FXを10万円から今始めたい!初心者でも小額投資で稼げるコツとは

fxのアイキャッチ画像
B男さん
初心者が10万円でFXを始められるかな…?

最近よく耳にする「FX」という言葉ですが、FXの取引を始めるためにはある程度のお金が必要となってきます。

せっかくお金を投資してFXを取引するからには勝ちたいですよね?

そこで本記事では、初心者でもFXで損しないよう、10万円でFXを始めるために絶対に抑えるべきポイントを解説していきます。

またFXは10万円用意することげできれば始めるのに十分ですので、少しでも興味がある
方は気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

10万円あればFXを始めるのには十分

まず初心者が10万円からFXを始めるためには1000通貨単位で取引可能なFX会社を選びましょう

1,000通貨単位とは日本円で10万円の事です。FX会社によっては5000通貨単位以上からしか取引できない場合があるため注意が必要です。

いきなり高額投資してしまうとハイリターンの可能性はありますが、逆にハイリスクでもありますので、慣れるまでは1,000通貨単位での取引をオススメします。

FXの会社の絶対に見るべき5つのポイント

  • 取引の手数料がかかるかどうか
  • 会社の規模の大きさはどれらいか
  • サポート体制の充実しているか
  • 取引できる最小通貨単位はなにか
  • 取引ツールの種類が豊富かどうか
ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類の豊富さ
  • クイック入金提携銀行数はダントツの約380社
Light FX
Light FXバナー
  • 24時間サポート体制
  • オンラインで最短5分で口座申込み
  • 初回の入金金額の指定なし

FXは手持ち資金は多ければ多いほど有利ですし、負ける場合も損失を最小限に食い止めることができます。

しかし、手持ち資金が少ない場合、身の丈に合った取引をしたらいいのですが、手持ち資金が少ないにも関わらずハイリスク・ハイリターンな取引をしようとして、瞬く間に手持ち資金がなくなってしまうことがあります。

初心者の方でも、最初の手持ち資金は10万円は用意して低リスクな取引から初めておきたいものです。

FX初心者が10万円で勝つためのFX会社の選び方

低リスクならLION FXかLight FX、不慣れならシストレ24のフルオート

FX取引は少額資金で始めることができるのが大きな魅力です。数千円から数万円で取引が開始できるFXもあり、10万円の手持ち資金でも、少し余裕をもって取引を始めることができます。

または、自動売買システムを利用することによってリスクを下げる方法も上げられます。

自動売買・少額資金で始められる人気のFX会社の特徴を見てみましょう。

自動売買でラクラク取引のFX会社

シストレ
インヴァスト証券バナー
  • 5000通貨単位から取引可能
  • 取引のフルオート(全自動化)が最大の特徴
  • 業界初の自動売買プログラムの自動変更
  • 選ぶだけの簡単プログラム設定
  • サポート体制平日9-17時

シストレ24はインヴァスト証券のFX自動売買ツールであり、取引などの複雑な作業はなくシステムを選ぶだけ自動で取引してくれることが魅力です。

しかし一方で、取引最小通貨単位が5000単位通貨であり10万円で取引することができないため、お金に余裕がある方はシストレ24を利用することも検討してみてください。

以下で紹介します、ヒロセ通商(LION FX)とLIGHT FXは1000通貨単位の取引が可能であり初心者の方での安心の内容となっています。

ユーザーから最も高く評価されているFX会社

ヒロセ通商(LION FX)
LION FXバナー
  • オリコン顧客満足度調査FX取引4年連続第1位
  • 取引通貨ペア数は50ペアと驚きの多さ
  • LC・入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類の豊富さ
  • クイック入金提携銀行数はダントツの約380社

ヒロセ通商は1000通貨からの取引可能なため10万円からFXを始めたい人にはヒロセ通商がオススメです。

大手FX会社の中でも高い支持率を集めているヒロセ通商ですが、「スキャルピングの公認」「デモトレード」「様々なキャンペーン」など多くの魅力を持ったFX会社です。

始めやすさ・使いやすさに評判のFX会社

LIGHT FX
Light FXバナー
  • オンラインで最短5分で口座申込み完了
  • 24時間サポート体制だから安心
  • 約定力は驚きの99.9%!
  • シンプルかつ使いやすいツール
  • スワップポイントが業界最高水準

