FXは1万円からでも稼げる?1万円取引のメリット・デメリットを徹底解説

「FXは1万円からでも始められる?」
「FXで1万円を100万円にしたい!」

このように、現在FXを少額から始めようかどうか迷っていませんか?

結論からいえば、初心者がFXを始めるなら1万円からがオススメです。

1万円なら大きな損失を負うリスクを避けられますし、FX初心者でも1万円なら気軽に始められます。

ただし、1万円のFXトレードで毎月数十万円も稼ぐことはほとんど不可能です。

FXはお金を増やす夢の道具ではありません。

では、FX初心者が1万円で始める具体的なメリットやデメリットには何があるのでしょうか。

そこで今回は、現在1万円でFXを始めようと考えいている人へ向けて、1万円FXを始めるメリット・デメリットやその注意点を、初心者でもわかりやすく解説していきます。

FXは1万円からでも始められる?

1万円でFXを始めることは可能です。

通常、FX業者は最初の資金として、10,000通貨(日本円で100万円程度)を必要とします。

しかし現在では、1,000通貨から始められる取引業者も増えてきており、さらにFXには「レバレッジ」と呼ばれる実際の資金以上の金額で取引ができる仕組みがあります。

たとえば、ドル円の通貨ペアが1ドル=100円で、最低取引額が1,000通貨なら1,000ドル、つまり最低でも10万円の資金が必要となります。

レバレッジの最大倍率は25倍なので、要は4,000円の資金さえあれば、1,000通貨の取引ができるのです。

そのため、1,000通貨から取引できるFX業者を選べば、1万円からでもFXを始められます。

少額から始めるFXは経験として考える

1万円のような少額からFXを始める時は、利益ではなく経験を重要視しましょう。

1万円取引では利益的なリターンが期待できません。

FXはお金を使ってお金を増やすもので、最初の資金が大きければ大きいほど高い利益を得られます。

しかしFXで得られる利回りは年間でよくて20%程度で、つまり1万円取引の場合、1年間で増やせるお金は2,000円程度となります。

もちろん、レバレッジを高く設定すれば1万円を4万円、5万円と一時的に増やすことは可能ですが、資金を増やし続けるのは非常に難しいです。

一時的に運良く稼げたとしても、レバレッジがかかっているため、ちょっと思惑とは逆の値動きをしただけで、その5万円が0になってしまう可能性は十分にあります。

そのため、本格的にFXを始める前段階として、1万円の取引を経験目的で行うことをオススメします。

FXを1万円で始めるメリット

FXを1万円で始めるメリットには以下の3つがあります。

  • リスクを抑えられる
  • FXの練習になる
  • 気軽に始められる

ここからは、それぞれのメリットについて解説していきます。

リスクを抑えられる

1万円の少額取引は、金銭的なリスクを抑えられる点が最大のメリットです。

通常、稼ぐ目的でFXをするのなら、10万円や100万円など多額の資金を元手に始める必要があります。

しかしながら、初心者がFXでいきなり稼ぐのは非常に難しく、資金が0になることも十分考えられます。

そのことを考えると、FX初心者が10万円や100万円で始めるリスクは非常に大きいです。

一方で1万円取引ならば、得られる利益は期待できないものの、失うお金も1万円に抑えられます。

そのため、特にFX初心者は金銭的なリスクを抑えられる点が大きなメリットです。

FXの練習になる

1万円の取引はFXの練習にもなります。

まだ初心者の段階から、10万円や100万円といった大きな資金でFXを始める必要はありません。

FXで勝つためには、テクニカルやファンダメンタルズといった分析を行い、また各国の通貨の価値や立ち位置など、覚えなければいけないことが山ほどあります。

まだまだFXや為替(かわせ)の知識がほとんどない状態から高額取引を始めるのは非常に危険です。

そのため、まずは1万円の取引でFXを練習することをオススメします。

1万円で安定して稼げるようになってから高額投資に切り替えても遅くはないでしょう。

気軽に始められる

FXの少額投資は気軽に始められる点もメリットの一つです。

通常、金融投資で大きなリターンを得るためには多額の元手が必要ですし、FX以外の金融投資は多額の初期費用を必要とする場合がほとんどです。

