お金が湯水のように流れていく!ギャンブル依存症を克服する方法

給料が入るとすぐにパチンコや競馬に使ってしまう!

自分ではダメだとわかっているのに、やめられないのがギャンブル依存症です。

損した後は反省してもうやらないと思っても、1日経てばそんなの忘れてホールや競馬場に向かってしまう、こんな病気です。

果たしてこのような行動はやめることができるのでしょうか?

今回はギャンブル依存症の原因と、その克服法について検証してみました。

なぜ、また懲りずにギャンブルをしてしまうのか?

どうやら、勝った時の快感が忘れられずまたやってしまうパターンが多いです。

では、負けた時の辛い思いは覚えてるのかというと、そんなの3時間ほどで忘れます。

それどころか、負けたお金を取り返そうというと行動に出てしまうのです。

ただのギャンブルですので、もちろん当たり前のように負けて、損失額が膨らみます。

そしてまたへこみ、3時間ほどで忘れ、知らず知らずのうちにまたギャンブルをしてるというとても怖い病気ですね。

対策①給料が出たら支払いを先に済ませる

家賃、光熱費、携帯代など毎月出る固定費を先に支払ってしまいましょう。

残ったお金は生活費ですが、乾麺やレンジ食など保存がきく食品を1ヵ月買いだめして使わないようにしましょう

残ったお金は自由なのでギャンブルに使ってもいいですが、それでは一生やめれませんので身内にお金を預かってもらいましょう。

対策②心療内科クリニックに相談しに行きましょう

病院に行くことでギャンブルをやめようという意識が働きます。

それに話を聞いてくれる人がいるだけで、自分の中の何かが変わる可能性があります。

またいいアイデアも出るかもしれませんので、恥ずかしがらずに病院に行くのも手です。

最近はキレイでオシャレなクリニックも多いので、待合室でもリラックスして待ってられますよ。

対策③銀行のカードと通帳を銀行の貸金庫に預ける

お金が毎月ある程度入ってくる人は、パチンコや競馬だけではなくFX・株・先物に手を出してしまう傾向があります。

それを防ぐためにも、手元には最小限残して全て銀行に預けましょう

とはいってもカードと通帳が貸金庫にあるのでは、お金を入れることができませんよね。それはネット振り込みを使ってお金を入れましょう。

UFJ銀行に給料が入る ⇒ 三井住友銀行にネット振り込みする ⇒ カードと通帳が貸金庫なので下ろせない

このようにしておけば、絶対に使うことはできません!

そして、貸金庫の鍵は身内に預かってもらいましょう。身内も暗証番号がわからないので下ろすことができないので安心です。

ギャンブルで借金を作って自転車操業に陥ってしまった場合

ギャンブルがきっかけで借金を始めてしまったということはよくある話です。

損失を取り返そう取り返そうと思えば思うほどのめりこみATMに向かってお金を借りてしまう。

私もそんな経験しょっちゅうでしたので、気持ちはわかります。そして、何社にも借りてしまい自転車操業になってしまうのですよね。

私の場合は幸い返せる額(60万)でしたので、破滅に向かわなかったですが利子は毎月9,000円ほど払っていました。

借金が200万まで膨れ上がると、月3万円の利子となります。これでは給料を利子だけで終わってしまうのではないでしょうか。

そんな方には一度、匿名で無料相談できるサービスを利用することをおすすめします。

このサービスを利用して、借金を減額することができた方もいらっしゃるので、まずはシミュレーションでいくら減るのか計算してみるといいですよ。

匿名・無料シミュレーションで借金がいくら減らせるか見てみる 

ギャンブル依存症を克服する方法のまとめ

私も実際ギャンブル依存症なので、辛い気持ちがよくわかります。

克服するというより、ギャンブルをやらないような工夫をすることが第一歩です。

克服できる人間なら最初からやめれます。ですので、やめれないからといって落ち込まないでください。

勝った時の思い出を忘れるまで、うまく付き合うようにしていきましょう。

お金つくーるが選ぶキャッシング・カードローンランキング

ca29c25565df7963dcb60a9814de3892_s

キャッシング・カードローンは今は利用するのが当たり前になっており、種類も昔とは違い何十種類とあります。 そこでお金つくーるでは
  • ・最短1時間で借りることができる
  • ・他社で借りていても借りることができる
  • ・スマートフォンだけで借りることができる
  • ・信用できる会社

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。