飲食店は儲かるのか?開業資金の相場と運転資金はいくらかかるのか

 行列の絶えないラーメン店、お洒落なカフェやダイニングバー、家族的な雰囲気の居酒屋や本格的なレストランなどの飲食店を、いつか自分で始めてみたいと思っている方は多いと思います。

個人でも始める事ができ、比較的参入しやすいのが飲食店ですが、競争も激しく成功するのも難しい業種です。

飲食店に限りませんが、事業を始めるのであれば資金計画をきちんと立てておくことが重要です。

美味しい料理や飲み物を提供することも大切ですが、その前に飲食店の開店に必要な費用を知っておきましょう。

1.開店にかかる費用の種類には何がある

飲食店の開店には、「物件を取得する費用」「店舗にする費用」と「運転資金」の3つが必要になります。

まず飲食店を開店するために必要なのは、店舗となる不動産物件です。

ラーメン店やカフェ、レストランなどの業態やコンセプトによって様々な店舗形態がありますが、自分の計画に合った立地と広さを確保することが大切です。

自宅で開店できる人はほとんどいませんので、条件に合った不動産を探し、物件を取得する費用が必要になります。

物件を取得した後は、内装、厨房機器、看板や食器など店舗にするための費用が発生します。

オープンを告知するチラシやホームページ、名刺などの販売促進費やユニフォームや消耗品などいろいろと費用が掛かります。

無事に開店できたとしても、利益が出て軌道に乗るまでは時間がかかることも多く、仕入れや生活費が持ち出しになることもあります。

開店直後に資金ショートしないためにも、当面の運転資金には余裕を持たせておく必要があります。

2.物件を取得するための費用

飲食店の開店資金のうち、一番多くの割合を占めるのが物件の取得費用です。

店を成功させるためにも「良い条件」の物件は大切ですが、業種や業態によって条件は異なります。

業種や業態だけでなく、具体的な店の大きさや営業時間帯なども事前に決めておくことが必要になります。物件の取得にかかる費用の内訳は、以下の通りになります。

項目

内容

支払先

保証金(敷金)

住居用と同じく敷金と呼ばれることもありますが、店舗用では保証金となります。家賃の6~12カ月分が目安で、繁華街などの条件が良い立地では高めとなり、悪い場合は低めになります。基本的に預り金のため、退去時には返金されますが、「償却分」が差し引かれる場合もあります。

家主

礼金

家主への謝礼金として、家賃の1~3か月を支払います。地域の慣習や、物件によって不要な場合もありますが、保証金と違い返却はされません。礼金がある場合は、保証金の償却分が無い場合もあります。

家主

仲介手数料

物件の紹介や契約にまつわる手続きなどの対価として、不動産会社に支払います。

不動産会社

前家賃

契約日から月末までの日割り分と、翌月分の家賃を契約時に支払います。物件によってはビルの共益費や管理費などが必要になる場合もあります。

家主

保険料

物件により、火災保険料が必須となる場合は保険料の支払いが必要です。店舗では不特定多数のお客さんが出入りするので、物件で強制でなくても保険の加入はしておいたほうがよいでしょう。

保険会社

造作譲渡料
(居抜きの場合)

厨房や什器などの設備や内装の所有者(前の借主)に対し、譲渡費用を支払います。有形の物だけでなく、屋号なども買い取る場合もあります。金額は条件によりさまざまです。

前の借主

居抜きとは、閉店した同業態の物件で設備や内装をそのまま譲り受けて出店する方法です。

開店費用を抑えて出店できますが、レイアウトが変更しにくいのでオリジナリティは出せず、設備の劣化などにも注意が必要です。

居抜きに対して、内装が無く建物の躯体のみの物件をスケルトンといいます。店舗物件の場合、入居の際はスケルトン渡し、退去する場合はスケルトン状態に戻す原状回復が基本になります。

物件によっては中華料理、居酒屋、焼き肉やカレー店など油煙や臭いが大量に出る飲食店の出店を不可としている場合もあります。

(いわゆる「重飲食不可」物件)また、契約後のトラブルを防ぐためにも、ガス・電気の容量、水道、排水・排気設備などは業態に合わせてチェックが必要です。

3.店舗にするための費用

希望通りの物件が取得できた後は、店舗の内装や備品など開店に向けての費用が掛かります。居抜きの場合は殆どが造作譲渡料に含まれますが、スケルトンの場合は以下の費用が発生します。

内装工事費用

設計・デザイン費用からはじまり、カウンターや棚などの造作や壁紙などの内装工事、トイレ、空調、照明、ガスや水道などの設備の設置工事費用が掛かります。デザイン性の高い店舗入口や看板の設置など、外装工事が必要な場合もあります。

厨房設備費用

コンロ、冷蔵庫、シンク、製氷機やコーヒーマシンなど厨房用の機器を揃える必要があります。内装業者に調達を依頼することもできますが、業者の経費が掛かります。こだわりもあるはずなので、施主支給品として自ら購入やリースしたほうが安く済みます。さらに、中古品を活用すれば、新品の2分の1~3分の1程度でも揃える事ができます。