しかしながら、FXは1万円からでも始められるため、サラリーマンや専業主婦、学生までもが気軽に始められます。

また、実際にFXを始めるとわかることですが、資産を失う恐怖が人の決断に大きく影響します。

たとえば「せっかく1万円を5万円にしたのにそれを失いたくない」などの感情が邪魔をして、結果的により大きな損失を負うことも少なくありません。

しかし1万円での取引であれば、資産を失う恐怖心を比較的抑えやすく、メンタル的にも安定して取引しやすいです。

つまり、1万円取引は感情に支配されないトレードができ、自分のトレード手法を確立するための練習としては最適な金額なのです。

FXを1万円で始めるデメリット

FXを1万円で始めることのデメリットとして、以下の2点が考えられます。

  • 稼ぐ目的には適さない
  • 取引が雑になる

ここからは、それぞれのデメリットについてくわしく解説していきます。

稼ぐ目的には適さない

FXのプロトレーダーでさえ、1万円の取引で大金を稼ぐことはできないでしょう。

FXはお金を使ってお金を増やす行為で、どのくらいお金を増やせるのかは初めの投資金に比例します。

つまり、最初のお金が大きければ大きいほど、稼ぎやすく損をしやすい、そして資金が小さければ小さいほど、稼ぎにくく損もしにくくなります。

中でも1万円は、FXを始めるための最低水準の金額なので、稼ぐ目的でFXを始めるのなら1万円取引はオススメできません。

そのため、FXの1万円取引は経験や練習のためと考えることが大切です。

取引が雑になる

取引が雑になってしまうのも、FXで1万円取引をする大きなデメリットです。

多くの場合は、取引を重ねるにつれて1万円を使っている感覚がどんどん薄れていきます。

実際に取引をし始めると、画面上で見るデジタルの数値が増減するだけなので、お金を投資している感覚が薄まり、トレードが適当になりやすいです。

また「たった1万円だから」「無くなってもいいや」といった感覚で取引をすれば、それは金融投資ではなくただのギャンブルです。

上述したとおり、FXを1万円で始めるメリットは、本格的なトレードのための練習にあります。

しかし、雑な分析や感覚的なトレードをしていても、FXで勝つための基礎は身につきません。

取引が雑になっていいことは何一つないのです。

取引が雑になってしまう点は、1万円でFXを始めることのデメリットなので注意しましょう。

FXの1万円取引を成功させるために必要なこと

FXの1万円取引で数十万円稼ぐことはほとんど不可能ですが、FXの基礎や勝つためのパターンを身につけることはできます。

そんな1万円取引を成功させるためには、以下4つのことを必ず行いましょう。

  • 投資計画を立てる
  • 通貨ペアを選ぶ
  • 収支表を作成する
  • レバレッジは長期間固定する

FXをするならやみくもにやってもダメです。

投資の計画を立て、日別や月別で収支表を作成、そしてレバレッジの調整に注意しながら取引することが大切です。

以下では、それぞれのやるべきことについてくわしく解説していきます。

投資計画を立てる

FXで実際に取引をする前に、まずは投資計画を立てましょう。

1ヶ月・半年・1年単位で、どれだけの勝率を出したいのか、あるいは資金を何パーセント増やしたいのかを書き出します。

1万円取引で利益は期待できないため、目標は利益ではなく利益率や勝率などの倍率を意識することが大切です。

たとえば、1万円取引で1ヶ月の利益率を10%に維持できれば、毎月1,000円稼ぐことになります。

そしてその利益率が安定さえしていれば、1万円の資金を10万円、100万円とすることで、利益も10倍、100倍と増えていきます。

つまり投資計画を立てる際は、1万円取引でどのくらい稼ぎたいのかではなく、どのくらいの利益率を出したいのかを考えるべきなのです。

通貨ペアを選ぶ

続いて投資計画を立てたら通貨ペアを選びます。

通貨ペアとは、売買する2国間の通貨の組み合わせのことで、たとえばドル円・ユーロ円・ポンド円・ユーロドルなどがあります。

初心者にオススメな通貨ペアはドル円です。

ドル円はアメリカドルと日本円の組み合わせで、ドルが買われたら(円が売られたら)チャートは右肩下がりに、ドルが売られたら(円が買われたら)チャートは右肩上がりに動きます。

