FX取引で勝てないのはなぜ? 負けてしまう理由と勝つ対策

「FXをやっているけれどなかなか勝てない…」 「FXで資金を増やしたいが、勝てなかったどうしよう」

なんとなくでFXを始めてみたけれど、こうしたような悩みをもっている方は多いです。FXで勝つためにはどのような点に注意すればよいのか解説します。

FX取引で勝てない原因は不十分なリスク回避と決済の判断の遅れ

FXで勝つために大切なこととしてはこれらのような点があります。

  • 目標をしっかり設定する
  • レバレッジを上げすぎない
  • まずは慣れるまで少額で運用
  • 損切りは早めにする
  • 負けたときには反省をする

特に少額で運用することはとても重要です。FX会社によって取引できる単位も異なりますので、1,000単位で運用ができるFX会社を選ぶようにしましょう。

FXで勝てない人がやりがちな失敗理由

FXで勝てない人がやりがちな失敗理由から、FXの勝ち筋を見つけましょう。

FXで勝つための目標設定があいまい

FXでどの程度稼ぎたいのかを考えていないと、日々の結果をアバウトに計算してしまいがちです。

また少額の勝ちが続いるのに大きな金額を稼いでると感じないためモチベーションも続かず、ある日大きく投資をしてしまい、大きな損害が発生することにもなりかねません。

  • 何か新しいことを始める
  • 日々継続的にしていくこと
  • お金を稼ぐこと

FXに限らずこれらに当てはまることは、目標を設定することが大切です。勝ち金額が少しであっても、一歩一歩目標に近づいているのであれば、その少額の利益を大切なものと感じられ、貯めてきた利益を大きく使い、危険な賭けにでることもなくなります。

日々の収益が目標に対してどの程度であるのか認識することはとても重要です。少額の勝ちが続いていても「少しだけであまり意味がない」と思うか、「少しずつ着実にできている」と捉えるかでその後の投資状況も変わってきます。

この目標設定はできるだけ詳細なことを決めておきましょう。漠然とお金が欲しいよりも一年で100万円といったように、具体的な金額を決めておきましょう。

そしてその金額の使用用途などから計算をしておくと、よりやる気が継続します。

できれば具体的な金額だけでなく、FXでの儲けの目的を、日頃から思っている使用目的を選ぶのがよいでしょう。日頃思っていることほど、継続するモチベーションのアップにつながります。

  • 家を購入するための頭金を稼ぎたい
  • 子どもの学費を用意しておきたい
  • 週末に遊ぶお金が欲しい
  • 食事をもっとリッチにする

いきなり高額な取引をしている

いきなり高額な取引をすることも失敗につながります。FXは慣れてくれば投資金額を大きくするほど大きな利益を得ることが可能です。

しかし思いがけない部分で自動的に決済されてしまうロスカットが発生したり、予想外の動きについていけずに大きな損失が発生してしまったりすることもあります。

ロスカットとは証券会社が投資している人の資金を保護するシステムです。FXは用意した金はそのまま投資するのではなく、FX会社に預ける保証金として、それ以上の金額を動かすことができます。

購入した通貨ペアが損をする動きとなって戻らずに進んでいってしまった場合、投資者の損害はどんどん大きくなってしまいます。

そのため保証金以上の損害がでないように自動的に停止をするのがロスカットです。

しかし、どの程度で発生するかの認識があやふやな状態で高額投資をすると、戻りを待っていたつもりがロスカットですべて損害となり、消えてしまうということが起こるのです。

レバレッジの倍率が高すぎて損失を大きくしてしまう

FXでは保証金として用意している資金の何倍かの金額を運用することができます。

個人であれば最大25倍までとなっており、100万円の保証金があれば最大2,500万円まで運用することが可能です。これをレバレッジといいますが、高いレバレッジの方がロスカットは発生しずらいと考えてレバレッジを高くするケースがあります。

しかしロスカットが発生しないからとさらに下がったまま保有し続けていると、より損害が大きくなってしまいます。

同じ価格、同じ通貨、同じ数量であれば、レバレッジは高くても低くても変わりません。レバレッジを高くすることで高額の取引をしてしまい、かつロスカットが発生する確率が低くなってしまいます。

FXに慣れる前にレバレッジを高くすると失敗につながるのです。

損切りの決断が遅く損失をさらに増やしてしまう

FXを始めたばかりであればロスカットを避けるという印象をもってしまう人がいます。しかしそもそもロスカットは、FX会社が投資家の資産を守るためのもので、損を切るときの目安とするものではありません。

ロスカットを待っているような状態であれば、うまく運用ができていないということになります。その前に自分で損害がでたときに諦めるラインを決めて運用していく必要があります。

