転職すると給料が下がるって本当?後悔のない転職をする為に

転職して給料が下がったらどうしよう…。

転職しない方がよいのではないかと考えてしまう人もいるのではないでしょうか。給料が下がってしまう人には共通の特徴があります。

  • 転職理由が後ろ向き
  • 未経験・異業種への転職

給料が下がってしまう人の特徴を捉え、転職活動を行うことによって、後悔のない転職ができます。とはいっても慣れない転職活動を不安に感じる方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか?

特長
DYM就職
  • 就職率96%
  • 書類選考なしで面接へ進める
詳細
JAIC(ジェイック)
  • 慣れない就活準備も後押し
  • 企業選びから就職後までの個別サポート
詳細
キュージェント
  • 転職エージェントを自ら直接指名できる
  • キャリア志向の向け
詳細

では次に、転職後に後悔しないために、年収が上がる場合と下がってしまう場合の傾向について見ていきましょう。

給料が下がってしまう人に共通する特徴

転職で給料が下がるのは、事実なのですが、転職した人すべてが該当するわけではなく、下がってしまう人もいれば、上がる人もいます。

給料が下がってしまう人には共通した特徴があり、気をつければ回避できる可能性も少なくありません。どのような人の給料が下がってしまうのか確認し、下がらないように知識を深めてください。

転職理由が後ろ向き

転職理由が後ろ向きというのは、転職した理由を面接などで確認した際に「不満を感じた」というような発言をしてしまうことです。

実際は職場に不満を感じたり人間関係がよくなくて辞めたりする人が多いかもしれません。

ですが、このような回答をしてしまうと、「もし入社した場合同様の理由で辞めてしまうのではないか」と思われてしまいます。

そうなると、いずれ辞めてしまうのであれば、最初から高い月収を渡すのをためらってしまう企業が多いのです。企業側も、すぐに辞めずに長く続けて欲しいと思い雇っています。

会社にとって貢献してくれる存在であれば、高い給料を支払ってでもいて欲しい存在に対し、貢献度が低い人材であれば、低い給料を支払うほかありません。

面接時には自身のキャリアアップを行いたいと考えたから、という内容やより専門的な仕事をして貢献をしたいなどといった内容を述べるとよいです。

未経験・異業種への転職である

今まで従事していた仕事と違う職種であったり、未経験の仕事を始めたりするのであれば、給料は下がってしまうケースもあります。

経験があるのであれば、今までの職場での経験や知識を活かして従事して欲しいなどの理由から高い給料をもらえるかもしれませんが、未経験、異業種であればどれほど活躍してくれるのか未知数となってしまいます。

青田買いのように企業が率先して確保したいほどの人材であれば別ですが、未知数の人材に始めから高い給料を支払うことはできません。

転職で給料を上げるためには?

  • 転職して給料が上がりやすい業界・職種を選ぶ
  • 自分の能力(即戦力・知識量)をアピールする

できることであれば、転職したからには、いまの仕事よりも高い収入を得たいと考えている人もいるはずです。

転職で給料を上げることは不可能ではなく、最初は少ない金額でも、給料が上がりやすい職種やすでに経験している仕事に就くことでいくぶんか高い給料をもらうことが可能となっています。

転職して給料が上がりやすい業界・職種を選ぶ

給料が上がる見込みがあるのは、現在その企業の業績よく企業自体が潤っている状態にあると高い給料を見込めます。

また、基本給は標準と同様だけれども、歩合制でありインセンティブがあるような企業であれば頑張った分だけ月の給料やボーナスに反映されるのです。

営業職などであれば、契約を取れた分だけ反映される場合もありますし、コールセンターなどでもアポイントを取得できた数によって反映されたり、基本給が上がったりするケースもあります。

そのため、基本給ばかりではなくプラスアルファで何かあるような職を探すのもよい方法となります。

自分の能力(即戦力・知識量)をアピールする

自身のスキルや知識を存分にアピールして交渉するのも手段としては有効となっています。

どれほど、会社に貢献できる存在なのかをうまくアピールして、高い評価を得れば入社時から高い給料で働くことが可能となっています。

これは、それだけの知識やスキルがあることを理解してもらったり、裏付けできる何かを見てもらったりするとより効果的かもしれません。

ですが、ここで過大にアピールして実際とは違った場合問題になりかねませんので、あくまでも自分が貢献できる範囲内でアピールするように心がけてください。

給与交渉で失敗しない4つのポイント

  1. 適切なタイミングで交渉を切り出す
  2. 自分の価値と、企業からの需要を分析する
  3. 希望給与の伝え方を工夫する
  4. 給与交渉を転職エージェントに任せる

