リノベーションとは?リフォームと建て替えの違いを比較

リフォームや建て替えという言葉は聞いたことがあるという人は多いですが、リノベーションはあまり耳馴染みのない言葉だと思います。

普段は、あまり意識しなくても良い言葉ですが、実際にリフォームを検討しているという人は、リフォームと建て替えとリノベーションの違いを明確にしておかなければなりません。

今回は「リノベーションとは?リフォームと建て替えの違いを比較」ということで、リノベーションとはどのようことか、そのメリットとデメリットを中心にご説明いたします。

リノベーションとは?

リノベーション(renovation)とは英語で「刷新」という意味です。つまり、リフォームとリノベーションの違いを簡単に言うと、リフォームは壊れているところを新しくして、長年住んだために傷ついた箇所を元に戻すことです。要するに、マイナスの状態を0に持っていくことを言います。

一方で、リノベーションは、もともとの機能よりも使いやすくしたり綺麗にしたり、0からプラスに持っていくことを言います。例えば機能性を上げるために、階段を作ることや、部屋を広くするといったことがリノベーションに値します。

そして、建て替えは一度解体工事を行うので、完成した後は新築扱いとなります。

日本ではリフォームという言葉はよく聞くことが多いのに、なぜリノベーションはあまり聞かないのでしょうか。その理由は、リノベーションを利用する人が少ないからです。

リフォームは大まかに言ってしまえば、建物の修理のために費用がそこまで高くはありません。その一方で、リノベーションはリフォームよりも費用が高くなります。

リフォームとリノベーションと建て替えの違い

建て替えは、リフォームやリノベーションに比べて自由度が高いというメリットがあります。

間取りなどに不満がある場合、リフォームやリノベーションで大幅に家の間取りを変えるということはほぼ不可能です。

建て替えならば、新築と同じように一から建て替えをすることが出来ます。また、リフォームに比べて建て替えということになると、より高額なローンを組むことが出来るのもメリットの一つになります。

しかし、デメリットももちろんあります。リフォームやリノベーションよりもその費用は高額になります。

また、仮住まいが必要となるために、その分の費用もかかってしまいます。また、工事期間が長くなってしまうこともデメリットになります。

リフォームやリノベーションの違いを説明しましたが、その違いを表にして見ていきましょう。

リフォーム リノベーション 建て替え
費用 リノベーションよりも安い。

数万円~

リフォームよりも高い。新築の6~7割程度。

 

新築と同じぐらいの費用がかかる。
機能 機能性は上がらずに、修復する。マイナスから0にする。(長年使って傷ついたところを元の状態に戻すなど) 機能性は上がる。今までよりも、利便性が高くなる。また、自分の好きなようにデザインすることが可能。 自由に選択することが出来る。一から建て替えるために、機能性の面においては、リフォーム・リノベーションよりも効果が見込める。
時間 時間はあまりかからない。(リフォームは、一部修復であることが多いため) リフォームよりも時間がかかる。 リノベーションよりも時間がかかる。
築年数 変わらない 変わらない 新築になる
間取り 変わらない 条件によっては、変更することも可能 新築同様なので、一から選ぶことが出来る。

リノベーションのメリット・デメリット

では、リノベーションをするメリットはどのようなことがあるのでしょうか。より詳しく見ていきましょう。

メリット1.費用が安く抑えられる場合もある

リノベーションはリフォームよりも高いことが一般的ですが、「理想の住宅」という観点から見てみるとコストが抑えられる場合もあります。

新築の家を買うとなると、莫大な金額がかかります。ましてや、自分の思い通りに設計しようとすると、さらにその費用は高くなります。

しかし、中古物件を購入して、そこをリノベーションすれば、新築の住宅を買うよりもはるかに安い金額で、理想の住宅を手に入れることが出来ます。

そのような理由でリノベーションを利用している人が多いようです。

メリット2.生活に便利なエリアも視野に入れることが出来る

新しい物件を買うとなると、その価格は土地の利便性によって上下します。当たり前ながら、「駅から徒歩数分」や「日当たりが良い」ような物件は土地の価格も高くなってきます。

しかし、中古物件ならば、そのような条件でもかなり安い値段で手に入れることが出来る可能性が高いでしょう。

また、人気のある都心などでは、多くの人が新築を希望するために、そのエリアに住むことは非常に困難です。

しかし、リノベーションすることを考えているという場合は、中古物件も視野に入れて探すことが出来るので、生活に便利なエリアに住むことが出来るかもしれません。

メリット3.自由にデザインできる

リノベーションをする一番の魅力は、「自由なデザイン」の家を作ることが出来るということです。

もちろん、新築で一から建てることが出来るなら、そのほうが自由度は高いということが出来ますが、中々現実的ではないと思います。

しかし、リノベーションなら今住んでいるマイホームを改築することも出来ますし、中古物件購入を考えている人も利用することが出来るので、非常に幅が広いです。

また、新築よりは限られているというのも事実ですが、リノベーションは部屋の大きさを変えることや階段を作ることも出来るので、満足度が高いと言われています。

内装に強いこだわりがあり、暮らしやすさを大切にしたいという人は、リノベーションすることを考えてみても良いでしょう。

デメリット1.耐震性が低い住宅も存在する

中古住宅をリノベーションすると言う場合に「耐震性」には十分注意するようにしましょう。耐震性に問題がある物件の場合は、リノベーションの際に耐震補強工事もしなければならなくなってしまいます。また、耐震補強工事は価格がとても高いです。