FXをうまく運用していくためには利益をいかにだすかということに加えて、いかに早めに損を見極めて手放すかという損切りが重要となるのです。

FXで勝てない投資家がこれから負けないためにやるべきこと

FXで勝てないのが続いていても、場数を踏めば勝てるようになるかもしれませんので、次に負けないための策を考えましょう。

投資額の上限を決めておく

安定した資産運用をするのであれば、毎月どの程度の金額まで入金するかというのは事前に決めておきましょう。

今月投資金額がなくなってしまったからと、さらに追加で入金をしてしまうとその追加の投資金額もなくなってしまう可能性があります。

もしも最初に50万円、その後毎月10万円の投資をしようと考えていて、次に挙げるようなケースの場合、2ヶ月でだした15万円の利益を55万円のマイナスにしてしまっています。

  • 1ヶ月目…5万円のプラス
  • 2ヶ月目…10万円のプラス
  • 3ヶ月目…5万円のマイナス、追加投資したが結果さらに10万円のマイナス
  • 4ヶ月目…10万円のマイナス、追加投資したが結果さらに30万円のマイナス

最初は少しずつ利益をだすようにし、その後もその利益を大きくマイナスにしてしまうことのないように気をつけましょう。

毎月の投資金額に加えて、1日もしくは1週間単位で目標とする利益および負けてもよい金額を設定しておけば、大きな損失につながることはありません。

1,000通貨などで少額から取引できるFX会社で取引経験を積む

FXの単位は一般的には10,000単位という単位で計算されます。これは一回の取引の最低の単位となっており、120ドルであれば120万円単位ということになります。

しかしFX会社のなかには取引単位が1,000単位というケースもあり、その場合には同じ120ドルであれば12万円分の取引が最低単位となります。

大きなリスクを避けるのであれば、最初は少額の単位に対応しているFX会社を選ぶ必要があるのです。

そして経験を積んで利益をだせるようになってから、1,000単位を2個分、5個分などと少しずつ単位を増やしていくのが安全に運用をするポイントとなります。

レバレッジは低めにしてリスクを最小限に抑える

レバレッジを上げることで、自分の投資した金額以上の大きな資産を動かすことができますが、それは損害がでたときにも大きくなってしまうということです。

最初のうちは思いがけないような損害が発生するというケースも多々あります。慣れるまでは大きな損害を避けるためにレバレッジを低めにしておきましょう。

損切りする基準を設定する

いかに早めに損を見極めて諦めるかということが大切ですが、うまく見極めるために自動決済を活用します。

自動決済はFX会社で設定しているロスカットだけではなく、利益率や損害率が何パーセントになったらと自分で条件を決めて設定することが可能です。

損害率で設定をしておけば、寝ていて変動をチェックできないときにも損害が大きくなる前にリスクを避けることができます。

例えば1ドル120円を購入し、その日のうちは125円となり翌日も下がっていなかったのでそのまま出勤し、残業で遅くなり帰宅したら1ドルが110円まで下がっていた…というときに、119円で切るように設定をしていれば、9円分の損害を防ぐことができていた、ということです。

これまでに行った取引履歴を見直し負けた要因を分析する

ある程度損害をだしてしまったとき、特に定めていた投資金額をすべて損害で失くしてしまった場合など、その原因はどこにあったのかを考えることで将来的な利益につながります。

  • 損切りがうまくできていなかった
  • 利益の設定が甘かった
  • 投資金額を大きくしすぎた
  • 上がり傾向なのに投資金額を抑えすぎた

など、自分の投資状況や値幅の変動をしっかりと把握しておけば、損害がでた原因が見つかります。

また通貨の変動に関しては100%読むことはできませんが、世界情勢のニュースなどを確認しておけば、変動する傾向をある程度つかむということは可能です。損害をだしたときにはしっかりと反省し、次回以降の投資に活かしていきましょう。

これからFXで勝ちたい方向けのFX会社

これから本格的に勝ちたいという方向けのFX会社の選び方をご紹介します。

FX会社の選び方

これからはじめる方や、現在のFX会社では勝つことができなかったという方は、最低限として、1,000単位で取引ができるFX会社を選びましょう。

まずは少額のFXで勝つための感覚をつかんでから、徐々に単位を増やしていき少しずつ毎月の利益を増やしていくことがポイントです。そして年間の目標の利回りは年10%程度にして考えましょう。

勝てない方が次に検討すべきFX会社一覧

将来的に勝てるようになってきたらさまざまな通貨へも投資することが考えられます。1,000単位で運用でき、ある程度ペア数が豊富なFX会社として以下があるので、参考にしてください。

  • ヒロセ通商(ペア数:50)
  • JFX(一部通貨を除く、ペア数:24)

まとめ

1,000単位から始めて毎月の運用額を設定し、損害がでたときにはその反省を活かして次回以降の投資で改善していきましょう。

最初はなかなか思ったような利益がでないかもしれませんが、少しずつ利益をだす感覚をつかんでいけば長期的には大きな利益へとつながっていきます。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。