リロケーションサービスとは?そのメリットとデメリットを知る

急な転勤が決まってしまい、せっかく購入したマイホームをしばらく手放さなければならないような状況になったらあなたはどうしますか?

しばらくは家を無人にして、転勤地に安いマンションを借りれば良いと思うかもしれません。

でも、家を無人にすることで泥棒に入られてしまうことや、管理不足による湿気のダメージを受けて家が傷んでしまうといった被害を受けたケースもあるのです。

そうは言っても、知り合いに貸すことも中々難しいことです。そのようなときに、よく利用されるのが「リロケーションサービス」です。

リロケーションサービスは比較的新しいサービスで、使い方によっては良い資産運用をすることも可能です。

では、リロケーションとはいったいどのようなサービスなのでしょうか。また、そのメリットとデメリットは?

今回は、「リロケーションサービスとは?そのメリットとデメリットを知る」ということで、詳しくご説明いたします。

1.リロケーションサービスとは?

リロケーションサービスのリロケーションとは、英語でrelocation、つまり「移転」という意味を持ちます。

一定期間、住宅を留守にするときに、その住宅を他の人に貸すことができるサービスのことです。

もちろん、無料で貸し出すというわけではなく、賃貸することで毎月の家賃を受け取ることが出来るので、その家の大家になるということです。

ただし、通常の賃貸物件と異なるのは「一定期間」のみ家を貸すという点ですので、賃貸期間が終わり次第、すぐに家に戻って住むことも出来ます。

このサービスは比較的最近になって出来たサービスです。一昔前までは、普通借家契約法という法律しかありませんでした。

普通借家契約法は、正当な理由がない場合は、借主が望む限り契約を打ち切ることが出来ずに、ずっと住むことが出来るという法律だったため、一時的に家を貸すことは出来ませんでした。

しかし、2000年から定期借家契約という一時的に賃貸契約を結ぶことができる法律が出来たことで、リロケーションサービスが始まったのです。

2.リロケーションの3つのメリット

リロケーションサービスには、多くのメリットがあります。では、どのようなメリットがあるのか詳しくご説明いたします。

①貸す期間を決めることが出来る

普通の賃貸契約では、賃貸期間が長く借主の都合に合わせて貸すため、期間が延長されるということが多いです。

一方で、リロケーションサービスの場合は、海外赴任や転勤などの際に利用する人が多いので、貸す期間を決めることが出来ます。

ただし、短すぎる場合、借りたいという人は当然少なくなるので、半年よりも長い期間を設定する人が多いです。

②住宅の管理を心配する必要がない

リロケーションの最大のメリット言っても過言ではないのが、「管理」を心配する必要がなくなるということです。

転勤が決まり、数年後に家に帰ってきた際に、チラシが片づけられることなく散乱していたり、カビが繁殖したり、悪臭が発生したりすることによって、隣人から嫌われてしまうというケースは思いのほか多いようです。

あまりに長い間、留守の状態にしてしまうのは、無用心で心配になるかもしれません。

他には、無人の状態が長年続くと、建物が傷みやすくなるともいわれています。憧れのマイホームを手に入れたのにも関わらず、換気することが出来ずに、湿気によってカビが生えてしまったというケースもあります。