特にドル円はその他通貨ペアの中でも値動きが小さいことが特徴で、1日の値動きは基本的に安定しています。

そのため、初心者が1日1〜2回の取引をするのなら、一気に上がったり下がったりしにくいドル円がオススメといえます。

他の通貨ペアにもそれぞれ特徴があるため、まずはドル円から始めて、その後に自分に合った通貨ペアを探すといいでしょう。

収支表を作成する

FXをするのなら必ず収支表は作成するべきです。

収支表を作らなければ過去の反省もできませんし、同じ失敗を何度も繰り返すことになります。

FXで稼ぎ続けているプロのトレーダーで収支表を作成したことがない人はまずいません。

プロのトレーダーは必ずといっていいほど、収支表を作成して何度も振り返り、勉強に勉強を重ねてようやくFXで勝てるようになります。

収支表をつけずに感覚的に取引ができるようになっても、取引に対する自分の軸がブレている状態では決してFXで勝ち続けることはできないでしょう。

収支表を作成してどういう時に勝てているのか、そしてどういう時に負けているのか、常に自分のトレードを反省・改善していかなければいけません。

そのため、FXで1万円取引を成功させるためには、必ず収支表は作成しましょう。

レバレッジは長期間固定する

レバレッジはできる限り低く設定し、長期間固定しましょう。

なぜなら、レバレッジの倍率をその時々で高くしたり低くしたりすると、FXで失敗するリスクが大幅に上がるからです。

レバレッジを高くするということは大きな利益を見込める分、失うリスクも上がるということです。

たとえば、「このチャートなら勝てそうだからいつもの倍賭けよう」などと考え、自分の感覚でレバレッジの倍率を上げれば、万が一負けた時にその損失が大きくなります。

もちろん、レバレッジの倍率を高く設定することで高い利益も見込めますが、1万円をあっという間に失うリスクも同時に高くなるのです。

何度もいいますが、リスクを考えないで利益だけに目を向けて取引するのは、それはもはやギャンブルと変わりません。

一方で、低いレバレッジに固定して取引を続ければ急激な利益は見込めないものの、一気に1万円を失うこともなくなります。

あとは勝率を上げるだけで、だんだんと利益は増えていきます。

FX初心者のうちは無理して高いレバレッジで勝負するのではなく、レバレッジの倍率を下げてコツコツと取引をし、FXの基礎知識と勝ちパターンを身につけましょう。

FXを1万円で始める時に注意すべきこと

FXを1万円で始めるときは、以下の3点に注意しましょう。

  • 短期的な取引を行う
  • 感情的にならない
  • リスクを抑える

以下では、それぞれの注意点についてくわしく解説していきます。

短期的な取引を行う

1万円のような少額でFXを始める場合は「デイトレード」と呼ばれる、1日に1〜2回取引を行う短期取引がオススメです。

FXは外貨を売買する期間を自分で決められるため、自身で長期的な取引かあるいは短期的かを決められます。

短期的取引はチャートのちょっとした値動きを利用して稼ぐ方法で、取引期間中はこまめにチャートをチェックすることが一般的です。

つまり、目を離している間に損失を抱えるといったリスクを回避できるため、短期取引は初心者にオススメな手法です。

さらにレバレッジの倍率を高く設定すれば、わずかな変動でも高い利益を望めますし、レバレッジ倍率の調整次第でリスクも抑えられます。

そのため、1万円から気軽にFXを始めるなら短期取引の「デイトレード」がオススメです。

感情的にならない

FXを行う上で感情的な取引に注意しなければいけません。

なぜならFXで失敗する人の原因のほとんどがメンタル面の問題だからです。

うまくFXチャートの分析ができたとしても、その時の気持ちや感情に任せて取引をしては分析の意味がありません。

たとえば「昨日は取引で負けたから今日は取り返そう」「最近調子いいから今日は大きく賭けてみよう」のように、感情的に取引をすれば失敗する可能性が非常に高くなります。

実際にFXを始めると、頭では「感情的になってはいけない」とわかってはいても、やはりどうしても熱くなってしまいがちです。

そのためFXで稼ぐためには感情的にならず、無心になって淡々と取引するよう心がけましょう。

リスクを抑える

取引金額が1万円とはいえどリスクは抑えましょう。

FXで稼ぐためには、どれだけ稼げるかよりもどれだけリスクを抑えられるかが大切で、利益ばかりに目を向けていてはいけません。

リスクを無視して大きなリターンばかりに目を向けて取引をすれば、仮に損失を受けた場合1万円の資金を全て失う可能性があるからです。

たとえば、レバレッジの倍率を最大にして取引をすれば、チャート上の少しの値動きで多くの利益を期待できますが、一方でものの数分で1万円がなくなる可能性もあるのです。

資金が0円になってしまえば何もできませんが、資金が少しでも残っていればトレードでその資金を増やせます。

