FXの基本とは?初心者が知っておきたい始める手順とFX会社の選び方

fxの基本を紹介。
FX会社の選び方は?オススメは?

FXを始めたいけど、基礎知識がなくて行動できないことはよくあります。日本国内だけでもFX会社の数が多くて、どこに口座開設をするべきか迷っている人もいるでしょう。

この記事では、以下について紹介します。

  • FXで損益が発生する仕組み
  • 個人がFXを始める方法とおすすめの会社
  • FXで儲けるためのポイント

まずはFXの仕組みから紹介します。

基本(1)FXとは?FXの仕組みと特徴、損失が出る理由

FXとはForeign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引ともいいます。2つの通貨を売買して、価格変動による差額(為替差益)や各国の政策金利の差(スワップポイント)で儲ける投資運用です。

口座に証拠金を預けることで、より大きな金額を扱うためのレバレッジを効かせられるため、自己資金を超えた金額のトレードも行えます。

※証拠金とは?

FX取引を行うにあたって必要となる担保金のこと。証拠金はFX会社や取引量、レバレッジによって決まります。

※レバレッジとは?

レバレッジとは、自己資金以上の為替取引ができる仕組みのこと。証拠金を担保として、それ以上の資金を借りてトレードするという取引方法。

利益が出る仕組みは、通貨ペアのポジションの売買による価格差と、高金利の通貨を持つことでのスワップポイントの受け取りです。

※ポジションとは?

外貨をどれくらいもっているかを示す「持ち高」のこと。買った状態のことを「買いポジション(またはロングポジション)」、売る状態のことを「売りポジション(ショートポジション)」といいます。

※スワップポイントとは?

スワップポイントとは、FXで売買する際に発生する各国の政策金利の差のこと。高金利の通貨を保有し続けることで、スワップポイントを得ることができます。

損失が出る主な理由は、チャート分析不足過剰な取引独学で誤った判断をしているなどを挙げられます。

FX会社が提供しているデモトレードアプリの取引は、実践的な練習になります。失敗しても損が出ない疑似的なお金を使って、実際の環境とほぼ同じ売買が可能です。

デモトレードアプリは基本的に無料です。

メールアドレスの登録ですぐに利用できるため、投資資金がない人でも気軽に試せます。

基本(2)FXの始め方は?口座開設や証拠金の用意など必要な4ステップ

FXを始める行程は以下の4つです。

  • ステップ1.FX会社を決める
  • ステップ2.FX口座を開く
  • ステップ3.証拠金を入金する
  • ステップ4.取引の方法を知る

それぞれ詳しく見ていきましょう。

FX会社はそれぞれ特徴があります。自分にあったFX会社の選び方を次に紹介します。

ステップ1| FX会社を決める

FX会社の選び方1:手数料のスプレッドが狭い

FX会社の選び方2:信用できる会社経営

FX会社の選び方3:利益につながるサービス

上記の3つの基準に従ってFX会社を選ぶのがおすすめです。ここでは大手3社を紹介します。

FX会社の選び方1:手数料のスプレッドが狭い

ドル円のスプレッドの安さが、手数料を判断するときの判断基準の1つです。

スプレッドとは為替レートの買値と売値の差額で、FX会社に支払う手数料のことです。SBI FXトレードの0.09銭が、スプレッドの最安値です。

0.09銭とは「0.9円の1,000分の1」のことです。多くのFX会社は1,000通貨または10,000通貨から取引可能なので、実際の取引手数料は「1,000通貨で0.9円」となります。

