パターン別で見る!学資保険の必要性とメリットデメリット

子供が生まれると多くの人が学資保険の加入を検討するでしょう。周りがみんな準備しているから、親に勧められたからなど、加入のきっかけは様々です。

学資保険の本質は子供の教育費の準備ですね。つまり、お金を貯める手段として学資保険を選んでいるということになるのですが、考え方によっては別の金融商品などで準備をすることもできます。

では、学資保険でお金を貯める必要性はあるのでしょうか?

今回は学資保険の必要性について、4つのパターンで、そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

子供にかかる教育費っていくらぐらいかかるの?

まず、学資保険の必要性を考える前に、子供にかかる教育費がどれくらいかかるのかを確認しておきましょう。

3歳から幼稚園に通ったとして高校までにかかる費用は、すべて公立の場合、約500万円となります。これが、すべて私立で通った場合には、さらに大きな金額になってきます。

単純に考えても、最低でも約500万円の費用がかかると思った方が良いでしょう。

しかし、やはり一番多く教育費がかかるのは、大学へ進学した場合です。公立の場合でも約500万円、私立の場合では、文系で約690万円、理系の場合で約780万円となります。

 

公立

私立

幼稚園

690000円

1460000円

小学校

1830000円

8530000円

中学校

1350000円

3880000円

高校

1160000円

2,900,448円

大学

5110000円

6,920,000円(文系)

7,870,000円(理系)

子供一人当たりに1,000万円~2,500万円ものお金が必要になるのですね。こうしてみると気が遠くなりそうな金額に思えます。

でも、学資資金を準備するにあたっては、子供が生まれる前に約500万円の準備があればまずは安心といったところでしょうか。でも、なかなか500万円もの貯金準備することは難しいですね。

幼稚園から高校までの間は、お金がかかるとはいえ生活をやりくりしながら何とかやっていけるものではあります。

しかし、やはり一番費用がかかる大学進学時期の準備は前もってしておいた方が良さそうです。

公立大学の場合でも、たった4年で約500万円ものお金がかかってきます。その中でも、入学金などが必要になる1年目が最も費用はかかってくるでしょう。

このように、子供の教育費にはこれだけのお金がかかりますので、そのために学資保険などを利用して準備をしておく必要がありますね。

では、学資保険で準備するメリットとデメリットをパターン別でみていきましょう。

1.貯蓄性が高いから学資保険で準備したい

貯蓄性が高いということで学資保険は人気があるのですが、定期預金と比べるとどれくらい違いが出るのでしょうか?

定期預金の場合

2017年1月現在の金利相場は0.02%~0.2%となっています。月に1万円ずつ18年間積み立てた場合では、利息が39,301円(複利計算)ですが、ここから利子所得が20%差し引かれますので、実質31,440円がプラスされ、合計で2,191,440円となります。

学資保険の場合

学資保険の返戻率は、110%を超えるものもあります。もちろん、保険会社や契約年齢、支払期間などによって返戻率は異なってきます。

例えば、返戻率110%で計算していくとして、30歳男性で子供が生まれた時に加入とした場合には、月1万円ずつ18年間積み立てた場合、利息が216,000円となり、合計で2,376,000円となります。

単純に比べた場合でも、学資保険は貯蓄性が高いということが分かりますね。そう考えると、銀行の定期預金で貯めるより、学資保険で準備するメリットは大きいと言えます。

では、デメリットで考えるとどうでしょうか?学資保険のデメリットは、途中で解約した場合には、解約返戻金は支払った保険料よりも少なくなってしまいます。つまり、途中でやめてしまった場合には大きく損をしてしまうのですね。

学資保険の貯蓄性を考えて学資資金を積み立てるのであれば、満期まで保険料をはらい続けるということが、とても重要になってくるでしょう。また、返戻率の高いものを選ぶ必要もありますね。