LIGHT FXもヒロセ通商と同様に1000通貨での取引が可能となっています。

オンラインで最短5分で口座申し込みができ最短翌日お取引が可能です。また業界最高水準のスワップと業界最狭水準のスプレッドを持ち合わせています。

FXを10万円から始めるにはスプレッドを最大限に活用する

スプレッドとは、売るときと買う時に生じる値段の差を指します。スプレッドが小さいほど利益を出しやすくなります。

そして、資金10万円でFX取引をするにあたり、買値と売値の差であるスプレッドはとても重要です。

初心者の場合は長期よりは短期メインで取引をすることが多いはずですので、スプレッドが広いと毎回の取引で無駄な損が積み重なってしまいます。

FXの始め方

FXを始めるためにはFX口座を開設する必要があります。

3ステップでFX口座を開設する

  1. 公式HPボタンをクリックし公式サイトへ進む
  2. 無料口座開設をクリックし規約に同意する
  3. 各項目の個人情報の記入
  4. 必要な書類の提出し完了

本人確認書類に記載の氏名・住所・生年月日が、申込時に入力した内容と相違している場合はFX口座開設できないため注意しましょう。

FXの口座開設に必要な書類とは

満20歳以上の場合は「本人確認書類」と「マイナンバー書類」の2つがあればFXの口座を開設することが可能です。

FX必要書類

※顔写真付の場合は1種類、顔写真無の場合は2種類の書類が必要です。写真撮影の際は全体がはっきりと映るように撮影しましょう。

※裏面に新氏名や新住所の記載がある場合は、必ず両面撮影し。「パスポート」の場合は、顔写真記載ページと所持人記入欄のページを併せてお送りください。

※「住民票の写し」「印鑑登録証明書」は発行から3ヶ月以内である書類のみ受付け可能です。

マイナンバー書類

※「通知カード」の場合、裏面に新氏名の記載があれば必ず両面をお送りください。それ以外の場合、裏面は不要です。

※「個人番号カード」は、表面が本人確認書類、裏面がマイナンバー書類として利用可能です。

FXを10万で勝つための適切な取引単位

取り引き単位とは 画像
FX取引を始めるためには、FX会社で専用の口座を作らなければいけません。その際、FX会社ごとの最小取引通貨単位に注意が必要です。

取引通貨単位とは、FXで取引できる通貨の単位を表したもので、取引通貨単位が小さければ小さいほど少額からの取引が可能です。

10,000通貨単位では10万円でのFXに向かない

FX会社では10,000通貨単位からの取引が可能なところも多いのですが、10,000通貨単位では10万円の元本では全然足りないことも考えられます。

10,000通貨単位の考え方は、10,000通貨=10,000ドルであり単純計算で100倍が日本円となるため100万円ごとの取引となります。

ですので、10万円で始める場合は、10,000通貨単位は10万円から始めることが難しいため、1,000通貨単位で開始できるFX会社を選びましょう。

証拠金ギリギリで取引するのは危険

FX取引には、資産を守るために、一定の損失が出た場合にこれ以上損失が拡大しないように強制的に取引を終了させるルールがあります。これが強制ロスカットです。

FX取引業者によって、強制ロスカットの精度に違いがあるのですが、基本的には入金した証拠金を超える損失が出た場合は強制ロスカットとなります。

FX取引はレバレッジを最大の25倍に利用すると4万円程度の証拠金で100万円の取引ができます。

しかし、証拠金は4万円ですから、わずかのマイナスですぐに4万円は吹き飛んでしまいます。そうなるとすぐに強制ロスカットとなるのです。

ですから、証拠金ギリギリの取引をしてもすぐに強制ロスカットになってしまうということになるのです。

10万円からの長期投資

長期的投資方法 画像

文字通り、長期にわたってポジションを取る取引方法です。時間軸が長いケースでは数年のポジションを取る場合があります。

例えば日本経済が回復傾向にある場合、中長期的には円安の方向に振れるはずです。それを見越して長期的に投資する場合に使います。

このように、ある程度経済の見通しを立てておくことが必要ですし、多少の為替相場の動きに一喜一憂しないことも大切です。前向きな塩漬け状態ということもいえるでしょう。

長期投資ではレバレッジの倍率を抑えめに

ただし、長期投資はレバレッジを低めにするため高額資金のほうが、利益が出やすいです。少額資金の場合はどうしても利益が少なくなるので、10万円の手持ち資金では向いていない取引方法です。