FX会社の選び方2:信用できる会社経営

口座数が多く、長期的に経営しているFX会社が信頼できます

口座数は10万件以上〜を目安に、決算の公開、上場の有無などを確認してみると良いでしょう。

FX会社の選び方3:利益につながるサービス

FX会社はそれぞれ独自のサービスを行っていて、取引量に応じたポイント付与や、他のトレーダーの注文状況がわかる機能などを利用できます。

GMOクリック証券

  • FX取引高が7年連続世界第1位(2012年1月~2018年12月)
  • 優秀な取引ツールを利用可能
  • 強固なサーバにより経済指標の前後でも快適

業界最狭水準のスプレッドで売買ができる反面、短時間のスキャルピングが禁止となっています。

※スキャルピングとは

取引時間が非常に短いトレード手法のこと。狭い利幅の取引を数秒〜数分で繰り返し、利益を積み上げていく方法。

DMMFX

  • 取引量でたまるポイントでお得に!
  • GMOクリック証券と並ぶスプレッドの狭さ
  • LINEで相談できるカスタマーサポート体制

1万通貨単位のため、少額取引にはあまり向いていません。

SBI FXトレード

  • 1通貨から取引可能
  • スプレッド業界最狭水準
  • 優良な経営状態で安心

大きな数量ではスプレッドが広がるので、高額の取引をしたい初心者には不向きです。

会社名 スプレッド 最小取引単位 ツール スキャルピング サービス
GMOクリック証券 狭い 10,000 優秀

×

DMMFX 狭い 10,000 優秀

×

ポイント
SBI FXトレード 最狭(少量) 1 普通

×

ステップ2| FX口座を開く

口座開設は、必要書類の提出からスタートします。申込完了後、審査に通れば口座開設完了です。

FX口座開設の流れ

  • 口座開設の申込み
  • 本人確認書類+マイナンバーの提出
  • FX会社による審査
  • ログイン情報の郵送

申込の際に、連絡用のメールアドレス、免許証などの公的な身分証明書、マイナンバーの証明書が必要なのであらかじめ準備しておきましょう。

ステップ3| 証拠金を入金する

証拠金とは、FX口座にある資金のことです。銀行口座からFX口座へ多めに入金すると、大きな値動きでもロスカットを回避しやすくなります。FX会社のロスカットは、FX口座にある資金を残すための安全策です。

※ロスカットとは?

FX会社が定めるルールに基づいて、強制的に行われる決済のこと。さらなる損失の拡大を防ぐために、FX会社のシステムに搭載されています。

ステップ4| 取引の方法を知る

FXの取引は、公式サイトや取引ツールからのログインで始めることができます。オンラインで為替レートやチャートを確認しながら注文する必要があるため、分析方法も覚えておくことが重要です。

次に、テクニカル分析について紹介します。

基本(3)FXのチャートって難しい?代表的なテクニカル分析6つを解説

テクニカル分析とは、チャートに表示された指標から売りと買いのタイミングをつかむ分析のことです。FXを始めたばかりの人は、以下の6つの指標をチェックしましょう。

  1. テクニカル分析の基礎となるローソク足
  2. トレンドがわかる単純移動平均線
  3. 平均値からの乖離ならボリンジャーバンド
  4. 為替レートの上昇を視覚化したRSI
  5. 上昇と下降の切り替わりを示すMACD
  6. レンジ相場が得意なストキャスティクス

どの指標を使うにせよ、まずはローソク足が基礎になります。

ローソク足とは何か|何がわかるか

ローソク足は、特定の時間帯における値動きを示した指標です。始値から終値までの流れがわかる指標で、天井が高値、底が安値です。一時的な高値安値ではヒゲ※が形成され、ちょうどローソクに見えることから名づけられました。

※ヒゲとは?

ローソク足上下に伸びる線のこと。ヒゲにより、現在の相場に買い圧力が強いか、売り圧力が強いかの参考にすることができます。

基本的な見方は、大きなヒゲが出たポイントに注意することです。たとえば、上ヒゲと下ヒゲに注目すると、レンジ相場の天底を確認することが出来ます。

レンジ相場とは?

レンジ相場とは、ある値幅の範囲内で相場が上下に動いている状態のこと。FXの値動きのほとんどが、このレンジ相場であると考えられています。

天底とは?

