FXを10万円の少額投資で始める!リスクを避けたい初心者の基礎知識

fxを10万円から稼ぐために。少額投資の基礎知識
FXは少額投資でも始められるというけれど、10万円でも大丈夫かな…?

最近よく耳にする「FX」という言葉ですが、FXの取引を始めるためにはある程度のお金が必要となってきます。

FX(外国為替証拠金取引)とは、海外の通貨を売り買いすることで利益を得る方法です。通貨の価値が上がったタイミングで売れば、利益を出すことができます。

この記事では、10万円の少額投資でFXを始めたい人に、取引開始に必要な手続きやFX会社の選び方、投資に必要な基礎知識を紹介します。

少額投資で始められるFXですが、当然リスクも存在します。知識を身につけ、リスクを回避できるようになりましょう。

10万円あればFXを始めるのには十分

10万円を投資にあてられるなら、FXを始めることができます。

初心者であれば、まずは1,000通貨単位で取引可能なFX会社を選びましょう

1,000通貨単位とは日本円で10万円の事です。FX会社によっては5,000通貨単位以上からしか取引できず、ハイリスクを背負ってしまうことになります。

よって、慣れるまでは1,000通貨単位での取引が可能なFX会社探しましょう。

FX初心者であれば、「ヒロセ通商 LION FX」や「Light FX」のように、便利なツールやサポート体制が豊富な会社を選ぶといいかもしれません。

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類が豊富
  • クイック入金提携銀行数が約380行
Light FX
Light FXバナー
  • 24時間サポート体制
  • 最短5分で口座申込ができる
  • 初回の入金額の指定なし

FXの始め方

まずは、FXの始め方について見ていきましょう。FXを始めるためには、まずはFX用の口座を開設する必要があります。

口座開設は以下の手順で行います。

FX口座を開設する手順

  1. 各FX会社の公式サイトへ進む
  2. 口座開設の規約を読み同意する
  3. 必要な個人情報を記入する
  4. 本人確認書類などを提出する

取引金融機関の口座情報、必要書類などを用意しておくと、スムーズに口座を開設することができますよ。

次に、口座開設に必要な書類を紹介します。

FXの口座開設に必要な書類とは

満20歳以上の場合、「本人確認書類」と「マイナンバー記載書類」の2つがあればFXの口座を開設できるでしょう。

本人確認書類は次の通りです。

FX必要書類

運転免許証など顔写真付の場合は1つ、保険証など顔写真無の場合は2つの書類が必要です。また、運転免許証など、裏面に新氏名や新住所の記載がある場合は、必ず両面撮影して提出しましょう。

「パスポート」であれば、顔写真記載ページと所持人記入欄のページを贈る必要があります。また、「住民票の写し」「印鑑登録証明書」は発行から3ヶ月以内のものを用意しましょう。

続いてマイナンバー記載書類です。

マイナンバー書類

「通知カード」の場合、裏面に新氏名の記載があれば必ず両面を送りましょう。「個人番号カード」なら、表面は本人確認書類、裏面がマイナンバー書類として利用できますよ。

必要書類が用意できたら、次はFX会社の選び方について見ていきましょう。

FXを10万で始めるための適切な取引単位

取り引き単位とは 画像

FX取引を始めるためには、FX会社で専用の口座を作る必要があります。そこで注意したいのが、FX会社ごとの最小取引通貨単位です。

取引通貨単位とは、FXで取引できる通貨の単位を表したもの。取引通貨単位が小さければ小さいほど、少額からの取引が可能です。

では、FXを10万円で始めるためにはどのような点に注意すればよいかを見ていきましょう。

1,000通貨単位で始められるFX会社を選ぶ

FX会社では10,000通貨単位からの取引が可能なところも多いのですが、10,000通貨単位では10万円の元本ではまったく足りないことも考えられます。

10,000通貨=10,000ドルであり、単純計算で100倍が日本円となるため100万円ごとの取引となります。

10万円で始める場合は、1,000通貨単位で開始できるFX会社を選びましょう。

証拠金ギリギリで取引しない

FX取引には、資産を守るため、一定の損失が出た場合これ以上損失が拡大しないよう強制的に取引を終了させるルールがあります。これが強制ロスカットです。

FX取引業者では基本的に、入金した証拠金を超える損失が出ると強制ロスカットとなります。

FXには投資額以上の取引ができる「レバレッジ」という仕組みがあります。例えば、レバレッジを最大の25倍で利用すると、4万円程度の証拠金(=担保となる預入金)で100万円の取引ができてしまいます。