要はFXという戦場においてどれだけ勝てるのかではなく、どれだけ生き残れるかに目を向けることがFXを長く続けるための秘訣です。

そのため、取引金額が1万円とはいえど、その1万円を守りつつ徐々に増やしていくことがFXの1万円取引において最も重要なことなのです。

FXを1万円で始めるのにオススメな業者2選

FXを1万円で始めるのなら最低取引金額が低い業者がオススメです。

中でも、「ヒロセ通商」と「Light FX」は、業界内でもトップクラスで低い1,000通貨から始められます。

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 1,000通貨から始められる
  • 顧客満足度が4年連続で1位
  • 親会社がない
Light FX
Light FXバナー
  • 1,000通貨から始められる
  • 最大50,000円キャッシュバック
  • デモ取引がない

以下では、ヒロセ通商とLight FXの特徴について紹介します。

ヒロセ通商

ヒロセ通商の主な特徴には以下があります。

  • 1,000通貨から始められる
  • 顧客満足度が4年連続で1位
  • 親会社がない

ヒロセ通商は2019年時点、オリコン調べで顧客満足度が4年連続1位で、口コミの評価も高いFXトレーダーに人気の取引業者です。

1,000通貨から始められるため1万円から取引ができます。

さらに、取引の信頼性も高いことから、初心者からプロのトレーダーまでどんな人にも適しています。

しかしながら、ヒロセ通商には親会社がないことが大きなデメリットです。

有名なFX取引業者「DMM FX」や「GMOクリック」は大きな親会社を持っており、仮にDMM FXが破産しても親会社からの保証があるため、トレーダーが預け入れていた資金がきちんと戻ってくる可能性は高いです。

一方で、親会社のないヒロセ通商が万が一破産した場合、トレーダーにお金が返ってくる可能性は低いでしょう。

とはいえ、ヒロセ通商は上場企業なので安心して取引ができる上、1,000通貨から始められることを考えると、ぜひ初心者にオススメしたい取引業者の一つです。

Light FX

Light FXの主な特徴には以下があります。

  • 1,000通貨から始められる
  • 最大50,000円キャッシュバック
  • デモ取引がない

Light FXはヒロセ通商と同様に、1,000通貨から始められるのが大きな強みです。

さらに、最大50,000円キャッシュバックをはじめとした、非常にお得なキャンペーンも随時開催されています。

そのほか、Light FXは他の取引業者と比べてシンプルなデザインとなっており、FX初心者でも簡単に取引できるでしょう。

しかしながら、Light FXにはデモ取引がないのが大きな欠点といえます。

デモ取引とはデモンストレーション取引のことで、つまり架空のお金を使って取引を体験する機能です。

初心者なら練習のためにデモ取引は欠かせません。

そのため、Light FXは初心者にオススメできるFX業者であるものの、デモ取引をしたい人は別の取引業者も併用する必要があります。

まとめ

FXは1万円からでも始められ、むしろFX初心者なら1万円など少額での取引をオススメします。

1万円取引の場合は高い利益が期待できないものの、今後本格的にFXで稼いでいくための練習として、FXの基礎を学ぶことができます。

ただし、たった1万円だからといって雑な取引には注意が必要です。

1万円だからと甘く考えず、その1万円をどのように増やしていくのか、またいかに稼ぎ続けられるかを意識してトレードしましょう。

1万円を増やせるようになれば、あとは元手を10倍、100倍にするだけで多額の利益が見込めます。

なお、初心者がFXを1万円の元手から始めるのなら以下2つのFX取引業者がオススメです。

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 1,000通貨から始められる
  • 顧客満足度が4年連続で1位
  • 親会社がない
Light FX
Light FXバナー
  • 1,000通貨から始められる
  • 最大50,000円キャッシュバック
  • デモ取引がない

これらは、最小1,000通貨から取引ができるFX取引業者です。

まずは1万円を元手にFXを始めてみましょう。

FXを始めるなら

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類の豊富さ
  • クイック入金提携銀行数はダントツの約380社
Light FX
  • 24時間サポート体制
  • オンラインで最短5分で口座申込み
  • 初回の入金金額の指定なし
シストレ
  • 5000通貨単位から取引可能
  • 取引のフルオート(全自動化)が最大の特徴
  • 業界初の自動売買プログラムの自動変更