こんなに安い!引越しの料金を安くするコツは一括見積もり

初めて引越し会社に依頼した人は、予想以上の金額で えっ!こんなに高いの!?とびっくりしたりすると思います。

私も子供2人の4人家族なのですが、最初に見積もりした金額が15万円で驚いたのを覚えています。埼玉から東京で繁忙期でもないのになぜでしょうか??

実はそれは引越し業者の選び方が間違っているのです。

そこでこのサイトでは引越し費用を安くするための5つのポイントをご紹介していきます。

引越しを安くするための5つのポイント

① 複数の業者への見積もりを依頼する
② 自分に合ったプランを選ぶこと
③ 安くなる時期・時間・曜日を選ぶこと
④ できるだけオプションをつけないこと
⑤ 引越し費用の目安となる知識を知っておくこと

1.複数の業者へ見積もりを依頼する

引越しを安く済ませたいといっても、引越しの相場がどれくらいなのかわからなければはじまりません。

そこで、相場を知るためにも引越しの一括見積りサービスを利用しましょう。

ここで重要なのは、見積もりは必ず複数の引越し業者に依頼することです。

 複数の引越し業者に依頼する理由

  • 引越し業者によって見積もり金額が違うから
  • 引越し業者同士を競わせ、値下げさせることができるから

このような理由から、一つの業者に絞らず複数の業者を競わせることが安くすることの鉄則になります。

複数の業者に査定してもらうメリットは理解できたけど、連絡や訪問は面倒だし時間もないという方はインターネットの無料一括査定で簡単に複数の業者に依頼できます。

この方法では、査定額が一番安い会社と高い会社の差が7万円も出るケースがあったそうです。

 

2.自分に合ったプランを選ぶこと

引越しにも単身向けや家族向けなど色々なプランがあります。

3.安くなる時期・時間・曜日を選ぶこと

引越し業者は繁忙期の春先や土日の週末などは料金が高めに設定されています。少しでも安く引越しをするならば繁忙期を除いた時期の平日がおすすめです。

また同様に引越し作業の時間を指定しない方法もお得です。午後便、フリー便は何時に業者がくるかはっきりとわからないデメリットがありますが、一人暮らしの荷物が少ない人にはとてもお得な方法です。

 

4.できるだけオプションをつけないこと

引越し費用が高くなる原因の一つがオプション。らくらくサービスが話題ですが、荷物の梱包を依頼すると、3DKサイズの引越しで安くても4万円前後かかるといわれています。

引越し先で荷物の開封をお願いするとさらに別料金。また引越し後のお掃除や配線サービスもオプション料金が発生します。

このようなサービスは引越し業者によって特典として無料の場合もありますが、トータルすると費用が高めに設定されていますので、サービス内容と料金のバランスをチェックしましょう。

引越しは大変な作業ですが、費用を安くする為には自分でできることはできるだけやっておくことがコスト減のポイント。楽な引越しほど業者の費用は高くなりますよ。

 

5.引越し費用の目安となる知識を知っておくこと

引越しは荷物の量だけでなくいくつかの項目ごとに料金が変わってきます。

そこでまず引越し業者を選択する前に、引越し料金がどのように構成されているか理解しておきましょう。

大きく分けると運賃・人件費・梱包費・付帯サービス・保険料となります。

使用するトラックの大きさや輸送距離の長さ、そして作業員の人数など。付帯サービスは基本料金以外のオプションを依頼した場合に発生します。

その一例がエアコンの取り外しや引越し先での取り付け。また大型家具のピアノの移動などがあります。

また引越し業者に依頼すると、作業の間に発生する様々なトラブルを保障する保険も必要にあります。例えば、高額な家具の移動、破損などがその対象になっています。

 

【番外編】引越しにまつわる疑問やトラブル体験談

《関連記事》

 

【引越し費用を貯める・稼ぐ・借りる】

これから引越しをしたいのに引越し費用が足りない人や、少しでも引越しのためにお金を貯めたい人は参考にしてください。

 

引越し一括見積りを利用するだけで最大50%オフって本当?

引越し一括見積りで135,000円 → 65,000円に!なんと8万円も安くなったという方もいるようです!

「引越し侍」で一括見積りで5社に依頼したところ、見積もり額が一番安い会社と高い会社の差が8万円も出たそうです。インターネットで気軽に無料で見積もりができるので、引っ越し業者選びの参考になるところがポイントです。

50%安くなる!引越し無料見積もりサービスはこちら