10万円から始めるFX少額投資の基本と儲けるためのコツ

「FX取引を始めたいけど、手持ち資金はいくらくらい用意すればいいの…?

話題のFX取引ですが、実際に始めようと思うと何から始めたらいいのか分からないという人は少なくないのです。安易に始めるのは失敗の元です。

まずは、FX取引をするためには手持ち資金が必要になります。最初からいきなり潤沢な資金を用意している人は少ないでしょう。それでは、どのくらいの資金が必要か…。負ける子とも想定してまずは10万円の手持ち資金から始める方法をご紹介します。

10万円のFX少額投資は1,000通貨単位で狭いスプレッドから

FX取引を始めるには、元手資金として10万円は用意しておきます。その理由は以下の2点が挙げられます。

  • 10万円あれば取引できるFX会社がある
  • 10万円未満の証拠金での取引は上手く行きづらい

元手となる資金は多ければ多いほど有利です。負ける場合の損失も最小限に食い止めることができます。資金が少ないと、大きく勝たないのですが、その分大きな損もありません。また、資金が少ないとFX取引会社の選択肢が少なくなります。

FX取引で10万円の資金でできるトレード方法は以下の通りです。

  • デイトレード
  • スイングトレード
  • スキャルピング
  • 長期投資

手法は違っても、大きくはこの4つのトレード法に多くの人はあてはまります。 どれも一長一短ですが、10万円の資金でしたら、1日で手仕舞いするデイトレードがもしものときの損失が少なくて最適のトレード法でしょう。

FX取引会社の選定は以下の点に注目します。

  • 1,000通貨単位のFX取引会社
  • スプレッドの狭いFX取引会社 この2点はFX取引会社を選ぶ際の重要なポイントとなります。

FXの資金の元手は最低10万円から用意しよう

株式投資をしたことのある人なら分かると思いますが、手持ち資金は多ければ多いほど有利ですし、負ける場合も損失を最小限に食い止めることができます。

しかし、手持ち資金が少ない場合、身の丈に合った取引をしたらいいのですが、手持ち資金の少なさをハイリスクで取引しようとして、瞬く間に手持ち資金がなくなってしまうのです。

初心者といえども、最初の手持ち資金は最低でも10万円は用意しておきたいものです。

資金が少ないと選択できる業者が限られる

FX取引を始めるためには、FX取引業者を選択し、専用の口座を作らなければいけません。しかし、FX取引をするにも最小通貨単位というのがあります。FX取引業者では10,000通貨単位からの取引が可能なところが多く、ドル円でしたら、最低でも約4万円から取引が可能となるのです。(1ドル100円で計算した場合)

1,000通貨単位の取り扱いのFX会社は少ない

もっとも、1,000通貨単位から始められるFX取引業者もあります。ただし、そう多くはありません。少額取引可能なFX取引業者でしたら、外為ドットコムなどごく少数の取引業者となっています。この場合は5千円や1万円といった少額取引が可能となるのです。

しかし、手持ち資金が少ないと、少額取引に対応してくれる取引業者も少ないので選択肢が限られてくるのです。

証拠金ギリギリで取引するのは危険

FX取引には、資産を守るために、一定の損失が出た場合にこれ以上損失が拡大しないように強制的に取引を終了させるルールがあります。これが強制ロスカットです。

FX取引業者によって、強制ロスカットのレベルに違いがあるのですが、基本的には入金した証拠金を超える損失が出た場合は強制ロスカットとなります。FX取引はレバレッジを最大の25倍に利用すると4万円程度の証拠金で100万円の取引ができます。

しかし、証拠金は4万円ですから、わずかのマイナスですぐに4万円は吹き飛んでしまいます。そうなるとすぐに強制ロスカットとなるのです。ですから、証拠金ギリギリの取引をしてもすぐに強制ロスカットになってしまうということになるのです。

FXでの10万円の運用例をトレード方法別に解説

FX取引にはさまざまなトレード方法があります。そこで10万円の運用例で各トレード方法をご紹介します。

10万円からのデイトレード

デイトレードは、1日の間で新規注文と決済注文を行う、比較的短期間のトレード方法です。デイトレードの場合、ポジションを取っているのは、数十分から数時間程度でしょう。一般的にポジションを取っている時間が長いほど、為替相場の動きは大きいです。その分利益も大きくなるのですが、反対に損失も大きくなります。

そういった意味では、1日でポジションを手仕舞いするので、比較的大きくポジションを失うことはありません。つまり大きな値動きに左右されないということです。10万円の手持ち資金があれば、比較的どっしりと構えて余裕をもってトレードできるのがデイトレードです。

