引越し費用が払えない!急な出費を乗り越えるための3つの方法

引越しの初期費用ってこんなにかかるの?予想してなかった!
予想してなかった!

引越し先の賃貸物件を決め、いざ契約となった時、予想以上にお金がかかって驚いた経験はありませんか?

引越しにおける初期費用とは、賃貸借契約を交わす際にかかるお金のことです。

この初期費用の支払いは、物件を決めてすぐに行わなければなりません。

初期費用は家賃のおよそ5倍と言われています。

これに加え、引越し代、家電や家具などの処分代、新居で新調する物の費用などがかかると、かなりの出費になりますね。

この記事では、引越し費用を抑える方法について紹介しています。

どうしても引越し費用が払えない場合の対処法についても触れているので、ぜひチェックしてください。

引越しに費用はいくらかかる?

まずは、引越し費用がいくらかかるか考えてみましょう。

引越し費用には、賃貸契約時に必要な「初期費用」の他、引越し業者に支払う「引越し代」、家具や家電製品などを処分するための「不用品の処分代」などがあります。

それぞれについて見ていきましょう。

賃貸契約時に必要な「初期費用」とは

初期費用とは、賃貸借契約を交わす際にかかるお金のことです。

この初期費用の支払いは、物件を決めてすぐに行わなければなりません。

一般的な初期費用の内訳は以下の通りです。

  • 敷金…部屋を退去する際にかかる原状回復費を、あらかじめ支払っておくものです。原状回復に使われた金額の差額は退去時に戻ってきます。支払う額はだいたい家賃1ヶ月分です。
  • 礼金…部屋の所有者へ「部屋を貸してくれてありがとう」の謝意を込めて支払われるお金です。退去時に戻ってきません。支払う額はだいたい家賃1ヶ月分ですが、物件によっては家賃2ヶ月分を求められる場合もあります。
  • 前家賃…事前に入居月分とその翌月分の家賃を支払います。月の途中で入居する場合は、入居月分の家賃は日割り計算になります。
  • 火災保険料…火災や風災などの自然災害、水漏れ、盗難などのトラブルに備えて加入する保険です。不動産会社と提携している保険の加入が義務付けられることが多いですが、最近では自由に選択できる物件もあります。オプションで地震保険の加入も可能です。
  • 仲介手数料…部屋を紹介した不動産会社に支払う手数料です。だいたい家賃の1ヶ月分となります。家賃の半額で済む場合もあります。

