離婚や不倫の慰謝料が払えない!お金がないときに今すぐ解決できる4つの方法

慰謝料が払えない アイキャッチ画像

不倫や離婚などの男女関係や、交通事故などで相手側に傷害を負わせたことで、多額の慰謝料を請求されることがあります。

「慰謝料を請求されているけど、お金がなくて払えない!」このように、急な請求に対してお金が足りないという人は多いのではないでしょうか?

たとえ自分の過失を認めていて、支払いの意思があったとしても、お金を持っていなければ慰謝料を支払うことはできません。

では慰謝料が払えないとき、具体的にどのような解決策があるのでしょうか?

そこで今回は、現在高額な慰謝料を請求されている人へ向けて、慰謝料が払えないときの解決策を5つ紹介していきます。

もし慰謝料の支払いが間に合わない場合は、カードローンを検討してみましょう。

アコム
アコムバナー
  • 業界最大手の安心感
  • WebやATMから24時間借入可能
  • 最短30分で審査回答

慰謝料の相場とは

慰謝料 払えない 画像

慰謝料は自由や名誉などが何者かによって侵された時に生じた精神的障害に対して払うものです。 損害賠償金の役割をしています。

男女関係での慰謝料の相場

男女関係でのトラブルで生じる慰謝料の相場は、数十万から300万円ほどであるケースが多いようです。

男女関係間のトラブルの場合、支払い能力や子どもへの影響、などが慰謝料の金額を変動させるものになります。

交通事故での慰謝料の相場

交通事故の場合、「自賠責基準」・「任意保険基準」・「弁護士・裁判基準」と基準が3つ存在しています。

そして、「入通院慰謝料」・「後遺症慰謝料」・「死亡慰謝料」の3つの慰謝料があり、これらの全て合わさった金額が慰謝料となります。

その事故の程度にもよりますが、場合によっては自力で支払うのが困難なほど高額になるケースも多くあります。

慰謝料を払わないとどうなるの?

慰謝料を支払わなかった場合、以下2つのリスクがあります。

  • 財産の差し押さえ
  • 慰謝料請求の訴訟

基本的に慰謝料の支払いを約束したにも関わらず、支払いを放棄した場合は財産が差し押さえられます。

一方で慰謝料を支払う約束をしておらず、相手側からの請求を無視し続けた場合は、相手が慰謝料請求の訴訟を申し立ててくる可能性があります。

この訴訟は慰謝料支払い側の請求額などを確定するための裁判です。

つまり、約束した支払いを放棄しても、相手の請求を無視し続けても、結果的に差し押さえを受けることとなります。

差し押さえの対象となるものは給料やボーナス、退職金、車、持ち家などがあり、これらを含むあらゆる財産が没収されます。

そのため、慰謝料を請求されたら無視せずに必ず対応し、支払いが難しければ減額や分割払いの交渉を行いましょう。

慰謝料を払わなくてもいいケース

場合によっては慰謝料を払う必要がないケースがあります。

たとえば不倫や浮気などで慰謝料を請求されたとき、以下のケースに当てはまる場合は慰謝料を払う必要はありません。

  • 肉体関係ではない
  • 夫婦関係が破綻していた
  • 自分の意思ではない不貞行為

このように、不倫を行なった正当な理由があれば、慰謝料の請求が認められないことがあります。

そのため慰謝料を請求されたときは、まず自分の行動の事実確認と、慰謝料を支払うに値するかの確認を行いましょう。

その上で自分が慰謝料を払う必要がないと感じれば、支払い拒否の意思を示すことが大切です。

解決方法1.減額交渉をする

慰謝料払えない 画像

請求された慰謝料が高すぎて払えないときは、減額交渉という解決策があります。

慰謝料の金額は請求者側が決定していますが、その金額が妥当でない場合や支払いが困難な場合は、示談を行なって慰謝料の金額について双方で調整することができます。

なお、減額交渉は個人で行うことが可能ですが、請求者側が弁護士を付けている場合や交渉が成立しない場合は弁護士に依頼することをオススメします。

減額交渉をする方法

減額交渉をする際は、減額の必要性を説明しなければいけません。

なぜ減額を求めているのか、減額しなければどんな未来があるのかを伝えましょう。

たとえば「この金額だと支払いがどうしても無理だから自己破産するしかない。そうなるとあなたにお金を一円も支払えなくなる」などと説明すれば、相手も応じてくれる可能性が高いです。

