どれが安い!?引越しの午前便、午後便、フリー便の料金の違い

引越し業者を決める時に比較したいのが、午前便やフリー便といった開始時間の異なる引越し。

少しでも安くする為には、引越しの時間を調整することも大切なポイントになります。

一般的には、引越し業者に依頼する場合、引越しの日と開始時間はすでに決めておくことが多いですよね。

引越しは一日がかりになるため、仕事をわざわざ休んで自分のスケジュール通りに終わらせたいもの。

でもなかには時間に余裕があるので、作業時間にはそれほどこだわらないという方も少なくありません。

時間指定をせずに引越しをする方法ですが、午前便、午後便、フリー便のそれぞれの特徴を比較してどれが安いか早速徹底検証してみましょう。

午前便の特徴について 

・開始時刻が想定しやすい
・引越し作業の予定がたてやすい
・料金は高め 

以上3つのポイントを見ていきましょう。

午前便は待ち時間が短くて済むメリットあり 

引越し業者では少しでも利用者の負担を減らす為に、引越しの開始時間を指定しないプランが近年とても人気となっています。

その一つが午前便。午前便は業者の到着が午前になるため、一日ずっと待機している必要はありません。

午前に作業が開始されるため、予定時間が遅くなることも少なく、午後便やフリー便と比較してもかなり予定が立てやすい点がメリットになっています。

午前便は業者にとってその日の最初の仕事になるため、スタッフの体力がある点や時間のずれが少ない点も人気がある理由の一つですね。

業者によって開始時刻は異なりますが、午前便は平均すると朝8時~9時ぐらいの間にスタートするパターンが多いようです。

早めに作業ができるため引越し作業の段取りが組みやすい 

午前便の良い点は作業が早く始まるため、うまくいけばその日に新居で荷物を片付ける余裕があること。

仕事を休んで引越しをする場合には、1日の間にできるところまでやりたいのが本音ですよね。

引越し業者の一括見積ができるサイト「引越し侍」の記事によると、平均すると引越し業者の料金は朝の方が高く、夕方の時間帯は安く設定している場合が多いようです。

引越し業者では午前の方が予約も早く埋まりやすい特徴があります。

料金は他のタイプよりも高め設定 

午前便と午後便、フリー便の3つを比較すると午前便が一番高めに設定されています。

これはどこの業者でもほぼ同じですが、引越しが午前に集中しやすいため割高になるのは仕方がない事かもしれませんね。

また午前便は他の時間帯と比較すると割引も少ない点もありますが、予定を立てやすい点、優先順位が高いなどメリットになる部分は色々あります。

引越し費用を節約したい人にはあまりオススメではありません。場合によっては午前便は午後便やフリー便と比較して数万円以上も違う場合もあります。

値段だけを見た場合、この3つのプランでは午前便は余裕がある引越し方法ですが、その分費用は一番高くなってしまいます。

午後便の特徴について 

・開始時刻がずれる可能性あり
・午後便の割引制度あり
・作業の終了が遅くなる 

以上の3つの特徴について見ていきましょう。

開始時刻が正確に読めないデメリット 

午後便の一般的な開始時刻は午後1時~2時の間となっていますが、この時間帯よりも遅くなる可能性があります。

引越しプランを検討する際に、業者から必ず説明を受ける点の一つですが、午後便は午前の作業が終了してから取り掛かるため、トラブルがあった場合は予定時刻よりもずれ込む可能性があります。

距離が離れた現場では渋滞が原因で遅れる場合や、午前の引越しで予定以外の荷物運搬があるなど。

午後便は時間帯が正確につかめないデメリットがあります。

そのため1日時間に余裕がある人にはオススメですが、次の日仕事がある場合はできれば午前便にしたいところですね。

午後便は午前便よりも安く設定 

午後便は開始時刻がずれ込む可能性があるため、午前便と比較すると値段も安く設定されています。

午後とは言え作業開始が何時になるかわかりませんので、その分午後便には割引がされています。

しかし割引率はそれほど高くなく、一般の引越し作業の午後料金を反映した料金設定になっている場合が多く、お得感だけで見るとそれほど安いとは言えない場合もあります。

午前便と比較すると見積もりの金額次第では、そこまで割安にならないケースもありますので、貴重な時間を有効に使うか、それとも数千円でも節約をしたいか、利用者の目的によっても異なりますね。

作業終了が夕方以降になる可能性あり 

午後便はスタッフの人が午前にすでに作業をしていることも考えられるため、午後になると体力を消耗している可能性が高いですよね。すると事故の危険性も高くなってしまいます。

引越しは近距離の場合でも、開始時間が午後になるため夕方や夜までずれ込む可能性があります。

すると新居での作業がはかどらず、次の日まで持ち込むことになってしまいます。

午後便の値段も、見積もり次第では午前より1万円ほど安くなる可能性もありますが、引越しの繁忙期などあまり割引率は期待できないでしょう。

一人暮らしの引越しで荷物が少ない方などにオススメのプランです。

フリー便の特徴について

・午前便や午後便よりも安い 
・開始時刻が読めない
・作業終了が翌日にズレる場合もあり 

以上の3つの点について見ていきましょう。

引越し費用を節約するなら一番安いフリー便がオススメ 

午後便と午前便とフリー便の3つのパターンで一番安いのがフリー便。

フリー便が安い理由は作業が終了したトラックを使い、余った時間を埋めるために作業を行う点です。

つまり、フリーは業者にとっては時間の制約がないため都合がよく、利用者にとっても割安で引越しできるプランです。

とはいえ引越し費用がとても安くなるメリットと引き換えに、業者にとっては時間の制約がないため都合がよい点がありますが、利用者にしてみると一日時間を無駄にする可能性もあります。

開始時刻がわからないので予定が立てづらい 

フリー便は名前の通り開始時刻が「フリー」。作業開始が直前にならないとわからない為、1日無駄になり最悪の場合は夜6時ぐらいから作業が次始まることもあります。

フリー便を担当するスタッフは通常午後便が早く終了したチームなどが行う可能性があり、そのため早くても開始が4時前後になる可能性もあるのです。

フリー便は引越し日だけが決まっているので、開始時刻は業者次第。時間に余裕がある人や単身赴任、近所の引越しなどにはフリー便がオススメ。

しかし家族が多い引越しや次の日仕事の場合には色々と不便に感じる点もありますね。

作業の終了が遅く翌日になる可能性もあり 

フリー便は値段が安いため、思わず飛びついてしまう人もいるようです。

しかし一番注意したい点は作業の終了時刻。遅い場合は作業が開始する時間がすでに夜の時間帯になってしまうケースもありますので、最悪の場合次の日にまた作業をしないといけない場合もあります。

フリー便は値段が安いことが一番の魅力で、繁忙期の午前便と比較した場合、通常期のフリー便だと半額以下ほど費用を節約することが可能です。

時間をおまかせするのは利用者にとっては不便な事が多いのですが、都合がつけやすい独身者や単身赴任にはお得なプランですね。

どれが安い!?引越しの午前便、午後便、フリー便の料金の違いのまとめ

時間指定をしない引越しプランで最も安いのはフリー便。午前便・午後便・フリー便はそれぞれのメリットとデメリットを理解して、自分にあったお得な引越しプランを見つけましょう。

時間にはこだわらずとにかく費用を節約したい方にはフリー便が一番お得になりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です