2.貯金が苦手だけど子供の学資資金は貯めておきたい

貯金が苦手な人にとって、銀行などに毎月お金を積み立てていても、正直なところ簡単に積み立てを引き出せてしまうというデメリットがあるでしょう。

そういったことを考えた場合、学資保険を利用するメリットは大きいと思います。

学資保険は、毎月指定した口座から保険料が引落されますし、途中で解約した場合には元本割れしてしまうというデメリットがあるため、逆に解約をしないようにするでしょう。

この強制的な貯蓄方法であれば、貯金が苦手な人であっても、学資保険だけは続けられる可能性が高いと言えます。

また、先にも書いた通り、定期預金などで準備するよりもはるかに返戻率が高いことを考えれば、学資保険で準備をするのがおすすめになります。

3.親に万一のことがあっても進路を諦めないでほしい

学資保険には、契約者が万一死亡した場合には保険料を支払わなくても、学資資金を確実に準備できるというメリットがあります。

また、商品によっては、三大疾病などの大きな病気になった場合も、同じように保険料の払込が免除になる特約を付けられるものもありますね。

さらに、育英年金として契約者が死亡した場合には保険期間満了まである程度のまとまったお金を受け取れるタイプの学資保険もあります。

こうした学資保険であれば、親(契約者)に万一のことがあった場合であっても、子供の学資資金は心配しなくていいという面が大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、このような三大疾病や育英年金などの保障性がある学資保険の場合には、その分保険料が割増になっていますので、返戻率で考えると100%を割ってしまうものがほとんどになります。貯蓄性の面から考えた場合には、デメリットとも言えます。

貯蓄性を重視するのであれば、学資保険に契約者の保障が少ないものを選択するのが良いでしょう。契約者の保障は、生命保険を準備していれば十分な場合もあります。

もちろん、学資保険は貯蓄性の高いものを選択しても、契約者死亡の場合には、ほとんどが保険料免除になるため、学資資金の確保は確実にできますので安心です。

4.子供の医療保障などを確保したい

子供の医療保障などを確保したい場合には、学資保険に子供の医療保険を付けられるものがあります。

割安な保険料で入院や手術の保障などを準備できますので、学資保険に医療保障をつける方も多くいます。

しかしこの場合には、契約者の保障を付ける場合と同じように、子供の保障分は保険料が割増となります。

つまり、返戻率は下がってしまいますし、元本割れする場合もあります。メリットがある分、こうしたデメリットもあることを理解しておく必要があります。

子供の医療保障は別で準備をすることも考えましょう。子供の保障というのは、医療保障だけでは不十分な場合が多いものです。

例えば、他人の物を傷つけてしまった場合など、医療保障ではカバーできません。この場合には、賠償責任補償が必要になります。

こうした補償は、その損害保険などで安い掛け金のものがありますし、また子供共済などでは医療保障に賠償責任補償のついたものがあります。

学資保険の返戻率を考えた場合、学資保険は教育費の貯蓄のみと考えて、こうした子供の保障は別で加入するのもひとつの方法だと思います。

まとめ

学資保険で教育費を準備する必要性について理解できたでしょうか?

学資保険を選ぶときには、何を目的にするかによって、加入の方法が異なります。もちろん、必ず学資保険で準備をする必要があるわけではありません。

しかし、返戻率などを考えた場合には、教育費の準備としてはとても優れたものだと言えます。

また、解約すると元本割れをしてしまうことを考えれば、損をしないために続けることが大切になり、貯金が苦手という人でも続けやすくなります。

どのように貯めていくか、他には何が必要なのかなどをじっくりと検討して、学資保険を選ぶことが大切です。

例えば、契約者の保障の面を重視するのであれば、元本割れをしてしまうデメリットがある反面、育英年金などの保障があるものを選ぶのが最適になりますね。

また、子供の保障もつけたいという場合であれば、学資保険に付加することも可能です。

しかし、これらの保障については、別で生命保険や損害保険などに加入しているのであれば、不必要となる場合もあります。

加入を考えるときには、学資保険だけで検討するのではなく、世帯で加入しているすべての保険を把握して、本当に必要なのかどうかを見極めるようにしましょう。

同じ保障に2つも加入していたなどといったことの無いように、しっかり確認することが大切です。加入する際にはぜひ参考にしてみて下さいね。

お金つくーるが選ぶキャッシング・カードローンランキング

ca29c25565df7963dcb60a9814de3892_s

キャッシング・カードローンは今は利用するのが当たり前になっており、種類も昔とは違い何十種類とあります。 そこでお金つくーるでは
  • ・最短1時間で借りることができる
  • ・他社で借りていても借りることができる
  • ・スマートフォンだけで借りることができる
  • ・信用できる会社

といった要素を満たしたカードローン・キャッシングをまとめました。

ぜひ参考にしてください。