引越し前にチェック!無料でダンボールをもらう方法

引越しの準備の一つに梱包用のダンボールを調達する作業があります。

引越しはなにかとお金もかかりますので、できるだけ安い方法でダンボールを準備したいですよね。

ホームセンターや通販で購入する調達方法もありますが、まずは無料でダンボールを用意する方法を知っておきましょう。

引越し前は準備でなにかと忙しい時。荷物を梱包する際にダンボールの用意をうっかり忘れていたなんてこともあります。

また実際に梱包をはじめると、ダンボールの数が足りないという事態も。そこで早速ですが無料でダンボールをもらう方法をご紹介しましょう。

無料でダンボールをもらえる場所

・スーパー
・ドラッグストア
・家電ストア
・コンビニ
・引越し業者からもらう

それぞれを詳しく見ていきましょう。

スーパーのダンボールは汚れをチェックしてから

ダンボールを無料でもらう方法でまず思いつくのが近所のスーパー。最近では入口に無料ダンボールを用意してある店舗も多いですよね。

店員さんに声をかけずにもらえる場合も多いく、手間がかかりません。

スーパーでダンボールを調達する際にまず注意したいのが箱の中の汚れ。食材関係のダンボールが多く野菜などは箱の中が汚れ入れたり濡れている可能性もあります。もらう際はできれば中の汚れをチェック。

スーパーのダンボールは比較的サイズが小さいものが多いので重い本など梱包するのに便利。素材が薄いものもありますので、重いものを梱包して箱の底が抜けてしまうことがないよう、しっかりテープで補強するとよいでしょう。

ドラッグストアのダンボールはサイズに注意

ドラッグストアのダンボールはトイレットペーパーなどサイズの大きい商品のダンボールがあるため、衣類などをまとめる箱としてとても便利です。

お店によってはスーパーのように店頭に無料ダンボールを用意してある場合もありますが、大き目サイズを希望する際は、あらかじめ連絡を入れて問い合わせしましょう。

ドラッグストアのダンボールは芳香剤や洗剤、薬品関係などの臭いが残っている可能性もありますので、食材などよりは雑貨類の梱包に便利かもしれませんね。

大きなサイズのダンボールは重いものを入れると底が抜ける可能性がありますので、クッションやぬいぐるみなどの梱包に使うとよいでしょう。

家電ストアは梱包用資材も聞いてみよう

家電ストアでもらうダンボールはテレビや家電のためサイズが大きいものが手に入りやすい特徴があります。素材も厚く引越しの梱包にはとても便利。

さらに家電ストアでは梱包資材のプチプチや発泡スチロールなども無料でもらえる可能性もありますので、調達する前に連絡をしてみるとよいでしょう。

家電のダンボール箱は照明器具など特殊なサイズや形も多いので、電化製品類の梱包にもぴったり。細長いもの、薄い箱など特殊なタイプを調達したい時にも便利ですね。

週末は店内が混雑しますので、ダンボールをもらうのはできるだけ平日や暇な時間帯を狙うとお店にも迷惑がかかりません。

コンビニは空いている時間に行こう

引越し荷物の梱包を始め、どうしてもダンボールの数が足りなくなる時ってありますよね。そんな時に便利なのがコンビニ。24時間営業しているのでいつでも問い合わせが可能です。

ダンボールは食品関係が多く、サイズも小さめ。重い本や食器類を小さくまとめる梱包に適しています。

店舗の大きさにもよりますが、ダンボールの数がそれほど調達できない場合もありますので、メインでもらう場所よりは何かの際にバックアップとしてコンビニを使うと良いでしょう。

商品の配送がされる午前などのタイミングにあわせ、直接お店に行く場合はできるだけ混雑する朝や昼の時間帯は避けること。

忙しいと店員さんの数も少ないので、なかなか対応してもらえない可能性もありますよ。

引越し業者から無料でダンボールを調達する

最近では引越し業者と契約するとダンボールが50箱無料、など特典としてただでもらえることが増えています。

ダンボールは通販やホームセンターで購入すると1箱50円~200円など決して値段が安いものではありません。

できれば無料でもらいたいダンボールですが、まずは契約した引越し業者に聞いてみるのも良いでしょう。

ダンボールは引越し先での回収なども含めてサービスで行ってくれる場合もあります。

しかしこのような特典がつくと、引越し料金が割り増しになる可能性もありますので、自分でできる範囲はなるべくやったほうがお得になるでしょう。

引越し業者では有料で安くダンボールを販売していることもありますので購入も可能です。

無料でもらえない時はできるだけ安くダンボールを調達したいですよね。通販で安いダンボールを購入できますので不足分はお得に用意しましょう。

1引越し繁忙期はダンボールの調達も取り合いになる可能性もあります。引越しが決まったら早めに余裕をもってダンボールを用意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です