10万円からのスイングトレード

スイングトレードは、数日から数週間の間で新規注文と決済注文を行うトレード方法です。当然ですが、デイトレードよりもポジションを取っている期間が長くなるので、利益が大きくなる反面、損失も大きくなってしまうのです。相場が損失の方向に振れてしまい、回復できないときは塩漬けになってしまうこともあります。

塩漬けは、決済せずにポジションを保有し続けることです。スイングトレードはそうならないように、しっかり損切りするルールを自分で作って行うトレード方法です。10万円の手持ち資金ではレバレッジを低めにして、ゆったりと構えることが大切です。

10万円からのスキャルピング

スキャルピングは、数秒から数分といった、短期間というよりも一瞬の間で、新規注文と決済注文を行うトレード法です。スキャルピングの語源は「頭の皮を剥ぐ」ということで、利益の少ない取引を積み重ねていく手法なのです。

スキャルピングはチャートなどを凝視し、一瞬の値動きに反応することがもっとも重視されます。

要注意!スキャルピングを嫌がるFX会社に取引を禁止させられることも

ただし、頻繁な決済はFX取引業者が嫌がる傾向もあり、ここぞというときに約定しないこともあるので、確実に約定できるFX取引業者を選定することが大切です。10万円という少額の手持ち資金を運用するには、初心者には難しいかもしれません。

10万円からの長期投資

文字通り、長期にわたってポジションを取る取引方法です。時間軸が長いケースでは数年のポジションを取る場合があります。例えば日本経済が回復傾向にある場合、中長期的には円安の方向に振れるはずです。それを見越して長期的に投資する場合に使います。

このように、ある程度経済の見通しを立てておくことが必要ですし、多少の為替相場の動きに一喜一憂しないことも大切です。前向きな塩漬け状態ということもいえるでしょう。

長期投資ではレバレッジの倍率を抑えめに

ただし、長期投資はレバレッジを低めにするため高額資金のほうが、利益が出やすいです。少額資金の場合はどうしても利益が少なくなるので、10万円の手持ち資金では向いていない取引方法です。

FX初心者が10万円で勝つためのFX会社の選び方

FX取引は少額資金で始めることができるのが大きな魅力です。もちろんFX取引は手持ち資金が豊富なほうが有利です。

しかし、数千円から数万円で取引が開始できるものもあり、10万円の手持ち資金でも、少し余裕をもって取引を始めることができます。そのような少額資金で始められるFX会社をご説明します。

資金10万円で始めるのに最適なFX会社

10万円の手持ち資金は、余裕があるとはいってもちょっとした油断ですぐになくなってしまうお金でもあります。それでも大切な手持ち資金を託すFX取引会社は慎重に選びたいものです。そこで、FX取引会社の選定基準となるのが、最低取引単位が小さいということです。

この取引単位が小さいほど、少額資金で取引を開始することができます。10万円の手持ち資金でFX取引を始める場合は、1,000通貨単位以下の取引のできるFX会社を選ぶようにしましょう。

資金10万円は狭いスプレッドで最大限の運用を

そして、資金10万円でFX取引をするにあたり、買値と売値の差であるスプレッドも重要です。これが手数料がFX取引会社の収益の柱になるものですが、FX取引をする側にとっては、このスプレッドが狭いほど、手数料が少なくて済むということです。

初心者の場合は長期よりは短期メインで取引をすることが多いはずなので、このスプレッドが狭いFX取引会社を選ぶようにしましょう。

低めの資金からできるFX会社一覧

1,000通貨単位以下で取引できるFX会社は以下となります。

  • SBIグループ「SBI FXトレード」
  • 株式会社FXブロードネット「FXブロードネット」
  • 株式会社外為どっとコム「外為どっとコム」
  • ヒロセ通商「LION FX」

他にもありますが、代表的なものは以上の4社です。取引ツールなども使いやすく、初心者でも始めやすいFX会社と人気です。

まとめ

ここでは以下のFX取引で勝つためにとても大切なポイントについて説明しました。

  • 元手10万円でトレード方法
  • トレード方法の種類
  • FX取引会社の選びかた

トレード方法に注目が集まりがちですが、トレードするためにも、お金が必要で少ない金額でも勝てるFX取引会社を選択しなくてはいけません。

特に以下の点に注意しましょう。

  • 最小通貨単位
  • スプレッドの狭さ この2つがFX取引会社の重要な選択基準としましょう。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。