それでも示談が進まない場合は弁護士に依頼することをオススメします。

弁護士費用はかかりますが、結果的に支払う総額が減少する可能性は高いですし、まとまらない話し合いを収束させることができます。

解決方法2.分割払いの交渉をする

慰謝料の支払いが難しいときは分割払いにしてもらうという解決策もあります。

減額交渉が成立しなかった場合や、慰謝料が低くても一括で払えない場合は分割払いを交渉しましょう。

しかしながら、慰謝料の請求者側にとって分割払いになるメリットがないので、分割払いに応じないという人は少なくありません。

また、支払う側としても長期的に慰謝料を支払うというのには精神的な負担になります。

そのため慰謝料の分割払いは、高額な慰謝料が払えないときの解決方法の一つとはいえ、あまりオススメの手段ではないので注意しましょう。

解決方法3.財産になる物を売る

慰謝料足りない 物を売る 画像

慰謝料の額が3桁万円以下なら、財産を売ってお金を用意するのも良いでしょう。ある程度の額になるものとしては、車やブランド品、それにパソコンやiPhone、切手などが挙げられます。

最近では店頭に持ち込めば即日買い取りしてくれるところもありますので、「あとちょっと」を 稼ぐには便利です。

どのジャンルでも、「キレイ」「新しく出た」「プレミア価値がある」「需要がある」ものは高く買い取られますが、反対に「汚い」「何の変哲もない」「需要がない」ものは安く買い取られてしまいます。

ですから、財産を買い取って貰う前に汚れをキレイにして、故障している部分は修理できるので あれば修理するしておきましょう。

また、あるのであれば付属品も一緒につけて、高値で買い取ってもらえるようにしましょう。

解決方法4.自己破産する

自己破産をするという選択肢があります。

慰謝料は免責の対象となることが一般的で、自己破産をすれば慰謝料を支払う義務が免除されることがほとんどです。

とはいえ、自己破産をすれば将来的な生活に大きな影響を与えるので、良い解決策とはいえません。

たとえば財産が没収されたり、奨学金などの借金がある場合は連帯保証人に迷惑がかかるなど、自己破産にはデメリットが多数あります。

そのため、減額や分割の交渉をしても応じられなかった時や、どうしても支払いができないときの最終手段として自己破産を検討しましょう。

解決方法5.キャッシングカードローン

慰謝料足りない カードローン 画像

現在、働いていて安定した収入がある方は、キャッシングを利用し慰謝料を捻出するのも手です。

ここで紹介しますアコムは、三菱UFJフィナンシャルグループに属し業界最大手ですので信頼感があります。

最近ではコンビニATMで気軽に引き出しができますし、スマホで簡単なweb申し込みもできるようになっています。

アコム
アコムバナー
  • 業界最大手の安心感
  • WebやATMから24時間借入可能
  • 最短30分で審査回答

慰謝料を支払えないときのまとめ

交通事故や不倫や浮気で生じた慰謝料が払えない時は、以上のようなアクションがあります。

あなたが学生で無収入でどうしようもない場合を除き、社会人の場合は何かしらの行動を起こさなければ、問題の解決が遅れるかもしれません。

そうなる前に、減額交渉によって減額をしたり、キャッシングカードローンにてお金を借りて解決したりして、あなたの身分を守るようにしましょう。

カードローン


楽天銀行のカードローン
  • 楽天銀行の口座を持ってなくてもOK
  • スマホで申込完結
レイクALSA
  • 最短15秒で審査結果を表示
  • カードレス契約なら契約時の郵送物無し
プロミス
  • 審査は最短30分
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能