FXの基本を徹底解説!今さら聞けない初心者のためのFX情報まとめ

「FXってそもそも何をするの?」

「なんとなく通貨を購入するというのは知ってるけど…」

「大きな利益がでるという話をきくが、その理由はなぜ?」

このようにFXに興味があるけれど、基本も全くわからないという方も多いでしょう。FXで使う基本知識基本用語ルールについてを解説します。

FXは基本を守れば損失を防ぎ勝てる

FXの基本ルールとしてはこれらがあります。

  • 2つの通貨の差額で利益を得る
  • 資本金以上の運用ができる
  • 条件を決めて自動決済が可能

その基本戦略としてこれらのポイントを抑えておけば、大きなリスクを抱えずに運用することが可能です。

  • 指値で損失を防ぐ
  • 初心者は少額からやってみる
  • 倍率を低くする
  • 自分でルールを決めて守る

FXの基本戦略と基礎知識

ここではFXでまずはじめに覚えるべきFXの基礎知識を身につけましょう。

為替レート

FXの場合は各国の通貨を購入することとなります。通貨というのは景気や金利がよくなったり、金融政策などを発表されると価値が上がり、反対に景気や金利が下がると価値も下がる傾向にあります。

この変動をうまく読んで、安いときに購入し高いときに売ることを目的とした投資ということです。

注文方法

FXの注文方法はさまざまな種類があります。注文したと同時にすぐに購入ができるわけではなく、注文後契約成立となって初めて購入をすることができます。

主に使用されるのは「成行」「指値」「逆指値」の3種類です。

成行

成行注文は現在のレートや時間などを指定せずにリアルタイムの水準で売買することができます。注文から契約までが早いというメリットがありす。

しかし注文と同じタイミングでレートが変動してしまうと、変動後のレートで購入することになるデメリットがあります。

指値

希望のレートを指定してそれに達したときに売り買いができます。注文後に変動をした場合でも希望レートで購入することができるのがメリットです。

一方で、急激な変動があって本来なら得をするレートまで変動した場合でも、指定レート価格で購入となるので、損をするデメリットがあります。

逆指値

指値とほぼ同様ですが条件が反対となります。指値は指定価格より上がったら売り、指定価格よりも下がったら買いですが、逆指値の場合は指定価格より低くなれば売り、指定価格よりも高くなれば買いとなります。

また指値と同様で、変動しても希望レートで購入できるメリット、本来得をするレートで損をしてしまうデメリットがあります。

レバレッジ

またFXは通貨を購入する場合に、実際の資金以上の金額で投資運用をすることができます。

実際にFX会社に預けるお金は証拠金として考えられ、その証拠金を元に取引自体をおこなうという流れとなり、この仕組みをてこという意味をもつレバレッジと呼びます。

倍率としては個人であれば25倍の上限が一般的です。つまり20万円であれば最大500万円、50万円であれば最大1,250万円の運用をすることが可能なのです。

証拠金とロスカット(強制決済)

FXは証拠金の状況により売りや買いの注文を強制的におこなわれることがあり、これをロスカットと呼びます。

実際の資金以上に運用ができることは大きな利益を得ることにもなりますが、大きな損害が発生するということでもあります。急な変動などで損害が大きくならないようにするための仕組みです。

ロスカットは資金を守るシステムでもあるのですが、一度下がってから上がるなどの場合でも、通貨を保有し続けることができなくなってしまうというケースがあります。

ロスカットは、証拠金の金額によってどの程度の値になったときに発生するかが異なります。

スワップポイント

FXでの利益は、為替レートの変動を利用して通貨の買値と売値の差額から発生するものです。例えば100円で買ったものを200円で売ることができれば100円の利益が発生します。この金額の差額をスワップポイントといいます。

大きな利益を得るためにはスワップポイントが大きい決済を狙う必要があります。が、各国の金利によっては通貨を所持している日数分増えることになりますので、長期的な狙いでスワップポイントを大きくするという手法もあります。

また、反対に金利が低い通貨をもっていると、その分もっている日数分支払うことになるので注意が必要です。

FXで負けないためには

FXの基本を学んだら、次にFXで負けないためにどうすればいいかを考えましょう。

取引額は少額から

どのような投資であってもまずは少額から始めることが重要です。特にFXは、レバレッジで証拠金で実際の資金よりも大きな金額を動かせられるのでFXでは、いきなり大きく動かすことでは自分の資金がなくなってしまうほどの損害につながる危険もあります。売りや買い、そしてそのタイミングについてしっかりと熟知してから少しずつ資金を増やすようにしましょう。