だいたい家賃の5倍かかると言われているのが初期費用です。

家賃が5万円の部屋を契約したいなら、25万円を初期費用として見ておく必要があります。

2019年6月に、マネスク編集Mは京都市内から福岡市内へ引越ししました。

この時の賃貸契約では、頭金をその場で振り込み、1週間以内に残額の支払いを求められました。

「引越し代」や「不用品の処分代」も必要

初期費用に加え、引越し代や不用品の処分代も必要です。

引越し代は基本、引越し先までの距離、運ぶ荷物の量によって決まります。

引越し業界の繁忙期には、引越し代も高くなるので要注意です。

編集者Mの場合

  • 引越し代:4万2000円
  • 不用品の処分代:1万5000円
  • 新居での家電や家具の購入代:15万円
  • 初期費用:約40万円

編集Mが引越した6月は通常期で、家電製品や家具などをすべて処分した上での単身引越しでしたが、支払額は4万2,000円でした。

引越しするにあたっては、不用品の処分も必要となります。

家電の場合は、冷蔵庫と洗濯機、電子レンジ、2口ガスコンロに加え、扇風機と遠赤外線ヒーターを処分しました。

家具の場合は、ソファーにテーブル、イス2脚、本棚3台です。

買取業者に査定を依頼したところ、家電は古いものが多く買取してもらえませんでしたが、家具はソファーの状態が良かったため5,000円で買取してもらえました。

買取価格を差し引くと、処分代の支払額は1万5000円程でした。

そして、買取業者の処分代の見積もりが5,000円を超えたので、京都市に処分を依頼することになりました。

1点400円の「粗大ごみ処理手数料券」を6つ購入したたため、購入額は2,400円となりました。

ここまで引越しするまでに合計5万9,400円の出費がかかっています。

そこから、新居での新しい家電や家具の買い揃えや初期費用を合わせると、引越し費用は60万円以上かかった計算です。

他にも、台所用品を買い足すなどしたので、雑費を含めるともっとしたかもしれません。

「初期費用」や「引越し代」、「不用品の処分代」などをなるべく抑える方法はないのでしょうか。

次からは3つの解決方法について紹介します。

解決方法(1)引越し費用を減らす交渉をする

初期費用を見直してみる

引越し費用が払えない場合、費用自体を抑えることはできるのでしょうか。

ここでは、以下の3つの方法から、引越し費用を抑えられないかを探ってみましょう。

  • 敷金・礼金なしの物件、フリーレント物件を契約する
  • 仲介手数料が半額の物件を契約する
  • 引越し費用を相見積もりして比較する

敷金・礼金なしの物件、フリーレント物件を契約する

最近では、敷金・礼金なしの物件も増えてきました。

敷金を支払わなかった場合は、退去時に原状回復費用を請求されるので要注意です。

原状回復費は「入居時に預けておくか、退去時に支払うのか」だけの違いなので、敷金がなくても必ず支払うものであると覚えておきましょう。

中には、契約内容に「退去時にクリーニング代〇円は必ずいただきます」と取り決める敷金ゼロ物件もあります。

礼金は、賃貸物件が少なかった時代、大家さんに「部屋を貸してくれてありがとう」という謝意を込めて支払ったのがはじまりと言われています。

近年では礼金無料の物件も増えてきました。

不動産会社などを通じて、大家さんに礼金無料にしてもらえる可能性もあります。

編集Mの場合、6月で部屋が埋まりにくかったからか、交渉をしたら礼金ゼロにしてもらえました。

また、最近では入居後一定期間家賃が無料になる「フリーレント物件」もあります。ただし、条件もあるので注意が必要です。

【フリーレント物件によくある条件とは?】

  • 一定期間内の解約には違約金が発生する
  • 賃料のみ無料で管理費や共益費は別途必要なケースがある

フリーレント物件を契約する前に、以下のポイントをチェックしましょう。

【フリーレント物件の契約前に確認したいポイント】

  1. フリーレントの期間はどれくらい?
  2. 違約金が発生する条件は?
  3. 総額いくらになるの?

