FXにおけるトルコリラとは?新興国通貨の性質と注意点

FX取引は、ドル円やユーロドルといった組み合わせで通貨ペアの取引を行っている人が多いでしょう。また暴れる豪州ドルとの組み合わせもエキサイティングで好まれる傾向にあります。その中で最近注目を集めているのがトルコリラなのです。

比較的近年になってFX取引業者が取り扱いを始めた通貨なのです。知名度の低いトルコリラですが、トルコは新興国として、伸びしろの大きな国とされています。

また、アジアと欧州の接点にある国としての注目度も高く、トルコリラは特に注目度の高い通貨となっているのです。

今どきのFXでトルコリラが熱い理由と

トルコは現在の国力と将来性から新興国とされ、以下の2点が高い成長率とポテンシャルの高さを誇り、諸外国からの投資を呼び込んでいるのです。

    • 若者が多く人口が増えている
    • 政策金利が高い

FX取引においてのトルコリラのメリットについては以下のことがあります。

  • 政情が不安定(テロが多い)
  • 年間利回り10%(政策金利が高い)
  • 米国との関係悪化 急激な国力の増加は、トルコリラ高となることでしょう。 反対に米国との関係悪化はトルコリラを不安定にさせています。 しかし、この不安定さことFX取引をする人にとっては稼ぎを生むポイントとなるのです。

トルコリラの通貨ペアでFX取引で大切なことはFX取引会社の選択。

トルコリラを扱うFX会社を選択するのが原則で、トルコリラの詳しい情報を提供してくれるFX取引会社を選ぶ必要があります。

FXで注目の新興国通貨トルコリラとは?

新興国である、トルコはこれからの国です。欧州とアジアの接点に位置する地の利も活かして、これから伸びていくと言われます。その国の通貨がトルコリラですから、注目度も抜群なのです。

トルコリラが新興国通貨で注目される理由

新興国の条件となるのは、若者が多く、これから人口が増えていくことです。ある程度の社会インフラがあり、人口が増えることが確実な国は、国力も段違いに伸びていきます。そういった国がトルコなのです。

また、トルコはゼロ金利政策が定着した日本とは違って、インフレを抑えるために高金利政策を取っています。この高い金利から生まれるスワップポイントこそがトルコリラの強さであり、魅力となっているのです。

政策金利が高めのトルコリラのメリット

政策金利が高めのメリットとして、具体的には毎日入ってくるスワップポイントが魅力です。そのため、長期保有のポジションを取っている人も多いことでしょう。

年間の利回りが10%というのは、日本から見ると夢のような利回りです。まさに宝の山に見えるのではないでしょうか。

トルコリラでFXをする際の懸念点

FXトレーダーが夢中になる魅力のあるトルコリラですが、一方で不安視する声も聞こえてきます。

トルコ国内でテロが頻発し値動きが激しい

近年、トルコはロシアとの対立を深めています。歴史的にも両国はそれほどよい関係ではありません。仮想敵国といってもいいくらいの関係なのです。

トルコが親日なのは、日本が日露戦争でロシアに勝ったことが要因とされているくらいなのです。

さらに、最近のクーデター未遂事件もありました。イスラム国との戦争も記憶に新しいところですので、政情不安が頻発している国という側面も忘れてはいけません。

トルコ中央銀行が利上げに踏み切らない

トルコ中央銀行は、日本における日本銀行のような力を持った銀行です。トルコ市場ではトルコ中央銀行のさらなる利上げ予想があります。現在の17.75%という高金利からさらに1.0%の利上げ予想があるのです。

一方で利下げ予想する声も聞こえてきます。高金利政策を標榜しながらしたたかに利上げをしないトルコ中央銀行に世界中のアナリストが注目しているのです。

米国との関係悪化

米国と中国の貿易戦争が話題となっていますが、その陰に隠れて熾烈なのがトルコと米国の貿易戦争です。

トルコのクーデターの影響で拘束された米国の牧師の処遇とクーデター首謀者の米国からの引き渡しが複雑にからみあっているのです。この関係悪化も予断を許さないところです。

トルコリラを取引するのに適したFX会社を比較

高金利政策を取っていることで注目を浴びているトルコリラです。現在の政策金利は17.75%と非常に高い水準となっています。さらなら利上げも検討されているということです、世界中の投資家が注目されています。

数年前まではマイナーな通貨だったのですが、5年くらい前からFX会社が取引を始めだし、新興国であること、高い政策金利を実行していることから注目されるようになりました。ここでは、トルコリラを扱っているFX会社の選び方などをご紹介します。

トルコリラで取引できるFX会社の選び方

トルコリラの取引を行う際にFX会社を選ぶポイントは次の3つです。

トルコリラのスワップ金利

長期の運用の場合、スワップは何よりも大切です。仮に2つのFX会社で10円違う場合は、1万通貨では、年間3,650円の差になるのです。長期運用の場合は、多くの投資を行うでしょうから、スワップ金利の差はさらに膨大なものとなります。

証拠金

高いレバレッジを求めて海外のFX会社を使って取引をする人も少なくありません。トレンドを掴んでいる上級者であれば、リスクも少ないのですが、一般の投資家や初心者にはとてもハイリスクです。

リスク管理をしっかり考えるのでしたら、レバレッジは低めのほうが安全です。必要な証拠金が高くなってしまいますが、レバレッジ上限が25倍に定められている国内のFX会社のほうがメリットも高いのです。

トルコリラの情報が豊富

トルコリラはトルコの通貨ですから、当然のことながらトルコ国内の市況の影響を受けます。そのためFX会社を選ぶ際にも、的確なトルコの情勢をリアルタイムに教えてくれるニュース機能は必須です。

さらに、トルコの政策金利や、GDP、さらには貿易収支などの経済指標の情報がすぐに手に入るFX会社が大前提となるのです。国内の政治情勢が不安定な国です。

先日のクーデター未遂事件も記憶に新しく、いつまたクーデターがあるかもわかりません。そういった情報が事前にキャッチでき、リアルタイムに情報を流してくれるFX会社が求められるのです。

まとめ

ここでは、トルコリラの情報についてお伝えしました。 トルコリラでFX取引を行う際には以下の点に十分注意しましょう

  • 政情不安定
  • 米国との関係悪化
  • 政策金利が高い この2点は状況によって、トルコリラが大きく動くことがあります。 為替が動くということは、FX取引にとっては大きく稼ぐチャンスがあるということです。

そのためにも、少ない証拠金で取引ができるFX会社もあります。

  • 証拠金
  • スワップポイント
  • トルコリラの情報 以上の点をしっかり頭に入れて、自分に合った適切なFX会社を選ぶようにしたいものです。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。

楽天銀行のカードローンに申込

LINEバイトは、日払いバイトの求人数も豊富で、LINEで簡単に応募できます。