それらの問題は人が住んでいることによって解決することが出来ますので、管理の面においてあまり心配する必要がないということも大きなメリットになることでしょう。

③家賃収入を受け取ることが出来る

家賃収入を受け取ることが出来るというのもリロケーションサービスの大きなメリットの一つです。

転勤の際に、サービスを利用せずに無人のまま家を出てしまうと、上記で説明した通り管理面で不安が残ります。

しかし、リロケーションサービスを利用することで、その不安を解消できるだけでなく毎月の不労所得が入るというのはとても魅力的です。

ただし、通常の賃貸と比べ一時的になりますので、当然その家賃は安くなります。

3.リロケーションの4つのデメリット

①通常の賃貸ほど、多くの家賃収入を受け取ることは出来ない

リロケーションサービスの場合、良くも悪くも「一時的」です。

借りても物件を借りる以上は、長く住みたいと思っている人が多いために、相場よりも安い価格で設定する必要があるのです。

長くは住むことは出来ないけれど、この物件でこの価格なら安いと思って借りる人もいるからです。大切なことは付加価値を高めることです。

一時的な賃貸だからといって、必ずしも安いというわけではありません。家具、洗濯機、冷蔵庫完備にすることで、家賃を高く設定することも可能です。

ローンや税金を払わなければいけない分、少しでも値上げできるように付加価値を高められるよう心がけると良いでしょう。

②手続きが必要になる

リロケーションサービスを利用するにあたって、当然ながら手続きが必要になります。

手続きの詳しい内容は後述しますが、すぐに物件を貸し出すということは出来ないため、事前の準備が必要になります。

③借り手が決まらない場合に管理費がかさむ

リロケーションサービスを利用するときには、仲介業者に依頼するという方が多いです。

仲介業者に頼むことなく、直接借り手を探すということも出来ますが、やはり仲介業者のほうが早く信頼できる顧客を紹介してくれる可能性が高いからです。

しかし、仲介業者に依頼すると管理費という費用がかかります。これは、その物件の借り手が見つかるまで必要になる費用なので、借り手がずっと見つからない場合に管理費がかさんでしまうというケースもあるのです。

そうならないためには、賃貸物件のオーナーとしてではなく、相手の立場に立ってみることが大切です。

どのような物件なら魅力があるのか、住みたいと思うのかをよく考えてみることで、そのようなトラブルを避けることが出来るでしょう。

④借り手によっては家の損傷に繋がる場合もある

家を貸すことで、管理をする必要がなく物件の劣化や空き巣に狙われるなどのリスクを回避することが出来ますが、一方で、借り手を選ばないと家の損傷に繋がる場合もあります。

例えば、たばこ禁止にも関わらず、の中で煙草を吸っていて、ヤニで天井が汚れてしまうと言ったケース。

ペット禁止にも関わらず、ペットを飼っていて壁を傷つけてしまうケースもあるそうです。

そのようなことがないように、必ず審査を通して入居者を選ぶようにしましょう。

4.リロケーションサービスにかかる費用

リロケーションサービスを行うことにより、毎月の家賃収入を受け取ることができます。

しかし、収入だけではなく、支出として「費用」もかかってくるのです。では、どのような費用がかかるのか見ていきましょう。

管理費

リロケーションサービスを利用する際に、オーナー(貸し手)と借り手の間に入る仲介業者に依頼した場合、管理費を払う必要があります。

管理費は、海外転勤、国内転勤のどちらかによってもその金額は変わってきますが、その相場価格は賃貸料の5%から10%と言われています。

リロケーションサーサービスにかかる費用は各業者によって異なる?

リロケーションサービスにかかる費用として、どの仲介業者においても「管理費」は最低限かかってきますが、それ以外にかかる費用は各業者によって、全く異なってきます。

管理費に加えて、更新料、修繕費用などのオプション費用が必要な業者もあります。

どこが良いと一概に言うことは出来ませんが、高くなるからと言って安さばかりで業者を選んではいけません。

トラブルが起こったときに安心して任せられる業者を選ぶのが良いでしょう。より詳しく説明していきます。

5.リロケーション仲介業者とは?

リロケーション仲介業者とは、文字通り、借り手と貸し手の仲介をしてくれる業者のことを言います。

具体的な業務としては、賃貸料金の査定、募集条件の相談、広告宣伝、賃貸料の支払い、定期的な巡回、トラブル対応などです。では具体的な業者の選定方法をご説明します。

どのような業者を選べばよい?

業者を選ぶ際に一番大切なことは、入居者を見つけられるかどうかということです。

先ほど説明した通り、入居者が見つけられずに長引いてしまうと、転勤の都合に合わないだけでなく、管理費が余計にかかってしまうことになります。

そうならないためにも、入居者がすぐに見つかるような情報を持っている業者が良いです。次に大切なのは、契約後にどれほどまでサポートしてくれるかという点です。

転勤してしまうと、物件から離れてしまうために業者からの連絡が大切になります。また、入居後のトラブルに業者が対応してくれるかどうかも大切です。

転勤しているのに、わざわざ貸し手が出向くようなことにならないためにも、契約後にどれほどサポートしてくれるかどうかもよく検討してみましょう。

リロケーションサービスとは?そのメリットデメリットを知るのまとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「リロケーションサービスとは?そのメリットデメリットを知る」ということで、リロケーションサービスについてご説明しました。

リロケーションサービスは、まだまだ新しいサービスで利用している人はそこまで多いとは言えません。

しかし、せっかくマイホームを買ったのに、会社の都合で転勤になるという人は、一度検討してみると良いかもしれません。

普通に賃貸に比べて、期間を決めることが出来ることや、管理を心配する必要がないこと、そして家賃収入を受け取ることが出来るといったメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

特に、借り手が決まらないと転勤の都合に合わないということもあるので、自分の状況と照らし合わせてよく考えてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です