以上のポイントを理解できれば、フリーレント物件をうまく活用するのもいいでしょう。

引越し前に住んでいた家賃と引越し先の家賃を、引越し月に重複して払う必要もなくなりますね。

仲介手数料が半額の物件を契約する

部屋を紹介してくれた不動産会社に支払う仲介手数料は、たいてい家賃の1ヶ月分です。

ただし、不動産業者によっては、仲介手数料を半額にするとうたっているところがあります。

よく知られているのは「CHINTAI」や「エイブル」、「ミニミニ」があります。

引越し費用を相見積もりして比較する

お得な引越し業者を探すためには、ネット上の一括見積もりサイトを利用するのが良いでしょう。

引越す距離や荷物の量などにより、業者ごとに価格差が出てきます。

しかし、一見お得そうな会社でもオプション料金がついて結果的に割高になる場合もあるので、利用する時は総額で見ることを心がけるようにしましょう。

解決方法(2)キャッシングやカードローンでお金を借りる

引越し費用で困っている場合、お金を借りる手もあります。

消費者金融を利用して最短即日でお金を用意する

引越し費用を借りる

消費者金融でお金を借りることで、引越し費用を最短即日で用意することも可能です。

アコム
  • 業界最大手の安心感
  • WebやATMから24時間借入可能
  • 最短30分で審査回答

解決方法(3)クレジットカード払いで支払いを翌月以降にまわす

引越し費用をクレカで支払う

急な出費で現金を今すぐ用意するのが難しい場合は、クレジットカードで払っておき、支払いを翌月にまわす方法があります。

ここでは、最短即日発行可能で引越し費用などの急な出費のときに便利なクレジットカードをご紹介します。


ACマスターカード
  • 最短即日で発行可能
  • 積極的に新規発行中

最近ではクレジットカードでの支払いに対応している引越し業者も増えてきています。

引越し業者 決済可能なカード 対応可能な支払い方法
アリさんマークの引越社 VISA,MasterCard,JCB,Diners,AMEX 一括、リボ
サカイ引越センター VISA,JCB,MasterCard,AMEX 一括
アーク引越センター VISA,MasterCard,JCB,AMEX 要問合せ
アート引越センター VISA,JCB,AMEX,MasterCard カード会社によって異なるため要問合せ
クロネコヤマト
※らくらく家財宅急便を除く
VISA,JCB,Diners,AMEX,MasterCard 要問合せ
日通
※Web登録が必要
VISA,JCB,Diners,AMEX,MasterCard 一括、分割(1回・3回・6回)、リボ
ラク越―引越革命 株式会社 VISA,MasterCard,JCB,AMEX 一括払い
※条件付きでリボ払いに変更可

※(2019年10月時点の情報を掲載しています。)

【特別編】一定の人にはお得!引越し初期費用を抑える方法

一定の人にはお得!引越し初期費用を抑える方法

敷金や礼金を抑える方法の他に、初期費用を抑えるにはどうすればいいのか。

ここでは、番外編として、シェアハウスや特定優良賃貸住宅、UR賃貸住宅などを利用する方法を紹介します。

シェアハウスに引越して敷金・礼金・仲介手数料や月々の家賃を抑える

人付き合いが苦にならなければ、シェアハウスへの入居も検討してみましょう。

1つの物件を複数人で共有するシェアハウスなら、家賃が安いだけでなく、敷金・礼金・仲介手数料などの初期費用もかかりません

家具や家電製品が用意されていて光熱費も不要ですが、光熱費や管理費などを含んだ共益費が必要になる点は注意が必要です。

キッチンやバスルームなどは共有であっても、自室は当然鍵付きなのでプライバシーは守られます。

特定優良賃貸住宅を利用する

特定優良賃貸住宅とは、国や地方自治体が民間と協力して提供する賃貸住宅です。

家賃の一部を負担してもらえるので人気ですが、単身者の入居は認められないなど条件があります。

詳しくは居住区域の市役所などで確認しましょう。

【特定優良賃貸住宅のおもな特徴】

  • ファミリー世帯向け
  • 世帯の合計所得の範囲が指定されている
  • 家賃の一部を国や地方自治体が負担してくれる

特定優良賃貸住宅を探す際は、不動産業者に一度相談してみるといいかもしれません。

UR賃貸住宅に引っ越す

UR賃貸住宅は「都市再生機構」が運営している賃貸住宅です。

礼金や仲介手数料、更新料などが無料になる点は魅力ですが、敷金が家賃の2ヶ月分なので、民間の賃貸住宅よりやや高めかもしれません。

【UR賃貸住宅の特徴】

  • 礼金・仲介手数料・更新料が無料
  • 保証人は不要だが敷金は必要

UR賃貸住宅は大変人気があり先着順となる場合が多いので、空き室が出たらすぐに申し込みましょう。

助成金があるところに引っ越す

各自治体の助成金を利用すれば、引越し費用をグッと抑えることも可能です。ただし、助成金を受けるには条件があります。

例えば、子どもがいる家族や新婚夫婦などを対象に、地方自治体が少子高齢化に歯止めをかける目的で実施している助成金もあります。

また、企業支援金やUターン・Iターンなどを支援する移住支援金などもあります。

まずは各自治体のHPを確認してみましょう。

まとめ

この記事では、引越し費用が払えない人に向けて、3つの解決方法を提案しました。

具体的には以下の通りです。

【引越し費用が払えない時の解決方法3つ】

  1. 仲介手数料が半額の物件を契約する
  2. 引越し代を相見積もりして比較する
  3. クレジットカードで支払う

引越しは意外とお金がかかります。新生活の準備で忙しい人も多いでしょう。

引越し費用を抑えたけれど、どうしてもお金が工面できない場合は、カードローンの利用を検討するのもいいかもしれません。

クレジットカード・カードローン


アコム
  • 初めての利用で30日間無利息
  • コンビニATMやネットから24時間借入可能