っている人物と認識されるように発言や態度には気をつけるようにしてください。

転職活動の際には一通りビジネスマナーを見直すのもよいかもしれません。

高いポテンシャル・モチベーション

若年層である第二新卒は、仕事のやる気を感じられるようなポテンシャルと、モチベーションが重要視されます。

自分の知らないことを積極的に調べて、吸収しようとする姿勢が採用担当者には響きます。わからないことをそのままにするのではなく、研究熱心で、好奇心旺盛な人物を企業は求めています。

仕事への情熱と、やる気、明白なキャリアプラン

仕事のやる気が感じられない人を採用するメリットは企業側にはありません。情熱を持って仕事に従事できる人や、向上したいキャリアアップしたいなどといったプランを掲げられる人に期待します。

第二新卒の転職の自己PRで書くべきアピールポイント

  • 仕事に対する前向きな姿勢
  • 新卒と違い、前職で得た経験やスキル
  • 資格やスキル、目指して勉強していること

第二新卒の転職自己PRで書くべきアピールポイントはどのようなものでしょうか。上述の通り企業が求めている人物像を絡めた内容でアピールするのがよいです。

仕事に対する前向きな姿勢

前向きな姿勢は、ただやる気があることをアピールするばかりでは意味がなく、どのように貢献したいかなどといった具体的なプランを提示できる方がよいです。

熱意だけではなく、しっかりと計画を立ててその通りに進められる実行力があるといった点もPRしてください。

新卒と違い、前職で得た経験やスキル

前職で得た経験やスキルは十分にアピールするとよいでしょう。

誰でもできそうな内容であっても、どれだけ自分ができるのか、具体的な数字を提示して説明するのも、プレゼン能力があると見られるポイントとなります。

また、基本的なスキル以外にも得意なことや特筆できる内容があるのであれば、前面に出してPRしましょう。

・資格やスキル、目指して勉強していること

所持している資格やスキルは、一つの指標となります。勉強する過程も大切ですし、目標に向けて取り組める姿勢があるのもアピールできるポイントになるからです。

もし、現在継続して資格取得のために勉強している事柄や、通っている学校などがあるのであれば、その内容も伝えてください。

資格の内容についても触れて、仕事面で活かせるのであればそれも絡めた話をするとさらに理解が深まります。

第二新卒の転職希望者が、企業に面接で見られていること

  • ビジネスマナーや立ち居振る舞い
  • 前職を退職したい理由
  • 仕事へのポジティブな熱意

面接時に採用担当者が第二新卒の希望者のどのような点を見ているのか、ポイントを押さえておき、その対策を練っておきたいところです。

どのような点に注意して面接に挑めばよいのでしょうか。

ビジネスマナーや立ち居振る舞い

ほかの企業で務めていたのであれば、それなりのビジネスマナーを持っていると思われます。

企業側は新卒と違ってそのような教育を行わなくていいと考えているので、しっかりとしたビジネスマナーが身についているかを判断します。

ちょっとしたミス程度であればよいですが、ビジネスマナーがまったく身についていない人材は今まで企業でどのような仕事をしてきたのか、面接官に疑問に思われかねません。

完璧な立ち居振る舞いをしなくてはならないわけではありませんが、一般的に人前に立って振る舞っておかしくないように気をつける必要があります。

前職を退職したい理由

前職を離れた理由や、離職したい理由については採用側とすれば気になる点ですし、採用担当者にとっても必要な情報となります。

職場の人間関係に馴染めなかったなどといったネガティブな内容であれば、本人に問題があるかもしれないと取られてしまい、自身の評価を下げてしまうのです。

また、会社に不満があるという内容も控えましょう。

しっかりと将来のプランを持ちポジティブな理由で退職する、前職やこれから離職する企業とも円満な退職ができるという点をよくアピールするとよいです。

企業側も、問題がある人物を積極的に採用したいとは考えませんし、同様の理由ですぐにやめてしまいそうな人をできるだけ書類選考や面接で排除する傾向にあります。

仕事へのポジティブな熱意

仕事では、貢献した内容によって評価されそれに見合った給料をもらうのが一般的です。

そのため、だらだらと目標もなく働いている人物よりも、目標を持ちそれに向かって努力している人の方が評価されやすいですし、企業側も欲しいと考えます。

特にホームページなどを有する企業であれば、どのような社風かどういった人材を求めているかを掲載している企業が多いのでしっかりとその企業を研究しましょう。

その上で、自分なりのプランを提示しどういった方面で貢献したいかについて話せるようになるとよいでしょう。

第二新卒の転職活動に強い転職サイト

転職活動を自分だけの力で行うのには限界を感じる人もいるはずです。特に転職が初めての方も少なくありませんし、新卒とは違い学校がサポートしてくれるわけでもありません。

そのようなときに助けになる存在が、転職サイトになります。中でも第二新卒の転職活動に強い転職サイトはどのようなものがあるのでしょうか。

DYM転職

就職率が96%と高い数字を誇っているDYM就職ですが、所有する求人件数も多く目移りしてしまいそうなくらいと言われています。

もちろん、キャリア支援や、カウンセリングなどのサポートも充実しているので、就職までの道のりは安泰です。

JAIC

JAICは、新卒だけではなく第二新卒や20代の転職をサポートしてくれる転職サイトになっています。

中には女性の専門職などといったカテゴリもあり、幅広い内容の求人も保有しているほか、就活に必要な書類や面接のアドバイスやサポートも行ってくれるのです。

研修制度もあるので、未経験で不安な方でも学べる内容もあるので自分自身に自信をつけたいという方はよいかもしれません。

まとめ

ここでは、第二新卒における自己PRについてご紹介してきました。

  • 企業が求めている人柄やスキル
  • 退職理由
  • 前職での経験について

採用担当者は、その人柄や前職での活躍を知り、自社にとってプラスになる人材であるかどうかを見極めます。企業が求めている人材であるかを事前に把握した上で、面接を成功させてください。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・キャッシングを紹介します。

レイクALSAは、利息0円の期間を2つから選べます。

アコムは、不安な申込の前に借り入れ可能性を診断できます。