FXを10万円から始めるためのコツ

FX取引にはさまざまなトレード方法があります。そこで10万円の運用例で有名なトレード方法をご紹介します。

10万円からのデイトレード

デイトレードは、1日の間で新規注文と決済注文を行う、比較的短期間のトレード方法です。デイトレードの場合、ポジションを取っているのは、数十分から数時間程度でしょう。

一般的にポジションを取っている時間が長いほど、為替相場の動きは大きいです。その分利益も大きくなるのですが、反対に損失も大きくなります。

そういった意味では、1日でポジションを手仕舞いするので、比較的大きくポジションを失うことはありません。つまり大きな値動きに左右されないということです。

10万円の手持ち資金があれば、比較的どっしりと構えて余裕をもってトレードできるのがデイトレードです。

10万円からのスイングトレード

スイングトレードは、数日から数週間の間で新規注文と決済注文を行うトレード方法です。

当然ですが、デイトレードよりもポジションを取っている期間が長くなるので、利益が大きくなる反面、損失も大きくなってしまうのです。

相場が損失の方向に振れてしまい、回復できないときは塩漬けになってしまうこともあります。

塩漬けは、決済せずにポジションを保有し続けることです。スイングトレードはそうならないように、しっかり損切りするルールを自分で作って行うトレード方法です。

10万円の手持ち資金ではレバレッジを低めにして、ゆったりと構えることが大切です。

10万円からのスキャルピング

スキャルピングは、数秒から数分といった、短期間というよりも一瞬の間で、新規注文と決済注文を行うトレード法です。

スキャルピングの語源は「頭の皮を剥ぐ」ということで、利益の少ない取引を積み重ねていく手法なのです。

スキャルピングはチャートなどを凝視し、一瞬の値動きに反応することがもっとも重視されます。

要注意!スキャルピングを嫌がるFX会社に取引を禁止されることも

頻繁な決済はFX取引業者が嫌がる傾向もあり、ここぞというときに約定しないこともあるので、確実に約定できるFX取引業者を選定することが大切です。

10万円という少額の手持ち資金を運用するには、初心者には難しいかもしれません。

低めの資金からできるFX会社一覧

FXを1,000通貨単位で取引できるヒロセ通商・Light FXと自動売買で有名なシストレ24を紹介します。

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類の豊富さ
  • クイック入金提携銀行数はダントツの約380社
Light FX
Light FXバナー
  • 24時間サポート体制
  • オンラインで最短5分で口座申込み
  • 初回の入金金額の指定なし
シストレ24
インヴァスト証券バナー
  • 取引のフルオート(全自動化)が最大の特徴
  • 業界初の自動売買プログラムの自動変更
  • 選ぶだけの簡単プログラム設定

FXを10万円から始めることができる代表的な会社は以上の3社です。取引ツールなども使いやすく、初心者でも始めやすいFX会社として人気です。

まとめ

ここでは以下のFX取引で勝つためにとても大切なポイントについて説明しました。

  • 元手10万円でトレード方法
  • FX取引会社の選び方
  • トレード方法の種類

トレード方法に注目が集まりがちですが、トレードするためにも、お金が必要で少ない金額でも勝てるFX取引会社の選択をしっかりとしましょう。

FXを始めるなら

ヒロセ通商 LION FX
LION FXバナー
  • 入出金・取引手数料完全0円
  • 用途に応じたツールの種類の豊富さ
  • クイック入金提携銀行数はダントツの約380社
Light FX
  • 24時間サポート体制
  • オンラインで最短5分で口座申込み
  • 初回の入金金額の指定なし
シストレ
  • 5000通貨単位から取引可能
  • 取引のフルオート(全自動化)が最大の特徴
  • 業界初の自動売買プログラムの自動変更