使用する通貨としてFXでは10,000単位、1,000単位というのがあります。10,000単位であれば10,000ドルや10,000ポンドといった取引通貨をどの程度分で購入できるかという単位で、初心者はこの単位がより小さいFX会社でまず始めてみるようにしましょう。

レバレッジは低めに設定する

大きな損害を避けるためには、証拠金で動かすことのできる倍率のレバレッジを低めに設定することが重要です。投資資金の金額を少なくしても、このレバレッジが高ければ損害は大きくなります。

それのレバレッジの大小によって、損失は次のように変化します。

  • 1倍で10万円文を投資していた場合:1万円の損失
  • 5倍の50万円分動かしていた場合:5万円の損失
  • 10倍の100万円分動かしていた場合:10万円の損失

もちろん反対に利益がでていた場合であれば大きな収益を得ることができますが、動かす金額が多ければ多いほどリスクが高くなってしまうのです。

損切り注文は必ず出す

投資金額以上の運用をおこなえることから、急激な変動で予想とは反対に価格が下がってしまった場合、思いがけない損失をする可能性があります。

これを防ぐために、一定の価格まで下がったら売りをする指値や逆指値での注文を事前にしておくことが大切です。初心者にありがちな例として、下がった場合でも「このままだと損になるからもう少し我慢して上がるのを待とう」と保有し続けてしまうことです。

しかしその後より損害が大きくなってしまうことも多いです。FXで重要なのは損害が大きくなる前にしっかりと判断して早めに手放すことです。

自分なりのルールをつくる

FXは自分で下記のような設定を決めておく必要があります。 ルールを自分で決めておき、そのルールに則って運用をすることが重要です。たとえば次のようなルールです。

  • どの程度の損失で手放すのか
  • 利益はどこまでいけば十分とするのか
  • レバレッジは何倍までか
  • わかりやすい日本の円のペアのみ取引する

このルール設定とそれをしっかりと守ることが、FXで失敗をしないコツとなります。 FXと聞くと大きな損害が発生する可能性がある、という話ばかりつく方もいるかもしれません。

しかし、自分でしっかりと一定のルールを定めてそれを守ることができるのであれば、FXは安全に運用することができる投資です。

FX初心者でも失敗しないためのFX会社の選び方

では、初心者がFXで失敗しないためには何をすべきでしょうか?少なくとも、どこでFXを始めるか?ということが重要になりますので、FX会社それぞれ比較してみましょう。

初心者でも始めやすいFX会社比較

初心者が始めるのに向いているFX会社は少額から取引ができるFX会社で、主には下記が挙げられます。

  • ヒロセ通商 取引手数料:0円 スプレッド:米ドル円0.3銭 最低単位:1,000単位 通貨ペア数:約50種類 パソコンアプリ:Mac,Windows スマホアプリ:iPhone、Android

  • SBIFXトレード 取引手数料:0円 スプレッド:米ドル円0.27銭 最低単位:1単位 通貨ペア数:約26種類 パソコンアプリ:Windowsのみ スマホアプリ:iPhone、Android

  • JFX 取引手数料:0円 スプレッド:米ドル円0.3銭 最低単位:1,000単位 通貨ペア数:約24種類 パソコンアプリ:Windowsのみ スマホアプリ:iPhone、Android

特にこの中でもヒロセ通商はどんなパソコンやスマホでもアプリが対応しており、WEBでは事前にデモ取引などをおこなって実体験をすることができます。

また、通貨ペア数も豊富なので、慣れてきたらさまざまな通貨に挑戦してみたいという方に向いています。

まとめ

FXはなんとなく危険な投資方法というイメージがついている方もいるかもしれません。しかしFXで大きな損害を出すというのは、無理に大きな倍率で運用をしていることと、損をした際の見切りができないことが大きいです。

この点をしっかり押さえて少額で取引をしていれば、大きな損失を得ることのない、安全な投資方法なのです。

お金つくーるがご紹介!キャッシング・カードローン一覧

キャッシング・カードローンは、お金でお困りの方のニーズに合わせさまざまな種類のサービスが展開されています。

そこでお金つくーるでは、以下2つのカードローン・ キャッシングを紹介します。

アコムは最短審査30分で早ければ今日中にお金を借りられます。

アコムに申込

楽天銀行のカードローンは、楽天会員だとスムーズに申し込みできます。