しかし、4万円程度の証拠金は、わずかのマイナスですぐに吹き飛んでしまいます。そうなるとすぐに強制ロスカットとなるのです。

証拠金ギリギリの取引をしてもすぐに強制ロスカットになってしまうのです。

スプレッドを最大限に活用する

スプレッドとは、売る時と買う時に生じる値段の差を指します。

例えば、1通貨あたりのスプレッドが5銭と0.5銭では、0.5銭の方が売却時の損失を抑えられます。つまりスプレッドが狭いほど利益を出しやすくなるというわけです。

10万円でFXを取引を始めるなら、買値と売値の差であるスプレッドは重要です。

以上の内容をふまえ、10万円でFXを始める際の会社選びについて見ていきましょう。

FX初心者が10万円で始められるFX会社の選び方

低リスクならLION FXかLight FX、不慣れならシストレ24のフルオート

FX取引は少額資金で始めることができるのが魅力です。中には、数千円から数万円で取引開始できるFX会社もあります。

資金が10万円あれば、余裕をもって取引を始めることができるでしょう。FX会社を選ぶ際のポイントは次の5つです。

FXの会社を選ぶ際のポイント5つ

  1. 取引手数料
  2. 会社の規模
  3. サポート体制
  4. 取引の最小通貨単位
  5. 取引ツールの種類

以上のポイントをふまえ、「ヒロセ通商 LION FX」「LIGHT FX」「シストレ」の3つのFX会社を見ていきましょう。

ユーザーの評価が高いFX会社

ヒロセ通商は1,000通貨単位から取引できるので、10万円の資金でも始められます。

ヒロセ通商LION FX
LION FXバナー
  • オリコン顧客満足度・第1位(2019年)
  • 1,000通貨で少額で始められる
  • LC・入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類が豊富

ユーザーの評価も高く、2019年のオリコン顧客満足度(FX取引・FX専門業者)は第1位でした。取引システムも用途に合わせて選べ、取引手数料なども完全無料なので、初心者が始めやすいFX会社と言えるでしょう。

操作性や機能性に優れたモバイルコンテンツもあるので、外出先でもレート(通貨の値段)確認できますね。

始めやすさ・使いやすさに評判のFX会社

LIGHT FXもヒロセ通商と同様に1,000通貨での取引が可能です。

LIGHT FX
Light FXバナー
  • 最短5分で口座申込が完了
  • 24時間サポート体制だから安心
  • 1,000通貨取引対応
  • 高機能で使いやすい取引ツール

初心者にとって嬉しいのは、24時間のサポート体制がある点ではないでしょうか。急に困った事態が発生した時でも、コールセンターにすぐに問い合わせることができます。

取引手数料なども無料なので、少ない資金でも余裕をもって取引できるでしょう。

自動売買ツールで取引できるのが魅力

シストレ24はインヴァスト証券のFX自動売買ツールです。取引などの複雑な作業を自動で取引してくれるので、初心者向けとも言えるでしょう。

シストレ
インヴァスト証券バナー
  • 5000通貨単位から取引可能
  • 取引のフルオート(全自動化)が最大の特徴
  • 業界初の自動売買プログラムの自動変更
  • 選ぶだけの簡単プログラム設定
  • サポート体制平日9-17時