そのような物件を選ばないようにするコツとしては、1981年よりも前に作られた物件を避けるようにすることです。

1981年6月以降に「震度6から7に達する地震でも倒れないような住宅」という条件が義務付けられたからです。

しかしながら、その年よりも前の住宅でも耐震強度が丈夫な家もありますので、専門家の診断を受けてみると良いでしょう。

デメリット2.時間がかかることが多い

リノベーションは、建築士との打ち合わせをしなければなりません。こだわりの家にするためには、この打ち合わせの回数を少なくすることは出来ないです。

また、その他にも建物の検査や設計などの時間も必要となります。時間がかかると言っても、新築の物件を立てるよりは早くできるので、ある程度は我慢しなければいけません。

デメリット3.ローンの金利が高い

中古の物件を購入し、リノベーションをする場合、通常の住宅ローンを組むことが出来ません。そのために、金利の高いリフォームローンを利用しなければなりません。

そのローンと同時に、物件のローンも支払わなければならないこともあるために、慎重にローンを組むようにしましょう。

リフォームのメリット・デメリット

リノベーションのメリットとデメリットを見ていきましたが、リノベーションとリフォームの違いを明確にするためにも、ここでリフォームのメリットとデメリットについても詳しく見ていきたいと思います。

メリット1.費用が安い

物件によってもその詳細な費用は変わってきますが、一般的にリノベーションにかかる費用は300万円からと言われています。

一方で、部分的なリフォームなら100万円からといわれていることからも、リフォームのほうが断然安いことがわかります。

デメリット1.人の出入りを気にしなければならない

リフォームは部分的に少しずつ直すことが多いために、工事の際に人の出入りが気になるかもしれません。

リノベーションの際は大掛かりな工事である可能性が高いために、仮住まいする必要があります。

デメリット2.作業単価が高くなることが多い

リフォームは細かく少しずつ作業を依頼するために、作業単価が高くなることが多いです。何事もそうですが、一遍に依頼したほうがその金額は安くなります。

予算に合わせて、リフォームすることが出来る一方で、その単価は高くなることが多いので、少しずついろいろなところをリフォームしていくという方は、一度にリノベーションしてしまったほうがコストはかからないかもしれません。

リフォームとリノベーションと建て替えはどのようなときに選ぶのか

リフォームとリノベーションと建て替えをそれぞれを比較してきましたが、いったいどちらの方が良いのでしょうか。

リフォームとリノベーションの違いは、最近では非常に曖昧になっています。

各々の業者によって、その意味は異なりますが、大まかに分けると、リフォームは細かい作業(機能性は上がらない)、リノベーションは大規模な作業(機能性を上げる)、建て替えは解体工事を意図していることが多いようです。

では、リフォーム、リノベーション、建て替えを選んだほうが良い場合はどのような場合なのかを見ていきましょう。

リフォームを選んだほうが良い場合

リフォームを選んだほうが良いのは、金銭的に安く抑えたいという場合です。

リフォームは機能性を上げることは出来ませんが、その分、元の綺麗な状態に戻すことが出来ます。またリフォームをしたい部分が明確に決まっている場合は、費用もそこまでかかりません。

そのような条件ならば、リフォームを選んだほうが良いということが出来るでしょう。

リノベーションを選んだほうが良い場合

一方で、リノベーションを選んだほうが良いのは、部分的な修正というよりも、大部分を自由に作り直したいという場合です。

費用はそれなりにかかりますが、新築物件を買うよりは、だいぶ費用を削減することが出来ます。

また、リフォームよりも自由度は高いので、自分だけの家にしたいという方はリノベーションのほうが良いでしょう。

建て替えを選んだ方が良い場合

間取りや設備など大規模な変更をしたい場合は、リフォームやリノベーションでは不可能ですので建て替えを選びましょう。

後、柱が腐ってしまった、シロアリの被害にあっているなどのことがあれば、有無を言わさず建て替えにするしかありません。

リノベーションとは?リフォームと建て替えの違いを比較のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「リノベーションとは?リフォームと建て替えの違いを比較」ということで説明していきました。

リノベーションもリフォームも建て替えもそれぞれ異なるメリットとデメリットがあります。状況に合わせて、良いものを選ぶことが大切です。

また、リノベーションはあまり知られていないために、今の家をリフォームする予定のある方は覚えておきましょう。

知らずに大規模なリフォームなどしてしまい、後後になってリノベーションにすればよかったと後悔したというケースもあります。

そのようなことにならないようにも、自分の物件がリフォームとリノベーションどちらのほうが良いかよく考えておきましょう。

リフォーム・リノベーション・建て替えはすぐにできることではありませんので、大切なのは事前に計画することです。

事前に緻密な計画を立てて、無事リフォーム・リノベーション・建て替えを成功させましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です