引越しの後にすること【手続き・光熱費関連】

引越しが終わった!これで一安心!?

実は引越しが終わっても、まだまだやるべきことがたくさん残っています。

やり残しや忘れることがないように、引越し後にするべきことはしっかり確認しておきましょう。

では、引越し後にどのようなことをしないといけないのかチェックしていきましょう。

この記事を読むべき人
  • 初めての引越しの人
  • 市役所の手続きをしたことがない人
  • 性格的に計画性がない人
  • 引越しの知識がない不安な人

 

1.市役所での手続きについて

引越しが無事に終わっても、ホッとする暇もなく次々とやることが出てきます。

まずやるべきことは市役所での手続き。大まかに分けると4つの流れがあります。

転入届を提出する

新しく転入した市区町村役場で備え付けの転入届を記入して提出します。この際に本人の確認が取れる運転免許証や印鑑が必要になります。旧居があった市役所からもらった転出証明書も必要になりますので忘れないように。

印鑑登録の手続き

印鑑登録は、登録に必要な印鑑を持参して必要な書類の記入を行い手続きをします。

国民健康保険の加入

手続きをするのは本人、もしくは配偶者。必要なものは身分証明書と印鑑、転出証明書です。

国民年金の手続き

国民年金手帳を持参して地域の役場や役所で手続きを行います。本人が直接手続きをしないといけません。

子供手当に関する手続き

子供関係に手続きでまず最初にやるべきことが転校の手続きです。管轄の教育委員会に行き「転入学通知書」を発行してもらいます。

公立学校は住まいの管轄の指定学校に行き、事務所で転入手付きをしましょう。この際、前に通っていた学校から発行された教科書受給証明書が必要になります。

これ以外にも市区町村役場で行う手続きは色々ありますが、母子手帳の住所変更、児童手当の変更手続きなどもありますので、引越し後は役場関係の手続きは一度にまとめて行うと安心ですね。

書類の記入の際には本人確認や印鑑が必要になりますので忘れずに。

自動車関連の手続き

運転免許証の手続き

引越しをした後もいつまでも忘れがちになるのが自動車関連の手続き。まずは運転免許証の住所変更を行いましょう。

住所を変更しなくても車の運転は可能ですが、万が一の際に身分証明や本人確認として使えるものなので、引越し後は早めに手続きをすることをオススメします。

この住所変更の手続きは新しい住所を管轄する警察署、もしくは免許センターで行いすので、ホームページで確認しておきましょう。

手続きをするときは運転免許証、住民票、新住所の証明が必要です。違う都道府県から転入した場合には写真が必要になりますので、白黒、もしくはカラーの3㎝x2.4cmの証明写真を準備しておきましょう。

車検証の住所変更

この手続きは車種によって異なります。普通自動車は陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会にて手続きができます。

必要なものは車検証、住民票、自動車保管場所証明書、認め印。

手続きにかかる費用はトータルで5,000~1万円になります。

その内訳としては、ナンバープレート代、車庫証明証紙代などがありますが、図柄ナンバーだと、高いものではナンバープレート代だけで1万円ほどかかることがあります。

他にもバイクの変更手続き、軽2輪、原付自転車の住所変更がありますので必要な場合は陸運局や市区町村役場に問いあわせてみましょう。

日常生活に関すること

光熱費の支払い関係

引越しが済んだら徐々に快適な生活が送れるように準備を進めてきましょう。

まずは光熱費関連の支払い方法の手続き。引越し直後は日割り計算した光熱費など、振り込みで支払うことも多いのですが、今後のためにも口座振り込みなど支払い方法の手続きをそれぞれ行っておきましょう。

毎日使う水道・電気・ガスに関しては郵送でも手続きが可能です。忙しい時間でも簡単にできることなので、なるべく早めに済ませてくださいね。

ゴミ出しの曜日確認

自治体のごみ収集はそれぞれ異なりますので、引越し後は早めに確認をすること。

収集する場所がわからない時は、引越し挨拶を兼ねてご近所に聞いてもよいでしょう。

また引越しの際は、粗大ごみをすでに処分しているつもりでも、新しい家で使わないものや、処分したい粗大ごみが新たに出る可能性もあります。

これらの手配も引越し後はなるべく早く行っておきましょう。

引越し後に確認しておきたいこと

引越し直後は忙しくてなかなか近隣の様子もわかりません。

しかし万が一のことを考えて、まず調べておきたいのが医療機関の場所。特に高齢者や小さなお子さんがいる家庭では急に病院に行くこともありますよね。

総合病院や近くのクリニックの所在地などを確認しておきましょう。また買い物が必要になった時にすぐに行けるように近くのスーパーやコンビニの場所、大型モール、そして図書館や児童館などの公共施設も知っておくと安心ですね。

またペットを飼いっている方は飼い犬に関しては登録が必要になりますので、管轄の保健所で引越し1か月以内に行いましょう。

引越し後はのんびりしたい気持ちもありますが、やり残してはいけない事もまだたくさんあります。

後回しにできる手続きなども、このタイミングにまとめ済ませておきましょう。

またご近所への挨拶も引越しをしたら早めにやっておきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です