備品・消耗品費用

テーブルや椅子、スツールなどの家具類、調理器具、食器やトレーなどの配膳用品、レジや領収書、名刺などの事務用品、スタッフのユニフォームなどを準備する費用です。

広告宣伝費用

新店のオープンを多くの人に知ってもらうための費用。ホームページの開設やチラシの作成、ポスティング、グルメサイトへの掲載費用などを見込んでおきます。

その他費用

アルバイトやパートを雇う場合は求人募集費用や、経理や管理システムの利用料などの費用です。

4.忘れてはいけない運転資金

開店してすぐ黒字化するお店は、多くありません。少しずつお客が増え、経営が安定するまで1年以上かかることもよくあります。

お客が少ない開店直後でも、ランニングコストは出続けていくため、運転資金を準備しておく必要があります。

ランニングコストは、店舗の家賃、借入金の返済、水道光熱費、パート・アルバイトの人件費に加えオーナーの生活費などもあります。

当初の事業計画とは条件が変わってしまうこともあるので、予備費も含めて6カ月~1年分は準備しておいた方が良いでしょう。

5.開業資金の相場

飲食店の開業資金の平均と目安は以下の通りです。計画している店舗面積や座席数で、参考にしてみてください。

【坪数別】

坪数

居抜き

スケルトン

回答の平均

準備の目安

回答の平均

準備の目安

5坪未満

233.3万円

100~300万円

100~1,000万円

5~10坪未満

463.8万円

100~1,000万円

666.7万円

400~1,500万円

10~15坪未満

581.1万円

150~1,000万円

1,007.7万円

400~3,000万円

15~20坪未満

814.0万円

150~2,000万円

1,136.7万円

550~4,000万円

20~30坪未満

1,068.1万円

150~4,000万円

1,729.3万円

600~6,000万円

30~40坪未満

1,710.9万円

150~4,5000万円

2,247.1万円

700~6,000万円

40~50坪未満

1,957.1万円

200~5,000万円

2,875.0万円

1,000~7,000万円

50坪以上

2,892.5万円

500~8,000万円

3,566.7万円

1,000~10,000万円

【座席数別】

坪数

居抜き

スケルトン

回答の平均

準備の目安

回答の平均

準備の目安

20席未満

650.0万円

1,000~1,500万円

1,150.0万円

1,000~2,200万円

20~30席未満

852.9万円

1,000~2,000万円

1,418.2万円

1,500~2,500万円

30~40席未満

1,075.6万円

1,500~2,500万円

1,994.4万円

1,500~3,000万円

40~50席未満

1,646.7万円

1,500~2,700万円

2,085.7万円

2,000~4,000万円

50~70席未満

2,103.8万円

2,000~3,000万円

2,567.6万円

2,000~4,500万円

70~100席未満

2,820.5万円

2,000~4,000万円

3,076.5万円

2,500~6,000万円

100~150席未満

3,091.3万円

3,000~5,000万円

3,810.0万円

3,000~6,000万円

150坪以上

3,400.0万円

3,000~5,000万円

4,560.0万円

4,000~8,000万円

(出典:ぐるなびPROfor飲食店 https://pro.gnavi.co.jp/bukken/article/bukken13644/)

6.飲食店は儲かるのか!?

飲食店ビジネスの特徴は、まず粗利益が多いことがあげられます。

粗利益は売上から原価(原材料の仕入れ価格)を引いたもので、売上の6割から7割が粗利益になるのが普通です。

物販店の粗利は良くて2割程度ですので、利益面では儲かる商売といえます。現金商売のため資金繰りも楽で、個人経営でも独自の味やコンセプトで大手チェーンとも勝負する事ができます。

物販店の様に万引きによる損害も無く、固定客が付けば経営が安定し2店目、3店目と店舗を増やすこともできます。

利益率の高い業種ですが、厨房機器や内装など物販店よりも開店資金が多く必要になり、水道光熱費などもかかります。

お客が来なくても月々の経費の支払いは発生し、出店にお金をかけすぎると、借入金の返済ができなくなり閉店に追い込まれてしまいます。

繁盛店ほど原価率が高い(粗利率が低い)という話もよく聞きますので、しっかりとした事業計画を立てておくことが重要です。

また、長引く不況の影響で外食産業の市場規模は1997年の30兆円がピークで、少子化や客離れなどで2015年には23兆円まで縮小しています(帝国データバンク調べ)。

大手チェーンの多くも減収減益を続けており、マクロでは飲食店にとって厳しい市場環境ともいえます。

オーナー自ら調理や接客にあたる場合には、体力的な問題もあります。飲食店は長時間の立ち仕事の上、ピークタイムには本当に忙しくなります。

居酒屋など酒類を提供する店では深夜労働にもなるので、経営がうまくいっていても体力面でリタイアする店舗も少なくありません。肉体的にきつい仕事が嫌な人には、向かないビジネスです。

7.まとめ

開店費用はなるべく抑え、運転資金に回した方が手堅い経営ができます。

ただし飲食店は利益目的だけでなく、オーナーの理想やこだわりを店舗やメニューで表現することで個性を出し、集客に結び付けることは重要なことです。

説明した費用の中でも、自分でできることは自分でやり、妥協をしながらも、お店に来てくれるお客様のことを考えて開店資金の配分を考えることが大切です。

お金つくーるが選ぶキャッシング・カードローンランキング

ca29c25565df7963dcb60a9814de3892_s

キャッシング・カードローンは今は利用するのが当たり前になっており、種類も昔とは違い何十種類とあります。 そこでお金つくーるでは
  • ・最短1時間で借りることができる
  • ・他社で借りていても借りることができる
  • ・スマートフォンだけで借りることができる
  • ・信用できる会社

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。