ただし、シストレの取引最小通貨単位は5,000単位通貨であり、10万円で取引することができません

初心者であれば、まずは少額投資から始めることをおすすめします。慣れてきたら、あるいは資金に余裕がある場合はシストレを利用するのもいいでしょう。

FX取引を10万円から始める3つの方法

FXにはさまざまなトレード(取引)方法があります。ここでは、FXを10万円で始めたい人向けに、3つの運用例を紹介します。

10万円からのデイトレード

デイトレードは、1日の間で新規注文と決済注文を行う、比較的短期間のトレード方法です。デイトレードの場合、外貨を持っている時間は数十分から数時間程度でしょう。

一般的に、外貨を買った状態が長いほど、為替相場の動きは大きくなると思ってください。その分、利益も損失も大きくなります

よって、1日で売り買いを終えるデイトレードは、大きな値動きに左右されないということです。FXを10万円で始めるのであれば、資金に余裕をもって取引できるデイトレードから始めるといいかもしれません。

10万円からのスイングトレード

スイングトレードは、数日から数週間の間で新規注文と決済注文を行うトレード方法です。デイトレードよりも外貨を持っている期間が長くなるので、利益が大きくなる反面、損失も大きくなってしまいます

10万円の手持ち資金ではレバレッジを低めにして、ゆったりと構えることが大切です。

10万円からのスキャルピング

スキャルピングは、数秒から数分といった一瞬で新規注文と決済注文を行うトレード法です。利益の少ない取引を積み重ねていきます。

スキャルピングでは一瞬の値動きに反応することが重視されます。

要注意!スキャルピングを嫌がるFX会社に取引を禁止されることも

頻繁な決済はFX取引業者が嫌がる傾向もあり、ここぞというときに約定しないこともあるので、確実に約定できるFX取引業者を選定することが大切です。

10万円という少額の手持ち資金を運用するには、初心者には難しいかもしれません。

10万円でFXの長期投資をする

長期的投資方法 画像

FXでは、中長期的な見通しのもとに投資を行う方法も選択できます。投資に慣れてきたら挑戦してみるのもいいでしょう。

例えば、日本経済が回復傾向にある場合、中長期的には円安の方向に振れるはずですよね。このように、ある程度経済の見通しを立てておくことが必要であり、多少の為替相場の動きに一喜一憂しないことも大切です。

長期投資においては、レバレッジを低く抑えておきます。そのため利益を出すためには高額投資が必要です。

十分な資金がある場合に長期投資を検討してみましょう。

FXを10万円の資金から始められる会社を復習

FXを1,000通貨単位で取引できるのは、ヒロセ通商、Light FX、シストレ24です。

まずはそれぞれの公式をのぞき、仕組みやサポート体制について確かめてみましょう。

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類が豊富
  • クイック入金提携銀行数は約380行
Light FX
Light FXバナー
  • 24時間サポート体制
  • 最短5分で口座申込ができる
  • 初回の入金額の指定なし
シストレ24
インヴァスト証券バナー
  • 取引のフルオート(全自動化)が最大の特徴
  • 業界初の自動売買プログラムの自動変更
  • 選ぶだけの簡単プログラム設定

FXを10万円から始めることができる代表的な会社は以上の3社です。取引ツールなども使いやすく、初心者でも始めやすいFX会社として人気です。

まとめ

FXを10万円から始めるために必要な知識について紹介してきました。

投資には必ずリスクがともないます。それをしっかりと理解したうえで、上手に取引できるように工夫しましょう。

まずは、10万円の投資でも始められ、サポート体制も充実しているFX会社選びから始めるといいですね。

Twitterやブログを利用して10万円チャレンジを発信しているトレーダーも数多くいるのでこの情報も参考にするのもいいかもしれません。生の情報なので失敗談や成功談が具体的です。投資家としてまず最初に少額取引からと考えている人は事前に情報収集しておくといいでしょう。

FXを始めるなら

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類の豊富さ
  • クイック入金提携銀行数はダントツの約380社
Light FX
  • 24時間サポート体制
  • オンラインで最短5分で口座申込み
  • 初回の入金金額の指定なし
シストレ
  • 5000通貨単位から取引可能
  • 取引のフルオート(全自動化)が最大の特徴
  • 業界初の自動売買プログラムの自動変更