給与交渉ができるのであれば、行い今の職よりも高い給料で雇って欲しいと考えている人もいるはずです。しかし、給与交渉を行うのはそう簡単にできることではありません。

ポイントを押さえた上で行わないと失敗してしまう可能性もあるからです。自力で難しいため、転職エージェントを活用してみるのもいいでしょう。

どのようなタイミングで行うか、交渉をどのように進めるかなど頭を悩ませてしまう事柄は多く存在します。どのようなタイミングで切り出し、交渉するかについて確認していきましょう。

適切なタイミングで交渉を切り出す

タイミングを見誤ってしまうと、交渉をしても適用されない時期になってしまい、内定を辞退する羽目になることも少なくありません。

しかし、転職をしたことがない場合だとどのタイミングが適当なのか判断がつきづらいのではないでしょうか。交渉を切り出すのは、一次面接の際に直接話すのがベストです。

一次面接で交渉したら、その話がうまく進まなくなってしまうのではないかと考えて、このタイミングで切り出せない、切り出さないほうが良いと考える人もいます。

ですが、一次面接のタイミングがお互いにとって一番良いタイミングなのです。

理由としては、一次面接で交渉した結果、縁がなかったというのであれば、お互い面接に割く時間を取られなくてすみます。

面接を行ってくれる人も仕事はそればかりではないので、後で交渉されその結果に満足できずに辞退されてしまうのであれば、先方もよい気はしません。

また、面接が進み内定が決まった段階で交渉すると、すでに雇用条件が決定しているケースがありそれを覆すことができない企業もあります。

面接時にそのような交渉がなく決まったから交渉するのもよくないタイミングと言えます。交渉を行うのであれば、一次面接の際に直接話すようにしてください。

自分の価値と、企業からの需要を分析する

交渉をするにあたって、どれだけの給料が欲しいのか、またそれを裏付けるエビデンスが必要になります。

エビデンスを実際に提示しろと言われないかもしれませんが、希望する給料で雇用するだけの人材であることを企業に説得しなくてはなりません。

会社に貢献できない人材に高い給料を支払うような企業はなく、仕事量や内容に見合った給料を支払っています。

また、説得するための材料はいくつあってもよいのですが、企業との方向性が違うものばかりであれば、有効な材料となりません。

例えば、志望する職種と自分の職歴やアピール内容とがミスマッチの場合は、給料に反映するほどのことではないとみなされてしまいます。

企業が求める人材はどのようなものなのか、それに適したスキルや知識を有しているのか、貢献できる内容であるのかを一度まとめてみるとよいです。

しかし、経験が少ない、就業年数が浅いとアピールポイントなどもそれほど出てこない場合があり難しいと感じる人もいます。

無理をしてできないことをできるとアピールしないように気をつけてください。

希望給与の伝え方を工夫する

希望給与を質問された際に、そのまま額面で伝えてしまう人も多いでしょう。

しかし、現在の給与については額面で伝えてもよいのですが、希望給与については、額面で伝えないほうが良いとされています。

理由としては、額面で伝えると認識しやすいからです。

なぜ認識しやすいとダメなのかというと、現在の給与より〇〇万増えた額となるとその〇〇万がどれほど違うかがはっきりわかり、その分の働きを期待しますし、金額で提示されると高く感じてしまいます。

それほど高額に感じてしまわれると、それなりに仕事の内容だって加味されてしまうので、現在の給与に対する上昇の割合などで提示したほうが、良いとされています。

割合であれば、%で伝えるのですぐに〇〇万などといった数字が出てこないので、そこまで高額に感じない人もいます。

給与交渉を転職エージェントに任せる

給与交渉はそれほど簡単にできるわけではありませんし、交渉が決裂してしまうといったリスクも生じてしまいます。

せっかく社風などもよく環境的にも働きやすい会社なのに、交渉で失敗してしまうのは勿体無いのではないでしょうか。そのような際には、転職エージェントに交渉を任せてしまうのも良い方法です。

転職エージェントは給与交渉だけではなく、企業とのやりとりを行ってくれる会社もありますし、就職支援としてサポートやアドバイスをしてくれます。

転職に慣れていない人は特にありがたい存在となるのです。

まとめ

今回は、転職したら給料が下がるかもしれないということについてご紹介してきました。給料が下がるのを防ぐためには以下のようなことが必要です。

  • 自分の価値と、企業からの需要を分析する
  • 希望給与の伝え方を工夫する
  • 給与交渉を転職エージェントに任せる

これらを把握した上で、転職に挑んでみてください。また、一人で行うのが難しいのであれば転職エージェンシーに相談するのも手段のひとつです。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは楽天会員の申込だとスムーズです。