相場の天井・相場の底値のこと。天井とは「相場が上がりきったところ」を指し、底値とは「相場が下がりきったところ」を指します。

単純移動平均線とは何か|何がわかるか

単純移動平均線は、指定した期間の平均値をつなげた指標です。ローソク足との位置関係で、現在のトレンドがわかります。

基本的な見方は、ローソク足よりも単純移動平均線が下なら上昇トレンド、逆ならば下降トレンドです。短期が中期を抜いた場合には、その方向に動きます。

短期・中期・長期の単純移動平均線を組み合わせることで、トレンドを分析できます。例えば、短期線と中期線が交差した場合には、短期の方向にトレンドが動きます。

ボリンジャーバンドとは何か|何がわかるか

ボリンジャーバンドは、中心の平均線からの乖離を統計学的に示します。標準偏差ごとに1~3本のバンドを最大7本書きます。バンドの幅は値動きで伸縮するので、トレンド相場とレンジ相場の区別がつきやすくなります。

基本的な見方は、ローソク足が各バンドに到達した時点での中心方向への逆張りです。狭いレンジ相場では、3本目のバンドから高い確率で中心へ戻ります。

RSIとは何か|何がわかるか

RSIは、為替レートの動きに対する上昇の割合を計算した指標です。ローソク足とは別の画面で表示されるため、売買の偏りから反転がよくわかります。値動きの強さのみに注目しているオシレーター系で、トレンドは表示しません。

オシレーター系とは?

「振り子」という意味で、相場の値動きが振り子の動きのように、一定の範囲内に収まることからオシレーター系と呼ばれています。

基本的な見方は、70%以上で買われすぎ(売りシグナル)、30%以下で売られすぎ(買いシグナル)です。短期の逆張りに適しており、70%を超えたら売り、30%を割ったら買いのエントリーサインとなります。

MACDとは何か|何がわかるか

MACDは、短期と長期の2本の指数平滑移動平均線を利用したトレンド系の指標です。現在のトレンドがいつまで続くのかは、2本のクロスでわかります。

棒グラフとなっているオシレーターは2本の乖離で、増減によって上下のどちらかに表示されます。

基本的な見方は、マイナス圏でシグナルがMACDを上に抜いたら上昇トレンドで買い、プラス圏でシグナルがMACDを下抜けしたら下降トレンドで売りです。

ストキャスティクスとは何か|何がわかるか

ストキャスティクスは、一定期間の値幅に対して現在の位置を数値化している指標です。レンジ相場とした場合に、買われすぎと売られすぎがわかります。反応が早い%Kのみで判断すると読み違いが起こる可能性が高いため、%DやSlow%Dも確認して判断することをおすすめします。

基本的な見方は、70%以上で%DがSlow%Dを下抜けしたら売り、30%以下で%DがSlow%Dを上抜けしたら買いです。

ヒロセ通商 LION FX
ヒロセ通商LION FXバナー
  • オリコン顧客満足度・第1位(2019年)
  • 1,000通貨で少額で始められる
  • 業界最高水準高スワップポイント(みんかぶFXスワップ部門・第1位)

基本(4)FXの利益分の納税方法…税率や課税対象・確定申告まとめ

FXで儲けたら確定申告の対象になる可能性があるので、あらかじめ確認しておきましょう。

FXの確定申告をしなければならないのはこんな人

FXで確定申告をする義務がある人は、年間38万円を超えた専業主婦や個人事業主です。源泉徴収をしているサラリーマンは、原則的に年間20万円以下まで申告の義務はありません。源泉徴収をしているサラリーマンの人で年間20万円以上利益が出た場合は確定申告をしましょう。

FXの利益への税率は20.315%

2037年12月31日まで、FXの税率は20.315%です。内訳は、所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%です。

課税対象・非課税対象は何か

FXの課税対象は、年末までに確定した為替差益とスワップポイントの利益です。未決済のポジションや口座に入金されていないスワップポイントは、原則的に非課税対象として扱われます。

確定申告のやり方

毎年2月中旬から3月中旬まで、前年についての確定申告と所得税の納税を行えます。

所定の書式による申告書一式に全ての収入を記載した後に、マイナンバーカードや通知書、本人確認ができる運転免許証などの証明書のコピーをそれぞれ添付することで完成です。申告書一式は、オンラインの確定申告書コーナーや税務署で入手できます。

FXの年間利益は、各FX会社の年間損益報告書か期間損益でわかります。プリンターで印刷し、確定申告の書類に加えましょう。

確定申告の方法は、自宅の住所を管轄している税務署への持参、書類郵送、e-tax(電子申請)の3つです。税務署への持参はその場で書類のチェックをしてくれますが、窓口で順番待ちになります。

書類郵送は手間がかかりませんが、書類に不備があった場合返送されます。なお最新のe-taxは、専用の機材などの準備が必要な場合があります。

確定申告についての注意点

納税しなかった場合、脱税として無申告加算税や延滞税が課されます。悪質だと判断されると、重加算税や警察による逮捕にもなりますので気を付けましょう。

もし無申告で納税の時期が過ぎてしまった場合、より重いペナルティを避けるためにすぐ住所地を管轄する税務署に確定申告と納税を行いましょう。

FXの基本を学んだら0円実践!トレンドを把握する4つの方法

実践的な4つの学習方法を実行することで、FXの投資運用を本格的に始められます。トレンドを把握し、損小利大の取引を目指すことが大切です。

トライアンドエラーを繰り返して学ぶ

実際に為替相場でトライアンドエラーを繰り返す方法は、自分で判断した結果としてより深く考えられるメリットがあります。きちんと取引を記録しておくことで売買に基づいたチャート分析ができるため、さまざまな状況に対応できる勝ち方を学べます。

自分のお金を投入した場合、取引の失敗によって多少の損失が出る可能性があります。投資運用は、原則的に自己責任です。まずはFXについて調べてみて、少額で取引してみましょう。

本・メルマガ配信等の商材で学ぶ

FXの学習用商材は、独学で覚えていくのにおすすめです。自分が学びたい内容をピックアップできるぐらい選択肢が多く、マイペースに勉強ができます。

すぐに役立つテクニックが書いてある商材ほど高額ですが、購入するまでほとんど中身がわかりません。目についた商材をどんどん買っていくとお金がいくらあっても足りないから要注意です。

全国で開かれる勉強会・セミナーで学ぶ

プロの勉強会・セミナーは、短時間で効率よく学べます。プロから直接ノウハウを学べるため、普段はなかなか表に出ないコツやアドバイスをもらえます。

プロに相談しながら学ぶ

プロに相談するメリットは、よくある失敗から抜け出すためのヒントをつかめるため、FXのトレードが上達するスピードが早くなる可能性があります。

プロに相談するデメリットは、費用がかかる場合がある点です。効率よくプロに教えてもらう方法として友人からの紹介がおすすめです。

その他にも、プロが開催するセミナーへの参加、FXを提供している金融機関への相談、現役トレーダーへの相談サービスで探すことができます。

まとめ

優良なFX会社に口座開設をして、きちんと準備を整えましょう。自分に向いているテクニカル分析を選び、デモ口座や少額取引で無理をせずに成長していきましょう。

自分だけでは突破できない壁にぶつかったら、現役のプロやノウハウを記した商材で解決しましょう。

年間で利益が出た場合は、期間内の確定申告と納税も忘れずに対応しましょう。

ヒロセ通商 LION FX
ヒロセ通商LION FXバナー
  • オリコン顧客満足度・第1位(2019年)
  • 1,000通貨で少額で始められる
  • 業界最高水準高スワップポイント(みんかぶFXスワップ部門・第1位)

FXを始めるなら

 

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類の豊富さ
  • クイック入金提携銀行数はダントツの約380社
シストレ
  • 5000通貨単位から取引可能
  • 取引のフルオート(全自動化)が最大の特徴
  • 業界初の自動売買プログラムの自動変更